映画
映画『火の鳥 エデンの花』11/3公開決定!出演声優に宮沢りえら4名発表

映画『火の鳥 エデンの花』11/3公開決定! 出演声優に宮沢りえさん・窪塚洋介さん・吉田帆乃華さん・イッセー尾形さん、コメント到着

STUDIO4℃が、手塚治虫先生の伝説的な原作『火の鳥』望郷編をエンディングが異なる2作品(映画版、配信版)にアニメ化!

映画版『火の鳥 エデンの花』を11/3(金)全国公開。そしてディズニープラスでは、すでに『PHOENIX:EDEN17』として本作が世界独占配信されることが発表されていましたが、この度邦題が『火の鳥 エデンの宙』に決定。9/13(水)より世界独占配信(※中国本土を除く)となります。

この度、両作の声優をつとめる宮沢りえさん、窪塚洋介さん、イッセー尾形さんらの情報と、特報映像・映画版ティザービジュアルが解禁となりました。

▲公開された映画版ティザービジュアル

▲公開された映画版ティザービジュアル

関連記事
火の鳥 エデンの花
あなたは、生きなさい。荒涼たる辺境惑星エデン17に1台のロケットが降り立った。わけあって地球から逃亡してきたロミ(声:宮沢りえ)と恋人のジョージ(声:窪塚洋介)は、この星を2人の新天地にしようと誓うも、未開の惑星での生活は厳しく、ジョージは井戸掘り中の事故で命を落としてしまい、ロミは一人息子のカインとAIロボットとともに、孤独なサバイバル生活に送ることに。ロミはカインのために自分の命を少しでも引き延ばすこと決意し、コールドスリープに入る。だが、機械の故障で1300年間も眠り続けることに。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町・エデン17の女王となる。そんなある日、心優しい少年コム(声:吉田帆乃華)は、宮殿で悲しみに暮れる女王ロミと出会う。ロミの望郷の想いを知ったコムは、一緒に地球に行こうと、無謀な挑戦と知りながら、2人で広大な宇宙に飛び出していく。作品名火の鳥エデンの花放送形態劇場版アニメスケジュール2023年11月3日(金)キャストロミ:宮沢りえジョージ:窪塚洋介コム:吉田帆乃華ズダーバン:イッセー尾形牧村:浅沼晋太郎カイン:木村良平スタッフ監督:西見祥示郎音楽:村松崇継原作:手塚治虫「火の鳥」(望郷編)キャラクタ...

11.3公開『火の鳥 エデンの花』特報

“漫画の神様”と謳われ、今も世界中で敬愛される巨匠・手塚治虫先生。その代表作にしてライフワークともなった不朽の名作「火の鳥」全12編のうち、わたしたちが生きる地球と宇宙の未来を描いた「望郷編」が遂に初のアニメーション映画化!

特報映像は、地球を逃れ辺境惑星エデン17で暮らすロミ(声:宮沢りえ)や、恋人のジョージ(声:窪塚洋介)、ロミが出会う心優しい少年コム(声:吉田帆乃華)、怪しげな宇宙のよろず屋ズダーバン(イッセー尾形)など個性的なキャラクターと、宇宙を荘厳に舞う火の鳥の姿が映し出されています。1300年の時を生きることになった、数奇な運命をたどるロミの壮大な冒険物語と、宇宙を舞台にした雄大なスケールに期待が膨らむ映像となっています。

あわせて公開された映画ティザービジュアルには、ひとりエデン17に佇むロミの姿が。そして、そのロミが見上げる空には大きな翼を広げ羽ばたく火の鳥に、「あなたは、生きなさい。」と火の鳥からのメッセージと受け取れるキャッチコピーが添えられています。

キャラクター情報&キャストコメント

ロミ(CV:宮沢りえ) 

主人公。恋人のジョージと共に地球を離れ惑星・エデン17で暮らす。自分の意思を強く人に伝えることはしないが、揺るがない芯を持つ女性

<宮沢りえさんコメント>
手塚治虫さんの『火の鳥』

時を超え、今を生きる私達に壮大なメッセージが、舞い降ります。それを受け止め、ロミという女性を演じるのは簡単では無かったけれど、、観てくださった方が、今を生きている事、生きる先にある未来を感じてくださる作品になれば良いなぁと思います。

<プロフィール>
1973年4月6日生まれ、東京都出身。『ぼくらの七日間戦争』(88/菅原比呂志監督)で初主演を果たす。

以降、女優として映画やドラマ、舞台と幅広く活躍。『華の愛遊園驚夢』(01/ヨン・ファン監督)でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。『たそがれ清兵衛』(02/山田洋次監督)、『紙の月』(14/吉田大八監督)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16/中野量太監督)で3度の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝く。

舞台でも高く評価され、18年には読売演劇大賞・最優秀主演女優賞を受賞する。近年の主な出演作品に、映画『決戦は日曜日』(22/坂下雄一郎監督)、『アイ・アムまきもと』(22/水田伸生監督)、テレビドラマ「真犯人フラグ」(22/NTV)、「鎌倉殿の13人」(22/NHK)などがある。

ジョージ(CV:窪塚洋介)

ロミの恋人。ふたりだけの新たな生活を求め、地球から逃亡し、辺境の惑星・エデン17に降り立つ。

<窪塚洋介さんコメント>
自分が手塚治虫先生の作品に関わることができるなんてとても光栄でした。「火の鳥 望郷篇」は今読み返しても、宇宙、真理、命の理についての普遍的なメッセージが込められていて、僕らがどんな時代に生きていようとも伝わり、かつエンタテインメントとして楽しめる作品だと思っています。

僕が演じたジョージは、ロミと共に地球を飛び出しエデン17に辿り着く、若気の至りというか、勢い余ってこんなところまで来てしまった、というキャラクターです。20代の溌剌とした感じを意識して演じました。

<プロフィール>
1979年5月7日生まれ、神奈川県出身。
「金田一少年の事件簿」(95/NTV)で俳優デビュー。その後「池袋ウエストゲートパーク」(00/TBS)で注目される。

『GO』(01/行定勲監督)で第25回日本アカデミー賞新人賞と史上最年少での最優秀主演男優賞を受賞。『Silence -沈黙-』(2017)でハリウッドデビューを果たし、BBC×Netflix London制作連続ドラマ「Giri/Haji」(2019)でもメインキャストを演じるなど、海外にも積極的に進出している。

ほか主な映画出演作に、『ファーストラヴ』(2021)『全員切腹』(2021)『Sin Clock』(2023)など。舞台でも活躍するほか、音楽活動、モデル、執筆と多彩な才能を発揮している。

コム(CV:吉田帆乃華(よしだほのか)) 

宇宙生命体・ムーピーを祖先にもつ少年。進化の過程で目と耳が退化した代わりに、発達した触覚を活かし物事を感じることができる。臆病ながらも、心優しい、がんばり屋さん。

<吉田帆乃華さんコメント>
物語は、これからどうなるの!っと、ドキドキヒヤヒヤしました。

初めてのアフレコで、声をどうやって合わせたらいいのか分からなくて難しかったけど、スタッフのみなさんが優しく丁寧に教えてくれたので、すごく楽しく収録できました! 優しく思いやりがあって、ゆうかんなコムを演じさせてもらえて嬉しかったです!

<プロフィール>
2014年6月26日生まれ、神奈川県出身。

2023年に日本テレビ「大病院占拠」では櫻井翔と比嘉愛未演じる夫婦の娘、武蔵えみり役やNHK大河ドラマ「どうする家康」亀姫(少女時代)役など話題作に出演。

ズダーバン(CV:イッセー尾形)

ケルポ49号惑星出身の宇宙のよろず屋。ずる賢く、商魂たくましい。宇宙を彷徨っては珍品を掘り出し商売をしている。

<イッセー尾形さんコメント>
宇宙のヨロズ屋ズターバン。こういう一見するといてもいなくても同じのような人物を作り上げるのが手塚さんならではのような気がします。無駄を無駄にしなくてキチンと主筋に送り返すのが魅力を倍増させます。

怪しげであればあるほど宇宙の奥深さも体感します。役には立つけどしっかり自分の得は外さない。分かりやすい原理ですね。ズターバンは自分に正直です。(笑)

<プロフィール>
1952年2月22日生まれ、福岡県出身。
1971年に演劇活動をスタートさせ、80年代にはじめた「一人芝居」で、日本における一人芝居の第一人者と呼ばれる。

森田芳光監督作『それから』(85)で映画初出演、以降、多数のTVドラマ、映画に出演。映画『ヤンヤン夏の思い出』(00/エドワード・ヤン監督)で海外映画に初出演を果たし、アレクサンドル・ソクーロフ監督作の『太陽』(05)では昭和天皇を演じた。マーティン・スコセッシ監督作品『沈黙 サイレンス』(16)では長崎奉行の井上筑後守を演じ、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演男優賞次点を受賞。

その他、近年の映画出演作は『泣き虫しょったんの奇跡』(18/豊田利晃監督)、『ONODA 一万夜を越えて』(21/アルチュール・アラリ監督)などがある。

制作スタッフプロフィール&コメント

監督・西見祥示郎(にしみしょうじろう)氏コメント

山あり谷ありの火の鳥でありました。何十年もの間、親しまれた手塚治虫先生の代表作の一つ。楽な仕事ではありませんでした。

この作品に参加してくださったスタッフ一同、同じ思いだとおもいます。原作を何も理解できてないかもしれませんが、原作にあるキャラクターを擬似体現するような、大袈裟に言えばそんな感じで作品を作っていたような気がします。

火の鳥の望郷編、手塚治虫先生の中では答えは一つであるかも知れませんが、見た人それぞれ色々な解釈が出来る作品だと思います。沢山あるアニメ作品の中の一つではありますが、目に止まり見終わった後、なにかの瞬間にまたフワッ思い出すような作品になれば、これ幸いです。まずは映画はエンターテイメント、楽しんで頂けたらと思っております。

<プロフィール>
1965年生まれ、福岡県出身。アニメーション監督、アニメーター。テレコム・アニメーションフィルムを経て、2003年よりフリーに。湯浅政明監督の『マインド・ゲーム』でミュージカル・シーンの原画を手がけて以降、STUDIO4℃作品に数多く参加。

松本大洋原作の『鉄コン筋クリート』ではキャラクターデザイン・総作画監督・絵コンテ(共同)などを兼任し、日仏合作長編『ムタフカズ』では監督(原作者ギョーム・“RUN”・ルナールと共同)と絵コンテをつとめた。卓抜したビジュアルセンス、キャラクターを活き活きと描く躍動的演出力を兼ね備えた、稀代のクリエイターである。

『火の鳥 望郷編 エデンの花』では監督のほか、絵コンテ、キャラクター原案も手がけている。そのほか、実写映画『下妻物語』『少年メリケンサック』のアニメパート監督、『アニクリ15』『バットマン ゴッサムナイト』のエピソード監督なども担当。

音楽・村松崇継(むらまつたかつぐ)氏コメント

子供の頃から大好きだった、手塚治虫さんの火の鳥の世界を自分が音楽で描けること。本当に嬉しく思います。

そして、脚本、描かれるアニメーションの世界観を観させていただいた時、一気に音のイマジネーションが浮かびました。その浮かんだ世界は自分も未だ出逢ったことのない世界。制作途中、その浮かんだ世界はあまりにもスケールが大きく、締切に間に合うのか。。。

それはいつの間にか時間との戦いになっていました。ダイナミックな神秘的なオーケストラを軸にした火の鳥の音世界。ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。

<プロフィール>
作曲家。1978年生まれ、静岡県浜松市出身。高校在学中にピアノソロアルバム『窓』でデビュー。2001年公開の映画『狗神』以降、映画・TVドラマなどのサウンドトラックを数多く手がけている。アーティストへの楽曲提供、ピアニストとしてのソロ活動も精力的に行い、幅広く活動している。

主な音楽担当作品に、映画『クライマーズ・ハイ』『思い出のマーニー』『夜明け告げるルーのうた』『護られなかった者たちへ』、Netflix作品『クレイジークルーズ』など。STUDIO4℃作品への参加は『漁港の肉子ちゃん』に続き、今回が2作目となる。

プロデューサー/STUDIO4℃代表・田中栄子(たなかえいこ)氏コメント

STUDIO4℃が世界の巨匠手塚治虫氏の作品を映画にしない訳には行かない。そしてその作品は手塚氏の永遠のテーマを描くものでなくてはならない。これがミッションでした。集まったスタッフも超一流。作品力も破格です。

そして配信と映画という2つのメディア用に、アナザーエンディングを作ることが出来ました。深淵なる意味や価値を持つ原作の力を果たして映画にすることはできたのか。決して簡単ではなかった本映像制作です。

時を駆けるS F冒険譚としても楽しんで欲しいし、未来へ向けた人類への警告としても受け止めてほしい。そして何より人間の営みへの慈しみを育んでいただければ、全スタッフの努力が報われます。

<STUDIO4℃/制作>
国内外からの評価も高く、主に映画を中心に日本のアニメ界随一の個性を誇るアニメーションスタジオ。1988年の設立以来、映画、TV、配信、ゲーム、CMなど、さまざまな媒体で意欲的な企画に取り組み、才能あるクリエイターたちに活躍の場を提供。

作品ごとに新しい表現手法の模索や技術開発にも貪欲にチャレンジしている。2004年公開の『マインド・ゲーム』では文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞し、2006年公開の『鉄コン筋クリート』では日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を獲得。

2018年公開の『ムタフカズ』ではアニー賞にノミネート、2019年公開の『海獣の子供』は、第74回毎日映画コンクールアニメーション映画賞、第23回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞に輝いた。

そのほか『Genius Party』『ハーモニー』『ベルセルク 黄金時代篇3部作』『映画 えんとつ町のプペル』『漁港の肉子ちゃん』など、ジャンルにとらわれない多彩な作品群を世に放ち、国内外のアニメファンに新鮮な驚きを与え続けている。

社名の4℃とは<水の密度が一番高い温度>であることから、クオリティの高さを保証するという意味で命名した。
 

応援コメント

手塚プロダクション取締役・手塚るみ子(てづかるみこ)氏コメント

『火の鳥・望郷編』が美しいアニメになりました。ロミとコム、そして牧村が乗りあうミステリアスな星から星へのロードムービー。

まるで一緒に同乗しているかのような、岩型宇宙船の乗り心地さえ伝わる。そして目的地へ近づくとともに問いかけられる真理。

果たして本当に辿り着きたいのは地球なのだろうか?と。

人が心から望む故郷とは、求めてやまない居場所とは、この時空のどこにあるのか…

手塚治虫が投げかけたメッセージをフルスクリーンで届けてくれるこの映画に感謝します。

<プロフィール>
1964年4月30日生まれ、東京都出身。プランニングプロデューサー。手塚プロダクション取締役。手塚治虫文化祭(キチムシ)実行委員長。漫画家・手塚治虫の長女として生まれる。広告代理店でセールスプロモーションやイベント企画に携わったのち、父親の死をきっかけに手塚作品のプロデュース活動を開始。

アトム生誕40周年を記念した「私のアトム展」をはじめとする各種イベントや、朝日放送創立50周年キャンペーン「ガラスの地球を救え」年間イメージソングのプロデュースなど幅広く手がける。

劇場版『火の鳥 エデンの花』

**11月3日(祝・金)新宿バルト9 他 全国ロードショー

STORY

あなたは、生きなさい。

荒涼たる辺境惑星エデン17に1台のロケットが降り立った。わけあって地球から逃亡してきたロミ(声:宮沢りえ)と恋人のジョージ(声:窪塚洋介)は、この星を2人の新天地にしようと誓うも、未開の惑星での生活は厳しく、ジョージは井戸掘り中の事故で命を落としてしまい、ロミは一人息子のカインとAIロボットとともに、孤独なサバイバル生活に送ることに。

ロミはカインのために自分の命を少しでも引き延ばすこと決意し、コールドスリープに入る。だが、機械の故障で1300年間も眠り続けることに。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町・エデン17の女王となる。

そんなある日、心優しい少年コム(声:吉田帆乃華)は、宮殿で悲しみに暮れる女王ロミと出会う。ロミの望郷の想いを知ったコムは、一緒に地球に行こうと、無謀な挑戦と知りながら、2人で広大な宇宙に飛び出していく。

CAST

宮沢りえ
窪塚洋介 吉田帆乃華 イッセー尾形

STAFF

監督/西見祥示郎
音楽/村松崇継
原作/手塚治虫「火の鳥」(望郷編)
キャラクターデザイン・総作画監督/西田達三
脚本/真野勝成・木ノ花咲
美術監督/木村真二
演出・CGI監督/斉藤亜規子
色彩設計/江上柚布子 
編集/重村建吾
音響監督/笠松広司
プロデューサー/田中栄子 
アニメーション制作/STUDIO4℃ 
製作/「火の鳥 エデンの花」製作委員会 
配給/ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト
公式ツイッター(@hinotori_eden)

『火の鳥 エデンの宙』作品情報

配信情報

ディズニープラスで9月13日より世界独占配信

ディズニープラス公式サイト
Disney+ディズニープラス公式ツイッター(@DisneyPlusJP)

(C)Beyond C.
おすすめタグ
あわせて読みたい

火の鳥 エデンの花の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング