アニメ
『サイコパス』ED主題歌を担当する『EGOIST』にインタビュー

ryoさんがやりたいことは、曲を聞けば伝わってきます――アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 2』ED主題歌を担当する『EGOIST』にインタビュー

 物語もいよいよクライマックスを迎えるテレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 2』。今回は同シリーズのエンディング主題歌を担当してきた『EGOIST』のヴォーカル・chellyさんにインタビューする機会を頂きました。

『EGOIST』は、アニメ『ギルティクラウン』に登場する架空のアーティストグループとして誕生した音楽グループ。同作での活動を終えた以降は、『PSYCHO-PASS サイコパス』のエンディング主題歌となる「名前のない怪物」と「All Alone With You」を発表。続く2期でもエンディング主題歌となる「Fallen」を提供し、同楽曲が収録されたシングルはオリコンランキングで5位を獲得する人気ぶりをみせています。

 そんな音楽グループの作詞・作曲を務めるのは初音ミクの有名楽曲「メルト」や、アニメ『化物語』のエンディング主題歌「君の知らない物語」を世に送り出してきたコンポーザー・ryoさん。

 そして、ヴォーカルを務めるのは、約2000人のオーディションから選ばれた新進気鋭の女性ボーカリスト・chellyさんです。インタビューでは、11月19日(水)にリリースされた『Fallen』の制作エピソードを中心に、素顔をあまり晒すことのない謎多きヴォーカルとして活動を続ける彼女の今後にも迫りました。

●想像以上の反響に驚いています
――『Fallen』のリリースおめでとうございます。発表されたオリコンランキングでは初週5位を記録し、とても評価の高い1枚となりましたね。
chelly:Twitterなどでもたくさんの反響を頂いていて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。オリコン入りに関しては、「おぉっ……!?」と私自身びっくりしていて、今でもなんだか実感が湧いていません。

――『PSYCHO-PASS サイコパス』のシリーズを通して楽曲を歌われてきたchellyさんですが、2期主題歌の担当に『EGOIST』が選ばれたときのお気持ちはいかがでしたか?
chelly:『PSYCHO-PASS サイコパス』は個人的にも好きな作品だったので、再びこの作品に関わらせて貰えることが素直に嬉しかったです。同時に責任感も感じ、楽曲を収録する際も、気持ちを新たに歌わせて頂きました。

●「Fallen」には矛盾するふたつの気持ちが込められています
――『EGOIST』で、chellyさんはヴォーカルを担当されていますが、ご自身が収録に参加されるのは、曲がどれくらい完成したタイミングなのでしょうか?
chelly:イメージが伝わるデモのような状態のものをryoさんが作り終わってからですね。そのデモを聞いて私が思ったことを勝手に盛り込んでいき「こういうので、どうですか?」と歌って提案していきます。

――なるほど。最初に「Fallen」を聞いたときは、chellyさんの中でどんな印象を受けましたか?
chelly:なんというか……、とても神秘的な感じの曲だと思いました。バックで鳴っている音はとても賑やかなんですが、歌詞やメロディには美しさがある楽曲なんですよね。

――そのイメージを踏まえて、歌う際に意識した部分などはありますか?
chelly:『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの楽曲なので、アニメの劇中に登場する“シビュラシステム”の無機質さをヴォーカルに込めたいと思いました。ただ、「Fallen」そのものはとても熱い気持ちが詰まった楽曲でもあるので、その矛盾している部分をうまく歌に落としこんでいくのは、とても難しかったです。

――ある意味、おふたりの『PSYCHO-PASS サイコパス』に対する思いを合わせてひとつの形にしたのが「Fallen」という曲なんですね。
chelly:そうなりますね!

――ちなみに、今回の曲名はおふたりで考えたのでしょうか?
chelly:いえ、この曲だけでなく、『EGOIST』のほとんどの曲はryoさんが曲名を決めています。確か、Fallenは、落ちたとか、落された、といった意味がある単語だったかな? じつは、最初のタイトルはもっと長かったんですよ。それが、レコーディングの時に歌詞カードを見たら変わっていて「えらくこじんまりしたな」と驚きました(笑)。

――そうだったんですね。では、そのほかに印象的だった収録中のできごとなどありますか?
chelly:この曲にはメインメロディとハモリ、コーラスに加え、『EGOIST』の楽曲初となる“シャウト”で歌う部分が随所にあります。私自身、そういった歌声に挑戦するのは初めてだったこともあり、収録時はかなり試行錯誤しました。

――その部分で、なにか特別な練習などはしたのでしょうか?
chelly:ryoさんに「こんな感じのシャウトで!」とサンプルになる動画を見せて頂いて、ソレに近くなるように練習しました。最終的に、あまりシャウトらしいシャウトではなく、声を絞ってみたり、息を多めにしてみたり、シャウトに聞こえるようにしたりで、今の形で落ち着いたのですが……本当にたくさんの工夫をしました(笑)。

●レコーディングの現場は不思議空間です
――ここからは『EGOIST』全般のことについてお聞きしたいのですが、現場では作詞と作曲を担当されるryoさんと頻繁にお話されたりしますか?
chelly:雑談はたくさんしますね(笑)。逆に、歌の話はほとんどしないです。収録も「いったん任せるので、歌ってみて!」といったノリで私が歌ったあと、最終的にryoさんと微調整していくといった感じで完成形に仕上げていきます。

――chellyさんが歌を合わせたことで、デモから歌詞やメロディが大きく変更されることもあるのでしょうか?
chelly:ほとんどないと思います。変更があるとしても、歌詞を一言増やしたり、メロディをほんのすこし変えるといった、本当に微調整のレベルです。

――そうなんですね。収録中にryoさんとの入念な指示あったりはしないのですか?
chelly:それがあまりないんです(笑)。

――それは、“パーフェクト”という意味の“ない”なのでしょうか?
chelly:どうなんでしょうか……(笑)。真意はわかりませんが、個人的には歌に関しての表現は、ある程度私に任せてくださっているのではないかと思っています。

――なるほど。『EGOIST』の楽曲にはryoさんの意思だけでなく、chellyさんの色もしっかり込めて作られているわけですね。
chelly:ryoさんからの「こういう雰囲気で歌ってほしい!」というメッセージは、すべて楽曲から伝わってくるんです。例えば、カッコイイ感じなら、デモからカッコイイ感じですし、かわいい感じなら、すっごくかわいい曲だったりとか。あとはそれを汲み取って、私がイメージを膨らませて、歌ってみる……そんな感じで、曲が出来上がっていきますね。

――お話を伺うまでは、もっと明確なryoさんの設計図で作られていると思っていたので、少し意外です。
chelly:あはは。そんな流れで作っているからか、レコーディングの現場は普通とは違う不思議空間ですよ(笑)。

●『EGOIST』のヴォーカルはあくまで“楪いのり”です
――それでは、今後の『EGOIST』としての活動についてお聞きしたいのですが、近々ではなにか注目すべき活動はありますか?
chelly:11月末にファンクラブが正式稼働し、それに合わせて今年の12月28日(日)に、会員向けのライブイベント“EGOIST showcase*002 “-280800” in Zepp DiverCity Tokyo”を開催します。こちらは、映像はヴァーチャル、歌は私が生で歌う、いつもの『EGOIST』をお楽しみ頂けるイベントなので、ぜひご期待頂きたいです。

――ちなみに、『EGOIST』とアニメとのタイアップに関しては、これからもやっていくのでしょうか?
chelly:個人的には、もっともっとやっていきたいですね。もちろん可能な限りではありますが(笑)。

――なるほど。では、これはあくまで未来のお話ですが、chellyさんが個人名義で、今後活動していくお気持ちはあるのでしょうか?
chelly:そうですね。もう少し私自身を出せる活動をしたいとは考えています。ただ、私にとって『EGOIST』は本当に大切なグループで、だからこそ“楪いのりがヴォーカルの『EGOIST』”というイメージは揺るがないものなんです。ですから、もし活動をするなら、そのイメージにとらわれないものになると思います。もし出来るなら、個人名義でもタイアップなどしていきたいですね。アニメは大好きなので!

――そんな日が来るのを楽しみにしています! それでは、最後に読者へのメッセージをお願いいたします。
chelly:前作から長らくお待たせしてしまいましたが、こうしてシングルをリリースさせて頂くことになり、私自身とても嬉しく思っています。「Fallen」は私自身もたくさんの工夫を重ねて完成した1曲なので、いままでとおなじくらい……いえ、これまで以上に大事に、聞いてもらえたら嬉しいです。そして、『EGOIST』の活動はまだまだ続いていくので、ぜひ見守っていてください。

――ありがとうございました。

『EGOIST』でデビューを飾ってから約3年。今回のインタビューで、現在の枠に留まらない活動も予感させてくれたchellyさん!『EGOIST』はもちろんのこと、今後は彼女個人の活躍にも注目していきたいですね!『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの映像と合わせて『EGOIST』の音楽もご堪能ください!

<<『Fallen』商品情報>>
【発売日】
好評発売中
【価格】
初回生産限定盤(CD+DVD):1574円(税別)
通常盤(CD only):1204(税別)

<<番組情報>>
【番組名】
『PSYCHO-PASS サイコパス 2』
【放送日時】
フジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜日24時50分~
※放送時間は変更になる場合があります。

『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』2015年1月9日(金)より全国で公開

>>『EGOIST』オフィシャルサイト
>>『PSYCHO-PASS サイコパス』公式サイト

(C)サイコパス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集