映画
『ペルリンプスと秘密の森』細田守監督&アブレウ監督の公式対談インタビュー

『ペルリンプスと秘密の森』細田守監督とアブレウ監督の公式対談インタビュー到着!「<オオカミと子ども>じゃなきゃ見えない“何か”を描こうとしている」お互いのクリエイションの秘密を明かす

前作『父を探して』がアカデミー賞長編アニメーション賞に南米のアニメ作品として初めてノミネートされた、ブラジルのアレ・アブレウ監督。その最新作『ペルリンプスと秘密の森』が、2023年12月1日(金)に公開されます。

これを記念して、アブレウ監督がファンだと公言するアニメーション映画監督・細田守さんとの対談が実現しました!

クリエイションの源や両名に共通する“オオカミ”のモチーフについて語り合っていますので、本稿ではそんな公式対談インタビューの模様をご紹介します。

『ペルリンプスと秘密の森』細田守監督×アブレウ監督公式対談インタビュー到

アブレウ監督の前作『父をさがして』と、12月1日より公開を控えた新作『ペルリンプスと秘密の森』。主人公が小さな子供、という共通点があるこの2作について、細田監督は<視点の違い>を感じたと言う。「『父を探して』は、多分監督の自分の話なんだな、という気がして。それに対して『ペルリンプスと秘密の森』は、多分、お子さんの話なんだろうなって」と述べ、アブレウ監督自身も 「『ペルリンプスと秘密の森』は子ども時代に潜りこんでいくという感覚で作っています」と答える。

細田監督についてファンであると同時に、自身にとって<アニメーションの師匠>の一人だと公言するアブレウ監督。その理由の一つについて、いつも“次元の違う場所”が出てくることを例に挙げ「自分達の世界を違う目で、見つめることができます」とその魅力に言及、細田監督も「もっと新鮮に、世界を見れたらいいなと思って<映画を観たい>と思うので」「そういうことを、見る人にも感じて ほしいなあと思います」と同意、子どもを主人公に映画を作っていくことの魅力と、届けたい想いについても答えた。

「こんなストーリーの作品、今まであったかな?って。多分無いと思うんですよね」―アブレウ監督は一体どうやって、この予想もつかない展開のストーリーを思いついたのか?『ペルリンプスと秘密の森』を観た時に感じた印象を、率直に伝えた細田監督。その問い についてアブレウ監督は「僕の映画はすべて、僕が見つけた小さな断片から生まれます」「今回は一人の子どもが、森のある場所から出ていこうとするイメージです。オオカミの格好をした子どもで顔の化粧が落ちかけており̶水に覆われた森から出ていこうとしていました」と物語のスタートとなったクリエイションの水源はあくまでもイメージであることを明かすと、細田監督は「まず最初は、絵からなんですね!」「ひっくり返すようなストーリーも、一種のオチから入ったんじゃないかと思ったんだけど」と驚きを見せた。

『ペルリンプスと秘密の森』は、オオカミのような姿をした子供達が主人公だということをきっかけに、細田監督が手がけたオオカミを主人公にした『おおかみ子供の雨と雪』(2012)やトム・ムーア監督による『ウルフウォーカー』(2020)にも話題が及んだ二人。

細田監督がトム・ムーア監督と対談した際「彼もちょうどオオカミの子どもの話を作っていたから、僕ら似ているね」、と言っていたらまた似ている人が現れた!」とアブレウ監督に笑顔を見せ、世界の全く違う場所で、クリエイターたちが同じテーマを表現するために、オオカミという同じモチーフを使用するという不思議な出来事について「<オオカミと子ども>じゃなきゃ見えない何かを、きっと描こうと思ってオオカミにしているんでしょうね。きっと」と思いを馳せながら、自身の『おおかみ子供の雨と雪』に込めたメッセージについても明かすなど、お互いのクリエイションに対して尽きない興味を語り合った。

==========================================

陽気で軽やかな音楽を担当したのはアンドレ・ホソイ。彼が率いるパーカッショングループ Barbatuques(バルバトゥッキス)は監 督と書き下ろした主題歌「Daqui prá lá, de lá prá cá (pra Naná) 」(From here to there, from there to here (for Naná))を担当。中国、ベネズエラ、コロンビアの楽器を使い、多様な音色で音でもカラフルで異なる要素が融合した強さを表現。カエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルと並ぶムジカ・ポプラール・ブラジレイラの代表的ソングライター、ミルトン・ナシメントの 「Bola de Meia, Bola de Gude」のインストルメント曲も映画の中核をなし心地よい没入感へと観客を誘う。

一人の少年の目を通して描く南米大陸の歴史と冒険の物語である映画『父を探して』で、2014年アヌシー国際アニメーション映 画祭クリスタルアワード(最高賞)&観客賞をW受賞、2016に新設されたアニー賞長編インディペンデント作品賞(のちに 『ウルフウォーカー』や『未来のミライ』が受賞)を受賞したほか、2016年アカデミー賞⻑編アニメーション賞に南米の長編アニメ作品として初ノミネート!彗星のごとく現れた新たな才能に世界が驚いた気鋭のブラジル人監督のアレ・アブレウ。

前作はダイアローグのない作品だったが本作では主人公が2人になったことで対話が生まれ、セリフが生まれた。異なる者同士が同じ目的のために違いを超えて手を組むとき、個人の才能を超えた大きな力が生まれ、仲間がいることへの安心感や幸せは、より良い未来のための一歩を踏み出すエネルギーとなっていく。そしてアマゾンの保全が大きな課題であり責任でもあると感じているブラジル人監督の目には、やりきれない現実が映っているが、同時に「子どもの澄んだ目で見つめると光のような希望が見えてくる」と、本作について語っている。

『ペルリンプスと秘密の森』作品情報

2022年 ブラジル /原題:Perlimps/スコープサイズ/80分/日本語字幕 星加久実
後援:駐日ブラジル大使館
配給:チャイルド・フィルム/ニューディア―

スタッフ

脚本・編集・監督:アレ・アブレウ(『父を探して』)
音楽:アンドレ・ホソイ/オ・グリーヴォ

公式HP:https://child-film.com/perlimps/

おすすめタグ
あわせて読みたい

2024アニメ映画の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング