アニメ
佐倉綾音&福圓美里が『ヒロアカ』お茶子とトガの関係性を語る【インタビュー】

あの頃が懐かしい。これまで以上に痛みを伴う第7期で、お茶子とトガはーー『僕のヒーローアカデミア(第7期)』麗日お茶子役・佐倉綾音さん&トガヒミコ役・福圓美里さんインタビュー

アニメ『僕のヒーローアカデミア』シリーズの第7期が2024年5月4日より放送開始! 第6期「全面戦争編」を経て、劣勢に立たされたヒーローたちですが、雄英高校の1年A組の面々は再び一致団結し、強大な敵(ヴィラン)たちに立ち向かいます。

放送を控える中、アニメイトタイムズではキャスト陣にインタビューを実施! 今回は麗日お茶子役・佐倉綾音さん、トガヒミコ役・福圓美里さんに第6期を振り返った感想、互いのキャラクターの印象、そして第7期の見どころを語っていただきました。

関連記事
僕のヒーローアカデミア(7期)
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オール(OFA)を受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、“個性”で社会や人々を救ける“ヒーロー”になることを目指し、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと共に成長していく。デクたちの雄英2年目の春。ヒーローたちが死柄木たち敵<ヴィラン>の掃討作戦を決行し、まさに“全面戦争”と言える激闘が繰り広げられる。双方が大きなダメージを受け全面戦争は一旦の終結を見るが、ヒーローへの信頼は揺らぎ、社会は荒廃していく。オール・フォー・ワン(AFO)が狙うOFAの継承者としての使命感と、周囲の人間を危険に晒したくないという思いから、ひとり雄英を出て戦うデク。焦燥し疲弊していく彼に手を差し伸べたのは、1年A組のクラスメイトたちだった。ひとりじゃなく、皆で立ち向かう決意を新たにした雄英生とヒーローたち。ヒーロー殲滅のため次なる一手を狙う死柄木弔やAFOら敵<ヴィラン>。いよいよ“最終決戦”の時が近づく。そして、アメリカからもひとりのヒーロー...

「未成年の主張」の裏側は意外にも……?

ーー第6期を振り返ったお話をお聞かせください。

トガヒミコ役・福圓美里さん(以下、福圓):第5期の時点でいろいろな事象がありましたけど、トガに関しては素の顔が見えるようになりました。本音を喋ってるときは悲しい顔、スッとした顔をしているんですよね。第6期はそんな顔が多かったなと思います。

ーー第6期はトガにとって大きな出来事がありましたね。

福圓:仁くん(トゥワイス)の件は、彼女の中に明確な変化を起こしました。加えて、これまでの張り付いたような笑顔と、可愛らしく振る舞う挙動が多少無理をしていたことがわかって。私としては、ようやくトガちゃんの中心部に近づけて嬉しい反面、前みたいな振る舞いを見れなくて悲しくもあります。

麗日お茶子役・佐倉綾音さん(以下、佐倉):トゥワイスとトガちゃんのエピソードは、『ヒロアカ』ファンとして感情移入してしまいました。特に、トゥワイスの最後の活躍が描かれた第116話「One's Justice」はEDテーマの歌詞とリンクしていましたし、特殊映像になっていて。

福圓:私も知らなかったからびっくりした。

佐倉:EDテーマの演出も相まって、こんなに酷いことがあっていいのだろうかと。私としてはここで敵(ヴィラン)を敵(ヴィラン)として見ることができなくなりました。でも、私の考えとは別に、敵(ヴィラン)側、トガちゃんの考えを理解できていないお茶子の気持ちがあって。そんな両者の気持ちのぶつかり合いが同時進行で描かれていたんじゃないかなと思っています。

後半はデク君を引き戻そうとする1年A組のみんなの物語が描かれる中、特に「未成年の主張」(第137話)はお茶子にとっての大きな山場でした。原作ファン、アニメを見た人からの反響が大きく、雄英体育祭のお茶子対爆豪を超えていたんじゃないかなと思います。

ーーお茶子にとっての大きな見せ場でしたね。

佐倉:ただ、演じたうえで私の中ではあまり手応えがありませんでした。

福圓:えぇ!?

佐倉:そもそも、追い詰められて追い詰められてやっとOKテイクを出すのが『ヒロアカ』のアフレコなんです。

福圓:たしかに、いつもリテイクが多くて苦悩する(笑)。

佐倉:そうなんです。でも「未成年の主張」はほとんどリテイクが出なかったんですよ。

福圓:すごい!

佐倉:私としても「どういうこと!?」って。「未成年の主張」のアフレコ前はすごくプレッシャーを感じていましたし、原作を読み込んで気持ちを作り込んでいたのにあっさりと終わってしまって。正直、拍子抜けでした(笑)。

ーー完璧だったということですよね。

佐倉:テストでは、緊張して震える気持ちを表現しつつ、後半に向かってどんどんボルテージが上がっていくように演じたのですが、音響監督の三間さんから「最初からフルスロットルで良いよ」と言われて。そこを踏まえて本番を録ったらさらっとOKが出てしまって。原作の時点で反響が大きい回なのに、こんなにさらっとOKをもらって良いんだろうか? もしかしてそこまで重要なシーンじゃなかったの?と思って。もしくは諦められた…?とか。でも妥協する現場ではないですし。

ーー伏線回収にも繋がる大事なエピソードでした。その分、プレッシャーもあったのですね。

佐倉:とてもありました。だからこそ、1回しか演じられなかったことに拍子抜けしてしまいました。

福圓:『ヒロアカ』の音響監督さんは奥行きのある、綺麗に纏めない本物の芝居を求めるからね。

佐倉:いつも誰かが犠牲になりますよね(笑)。重要なキャラクターのセリフは特に時間をかけて録っているから。

福圓:正直、未成年の主張は「どれくらい時間かかったのかな……?」と思っていたよ(笑)。

一同:(笑)

佐倉:私も覚悟していて、何度リテイクが出ても耐えられるように喉を万全の調子に整えていました。それなのに……。

福圓:(笑)。でも何度もリテイクするのは大変だけど、アニメを見ると「これだ!」ってなるんだよね。

佐倉:すごくわかります。

おすすめタグ
あわせて読みたい

僕のヒーローアカデミア(7期)の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング