アニメ

テレビアニメ『松本零士「オズマ」』が、好評放送中!! 独占リレーインタビュー企画第2弾はマヤ役・田中理恵さんが登場

 『銀河鉄道999』、『宇宙戦艦ヤマト』、『キャプテンハーロック』などを生み出したマンガ界の巨匠・松本零士さんの幻の作品「オズマ」がWOWOW開局20周年企画としてテレビアニメ化。すでに1話が放送されている。

 「オズマ」は、松本さんが1980年代に執筆したまま未公開だったシナリオで、砂漠化した未来の地球を舞台に、謎の超巨大移動物体・オズマを巡る壮大なSFストーリー。

 アニメの放送スタートを記念してお送りしている、出演キャストへのリレーインタビュー企画。第2弾はマヤ役の田中理恵さんです。

――今回、松本零士さんの幻の作品「オズマ」へ出演が決まった感想は?

マヤ役・田中理恵さん(以下、田中):WOWOWの20周年企画番組で、しかも松本零士先生原作の「オズマ」に出演させていただけることをすごく誇りに思います。「オズマ」は未公開の作品なので、私たちも収録時の台本から先のお話を知らないんですよ。新しい台本をいただくたびにお話がわかっていく形で、毎回「どうなるのかな?」とドキドキ、心待ちにしています。

――『松本零士「オズマ」』の世界観や設定についての印象は?

田中:スケールが大きな作品だなと思いました。砂漠化した地球が舞台ということもありますし、主人公のサムが搭乗する砂賊船を追う軍の砂上艦隊、そしてサムが追い求めるオズマという謎の超巨大移動物体など、とにかく出てくるものすべてがスペクタクルです。

――演じるマヤがどんなキャラなのか、ご説明ください。

田中:軍に追われているところをサムに助けられて、砂賊船に乗ってサムたちと行動を共にする女の子です。足まで伸びたきれいで長い髪やまつげの長さ、スタイルの美しさ、神秘性など、松本先生のメーテルやスターシアなどの代表的な女性キャラをほうふつとさせるデザインだと思いました。私自身は1話1話、マヤのイメージを壊さないように心がけながら演じています。
後、サムやミメイといる時は素の少女っぽさが見られるけど、それ以外は何かにおびえたり、警戒するシーンが多いですね。なぜ軍に追われているかなど、とにかく謎めいたキャラで、回が進むごとに色々なキャラのセリフから少しずつその謎が解き明かされていくので毎回、お見逃しなく!

――『松本零士「オズマ」』の見どころとメッセージをお願いします。

田中:サムとマヤが出会ってから様々な物語が動き出すドラマティックな展開に期待してほしいです。私たちはまだ完成した映像を見ていませんが、ハイクオリティな映像で見られるのが楽しみです。キャラたちの躍動感、メカニックの重厚さ、自然の美しさと、謎のオズマがどんな姿なのか。私たちもワクワクしつつ、松本先生の壮大な物語を一生懸命演じていきますのでぜひご覧になってください。

TVアニメ WOWOW開局20周年記念番組 松本零士「オズマ」はWOWOWプライムにて毎週金曜深夜0時より放送開始!
(第1話無料放送)