アニメ
TVアニメ『るろうに剣心』Ayase✕R-指定 対談インタビュー

TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』オープニングテーマアーティスト・Ayaseさん✕R-指定さん|「『飛天』は登場人物たちと自分たちのリンクを書いた楽曲」

2023年7月6日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始となる、TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。

本作のオープニングテーマを務めるのは、ボカロPやYOASOBIのコンポーザーとしての活動に加えさまざまなアーティストへの楽曲提供も行っているAyaseさんと、日本最高峰のMCバトル「ULTIMATE MC BATTLE」大阪大会にて5連覇、Creepy Nutsとして活動するラッパーのR-指定さん。

日本のトップクリエイターがコラボしたOPテーマ「飛天」は、Ayaseさんが作曲を、AyaseさんとR-指定さんが共同で作詞を担当。『るろうに剣心』の怒涛の展開を予感させる疾走感あふれたサウンドと、キャラクターに寄り添ったリリックが印象的です。

2人はどのように作品を捉え、楽曲に落とし込んでいったのでしょうか。アニメイトタイムズでは、Ayaseさん、R-指定さんの対談インタビューを実施。コラボ楽曲制作の経緯や『るろうに剣心』にまつわるエピソードなどの話をお伺いしました。

 

関連記事
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
幕末の動乱期、“人斬り抜刀斎”と恐れられた志士がいた。その男は、新しい時代の到来と共に人々の前から姿を消し去り、「最強」という名の伝説と化していった。時は流れ――明治十一年、東京下町。逆刃刀を腰に下げ、不殺を誓う旅の剣客・緋村剣心は、神谷活心流の師範代・神谷薫と出会う。剣心は、活心流を騙る辻斬り「人斬り抜刀斎」の事件を解決したことをきっかけに、薫のもとに居候することとなる。東京府士族出身の明神弥彦、喧嘩屋を称する相楽左之助といった仲間たちとの出会い過去の因縁によって戦うこととなる宿敵たちとの対峙。新しい時代を懸命に生きる人々による明治剣客浪漫譚、ここに開幕――!作品名るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-放送形態TVアニメシリーズるろうに剣心スケジュール2023年7月6日(木)~2023年12月14日(木)フジテレビ“ノイタミナ”ほか話数全24話キャスト緋村剣心:斉藤壮馬神谷薫:高橋李依明神弥彦:小市眞琴相良左之助:八代拓高荷恵:大西沙織四乃森蒼紫:内田雄馬斎藤一:日野聡般若:置鮎龍太郎癋見:吉野裕行火男:落合福嗣式尉:稲田徹スタッフ原作:和月伸宏『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)監督:山本秀世シリーズ構成・...

 

二度目のコラボ「音楽で通じ合えた」

――「飛天」のお話を伺う前に、まずはお互いの印象や魅力についてお聞きしたいです。

Ayase:以前から「フリースタイルダンジョン」を見ていたり、様々なところでご活躍する姿を見ていたので、超スキルフルでラッパーとしてめちゃめちゃすごい人というイメージがありました。

それは今も変わらないのですが、プラスして一度ラジオ(オールナイトニッポン)で共演した時にすごく真面目な人という印象を抱いて。その時、「ばかまじめ(※)」という曲を一緒につくったのですが、曲名通りに真面目な人だなと。

 

 
R-指定:まだYOASOBIのビジュアルすら分からない状態で曲がガンッと流行った時、楽曲だけ聴いた印象は「喋らない」「掴みどころがない」「とんでもなく才気溢れるタイプ」なのかなと思っていたんですよ(笑)。

Ayase:はははは(笑)。

R-指定:でも、ラジオでお会いした時、すごく気のいいシャイな兄ちゃんでした(笑)。ただ、一緒に「ばかまじめ」をつくった時、楽曲のテーマや対象物、一緒につくる自分ら(Creepy Nuts)をほんまによく見ていて。とにかく観察の視点がすごい。

俺と(DJ)松永と、Ayaseさん、幾田りらさんをテーマに書いてくださったリリックもあって、こういう言い表し方をするんやと勉強になったんですよ。

今回の「飛天」も、Ayaseさんは『るろ剣』をそう見たんだと感心させられる。毎回ワクワクさせてくれます。今回は、俺もそれに応えたいと力が入りました。

 

(※)Creepy NutsとAyaseと幾田りらがコラボした楽曲。2022年オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』主題歌。

 

――ラジオで共演した際、「お互いに人見知りで、あまり会話ができなかった」というエピソードを拝見しました。今回はいかがでしたか?

Ayase:今回はお互いに忙しいこともあって、電話口で打ち合わせをしたんですよ。なので、前回よりコミュニケーションが成長したかという意味では、そこまで成長はできていません(笑)。電話での打ち合わせなのにめっちゃ緊張しましたし(笑)。

R-指定:あははは! お互いに何足も草鞋を履いている状態だから、なかなか予定が合わなくて。楽曲をつくるコミュニケーションがメインでしたね。

Ayase:でも、一緒につくっていく上で楽曲との向き合い方を話していると「自分はこういう曲にしたい」と本音が出てくるので、ちゃんと音楽で通じ合えた感覚はあります。
とはいえ、一回飲みに行かなきゃいけないなとはずっと思っています(笑)。

R-指定:たしかに、まだ行けてない! 「ばかまじめ」の時は(コロナ禍という)時期が時期だったので、打ち上げも行けんかったし。

Ayase:そうなんですよ。なので、今度ぜひ行きましょう(笑)。

 

音と映像が重なる瞬間もアニメのおもしろさ

――それでは、今回コラボするに至った経緯を教えてください。

Ayase:最初に『るろうに剣心(以下、るろ剣)』サイドからお声がけいただきました。その時、僕とスタッフの間で「誰かパワーのある人を巻き込んでおもしろいことができるのではないか」と話していたんです。

また、頭の中で『るろ剣』の曲をなんとなくイメージしていたら、「ラップが入ってきたらカッコいいよな……」と思って。「ばかまじめ」のレコーディングの時、Rさんにいつか自分がボーカルをやるミュージシャンとしても一緒にやりたいと軽く話していたので、それならRさんに相談しようとお声がけして、ご快諾いただきました。

R-指定:そういえば「ばかまじめ」の時に、そんな話をしましたね! 「いろんな楽曲をつくっていきたいし、いろんなラッパーともやってみたい。ぜひRさんとも」とAyaseさんに言っていただいて、ワクワクするなと思っていたんですよ。

だから今回、お声がけいただいて「あの時のあれが、ついに来ましたか……!」と(笑)。しかも『るろ剣』の主題歌という二重の喜びがありました。お互いのデータのやり取りをしている中で、Ayaseさんの生み出す音や言葉がどんなものになるのか楽しみやった。

 

 

――「飛天」の制作工程についてはいかがでしょう。詞先行なのか、曲先行なのかどちらですか?

Ayase:僕はどの曲をつくる時も、基本的には曲先行で、歌詞は最後に考えます。今回は、まず『るろ剣』の原作を読み込んで、(緋村)剣心の抱えているものと自分の中でリンクするものの中から使いたい音をチョイスしてメロディを完成させていって。

その中で、「ここはRさんに詞を書いてほしい」と思う部分をお伝えして、歌詞を考えていただきました。

R-指定:Ayaseさんのパートができている状態のデータをいただいたので、そこにまずスキャットという宇宙語……何語でもない言葉をダラダラ乗せていって、それを確定させてから歌詞を入れていきました。

俺の中では、『るろ剣』のキャラクターたちが戦っている様子をラップのフロウに重ねたかったんですね。音と映像が重なる瞬間もアニメのおもしろさだと思い、ラップはそういう部分を意識しながらいろいろイメージしていって。めっちゃ早くなるバースがあるのですが、そこは「縮地」や「牙突」のグンっとくるイメージをラップにしました。

また、『るろ剣』に登場するキャラクターたちは時代の変わり目に右往左往してもがいているのだけど、今を生きている人ともめちゃくちゃ重なるんですよ。大きく時代が変わる瞬間、今までの生き方や信念が丸っきり通用しなくなる。これまで良しとされてきたものが、一気に良くないものに変わる。

『るろ剣』の世界とは比にならないとは思いますけど、そういうところは今に通ずる部分があるなと。そんな感じたことが、俺の書いた歌詞になんとなく表現されていると思います。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング