menu
アニメ
アニメ『ヘタリア TWT』出演声優インタビュー<第4弾>

7月新番『ヘタリア The World Twinkle』出演声優インタビュー【高坂篤志・高本めぐみ・井上剛】

 2015年7月3日よりdアニメストアほかにて配信中のアニメ『ヘタリア The World Twinkle』。本作はアニメ『ヘタリア Axis Powers』シリーズの第6期目で、原作は日丸屋秀和氏による同名作品。戦いには弱いが陽気で憎めない「イタリア」と、厳格できまじめな「ドイツ」、おっとりマイペースな「日本」を中心に「イギリス」や「アメリカ」などのキャラクターたちが繰り広げるコミカルストーリー。配信用アニメのほか劇場版も制作された大人気作品となっています。

 およそ2年ぶりのアニメ化にあたり、総勢18名の声優陣にインタビュー! 今回は高坂篤志さん(プロイセン・ギリシャ・エストニア役)、高本めぐみさん(セーシェル役)、井上剛さん(スペイン役)のロングインタビューをお届けします! インタビュー中、ノリノリになった3人が思わず語った懐かしのエピソードは必見ですよ♪

※高坂篤志さんの「高」の正式な表記は「はしごだか」です。


アニメイトタイムズからのおすすめ
●久しぶりのアフレコで感じたキャラクターを演じる「大変さ」


――まずはアフレコを終えての感想をお聞かせください。

プロイセン / ギリシャ / エストニア役・高坂篤志さん(以下、高坂):今期は北欧メンバーが活躍するお話が中心になるそうなので、そんな彼らと深くかかわっているエストニアの出番が多いのではないかなと期待しております。ここまで数話収録していますが、エストニアは頻繁に登場しておりますので、この後もたくさん登場できるといいなと思います。また、久々のアフレコながらプロイセン、ギリシャ、エストニアの3キャラクターをすでに演じております。ギリシャとプロイセンのギャップが自分のなかでもまだ思い出せていない部分があったので、マイク前に立って「こんな感じだったな……」というのを思い出して、懐かしかったです。

セーシェル役・高本めぐみさん(以下、高本):原作でもまだ登場シーンの限られているセーシェルちゃんなので、まさか第1話から登場できるとは思わず、大変うれしく思っています。いつも割とひとりごとのシーンが多いので、今後も出番があれば前期のように誰かと会話がしたいですね(笑)。演じる度にもっともっと知りたくなる子なので、またみなさんに遭難でもバカンスでもセーシェルに来ていただいて、彼女がどんな風に接するのか見てみたいなと改めて感じました。以前、キャラクターソングを歌わせていただいたときに台湾ちゃんが同じCDに収録されたことがあったので、個人的には女の子同士のお喋りシーンなんかも見てみたいものです!

スペイン役・井上剛さん(以下、井上):北欧チームがメインということは事前にうかがっていましたが、まさか“猫”としての出番が今期の初『ヘタリア』かと(笑)。本体(スペイン)としての出番がどれくらいあるのかまだわかりませんが、ちびロマーノとのセットというのが続いていたので、今回も新しいエピソードで絡みがあったらいいなと期待しています。あと関西弁はもう忘れました(苦笑)。関西方面のみなさま、間違っていても気にしないでください。以前は関西の知人にアクセントを聞きながらやっていたんですけど、ある程度慣れてきてからは自分の感覚でやってみようと挑戦したものの、ダメでした。普段から喋ってないとダメですね。

高坂:そうでしたか? 僕、関西出身ですけど、聞いていて自然な感じでしたよ。

井上:いやいや。きっと小野坂(昌也)さんは「違うんだよな~」って思ってると思う(苦笑)。


――第5期からおよそ2年ぶりのアフレコになるそうです。

高本:え! 2年も経ってましたか!?

高坂:久しぶりな感覚はありました。今まではアニメが終わってもCDとか特典とか、別のものの収録が続いていたので、アニメとアニメの間があっても懐かしい感覚はあまりなかったんです。でも今回は割と久しぶりにアニメを作る、という感覚が僕たちにもスタッフさんたちにもあったような気がしますね。

井上:第5期が終わった段階で一度完結してしまいましたし、「次もあるらしいよ」なんて話もなく、続くのかどうかわからないまま2年が経ち、第6期をやるというね。このサプライズには驚きました。原作は続いていますし、いずれは続編的なことをやるかもしれないとは思いましたけど、まさか2年も開くとは……。

高本:私はレアキャラなので、お休みが続くのが通常運転でして(笑)。だから2年とは言っても、あっという間でしたね。


――それでは第6期のアニメ本編の見どころや注目ポイントについて教えてください。

井上:今期は以前と比べてテンポが少しゆっくりになった気がするんですよ。

高本:それはみなさん、おっしゃっていましたね。

高坂:第1期から比べて、徐々にゆっくりになってきましたよね。

井上:前回からはキャラクターがキラキラしはじめたし(笑)。

高坂:そうですね。そこは今回も引き継いでいますね。


――テンポがゆっくりになったというのは……?

高坂:勢いやテンポだけで駆け抜ける感じではなく、短いなかでもゆっくりと見て、和やかな気分になれる感じに仕上がっているような気がするんですよ。

井上:基本、ノリは変わらずコントですけどね(笑)。

高本:ひとつひとつのエピソードに対して豆知識やトリビアもゆっくり拾いながら楽しめる形になっているのかなと思います。

高坂:とはいえ、他のアニメと比べたらテンポ感ありますし、『ヘタリア』らしい速度で作られていますので、「え?」と思ったシーンは一時停止をするかDVDでご堪能ください(笑)。


――みなさんが今期、ご自身のキャラクターで「こういうのが見たい」と思うシーンはありますか?

高坂:自分の首を絞めるようですが、プロイセンとギリシャとエストニアの掛けあいが見たいですし、挑戦してみたいです。とはいえ、正直怖いです。自信ができたら大きな声で言いますが、今日は小声で言います(苦笑)。

高本:最初の質問で言っちゃいましたが、他のキャラとのやり取りがもっと見たいです(笑)第5期でイギリス王室のウィリアム王子夫妻のハネムーン先がセーシェルに...というエピソードが出てきたのですが、そのおかげもあって実際の知名度も上がってきまして。セーシェル、きてるなと! ですので、この勢いにの乗ってみんなとお喋りする機会が増えたらとっても嬉しいです。

井上:行きたい国ランキングで1位ですからね、セーシェル。(※嘘です)

高本:え~照れるなぁ!

高坂:特典映像とかでセーシェルに行けるかもよ?

高本:じゃあ、ロケでセーシェルに行きたいです!

井上:それじゃあ質問内容と話がずれていますよ(苦笑)。スペインが絡むキャラクターと言えばちびロマーノなんですが、浪川(大輔)さんが演じている大きくなったロマーノとの絡みがもっとあったらいいなと思っていまして。今期こそはあるのかな……。あと、ちびたりあのセリフで「これが萌えなのか!」というのを経験した記憶があるので、また萌えを体験させてほしいなと思います。

高本:どんなセリフですか?

井上:「スペイン兄ちゃん家のトマト、おいしいなぁ~」っていうセリフです。なんてことないセリフなんですけど、「あれ……? これが萌えなのか……この胸のときめきが萌えなのか……?」って思ったんです。なので、またちびたりあとも絡みたいです。


●必見! ここだけで明かされた3人のプライベート!!

――さて、ここからはお話が変わりますが、もしみなさんが登場キャラクターのなかであるキャラクターに1週間なれるとしたら、どのキャラクターになって何をしてみたいですか?

高坂:先ほどの話を続けるようですが、セーシェルになって南国でゆっくり過ごしたい、なんていいんじゃないですか?

高本:いいですね~

井上:じゃあ僕も!

高本:え? 井上さんも!?(笑)

井上:高本さんはスペインになったらどうですか? 実際に行かれたわけですし。


――スペインに行かれたんですか?

高本:昨年、行きました! スペインとフランスと、トランジットでイギリスにもほんのちょっとだけ……。どこもすごく素敵で楽しかったです。

井上:僕は日本になりたいです。普段から鎖国していますので(苦笑)。ひなたぼっこしたいですね。緑茶、猫、縁側、梅、うぐいす……みたいな和テイストに囲まれながら、のんびり、ゆっくり過ごしたいです。やっぱり日本が一番ですね。

高本:私は馬が大好きで乗馬をするので、騎馬民族のハンガリーさんかブリティッシュ乗馬の本場であるイギリスさんになって、思う存分、野駆けがしたいです! かっこいいですよね~!

井上:マイ鞭、持ってますもんね~

高本:ばらされた~! はい、赤いマイ鞭、愛用品です(笑)


――今回のタイトル「The World Twinkle」は「きらめく世界」、「世界がキラキラしている」といった意味を持っていますが、みなさんにとって「世界がキラキラしているな」=幸せだなぁと感じる瞬間はどのようなときですか?

高坂:仕事中と、仕事が終わった後の達成感に包まれているときですね。特に自分の思い通りのお芝居ができたときはキラキラしています。

高本:私は旅行しているときです。色々な文化や景色に触れたり、特に水場が好きなので、水面のキラキラした様を見ていると「世界はきれいだな」と実感出来て幸せな気持ちになります。

井上:僕は年のせいか、天気がいいだけで「世界はすばらしい」と思えるようになりました(笑)。特に何もしなくても「今日はいい天気だな~生きてるな」って。

高坂:井上さん、大丈夫ですか!?

井上:うん、大丈夫。年のせいだから(笑)。


――ありがとうございました。最後に配信を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

高坂:先ほども言いましたが、第1話から数話、すでに収録しましたが、プロイセンもギリシャもエストニアも全員登場しました。今後、キャラクターがたくさん登場するなかで3人の出番がどれくらいあるかわかりませんが、新しい部分とこれまでと変わらない部分とを足して、よりよいものを作っていきたいと思いますので、ぜひとも引き続き応援してください。

高本:私も「セーシェルの出番はあるのかな? どうかな?」とそわそわしながら初回のアフレコを迎えましたが、ちゃんと出ました! ということで、ヘタリアのメンバーの一員として、タイトルに恥じないようなキラキラした作品をみなさんと一緒に作っていけたらと思っていますので、全力で受けとめて頂けたらうれしいです。久々のアニヘタを目一杯楽しんでくださいね。

井上:『ヘタリア』の第1期がスタートしたのが7年ほど前だったと思いますが、それだけ年月が経っても未だに続編が作られるというのは原作を描いてくださっている日丸屋先生、そしてファンの方々の応援のおかげだと思っています。本当にありがたいです。今回も枢軸・連合のメインキャラクターはもちろん、北欧ファイブ、バルト三国、スペインのようにチームに属さないキャラクターたちと、とにかくたくさんのキャラクターが登場します。僕たちも新ユニット、新チームを組むなんて展開があったらおもしろいなと思っておりますので、ぜひ応援してください。


■『ヘタリア The World Twinkle』

【スタッフ】
監督:わたなべひろし 
シリーズ構成:ふでやすかずゆき 
キャラクターデザイン:岡真里子 
アニメーション制作:スタジオディーン
 
【メインキャスト】
イタリア:浪川大輔 
ドイツ:安元洋貴 
日本:高橋広樹 
アメリカ:小西克幸 
イギリス:杉山紀彰 
フランス:小野坂昌也 
ロシア:高戸靖広 
中国:甲斐田ゆき

【主題歌】
 主題歌:「ヘタリアン☆ジェット」 歌唱:イタリア(CV:浪川大輔)

>>『ヘタリア The World Twinkle』公式サイト
>>『ヘタリア The World Twinkle』公式Twitter

(C)2015 日丸屋秀和・幻冬舎コミックス/ヘタリア製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング