映画
映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』公開記念舞台挨拶の公式レポ到着!

映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』簡秀吉さん・前田拳太郎さんら豪華キャスト登壇で公開記念舞台挨拶を実施!

仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』と現在放送中の『仮面ライダーギーツ』がクロスオーバーする、劇場版最新作『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』が全国公開中!

本作の公開を記念して公開記念舞台挨拶を、12月24日(土)に実施されました。

『仮面ライダーギーツ』から簡秀吉さん、佐藤瑠雅さん、星乃夢奈さん、杢代和人さん、青島心さん。『仮面ライダーリバイス』から、前田拳太郎さん、日向亘さん、井本彩花さん。さらに劇場版ゲストとして出演する大貫勇輔さん、池田鉄洋さん、主題歌を担当した倖田來未さん、そして柴﨑貴幸監督という超豪華キャスト・スタッフが登壇しました。

公開記念舞台挨拶より公式レポート到着!

満員のお客様の中、会場に大きくBGMが響き渡り、キャストと監督が登場すると会場は待ってましたと言わんばかりに大きな拍手に包まれた。始めに、それぞれが観客に向けて一言ずつ本作の見どころと挨拶をした。

『仮面ライダーギーツ』出演者のご挨拶

簡秀吉(仮面ライダーギーツ/浮世英寿):ハッピーメリークリスマス!リバイスの本当のラスト、今年で20周年の龍騎、本作初映画のギーツ3つの世界観が合わさった映画を楽しんでいただけると嬉しいです。

佐藤瑠雅(仮面ライダータイクーン/桜井景和):「たぬきそばが世界一!」先輩ライダー龍騎やリバイスとの絡みやバトルロワイヤルを楽しんでもらえたら嬉しいです。

星乃夢奈(仮面ライダーナーゴ/鞍馬祢音):「袮音です、ピカリ!」それぞれの世界観が交わっているところと私がマネキンで登場するシーンが特に見どころです!

杢代和人(仮面ライダーバッファ/吾妻道長):「勝つのは俺だ!」世代を超えたド派手なアクショーンシーンが見どころです。楽しんでいってください。

青島心(ツムリ):デザ神降臨です!照 新旧対決、サッカー場(で変身する)シーンが印象的です。いつもと違うツムリを楽しんでもらえると。

『仮面ライダーリバイス』出演者のご挨拶

前田拳太郎(仮面ライダーリバイ/五十嵐一輝):皆さん今日の映画は楽しんでいただけましたか?ギーツにとって初めての映画、そして僕たちリバイスにとって最後の映画になるので、役者たちの想いを見ていただけたらと思って撮影に取り組みました。

日向亘(仮面ライダーライブ/五十嵐大二):去年セイバーの皆さんから受け取ったバトンを、ギーツの皆さんに渡して仮面ライダーを晴れて卒業できる日になれたらいいなと思います。

井本彩花(五十嵐さくら/仮面ライダージャンヌ):本編では出番の少なかったインビンシブルジャンヌに変身できたことが嬉しい。そして袮音と一緒に戦えて嬉しかったです。

監督からのご挨拶

柴﨑貴幸監督:龍騎しか見たことない方も楽しめる作品になってます。途中リタイアしないで最後まで楽しんでいってください。

本作の感想について

映画ならではのライダー同士による壮絶なバトルロワイヤルが見どころの本作。まずはギーツキャストに完成した本作の感想が問われると、簡は「鹿島スタジアムで龍騎、シーカー、リバイスとのアクションシーンはとても見応えあり、鳥肌がたった」とコメント。

佐藤も「龍騎の真司とのお芝居が印象的。ファンの間で景和は“令和の真司”と呼ばれているらしく、(真司と同じく)平和を願うキャラを演じてることにシンパシーを感じる」と明かし、星乃も「1年ずっと撮影してきた井本さん(ジャンヌ)の演技を目の当たりにすると目線の使い方、お芝居も刺激を受けて勉強になった」とコメントした。

本作では、電車や商店街など様々な場所で撮影が行われ、杢代は「本当の駅構内での撮影は新鮮で楽しかった」と振り返った。青島は「ベテラン俳優との共演が多く、現場でもカッコよかった。特にシーカーの変身がカッコよかった」と振り返り、「画面に映る4人の変身シーンを見て泣いてしまった。成長してるなとお姉ちゃん目線で見れた」と身近での共演者の成長を感じていた様子。

『仮面ライダーギーツ』と『仮面ライダーリバイス』、2つの人気作品がクロスオーバーしながら物語が描かれていく本作。リバイスパートでは、弟・幸四郎の誕生やバイスの復活、五十嵐家の家族の絆が感じられるエピソードが展開されていく。その魅力を前田は、リバイスとして最後の映画が公開となった嬉しさを滲ませながら「“バイスの復活”、“三男幸四郎の誕生”を経て、五十嵐家の絆がより深まったと思う」と語った。

日向と井本も、「いい意味でリバイスらしい終わり方だな感じた。この映画でみんなで集まるのも最後だから悔いなく撮り切ろうという思いで臨んだ」(日向)、「リバイスが終わる寂しさと、最後は先輩らしくカッコよく決めたいという思いで臨んだ。1年間で顔って変わるな、と成長を実感した。リバイスメンバーに支えれられここまできた、このメンバーでよかった」(井本)とそれぞれ今の心境を明かした。

1年の変化を問われると、本作で4作目となる前田は、「1作目と比べると別人のように変わった気がする、変わってますかね?(笑)」と会場に問いかけ、それに応えるような会場内の大きな拍手に「変わってるみたいです!(笑)」と笑顔を見せた。「僕たちほんと凛々しくなったよね(笑)」と続く日向の自画自賛の言葉に共演者からツッコミが入るも、「見返してみると逞しくなった気がする」と揃って1年の成長を振り返った。

監督は「自分の知らない世界のどこかで、仮面ライダーが戦っているんじゃないかと思わせるような日常を描きたかった」と作品に込めた想いを明かし、「商店街や電車、走っている車などさまざまなシチュエーションでアクションシーンに挑戦した。2部作を繋いでみると予想以上にテンポが出て、尺が長い後半パートの方が早く進んでいるような体感が出た」と作品全体を回顧した。

さらに「電車内の装飾に、過去の作品をモチーフにした広告が貼ってある」という撮影秘話も。「歴代のファンの方たちも楽しんでもらえる仕掛けがたくさん隠れているので、何回も見て探してみてほしいです」とファンにむけてアピールした。

さらに話題は、“ここだけは誰にも負けない1番だと思うこと”という、本作のキャッチコピーである「さあヒーローの頂点へ。」になぞらえたトークへ。主人公を演じた簡と前田が指名されると、簡は「自分とは関係ないんですけど」と話し始めると、「関係ある話にしてください」と皆から総ツッコミ。「“冬休み映画のバトルロワイヤル”に勝って、本作が頂点に立ちたい」と座長として大ヒットを祈願。対する前田は“空手”を挙げた。「アクションシーンでも空手で培ったものが活きたと思う」とコメント。

新たにゲストが登場!

作品の魅力や見どころなど、熱いトークが展開される中、新たにゲストが登場!

映画オリジナルのキャラクターであり、ギーツ・リバイスたちに⽴ちはだかる“最強の刺客”を演じた大貫勇輔、池田鉄洋、そして主題歌を担当した倖田來未が登壇した。会場は溢れんばかりの拍⼿に包まれ、⼀⾔ずつ挨拶した。

大貫勇輔:仮面ライダーシーカー/轟戒真役を演じました大貫勇輔です。本当に子供の頃から夢だった仮面ライダーになることができて光栄です。

池田鉄洋:「ハッハッハ!(コラス風に怪しげな笑み)」コラス役の池田鉄洋です。皆様の夢を怖さないようにこんな感じで始めてみました。本日はよろしくお願いいたします。

倖田來未:“Change my future”という曲で主題歌を担当しています、倖田來未です。素敵な場所に呼んでもらえて光栄です。

“無敗の仮面ライダー”、仮面ライダーシーカー・轟戒真に扮した大貫へ、仮面ライダーを演じた感想が問われると、「子供の頃から本当になりたかったものになれた喜びは何よりにも変え難い」と喜びを爆発させた。さらに、主演二人のスタイルの良さに驚きながらも「アクションシーンも盛りだくさんですし、(自身が演じるシーカーの)変身シーンが渋いのでカッコいいんですよね」と振り返り、会場を盛り上げた。

“最悪のゲームマスター”コラスを演じた池田も、憧れのライダー作品への出演を「感無量」と喜び、さらに「私も変身したかったなぁ」とポツリと想いを吐露。役作りに関して問われると、「監督からもう少し怖くなることを指摘されたが、結果としてだいぶ気持ち悪い方向にシフトして演じました」と明かし、対して監督は「“悪いサーカス団の団長”がコラスのイメージ。非常に良い役を演じて頂いてよかった」と回顧した。

そんな大貫・池田との共演した感想を簡・前田は、「大貫さんが車から出てきたシーンの存在感に圧倒された」と答えると、「リムジン効果です」(大貫)と謙遜し、笑いを誘った。

さらに池田について「不気味なお芝居が輝いてて、悪役を演じるときは池田さんみたいに演じたい。悪役やってみたいですね!特訓してきおきます!」と、前田は“悪役”挑戦に意欲を見せる場面も。簡も「大貫さんの初変身とは思えないほどのキレと迫力には負けていられない」とそれぞれ振り返った。

倖田は現在放送中の『仮面ライダーギーツ』に引き続き、映画でも主題歌を担当。この主題歌について、倖田は「TVシリーズとは違ったファンキーな楽曲のリクエストがあった中で、打ち合わせの時にバラードのような“いい曲”もいいよね。そこでハートフルな曲を提出したらすごくいいと褒めてもらえた。家族愛や、仲間愛、みんなの愛をのせてレコーディングに臨み、セリフを邪魔しないようとにかく“優しさ”を意識した」(倖田)と秘話を明かした。

主題歌の感想を問われると「エンドロールで流れる楽曲を聴いて、鳥肌が立つように心が温かくなった。毎日聞いてます」(簡)とコメント。実は同じ京都出身で、偶然父親同士が友達という倖田と簡。簡が仮面ライダーに決まった知らせを、父伝いで聞いた倖田は「驚いた!同郷出身ヒーローは嬉しい」と笑顔を見せた。

イベントの最後に

イベントの最後には、「ギーツたちの凛々しい姿を見て、しっかりバトンを渡すことができたなと感じた。これからも仮面ライダーの歴史は続くが、愛し続けてくれたら嬉しいです」(前田)、「本作をたくさんの人に見てほしいです。TVシリーズも応援お願いいたします!」(簡)とファンに向けメッセージを送った。

その後行われたフォトセッションでは、仮面ライダーのうちわを持った客席バックに、前田・簡の「『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』ここからがハイライトだ!」という掛け声と同時に、キャノン砲が打ち上げられ、客席は再び大きな拍手に包まれた。

さらに変身後の仮面ライダーギーツ、リバイ、バイス、龍騎、シーカーも応援に駆けつけ、豪華キャストの登場に最後まで熱気冷めやらぬまま、イベントは幕を閉じた。

映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』作品情報

公開情報

12月23日(金)全国ロードショー

キャスト

簡 秀吉 前田拳太郎 木村昴(声の出演)
佐藤瑠雅 星乃夢奈 杢代和人 青島 心/ 北村諒
日向 亘 井本彩花 濱尾ノリタカ 浅倉 唯 八条院蔵人 小松準弥 伊藤美来(声の出演)
須賀貴匡 松田悟志 萩野崇 大貫勇輔 池田鉄洋 山崎一
(声の出演)堀川りょう 神谷浩史 長谷川雅紀(錦鯉)
忍成修吾/ 映美くらら 戸次重幸
 

スタッフ

原作:石ノ森章太郎
脚本:高橋悠也 木下半太
監督:柴﨑貴行
音楽:佐橋俊彦 中川幸太郎
アクション監督:宮崎 剛 藤田 慧
特撮監督:佛田 洋
主題歌:「Change my future」倖田來未
製作:「ギーツ/リバイス」製作委員会(東映/テレビ朝日/東映ビデオ/ADKエモーションズ/木下グループ/バンダイ)

公式サイト
公式ツイッター(@toeiHERO_movie)

「仮面ライダーリバイス」とは

仮面ライダー生誕50周年記念作品「仮面ライダーリバイス」

『仮面ライダーリバイス』公式サイト
『仮面ライダーリバイス』公式ツイッター(@toei_revice50)
『仮面ライダーリバイス』テレビ朝日公式サイト

「仮面ライダーギーツ」とは

<<令和仮面ライダー>>第4弾作品「仮面ライダーギーツ」

2022年9月4日よりテレビ朝日系毎週日曜(午前9:00〜9:30)絶賛放送中!
『仮面ライダーギーツ』公式サイト
『仮面ライダーギーツ』公式ツイッター(@krGEATS_toei)
『仮面ライダーギーツ』テレビ朝日公式サイト

2022年あなたが選ぶ素晴らしかった作品アンケート募集中!

アニメイトタイムズでは、2022年に放送、公開、掲載、発売されたあなたが思う最も素晴らしかった作品のアンケートを募集中です! 募集対象はアニメ、ゲーム、漫画、ラノベ、主題歌、VTuberなどなど!

あなたはどの作品が素晴らしいと思いましたか?アンケート結果は年末に掲載予定! ぜひご応募ください!

↓↓アンケートフォームはこちら↓↓

2022年の人気作品を【 投票する 】
「ギーツ/リバイス」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング