映画
映画『数分間のエールを』内田雄馬(外崎大輔役)インタビュー

映画『数分間のエールを』外崎大輔役・内田雄馬さんインタビュー|誰かに想いを届けたい。どんな形であれ、その気持ちが最初の一歩に繋がると教えてくれる作品です

作る喜びを知るすべての人へおくるアニメ映画『数分間のエールを』が、2024年6月14日(金)より公開されます。

本作は、新進気鋭の映像制作チーム「Hurray!」× 『ラブライブ!』『宇宙よりも遠い場所』を手掛ける花田十輝さんが送る等身大の“モノづくり”青春群像劇。

フリー3DCGソフト「Blender」をメインツールに描かれ、その独特で繊細な画作りにも注目が集まっています。

本稿では、MV制作に没頭していく朝屋彼方の友人・外崎大輔を演じる内田雄馬さんのインタビューをお届け。周囲の期待もあって美大を目指している外崎は、彼方と中学時代からの友人。大人びた性格で何事にも冷静な判断をする外崎大輔の印象や本作の魅力などを語っていただきました。

 

関連記事
数分間のエールを
この時代にモノづくりを志す全ての人へあさやかなたMV(ミュージックビデオ)の制作に没頭する男子高校生・朝屋彼方は、ある日目にしたストリートライブに感動し、その曲のMVを作りたいと強く思う。しかし、歌っていたのは音楽の道を諦めた女性教師・織おり重え夕ゆうだった......。二人の出会いを軸にモノづくりの楽しさや苦しみを瑞々しく描いた本作は、脚本を『ラブライブ!』『宇宙よりも遠い場所』の花田十輝が担当、監督・演出からキャラクターデザインなど映像のほぼすべてを“ぽぷりか”“おはじき”“まごつき”で構成される映像制作チーム「Hurray!(フレイ)」の3名で作り上げた。ヨルシカのMVやTVアニメ『可愛いだけじゃない式守さん』のED映像を手掛けるなど、今最も注目を集めるチームが満を持して送り出す初の劇場アニメーションは、フリー3DCGソフト「Blender」をメインツールとして制作が行われており、その独特で繊細な画作りにも注目が集まる。劇中で織重夕が歌う楽曲の制作を担当しているのはボカロPとしても活躍するVIVI、歌唱はSpotifyが活躍を期待する次世代アーティスト「RADAR:EarlyNoise2022」にも選ばれたシンガーソングライターの菅原圭が担当しており、中性的でエモーショナ...

 

胸が痛くなる収録でした

──まずはじめに、映画『数分間のエールを』の魅力をお聞かせください。

外崎大輔役 内田雄馬さん(以下、内田):モノづくりをテーマにした本作。映像の編集や作曲など、昔は特別に機器を揃えなければ作れなかったものが、スマートフォン1台で始めることが出来る時代になってきました。自分の感性を表現することが身近になった今だからこそ、モノづくりをテーマにした本作は様々な人の心に届くのではないでしょうか。誰かに想いを届けたい。どんな形であれ、その気持ちが最初の一歩に繋がると教えてくれる作品です。

 

 

──本作の脚本(または台本)を読んで、そして実際に収録をしてみて、ご自身が演じる「外崎大輔」の印象はどのようなものでしたか? また、収録前後の印象に変化がありましたらお聞かせください。

内田:自分自身が「絵」という表現に迷いがあったり、過去の経験から冷静に物事を見てしまう部分もありますが、彼方がMV制作に没頭していく姿を彼なり心配して見守っていたり、優しさを感じる瞬間がいくつもありました。

──外崎は大人びている性格ですが、そんな外崎と「朝屋彼方」「織重 夕」の関係についてどう感じられていますか?

内田:織重と自分の境遇に重なるものを感じていたかもしれないですね。表現には答えがない分、ゴールもないんですよね。自分自身でここまでだと決めるしかない。そんな中でもがき続ける姿に、何を感じたのか……。外崎の気持ちを想像してしまいますね。そういった人たちにとって、彼方のような人は希望なのかもしれません。空回りして突っ走ってしまっても……。誰か想う気持ちが、ほんの少し歯車を動かすこともあるかもしれませんしね。

 

 

──彼方の掛け合いの中で、「何が描きたいのか分からない」と話す姿が印象的でした。あの時の外崎の心情やアフレコ時にどういった気持ちで臨まれたのかをお聞かせください。

内田:なんのために絵を描くのかという答えを、外崎は探していたのかもしれません。最初は好きで描いていた絵も、賞を獲ったことで才能があると期待され、いつしかそれに応えるための絵を描くようになっていたり……。胸が痛くなる収録でした。

──本作は“モノづくり”がテーマとなっている作品で、「表現する」という点でもお芝居と通ずるものもあるのではないかなと感じました。共感した登場キャラクターの心情や、発見など、作品についてご自身が感じたことをお聞かせください。

内田:表現をする中で、誰かの思う答えを探してしまう瞬間があったりもしました。でも、それが正解というわけではなくて。受け取る人の数だけ、答えって生まれていくんですよね。であれば、何を届けたいのかという事を自分の中に見つける事が、表現する上で大切なのかなと思います。

 

 

──それでは最後に、見どころはたくさんあると思うのですが、内田さんがお好きなシーンを教えてください。

内田:音楽シーンの印象が、物語が進むにつれて変わっていきます。生まれたモノが、どう彩られ、届くのか。

答えは受け取った人の数だけ生まれていきます。

ぜひ、みなさんの好きなシーンをこの作品の中で見つけて欲しいです。

 

作品概要

数分間のエールを

あらすじ

この時代にモノづくりを志す全ての人へ
あさやかなたMV(ミュージックビデオ)の制作に没頭する男子高校生・朝屋彼方は、ある日目にしたストリートライブに感動し、その曲のMVを作りたいと強く思う。しかし、歌っていたのは音楽の道を諦めた女性教師・織おり重え夕ゆうだった......。
二人の出会いを軸にモノづくりの楽しさや苦しみを瑞々しく描いた本作は、脚本を『ラブライブ!』『宇宙よりも遠い場所』の花田十輝が担当、監督・演出からキャラクターデザインなど映像のほぼすべてを“ぽぷりか”“おはじき”“まごつき”で構成される映像制作チーム「Hurray!(フレイ)」の3名で作り上げた。
ヨルシカのMVやTVアニメ『可愛いだけじゃない式守さん』のED映像を手掛けるなど、今最も注目を集めるチームが満を持して送り出す初の劇場アニメーションは、フリー3DCGソフト「Blender」をメインツールとして制作が行われており、その独特で繊細な画作りにも注目が集まる。
劇中で織重夕が歌う楽曲の制作を担当しているのはボカロPとしても活躍するVIVI、歌唱はSpotifyが活躍を期待する次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2022」にも選ばれたシンガーソングライターの菅原圭が担当しており、中性的でエモーショナルな歌声で織重夕が楽曲に込めた想いを歌い上げる。
観た人達に前を向いて笑ってもらいたい。

どうかあなたに、 ”数分間のエールを

キャスト

朝屋彼方:花江夏樹
織重夕:伊瀬茉莉也
外崎大輔:内田雄馬
中川萠美:和泉風花
歌唱アーティスト:菅原圭

(C)️HIKE(C)「数分間のエールを」製作委員会

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

数分間のエールをの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング