声優
3年間の歴史に幕を閉じる「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」公録レポ

3年間の歴史に幕を閉じるラストイベント! 下田麻美さん&江口拓也さんが登場した「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」公開録音レポート

 2014年7月20日(日)に、秋葉原UDX & AKIBA SQUAREにて開催されたMF文庫J「夏の学園祭2014」。そこで、3年間に渡りMF文庫Jの情報を発信してきた大人気番組「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」の公開録音が行われた。まもなく番組が終了ということで、残念ながら今回がラストイベントとなってしまう。会場には、そんな「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」を愛するファン達が大集結した。

 ステージにはパーソナリティの下田麻美さん、江口拓也さん、神長さん(MF文庫J編集)、ひろぽんさん(MF文庫J編集)が登壇した。本稿では、これまでの思い出を振り返りつつ、これからの新展開も発表されたイベントの模様をレポートしていく。

●ラストイベントでも、お馴染みのやり取りは変わらない!

 公開録音が始まると、パーソナリティの2名と編集部の2名が登場。今回は、様々なステージがおこなわれたMF文庫J「夏の学園祭2014」の大トリを務めることになった「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」。それを受けて下田さんから「これまで順調だったイベントが台無しになるかも」というブラックジョークが飛び出し、江口さんが「ちょっとちょっと!」とフォローに入る。お馴染みのやり取りに、会場は安心したような笑いに包まれる。また、下田さんは「江口くんのおかげで、女子がたくさんで嬉しい!」と、会場に女性が多いことに感激していた。

 また、江口さんがミケランジェロに似ているという話題もあがり、江口さんがポーズを真似する場面もあった。よく変なあだ名をつけられる江口さんは「毎年恒例ですね。1年目はきのこでしたもんね」と、過去に「きのこ」と呼ばれたことを交えながらがらコメントした。


●えぐっしー爆誕!? 番組の歴史をクイズで振り返る!

 さっそく、対戦コーナー「下田VS江口 どっちがラジオあらいぶを愛しているか対決!」がおこなわれた。こちらは3年間続いた番組を振り返る問題にチャレンジしていくというもの。負けた方には恒例の罰ゲームも用意されている。

 最初の問題は、「いまやエッグでお馴染みの江口拓也さんですが、番組開始当初はたくさんのあだ名がありました。そのあだ名を3つお答えください」で、下田さん江口さんともに「きのこ」「鳥の巣」の2つはわかるが、もう一つがわからないという状況に。結局最後1つ「えんぴつ」が答えられず、どちらも不正解となった。

 続いての問題「下田麻美さんの趣味といえばモノマネですが、第1回の放送で下田さんが披露したモノマネは?」には、下田さんは「野原しんのすけ」と自身が得意なモノマネを回答。これには江口さんも「それかも!」とコメントして正解への期待が高まる。

 そして、江口さんからは「餓死寸前のリス」と、とんでもない回答が繰り出され、全員に「何だそれ!」とツッコまれていた。ちなみに正解は「22世紀からやってきた青い猫型のあいつ」。不正解だった2人は、下田さんがドラえもん、江口さんが餓死寸前のリスのモノマネでの掛け合いが繰り広げられ、カオスな空間を生み出していた。

 「番組のパーソナリティなら絶対答えられる問題」という前振りで出題された最後の問題は「7月20日までに刊行したMF文庫Jのタイトル数は?」という難題。これに下田さんは「1111」、江口さんは「2222」と似たような回答。正解は「1187」で、結局全問正解だった2人には罰ゲームが執行されることになってしまった。

 まずは下田さんが「アドリブで、江口くんにガチ告白」という罰ゲーム。「卒業式に告白できなかった2人」というシチュエーションと、途中までの2人のセリフも用意されており、江口さんは「これ俺にとっても罰ゲームじゃん!」と嘆いていた。

 罰ゲームは、ムーディーなBGMとともに順調におこなわれ、いよいよ下田さんのアドリブ告白部分へ。会場中がドキドキしながらその瞬間を待っていると、突然下田さんが「江口くんのことを想うと……夢に餓死寸前のリスがでてきて困ってるの!」と、まさかの告白。これに江口さんもモノマネで応え、ガチ告白でも貪欲に笑いをとりにいく2人の姿をみることができた。

 お次は、江口さんの「耳で聞くダンス」というという番組ではお馴染みの罰ゲーム。江口さんの「会場の皆、目を閉じて」から、見事な耳で楽しむダンスを披露……かと思いきや、なぜかふなっしーのモノマネが炸裂! 下田さんから「えぐっしー?」と振られた江口さんの「えぐっしーなっしー!」には会場から拍手喝采! 今日一番の盛り上がりとなった。

●感動の手紙朗読 そして新番組はカフェが舞台!?

 いよいよイベントもエンディング。ここで3年間の想いを綴った手紙を、下田さん、江口さんがともに朗読。江口さんからは「髪型をイジられたり、変なあだ名をつけられましたね。初めて耳で聞くダンスをやらされた時は、僕は東京にきて何をしているんだろうと思いました」など過去を振り返りながら、笑いを挟んだ内容を読み上げる。そして最後は「ここまで色々な事ができたのは、下田さんのおかげです。今まで3年間ありがとうございました。本当に楽しいラジオ番組でした!」と感謝の言葉を綴った。

 下田さんは「最初は年下の男性声優さんとラジオをやると知った時は、プレッシャーが大きかったです」と、切り出し「江口くんのいいところは、見た目も心も大きい、声も大きいけど! あとオシャレなところ、きのこみたいに! それと、3年間で凄く面白くなりました」と、しっかりと江口さんをいじる下田さんだが、最後は「本当にいままでありがとう!」と目に涙を浮かべて手紙を読み上げた。

 朗読が終わり、2人が感動のムードに浸っていると、神長さんから9月より新番組「MFカフェ文庫Jアライブ!!」が開始することが発表された。これには2人も「え?」とびっくりしたが、「またお願いします~!」と嬉しそうな様子。

 しかし、パーソナリティが変わることも同時に発表され、2人はガッカリ。そんな2人をみた神長さんから「2人との縁は切っても切れない」ということで、改めて下田さん、江口さんがパーソナリティ、そしてアシスタントとして、新人声優の駒田航さん、土田玲央さん【土田さんの「土」は「、」がつくのが正しい表記になります】、松田颯水さん、谷口夢奈さんの豪華メンバーで番組がおこなわれることが発表された。これには下田さん、江口さん、そして観客達も大喜びだった。

 最後にMF文庫J「夏の学園祭2014」の閉会式を下田さん、江口さんが代表しておこない、豪華なステージが盛りだくさんだったMF文庫Jの夏の祭典は終了となった。なお、新番組「MFカフェ文庫Jアライブ!!」は動画番組として2014年9月ごろに配信予定なので要チェック!


>>「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」配信サイト
>>「MF文庫Jラジオあらいぶ!!」公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

下田麻美の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集