アニメ
春アニメ『ヨルクラ』伊藤美来×高橋李依×富田美憂×島袋美由利、JELEEが揃った第3話を語る【連載03】

春アニメ『夜のクラゲは泳げない』連載第3回:伊藤美来×高橋李依×富田美憂×島袋美由利|山ノ内花音(CV:高橋李依)は天性のアイドル!? JELEEが揃った第3話を声優陣が語る

2024年4月より放送中のオリジナルTVアニメ『夜のクラゲは泳げない』(ヨルクラ)。第3話で、ついにJELEEの4人が揃い、オリジナル曲とそのMVが完成し、配信された。だが3話はそのほかにも、渡瀬キウイの不登校が発覚し、まひるとの友情が揺らぎそうになったり、ハラハラする展開も多かった。

インタビュー連載第3回は、光月まひる役 伊藤美来さん、山ノ内花音役 高橋李依さん、渡瀬キウイ役 富田美憂さん、高梨・キム・アヌーク・めい役 島袋美由利さんの4人で第3話について少しだけ語ってもらいました。

関連記事
夜のクラゲは泳げない
“私”も誰かみたいに輝きたい。明日話すべき話題も、今週買うべき洋服も、全部スマホ(ルビ:トレンド)が教えてくれる。何者かになってみたい——そんな願いを持つ間もないほどこの世界は忙しい。活動休止中のイラストレーター“海月ヨル”歌で見返したい元・アイドル“橘ののか”自称・最強Vtuber“竜ヶ崎ノクス”推しを支えたい謎の作曲家“木村ちゃん”世界から少しだけはみ出した少女たちは匿名アーティスト“JELEE”を結成する。自分じゃない“私たち”なら——輝けるかもしれない。作品名夜のクラゲは泳げない放送形態TVアニメスケジュール2024年4月6日(土)~2024年6月22日(土)TOKYOMX・AT-Xほか話数全12話キャスト光月まひる:伊藤美来山ノ内花音:高橋李依渡瀬キウイ:富田美憂高梨・キム・アヌーク・めい:島袋美由利みー子:上坂すみれ瀬藤メロ:岡咲美保柳桃子:首藤志奈鈴村あかり:天城サリー佳歩:松浦愛弓美音:安済知佳亜璃恵瑠:東山奈央小春:瀬戸麻沙美雪音:甲斐田裕子保奈美店長:椎名へきるスタッフ原作:JELEE監督:竹下良平シリーズ構成・脚本:屋久ユウキキャラクター原案:popman3580キャラクターデザイン:谷口淳一郎サブキャラクターデザイン:中島千明 朱里衣装デザイン:葛原詩...

前回の記事

関連記事
春アニメ『夜のクラゲは泳げない』連載第2回:キャラクター原案 popman3580|「女の子の服装」を褒めていただけたことが、とても嬉しかった
2024年4月より放送中のオリジナルTVアニメ『夜のクラゲは泳げない』(ヨルクラ)。第1話は、光月まひる(CV.伊藤美来)と山ノ内花音(CV.高橋李依)の2人が運命的に出会い、そして第2話では、橘ののか(山ノ内花音)推しの高梨・キム・アヌーク・めいが登場! 3人がこれからどうなっていくのか、楽しみになる展開でした。インタビュー連載第2回は、魅力的なキャラクターたちを生み出してくれたキャラクター原案のpopman3580さんに話を聞きました。  前回の記事 メインキャラ以外でのお気に入りキャラは?――竹下良平監督が直接popman3580さんの個展へ行き、オファーをしたと伺っております。実際に話を聞いたときは、どのような感じだったのでしょうか?popman3580さん(以下、敬称略):ご相談をいただいたのは、監督が2021年に開催した私の個展にお越しいただいた時でした。以前から私の作品を見ていただいていたとのことで、私が個展に在廊するタイミングを見て、ご丁寧にご挨拶を兼ねてお声掛けいただきました。私の描く女の子の服装、スタイルを気に入っていただき、次のアニメ企画のキャラクター原案にぜひとのことで、とても驚きました。第一に私が自分の絵で見てもらいたかった点である...

推しを持つということは素晴らしいことでもある

――ラジオや先行上映会、『AnimeJapan 2024』のステージなどを見ていても、4人の作品への愛は伝わってきていたのですが、実際、第3話まですごく面白くて。あのテンションの高さに納得しました。

伊藤美来さん(以下、伊藤):実際私たちも、すごく面白いと思いながらアフレコをしていましたから(笑)。

高橋李依さん(以下、高橋):うん。オーディションのときから面白かった。

富田美憂さん(以下、富田):面白かった!

高橋:そのときに、絶対にやりたい!って思ったんです。

――オリジナルアニメだから、資料にプロットのようなものが書いてあったのですか?

高橋:というより、キャラクターの説明がすごく丁寧に書いてあったんです。このキャラクターたちが動くのだったら絶対に面白い!という感覚がありました。

島袋美由利さん(以下、島袋):私は花音ちゃんも受けていたんですけど、花音ちゃんにはどうしても“掴めなさ”みたいなところを感じていたんです。これはどなたが演じるんだろう、どうなるんだろうって思っていたら、高橋さんがバーンと出してくださっていて……。

収録でちょっと迷ったりしている姿も、すごく花音だったので、オリジナルアニメってそこがいいよなって思いました。オーディションのときはわからなかった花音ちゃんのことが、ちょっとわかるようになって幸せでした。

富田:なるほどなぁ。確かに!

――物語のテーマ的に、クリエイターの話になるのですが、表現をする仕事をしているというところで、共感するところもあったのではないですか?

高橋:私は花音が第1話で言っていた「見返してやりたい」という気持ちは、めっちゃ一緒だなと思いました。私の歌で感動させて泣かせてやりたい!みたいなところ……負けず嫌いの方向性が、しょんぼりして終わりじゃないところがすっごくよくわかるんです。私もコンテンツで、ギャフンと言わせたい!と思っちゃう。彼女の欲求の根幹みたいなところは、常々共感しますね。

――そういう共感ポイントが、今後どんどん出てくるんでしょうね。島袋さんは第1〜3話までで、良かったなと思ったところはありますか? めいは第2話が最初のお当番回でしたが。

島袋:絵が本当に素晴らしくて、ちょっとした仕草とか髪の動き方、そういったところまで、スタッフの皆さんが、調整に調整を重ねて作り上げてくださったんだなと思いました。そういう画作りはもちろんなんですけど、「好き」を見つけてしまった人間の爆発力?みたいなものも感じました。

めいの「好き」を見つけて、アクセルの踏み方とかブレーキの踏み方が、ちょっとわからなくなっている感じの応援の仕方が、もう愛おしくて! 推しは黒髪清楚じゃなきゃイヤとかって、ある種の押しつけじゃないですか。その人間を見ているつもりでも、ファンとオタクという立場だから、そこに齟齬が生まれている。そういうリアルな部分も描いてくれていたので、このお話は、きれいなことだけを描こうとしているんじゃないんだろうなと思ったんです。それはもう第1話から感じていたことなんですけど、これから先もいろいろな人が出てくる中で、一筋縄ではいかない人生観が出てくるから………いい走りだしだったんじゃないでしょうか(笑)。

高橋:(話の締めを)まとめたね〜(笑)。

――めいの変な笑い方も、すごく良かったです。

島袋:(実際のめいの笑い方で)ふへへ。

(一同笑)

伊藤:ホンモノだー!すぐにできるんだ(笑)。

島袋:スタジオオーディションでも、なるべく気持ち悪くと言われたんです。アフレコのテストのときも「これ以上やると、あれですかね?」と聞いたら、「やれるところまでやってください」と言われたので、好きなだけ気持ち悪く笑わせていただきました。

――絶妙でした。

高橋:この笑いも良かったし、第2話で、すごく早口になるところから「気がついたら着てて」みたいなことを言うんですけど、聞き取れる単語の強さが本当に良かったんですよね(笑)。

――でも、冷静に考えると、かなりヤバいタイプのオタクではあるんですけどね。

伊藤:バイト先まで来ちゃうのは、ちょっとダメですよね。

島袋:そうですね。ジャージの匂いまで嗅いじゃいますし……。

高橋:すっごく吸ってたよね?(笑)。

島袋:常軌は逸しているんですよ……ただ、作曲はできるんです。その作曲ができるようになった過程も、うまくなっていく過程も、推しを持つということは素晴らしいことでもあるよということなんだと思います(第2話ラスト)。

おすすめタグ
あわせて読みたい

夜のクラゲは泳げないの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング