アニメ
『薬屋のひとりごと』四夫人の情報と相関関係まとめ

『薬屋のひとりごと』園遊会に顔を揃えた四夫人・玉葉妃、梨花妃、里樹妃、阿多妃の情報を相関関係とともにまとめました!

薬の知識を持った娘・猫猫(マオマオ)が、後宮で起こる様々な事件を薬や毒の知識で解決していくアニメ『薬屋のひとりごと』。陰謀と噂が渦巻く後宮で猫猫が痛快に謎を解き明かしていく様が人気の作品です。

10月下旬から放送がスタートし、物語はいよいよ猫猫が毒見役としての活躍を見せる園遊会へと進みます。園遊会に出席するのは、皇帝とその寵愛を受ける四人の上級妃。後宮の中でももっとも位の高い人物たちが顔を揃えることとなります。

この上級妃たちは皇帝を取り合うライバル的な存在であり、複雑な相関関係を持っています。そこで本稿では、四夫人のプロフィールや人柄とともに相関関係を解説! 中には物語の重要な鍵を握っている人物も……。読めばきっと本作をより一層楽しめますよ!

※本記事にはネタバレが含まれます。
 

関連記事
薬屋のひとりごと
大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。作品名薬屋のひとりごと放送形態TVアニメスケジュール2023年10月21日(土)〜日本テレビ系にてキャスト猫猫(マオマオ):悠木碧壬氏:大塚剛央高順:小西克幸玉葉妃:種﨑敦美梨花妃:石川由依里樹妃:木野日菜阿多妃:甲斐田裕子梅梅:潘めぐみ白鈴:小清水亜美女華:七海ひろきやり手婆:斉藤貴美子羅門:家中宏李白:赤羽根健治小蘭:久野美咲やぶ医者:かぬか光明馬閃:橘龍丸風明:日...

 

四夫人とは?

作品の舞台は唐の時代の中国がモデルとなっている本作。現代日本とは違い、絶大な権力を有する皇帝が複数の妃を持つことも普通のことでした。後宮にいる数多くの妃たちは、皇帝の寵愛を受け、ひいては皇后(正妻)となること、つまり次期皇帝の母のポジションを狙っているのです。

そんな大勢の妃の中でも、特に尊ばれているのが、「貴妃」玉葉妃、「賢妃」梨花妃、「徳妃」里樹妃、「淑妃」阿多妃の4人で、合わせて四夫人と呼ばれています。要するに、皇后のポジションに最も近い四人の妃ということです。

妃は複数いても、皇后の座につけるのはひとりだけ。そのため、互いを意識せざるを得ない彼女たち。さらに、後宮という狭い世界ならではの複雑な人間関係も渦巻いています。
 

「貴妃」玉葉(ギョクヨウ)妃

 
主人公・猫猫が仕える玉葉妃は、朗らかで優しい笑顔が可愛らしい妃。四夫人の中で最も皇帝の寵愛を受けていると言われており、皇帝との間に生後半年になる娘がいます。年齢は19歳で、住まいは翡翠宮です。

彼女は明るく穏やかでありながら、聡明で用心深い人物。通常、上級妃ならば10人は侍女を連れているところを、玉葉妃の侍女は4人だけ。信頼できる女官だけを周りに置いているのです。

また、後宮内で「呪い」と噂されていた赤子の病の正体を見抜いた猫猫は、そのことを無記名の文で伝えるのですが、玉葉妃はその助言に従ったことで娘の命を取り留め、後に差出人が猫猫だとわかり、彼女を侍女として迎え入れます。

正体不明の送り主からの助言を聞き入れる柔軟さや器の大きさも、彼女が寵愛を受けるにふさわしい妃であることを物語っています。
 

賢妃・梨花(リファ)妃

 
柔和な印象の玉葉妃に対し、梨花妃は凛とした美しさを持った妃。年齢は23歳で住まいは水晶宮です。皇帝との間に男児を授かりましたが、後宮内で「呪い」と噂された病によって生後3ヶ月で亡くしてしまいます。

「呪い」の一件で玉葉妃と衝突を起こし、その現場を見ていた猫猫も彼女に良い印象は持っていませんでしたが、彼女の看病を皇帝から命令され、彼女と深く関わったことで、その印象はガラリと変化。自尊心が高く、感情的な面もある梨花妃ですが、決して高慢ということではなく妃にふさわしい人格の持ち主です。
 

徳妃・里樹(リーシュ)妃

 
四夫人の中で最も若いのは14歳の里樹妃。住まいは金剛宮です。若輩かつ育った環境から世間知らずな彼女は、園遊会の場でも場に合わない衣装を着せられたり、わざと食べられない食べ物を配膳されたりと、本来味方であるはずの侍女たちにすら軽んじられてしまっています。

しかし、表面的には味方であるように装って接しているため、いじめられていることには気付いていない里樹妃。侍女たちの裏の顔にも気付かないほどに幼いのです。

皇帝の妃と言う立場ではありますがお手付きはなく、恋に関してもまだまだピュアな子ども。皇帝からは妃というよりもどちらかといえば娘のように可愛がられているようです。
 

淑妃・阿多(アードゥオ)妃

 
柘榴宮に住む阿多妃は35歳で、四夫人最年長です。中性的で凛々しい顔立ちは、まるで「男装の麗人」のよう。普段から男性のように振舞っており、その姿はまさに女性が憧れる女性です。

さっぱりとした男勝りな一面と侍女や下女にも心配りのできる優しさを持ち合わせた人格者で、侍女たちを含め多くの女官たちが彼女に憧れ、心酔しています。

阿多妃は元々は皇帝の乳兄弟で幼馴染でしたが、皇太子時代に1人目の妃に。その後、男児を授かりますが、乳幼児のうちに亡くなってしまいます。それ以降は、淑妃の座から友人として皇帝を支え続けているのです。
 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング