menu

みんなの声

『真夜中のオカルト公務員』 感想&レビュー募集


『真夜中のオカルト公務員』のコメントを募集します。
みなさんのからのたくさんの感想、レビュー、考察を待ちしております。

感想&レビューコメントを投稿する

真夜中のオカルト公務員 各話あらすじ・スタッフ紹介

第1話 「新宿上空の天狗と天使」

春から新宿区役所「夜間地域交流課」に配属された宮古新。課の先輩となるのは、怪しげな実験に興じる姫塚セオと、元ホストで業務リーダーの榊京一。そして、今夜の現場という新宿で新が目にしたのは、妖精や天使や天狗といった人ならざる者たち「アナザー」だった。夜間地域交流課のお仕事は、アナザーが関与するオカルト的事象の解決。にらみ合う天使と天狗を見て、榊とセオは縄張り争いの激化を制そうとするが、新にはそんな争いには見えていなくて……。

真夜中のオカルト公務員第1話新宿上空の天狗と天使
脚本:樋口達人 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:大石康之 作画監督:江上夏樹 浦島美紀 伊藤依織子
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第1話 場面カット

第2話 「神楽坂の白い猫又」

新は、人間にはわからないアナザーたちの言葉が理解できる「砂の耳」を持っていた。安倍晴明との繋がりがある可能性もあった。夜間地域交流課課長の仙田礼二は、新の背景を調査することを指示。新と榊とセオが、神楽坂の新の実家の蔵に足を踏み込むと、そこにいたのは二股の尾を持つ白い猫ユキ!? また、ある日は千代田区の狩野一文庫へ。狩野一とは、イギリス系魔術と日本の陰陽術を融合させた魔術道具職人であり、古くからの陰陽師の一族だという。

脚本:樋口達人 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:大石康之 作画監督:江上夏樹、浦島美紀、伊藤依織子

第3話 「琥珀の瞳のトリックスター」

近ごろ続いたオカルト的事象は、あるアナザーによって引き起こされたものだった。アナザーの目的は僵尸の儀式のための素材集め。アナザーは新のことを安倍晴明と呼ぶと「ぼくを楽しませて♪」と大量の僵尸で新を囲むのだった。榊とセオに打開策を尋ねながらとり乱す新。自分を晴明と呼び続けるアナザーに怒るも、晴明でないなら殺すとアナザーがいいだしてしまう。新を晴明と呼ぶアナザーの正体は災いの神ウェウェコヨトル。かつて安倍晴明が「琥珀」と名づけた存在だった。

真夜中のオカルト公務員第3話琥珀の瞳のトリックスター
脚本:樋口達人 絵コンテ:久行宏和 演出:高田美里 作画監督:西田美弥子 鈴木春香 鈴木勘太 江上夏樹
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第3話 場面カット

第4話 「歌舞伎町の定点観測」

新の家にカジュアルな装いに変身した琥珀が居付いてしまい、戸惑う新。そんな中、夜間地域交流課では伝統行事、春期特殊事案定点観測が行われた。新宿の街を見回る新たちが出会ったのは、酒盛りする猿のアナザーの猩々、超絶美形全裸の小豆洗い、ハイエナの姿のブルドゥンギンなど多種なアナザー。アナザーたちは口々に新の砂の耳のことを噂していた。そして、交番の警官が歌舞伎町の守護神・鬼王権現に連れ去られようとしているのを目撃して......。

真夜中のオカルト公務員第4話歌舞伎町の定点観測
脚本:小太刀右京 絵コンテ:西澤晋 演出:石郷岡範和 総作画監督:横山愛 作画監督:沼田広、中山和子 作画監督補佐:西脇拓己 
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第4話 場面カット

第5話 「都庁展望室の異世界エレベーター」

「異世界エレベーター」の都市伝説が噂される新宿都庁展望室に調査に向かう新たち。展望室で記憶を失う事件も続いていることで都庁から現地調査の許可が下りたのだ。新と榊が北、セオが南の展望室エレベーターに乗り込むと、新と榊が着いたのはアナザーが引き起こした異空間。そこには「あなたたちのそれ、頂戴」と妖しく微笑むアナザー、パンドーラが立っていた。パンドーラは新がアナザーと話せるとわかるやいなや榊だけ元の世界に戻す。探しているのは、ある喪失感だというが……?

真夜中のオカルト公務員第5話都庁展望室の異世界エレベーター
脚本:池田臨太郎 絵コンテ:酒井かずお
 演出:石郷岡範和 作画監督:横山 愛 制作協力:石崎裕子、佐加野桜子、池田志乃、角谷 理 
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第5話 場面カット

第6話 「悪魔と喪失感」

都内女子行方不明未解決事件の被害者のひとりで、アナザーに囚われていたところを保護された女子高生が目を覚ました。なんと、彼女は昭和四十年代生まれで、高校生のときにさらわれて以来、そのまま歳をとっていなかった。長年この事件を追ってきた榊は、彼女から「黒い砂」の話を聞き、ある確信を得る。かつて自身の姉がさらわれた時にも黒い砂が残っていたのだ。そして、ついに新の目の前でも事件が。幼なじみの泉美がアナザーにさらわれてしまう。

真夜中のオカルト公務員第6話悪魔と喪失感
脚本:三輪清宗 絵コンテ:福田道生 演出:高田美里 作画監督:吉田肇、西田美弥子、鈴木春香、角谷理、東美穂、清水勝裕 
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第6話 場面カット

第7話 「喪失感と絶望の証明」

女性たちをさらっているアナザーはアザゼルという悪魔だった。アザゼルは伴侶だった「少女」の死を受け入れられず、女性たちから身体のパーツを集めて、蘇らせようとしていた。事件の主たる発生場所は女子校。新、榊、セオが都内の学校を捜索していると、琥珀が現れて、彼らを異空間の回廊へ誘うのだった。しかし、回廊内のアザゼルは、泉美や榊の姉の詩織の身体を使って、少女蘇生の最後の仕上げにはいってしまう。

真夜中のオカルト公務員第7話喪失感と絶望の証明
脚本:三輪清宗 絵コンテ:伊東優一 演出:伊東優一 作画監督:青野厚司、門智昭、冨沢和雄、鈴木勘太 
関連記事:『真夜中のオカルト公務員』第7話 場面カット

コメント投稿時のお願い

コメント投稿時は、下記のようにコメント前に、話数を入れていただければと思います。

【投稿例】
●『ーー作品名入るーー』 ○話
コメント

みなさんのメッセージは、随時公開させていただきます。

コメントを投稿する

コメント一覧

公開中 7件 ※承認中のコメントは表示されません。

ドトール.Jr

●第5話の感想・レビュー
アナザーが人間の気持ちがわからないという設定がよいね。
パンドーラの回よかった。あと、みんな細身でかっこいい。

ドトール.Jr

●第3話の感想・レビュー
3話目になって、アナザーの存在、事件解決、話の型がそれらしくなってきてよかった。ほのぼの夏目、怖さ鬼太郎みたいなそんな感じ。次回も期待!

るかな

●第3話の感想・レビュー
ウェウェコヨトルという名前の由来や宮古さんとの関係等が分かって見ていて面白かったです!
EDもその2人のカット中心で、これからどうなっていくのかな…と気になっています!

ドトール.Jr

●第2話の感想・レビュー
猫がでかい!前回同様アナザーのデカさが気になる w
OPとEDの曲がいい感じではまってきた
癒し系で女性のほうがウケがよいかも!

てんてん

●第1話の感想・レビュー
妖怪や妖精、魔物といった東洋、西洋の不思議な生き物たちが同一の空間に存在し、彼らはアナザーと呼ばれている。
職場の先輩とアナザー達の様子から、実はアナザー達の言葉は新人の主人公にしか分からないことが判明し、なにやら主人公の生い立ちにそのわけがあって…

途中の犬のような大きなアナザーが可愛い。今後も出ると嬉しいな〜
説明もあるので駆け足気味にはなってしまったのかな…?先輩たちがどんどん進行してしまうので、こちらも主人公のように若干置いてかれそうにはなりました。

原作未読なので、これからが楽しみ!

ドトール.Jr

●第1話の感想・レビュー
初回なので、まだ判断がつかないけど、シュールな感じは嫌いじゃない
公務員の深夜残業がでるのかなと思ったり、天狗よりも天使がでっかいのが気になったり。笑 眠らない街、新宿が舞台なのはなんかいいなと思った。

すかい

●第1話の感想・レビュー
テンポよく、30分があっという間でした!
主人公である新と安倍晴明の関係、新にだけ「アナザー」の言葉がわかるとはどういうことなのか…。
続きがとても気になります!

コメントを投稿する(ログインする)

ログインすると、これらの操作が行えます。

  • コメントの投稿
  • 投稿したコメントの削除
  • 投稿したコメントが承認中かどうかの確認

以下のアカウントからログインください。

みんなの声TOPへ戻る

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧