声優
中尾隆聖から受け継いだ声優としての生き方②

81ACTOR'S STUDIO講師・中尾隆聖さんから教わった「学び」を原紗友里さん、米内佑希さんが語る 「ウェイトの時間を大事にしろ、という言葉は養成所時代だけでなく、現場に出てからも活きました」【短期連載 第2回】

大手声優プロダクション・81プロデュースによる養成所「81ACTOR'S STUDIO」では、『声優四季講座』と題し、体験レッスン付の入所説明会を定期的に実施しています。2024年度の入所を希望される方に向けて、8月20日(日)、8月27日(日)、9月3日(日)に《夏季》レッスン体験・入所説明会が実施されます。なお、それぞれの日程の一週間前まで申し込み可能です。

今回の連載では、「81ACTOR'S STUDIO」で講師を務められ、そして第一線で活躍されている声優・中尾隆聖さんと、【第2回81オーディション優秀賞】受賞者であり受賞後「81ACTOR'S STUDIO」で中尾さんの授業を受けていた声優・原紗友里さん、専門学校卒業後「81ACTOR'S STUDIO」に通い、現在声優としてだけでなく同スタジオで講師としても活躍されている米内佑希さんを迎え、3回に渡り鼎談インタビューをお届けします。

第2回では、原さん、米内さんが特に印象的だったという中尾さんの授業の話題から。中尾さんのポリシーや、卒業生のふたりが今も活きているというマイクとの距離感、「ウェイトの時間」のこと……「81ACTOR'S STUDIO」の《夏季》レッスン体験・入所説明会を検討されている方、将来声優を目指したい方、それだけでなく、多くの方に読んでいただきたいインタビューです。

関連記事
81ACTOR'S STUDIO講師・中尾隆聖さんと、教え子である原紗友里さん、米内佑希さんが養成所時代を振り返る 「私の最初の仕事はみんなの意識を変えていくこと。養成所に来た時点で、もう“憧れ”の世界ではないんです」【短期連載 第1回】
大手声優プロダクション・81プロデュースによる養成所「81ACTOR'SSTUDIO」では、『声優四季講座』と題し、体験レッスン付の入所説明会を定期的に実施しています。2024年度の入所を希望される方に向けて、8月20日(日)、8月27日(日)、9月3日(日)に《夏季》レッスン体験・入所説明会が実施されます。なお、それぞれの日程の一週間前まで申し込み可能です。今回の連載では、「81ACTOR'SSTUDIO」で講師を務められ、そして第一線で活躍されている声優・中尾隆聖さんと、【第2回81オーディション優秀賞】受賞者であり受賞後「81ACTOR'SSTUDIO」で中尾さんの授業を受けていた声優・原紗友里さん、専門学校卒業後「81ACTOR'SSTUDIO」に通い、現在声優としてだけでなく同スタジオで講師としても活躍されている米内佑希さんを迎え、3回に渡り鼎談インタビューをお届けします。「81ACTOR'SSTUDIO」の《夏季》レッスン体験・入所説明会を検討されている方、将来声優を目指したい方、それだけでなく、多くの方に読んでいただきたいテキストです。ホンモノの凄み ――インタビュー前からお話に花が咲いていましたが、皆さんお会いしたのは久しぶりなんでしょうか?中尾隆聖さん(以...

聴き手がいて、喋り手がいる。その意識と空気感が大事

――米内さんと、原さんは特に印象に残っている中尾さんの授業はありますか?

原紗友里さん(以下、原):(第1回のインタビューの後半に)中尾さんがおっしゃってた通り、身体を動かすことって大事だと思っていて。私はインドアなタイプなので体を動かす習慣が全然なかったんですよね。同級生の子もそういう子が多かったので「まず体を動かす」って本当に必要だと思います。現場に出てからより実感しています。

中尾隆聖さん(以下、中尾):やっとわかってくれたか〜(笑)。卒業して現場に出てからわかってくれたら良いんです。

原:やっぱり全身使わないと駄目なんです。声も気持ちも全身使わないと、作れない。あと実際に、体を使う仕事も多いので(笑)。体を動かせないと話にならないことって多いです。

中尾:レッスンにいつでも来てね。それを後輩たちに教えてあげてよ。私らが言うよりも、先輩方の一言のほうがハッとするからね。

米内佑希さん(以下、米内):でも、僕がどうして隆聖さんの授業に惹かれたのかと言うと、第一線で活躍し続けている方だからだと思うんです。みんなが知っていて、今も現役で仕事をしている方が向き合って、教えてくれている。それ自体が貴重ですし、話を聞きたいと思ったんです。

僕自身も教える立場にもいますが「教える立場になっても声優として第一線に居続けたい」って思っています。それは隆聖さんの姿を見ていたからですね。

中尾:プレイヤーでいるのも、いたいと思うのも大事だよね。

――米内さんが中尾さんの授業の中で、特に感銘を受けた言葉はありますか?

米内:特に覚えている隆聖さんの言葉があるんです。後々、アフレコの授業などもあるんですが……1セリフ、マイクに入らなかった人がいたんですね。その時に「マイク前に立って喋らないで帰るなんてありえない。そんなことをするな」とおっしゃっていたことが印象に残っています。

セリフを間違うことはあるかもしれないけど、まずマイクの前に立って言葉を発せないなんてことはありえないぞって。

中尾:今日の授業でもそれは言いました。だって喋るのが仕事ですから。いくら授業とは言え、ちゃんとキャスティングまで考えてアフレコしているんだから、それができないとは言わせないよ。

米内:その意識って凄く大事ですよね。中には「たかが1セリフ入らなかっただけ」と思っていた人もいたようだったんです。僕らにその意識がなかった時に、隆聖さんは教室から出て行っちゃったんですよ。あの時は、それぐらい大事なことなんだって思いました。その瞬間にみんなの意識が変わって、役者としてのステップが上がりましたね。

中尾:今の時代に同じことをしたら怒られるよ……。

米内:(笑)。でもガツンと言ってくれたことで、僕らにも影響がありました。

中尾:マイクの前に立つっていうことが、いかに大変で、大切なことかわかってほしかった。いくらレッスンだからといって、マイクの前でヘニャヘニャされるのが大嫌いだったんだよね。

私たちはマイクの前で喋ることでお金をもらっているのに、ヘラヘラ笑ってやられると「なんだ?」って思っちゃうから。下手くそなのはしょうがない。でもマイクの前で、喋れないとか、笑ってごまかすとかは駄目ですよ。

――やれるだけやって、その人なりの全力を出すことが大事だと。

中尾:はい。それはレッスンだとしても、マイクの前に立ったなら、真剣にやってもらわないとね。

原:喋れるチャンスですもんね! 「ヤッター!出番来たぞ!」っていうくらいの気持ちで挑むほうが良い気がします。

中尾:その心持ちでいても、どうしても気が抜けちゃうこともあると思うんです。でも駄目ですよって。毎回緊張感を持ってくださいねって。

――中尾さんが教える際に、一番大切にしていることはマイク前におけるその意識ですか?

中尾:そうかもしれません。マイク前に立つということは、誰かしら聞いている人がいますから。例えレッスンであっても発表する時は、誰かに聞いてもらう、聞かせるという意識が大切です。聴き手がいて、喋り手がいる。その意識や空気感がないと、ひとりで家で練習してるのと同じですから。やっぱりそこですかね。

おすすめタグ
あわせて読みたい

中尾隆聖の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング