menu
映画
劇場版『アリア』キャスト9名のコメント到着! コミケ情報もお届け

劇場版『アリア ジ アッヴェニーレ』葉月絵理乃さんらキャスト9名より、収録後のコメント到着! コミケグッズ情報もお届け

 天野こずえ氏が描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。TVアニメ1stシーズンから10年を迎える2015年に、10周年記念プロジェクト「蒼のカーテンコール」が始動! 9月26日には、完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が公開となります。
 そして今回、アフレコを終えたキャスト陣よりコメントが到着しました。

 そして、8月14日~16日に開催されるコミックマーケット88にて、限定前売券と新規グッズの発売が決定。さらに、ニコニコにて「NATURAL」「ORIGINATION」の一挙放送も決定です。これら新情報砲もあわせてご紹介しましょう♪

アニメイトタイムズからのおすすめ
◆メインキャストのコメント大公開!

──久しぶりにキャラクターを演じてみていかがだったでしょうか。

水無灯里役・葉月絵理乃さん(以下、葉月):数年前と変わらない心地よく癒される空間に、また戻ってきたなぁと収録中の一秒一秒を大事に大事に噛みしめていました。実は久しぶりのARIA のアフレコに、灯里が私の中にちゃんといるのか台本を頂いてからずっと緊張していました。

 けれどスタジオに入り、いつものみんなが揃って声が聴こえてきて、音楽が流れて、あの時と変わらない灯里がするりと出てきた事に私自身がびっくり。やはりみんながいてくれるからこそ、灯里がいるのだなぁと改めて実感しました。

藍華役・斎藤千和さん(以下、斎藤):お話の中では先輩になっているのですが、あまりその時間経過を意識し過ぎずナチュラルに演じるようにしました。いざマイク前に立ったら藍華がすんなりと帰って来てくれたので、それに自分でも驚いて。ずっと私と一緒にいてくれたんだな、と思うとウルっと来てしまいました。

 ふと周りを見たらみんなダダ泣きだったので、アリアチームらしいなと。何だかふふふと笑ってしまって、同時にすごく温かい気持ちになりました。

アリス役・広橋 涼さん(以下、広橋):全員がきちんと揃って、そして同じスタジオ、同じ位置に座ってのアフレコでした。久しぶりなんだけど久しぶりじゃないような、いつも通りのARIA の空気が流れていました。いつも通り音楽や演出に泣かされ、素敵なお茶を楽しみ、そしてたくさん笑いました。実はアリスを演じる上では少し悩みました。彼女はアニメのシリーズを通してかなり成長をとげていたので、いつのアリスなのかを考えなくてはならなかったからです。

 また彼女を感じて少し気恥ずかしいような気持ちになりました。そして、アテナ先輩に再び逢えて、アリスとしても私としても本当に嬉しくなりました。こんなに幸せなアフレコはないんじゃないかというくらい大事な時間を過ごさせていただきました。

アリシア役・大原さやかさん(以下、大原):懐かしい、というひと言ではいいあらわせない不思議な感覚でした。スタジオの座る位置も、流れる音楽も、前方に用意されたお菓子やお茶も、スタッフさんの笑顔も、みんなの演じるキャラクターも…全てがあの頃と変わらずそこにあって。愛してやまなかった、あのあたたかい雰囲気もそのままで。もちろんアテナちゃんも、そこにちゃんと生きていて。一瞬、長い夢を見ていたのだろうかと錯覚してしまったほどでした。そして、泣くだろうとは覚悟していましたが、やっぱり涙がとまりませんでした。

 家でリハーサルしているとき、あれほど涙をしぼりつくしたとおもったのに、それでもあとからあとからあふれてきてとまりませんでした。アフレコから数週間たったいまでも、こうして書きながら思い出すだけで泣けてきちゃうのだから、もう手に負えません。でもそれはきっと、ほかのアリアメンバーも、みんな同じ気持ちだとおもいます。テレビシリーズをやらせていただいていた10年前も幸せでした。

 でも、これほど「ARIA」という作品が愛に包まれ、強く強く魂に刻まれていたことに、改めて驚きました。当日、気づけば、朝10 時から8 時間近くぶっ続けの収録ではありましたが、ちっとも疲れを感じませんでした。ただひたすらに、幸せと感謝で、胸がいっぱいでした。

アリア社長役・西村ちなみさん(以下、西村):灯里の第一声を聞いたときに「そうそう、この感じ!」とスタジオ内が優しい空気に包まれました。社長は不思議と懐かしい感覚がなく、いつも演じていたかのように、ものすごく自然に入り込めました。

 ショーロクラブと妹尾さんの音楽が流れるスタジオ…いつもの場所に座って何気ない話をみんなでしている…シリーズをやっていた当初は当たり前だった光景が時を重ねた今、またキラキラと輝いていました。キャストが全員一緒にアフレコできたのもアリアの奇跡ですね。

晃役・皆川純子さん(皆川):嬉しくて、切なくて、懐かしくて、楽しくて、寂しくて、幸せで、でも緊張もしてて。いろんな感情がないまぜになって押し寄せてきて、心がパンクしそうでした。みんなの声が、ARIA への思いが、あの頃と何も変わってなくて。そして新たにARIAを大切に思ってくれる仲間が増えて。出演者、スタッフ、みんながARIAへの愛を共有して。今回のアフレコは、ご褒美のような、本当に幸せな時間でした。

 泣き虫でおなじみの私は、今回もええ、そりゃもうひどい有様でした。『晃はこんなに泣いてない!』 と思って堪えましたがダメでした。でも不思議ですね。本番だけは、ちゃんと晃とシンクロできた気がします。晃として、言葉を言えた気がします。最後のセリフはだけは、実はこっそり涙を流しながらでしたけどね(笑)

アイ役・水橋かおりさん(以下、水橋):あの小さかったアイちゃんもすっかり大きくなりました。といってもあまり大きくなりすぎると皆寂しいと思うので(笑)さじ加減に苦労しました。

グランマ役・松尾佳子さん(以下、松尾):心配でしたけど、マイクの前に立つと、すーとグランマになれました。スタジオは落ち付いた、暖かく穏やかな雰囲気は少しも変わりなく、時の移りを感じない位でした。とても時間が経っているのに…

まぁ社長役・渡辺明乃さん(以下、渡辺):戻ってこれた・・・! この優しくてあったかい世界に・・・! 皆さんの声をきいてすぐ、当時の自分に戻った気がしました。続いてるんですね、想いはずーっと。まぁくんは変わらず、まぁくんでした(笑) もっちもちぽんぽんがぶぅっっっ!!!


──今回は原作者・天野こずえ先生が7年ぶりに完全新作漫画を元にしたオリジナルストーリーとなります。見どころをお聞かせいただけないでしょうか。

葉月:可愛い後輩3 人組ができて、プリマになった3 人それぞれしっかり成長していて、ネオ・ヴェネツィアもARIA カンパニーもあれからちゃんと時が流れている事にじんわり嬉しく感じました。ARIA の大好きな所は、キャラクターひとりひとりのサイドストーリーをちゃんと見せてくれること。だからこそそれぞれに魅力があって、身近に感じて、共感してしまう。見たかった事、知りたかった事、ずっと待ち望んでいた事が、ぎゅぎゅぎゅっと詰まっています。

斎藤:3つのお話が全て別々のエピソードのようでいて、実はちゃんと繋がっていて。一つ一つから感じる想いと、全てを通して見てさらに感じる想いがあるところでしょうか。私は晃さんラブなので、1つ目のお話が大好きです。強い人がふと見せる淋しげな表情にとてもぐっときます。と言いつつ、やっぱり全部がオススメなのですが。ひとつに選ぶなんて到底無理ですよね。どれもアリアらしい素敵なエピソードです。

広橋:1話は晃さんの格好良さにみんながきゅんとなることでしょう。アテナ先輩、アリシアさん、晃さんのなんとも可愛らしい関係に嬉しくなります。そして泣きます。2話は灯里先輩とケット・シーの甘酸っぱさにドキドキしてしまいます。まさに少女漫画の「意外と睫毛長かったんだね」的な!! 3話は観てのお楽しみ。

 とにもかくにも、可愛い後輩ができました。オレンジぷらねっとのアーニャちゃんはアテナ先輩やアリスの雰囲気を継いでいます。各会社の後輩さんたちそれぞれがきちんとその雰囲気を持っています。時間の流れを感じつつ、切なかったり寂しかったりすることがあっても、たくさん笑って、私たちの先には未来が続いて行くのです。観終わった後は自然と笑顔になれるはずです。幸せな気持ちになることでしょう。社長たちの活躍もお忘れなく。

大原:佐藤監督やアフレコ現場にいらしていた天野先生もおっしゃっていましたが、10年たってまさか新作ができるとは夢にも思っていなかったので、もう丸ごと奇跡なのです。もう丸ごとせんぶ見所なのです!(笑)

 ただ、特筆すべきは、なんといっても新たな後輩ちゃんたちの登場ではないでしょうか。声優になる前から「ARIA」が好きだったという茅野さんが、灯里の第一声を聴いた瞬間から涙目だったのを見て、あらたなアリアファミリーもまた、泣き虫セレナーデだなあと嬉しくなっちゃいました。とてもキュートな新キャラたちです。また、テレビシリーズ3期分の印象的なあの曲たちをすべて聴きながら観られる! というのも、たまらない演出だなあとおもいました。

西村:台本を読んで、熱い思いがどんどんこみあげてきて、思わず原作者の「こずこず」こと天野こずえさんにメールしてしまいました。私も全く同じ事を考えていたので、なんだか嬉しくなってしまって…。ARIAの世界で一緒に暮らしてきた仲間達、そのキャラクター達の言葉達が1つ1つ愛おしくあり、長い時を重ねたからこそ、さらに胸に染み込んでいきます。灯里達と過ごした思い出は、そのまんま、私達キャストの思い出。本当に幸せ者です。

皆川:見どころじゃないところなんてありません。全部です。本当に全部です。過去のシーンも現在のシーンも、1カット1カット、セリフ1つ1つ、思いが詰まりすぎなほど詰まってますから! まばたきせずに見てほしいくらい! 見どころというか、わたし個人のツボ的ポイントは藍華。ちょっと大人になった藍華を見て、セリフを聞いて、なんだかくすぐったくなりました。大切に思ってきた妹が、久しぶりに会ったらいつの間にか成長していて。嬉しいような寂しいような、そんな気持ちになりました。

水橋:少し大人になったみんなの話の中に、ちょっと前のお話も入ってきて、懐かしくも新しい空気になっているところが見所です。

松尾:時が経って、それぞれのカンパニーで次の世代に受け継がれていくウンディーネ達のおもてなしや諸々の技術。そして喜び、悲しみ、葛藤、共に成長して行く各々の心のあり様は期待を裏切らない事と思います。

渡辺:多くは語れません。見ていただいて、感じていただいて・・・。僕達の愛するアリア、皆さんの愛するアリアが、ここにあります。内容は語れませんが・・・。こんなの・・・。こんなの泣いちゃうよぉー!!! ムリだよぉー!! と、渡辺は思いました。そしてスタジオで泣きました・・・。新しい仲間も増えたアリアの世界。優しい、優しい世界です!!


──改めて、『ARIA The AVVENIRE』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

葉月:以前、“映画化になったらいいなぁ…”、と思っていた事がとうとう叶ってしまいました。またまたARIA 大好きなキャストとARIA 大好きなスタッフの愛情がたっぷり込められていますよ! 当時話数に入らなかった大事なお話も描かれていますので、原作&OVA をチェックして映画館へ足を運んで下さいね。ぜひ!私たちと素敵なひととときをご一緒しましょう♪

斎藤:私もファンの皆さんと同じくらい、またはそれ以上に、藍華に会えるのを楽しみにしていたんです。この作品は私にとって特別です。その想いを丁寧に込めました。人生の中でそうそうたくさん出会えない素敵や奇跡がたくさん詰まった作品です。作品が持つパワーがゆったりとのんびりと、でも確実に皆さんの心を温めてくれると思います。…なんて、恥ずかしいセリフ禁止、自分っ!!


広橋:ARIA を待っていてくださってありがとうございます。またこの作品に出逢えたのは待っていて下さった皆様がいらっしゃるからです。不思議なんですが、アフレコが終わったのに、なんだかこれからスタートするみたいだねと皆が口々に言っていました。私もはじまりのワクワク感でいっぱいです。変わらぬ空気と動き出す時間と、とっても優しい世界があなたを待っています。ぜひ劇場の大きな画面でネオ・ヴェネツィアを感じてください。“ でっかい”お待ちしております。

大原:ご無沙汰しておりました。いま再びの、アクアへようこそ! 変わらぬ愛すべき日常風景が、ちょっぴり成長したウンディーネたちが、懐かしいあの光景が、胸いっぱいの愛とともに、あなたをお待ちしています。スタッフもキャストも、全員がこころをひとつにして、魂をこめて作り上げた、大切な世界です。

 なお、劇場にお越しの際は、ハンカチを2 枚以上お持ちくださいませ。涙もろい方は、厚手のタオルをオススメいたします(笑) 劇場の大きなスクリーンは、アクアへの入り口です。さあ、漕ぎ出そう!

西村:放送当時から、ずっと愛して下さっている方達。放送が終わってから「ARIA」を知って、愛して下さっている方達。みなさんの愛のおかげで、新しい「ARIA」をお届けする事ができます。スタッフ・キャスト・応援してくれている皆さんの愛に包まれて、本当に幸福な作品だと思います。全ての皆さんに感謝と恩返しを込めて、「ARIA The AVVENIRE」をお届けできたらと思います。素敵な時間を、ご一緒して下さいね。

皆川:うふふ。皆さん見たらきっと泣いちゃいますよ♪ そして、優しくてあったかい気持ちで、心が満たされていくのを感じるはずです。本当に素敵なお話です。楽しみしていてください。ARIAへの愛を、私たちと共有しましょう。

水橋:変わったところ、変わらないところ、両方が同じくらいキラキラしていて、相変わらずの空気感をお届け出来ると思っています。是非観てください。よろしくお願いいたします。

松尾:水の惑星アリアの不思議や、澄んだ美しい世界、そして奇蹟。そこに生々と生きるウンディーネ達、お楽しみに!

渡辺:この作品に出会えた事は、宝物です。その宝物がこうして再び・・・。皆さんの温かい応援と愛のおかげです。本当にありがとうございます。楽しみに待ってくださっている皆様に、必ず満足していただける作品となっています!! この素敵な世界、あったかくて優しいこの世界で、再びお会い致しましょう!!

◆コミックマーケット88にてコミケ限定前売券/新規グッズ発売決定!
★8月14日(金)~16日(日)に東京国際展示場にて開催される『コミックマーケット88』の
“松竹”企業ブースにて『ARIA The AVVENIRE』のグッズを発売いたします。
限定前売券や新規グッズが盛り沢山となっておりますので、ぜひ“松竹”ブースに遊びに来てください!
「コミックマーケット88 限定 特大クリアポスター付前売券」をご購入いただいた方には、限定ショッパーをプレゼント!ご来場をお待ちしております。

開催日:8月14日(金)~16日(日)
開催会場 東京国際展示場(有明・東京ビックサイト)
西4階企業ブース
ブース№ 325
出展社名 松竹

◆グッズ一覧を紹介!

●コミックマーケット88 限定 特大クリアポスター付前売券【数量限定】
¥3,000(税込)

▲特大ポスター

▲特大ポスター

▲限定ショッパー

▲限定ショッパー

★コミックマーケット88 限定発売! 夏らしい浴衣姿の灯里の描き下ろし特大クリアポスター付き「ARIA The AVVENIRE」全国共通特別鑑賞券
※特典付前売券はおひとり様2枚の購入制限を設けさせていただきます。

●3Dポスター
¥1,200(税込)
★キャラクターたちが微笑むメインビジュアルを、精巧な立体感・奥行き感で表現!

●クリアしおり
¥600(税込)
★アリアカンパニー・姫屋・オレンジぷらねっとの、おなじみのメンバー&新メンバーをしおりに。1枚で4種の絵柄が楽しめます!

●アリア社長ぬいぐるみ
¥4,000(税込)
★ふわっふわで抱き心地抜群!ちょこんと自立する、かわいいぬいぐるみ

●アクリルキーホルダー(おひるねCHU)
¥1,000(税込)
★愛らしいお昼寝姿を、ちびキャラに。「おひるねCHU」シリーズ第一弾!

●ミニタオル(おひるねCHU)
¥700(税込)
★愛らしいお昼寝姿を、ちびキャラに。「おひるねCHU」シリーズ第一弾!
※内容に関しては、変更や中止となる場合がございます。

◆「ARIA The NATURAL」「ARIA The ORIGINATION」全話ニコニコにて一挙放送決定!
【「ARIA The NATURAL」全26話一挙放送 概要】
●タイトル:ニコニコアニメスペシャル「ARIA The NATURAL」1話~13話一挙放送
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv228966331
配信日時:8/2(日) 17:00~

●タイトル:ニコニコアニメスペシャル「ARIA The NATURAL」14話~26話一挙放送
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv228966733
配信日時:8/9(日) 17:00~

【「ARIA The ORIGINATION」全13話一挙放送 概要】
●タイトル:ニコニコアニメスペシャル「ARIA The ORIGINATION」全13話一挙放送
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv228966953
配信日時:9/6(日) 17:00~

◆公開情報
●ARIA The AVVENIRE(アリア ジ アッヴェニーレ)
公開日:2015年9月26日(土)
配給:松竹メディア事業部

>>「ARIA The AVVENIRE」公式サイト
>>「ARIA The AVVENIRE」公式ツイッター(@ARIATheAVVENIRE)

(C)2015 天野こずえ/マッグガーデン・ARIA カンパニー
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング