声優
『アニ好ぎ』で安野希世乃さんの癒し系ボイスを堪能!

安野希世乃さんが実践しているボイトレ方法とは!? 『中川翔子☆アニメが好ぎだーーーっ!!』第38回放送レポート

 NOTTVで隔週土曜日放送中の「中川翔子☆アニメが好ぎだーーーっ!!」は、毎回ステキなゲストを招いてお送りするバラエティ番組。出演はアニメ、ゲーム好きな中川翔子さんと、マンスリーMCを務める鷲崎健さん。第38回放送(9/5(土) 22時)では安野希世乃さんをゲストにお招きし、中川さんと鷲崎さんと共に聞く人を骨抜きにする癒しトークが今回も大爆発します!


■ 癒しの空気がスタジオを包み込む!

 本日のゲストは、劇場版アニメ『キズナ一撃』(2011年)でキズナ役にて声優デビューし、その後も『冴えない彼女の育てかた』や『アイカツ!』など数多くの話題作への出演経験の安野希世乃さん。聞く者を虜にする癒し系ボイスに、可愛い物好きの中川さんは、スタートからハイテンション!

 今回は、20年近い年月を経てのテレビアニメ化となった大人気漫画『うしおととら』に潮の幼なじみである井上真由子役を務める安野さんに、見どころをたっぷり語ってもらうところから番組の本線がスタート!

「時代の一言で片づけるには恐ろしいほどの線の粗さですかね。藤田先生の気迫が漫画全体に表れてるというか、ある意味荒削りなんですけど、深いところまで書き込んであるんです。そんな原作の気迫をそのままアニメに持ってきたかのような勢いと動きのあるアニメーションになってます」と満を持してアニメ化となった魅力をアピール。

その一方で、「1話の潮が初めて槍を抜くシーンで、周囲の妖気が集まって髪の毛一本一本を作っていくんですけど、そこの書き込みというか潮の姿の禍々しさを表せているのは時代が進んだ今だからこそ実現したのかなと思います」と長い月日を経てのアニメ化したからこそ見れる本作の見どころなどを熱く語ってくれた。

 安野さんが演じる潮の幼馴染・井上真由子に関しては「作品の中では使命を負っている重要な立場なんですけど、序盤は自覚があまりなくて物語が進んでいくにつれて力に目覚めていく過程が描かれていくことになります」と説明した後に、序盤の真由子のキャラクターを「ふわふわした、マイペースな、胆の座った女の子ですかね」と紹介。

 スタジオの安野さんの姿と真由子を比べて「まんまだね!」と中川さんたちが漏らすほどに、はまり役であった様子を伺うことが出来る一場面も!

 本作ではアフレコ現場も特徴的な収録方法を行っているらしく、「アフレコ現場全体が見渡せるところにガラス張りの個室がありまして、そこで小山力也さんがヘッドフォンをつけながら潮役の畠中佑くんと掛け合いをしてるんです」と、小山力也さん演じる「とら」は普通の人間には見えていない設定ということもあり、演技に影響を与えることの無いように工夫していることを明かしてくれた。

 他にも、ガラス部屋の小山さんは、とらの余裕綽々な態度を表現するために、アフレコ用のマイクの位置を低くして、ブース内に敷いたゴザの上であぐらをかきながら収録を行っているという情報まで飛びすなど。『うしおととら』が、スタッフの方々が細かいところまで気を使い、大切に作品を作っているのが伝わる情報を多く語っていただいた。


■ 視聴者の質問可愛く答える「お願い! きよのん」

 定番となってきた、視聴者からゲスト宛にとどいたリクエストに答えともらうこのコーナー。今回もいくつかのお便りを紹介します。

 まず初めには「声優になるためになにかトレーニングをしていましたか? 私も声優を目指しているので家で出来ることがあれば教えてください」という質問。

 養成所に通うなど様々な課題に取り組んできたと語る安野さんは「思ってもいない声がどこから出るのかを探してみることだと思うんですよね。意識する場所で音色に変化が出るので、いろんな声を当ててみることから始めてみることだと思います」と具体的なアドバイスをしてくれた。中でも安野さんが実践しているというトレーニングの実演が行われたりもし、中川さんと鷲崎さんも試しに挑戦してみる場面も……。どんな声かは番組で!

 続いては「お休みの日は何をして過ごしていることが多いですか?」というプライベートに迫る質問が。

 MCの二人からは「紅茶の美味しい入れ方を研究してそう」ということだったが、残念なことに安野さんは紅茶は苦手なご様子。「ブラックはダメなんですけど、カフェラテ至上主義なんですよ」と語り、中川さんの「休みの日は、どういうスケジュールで生活してますか?」という質問に「最近の趣味は自転車に乗ることなんですよ。“ポタリング”というんですけど、最近買った電動自転車で街をぷらぷらしてます」と意外と活発でスポーティな私生活を明かしてくれた。

 その他にも安野さんの地元トークを聞きたいという質問が寄せられ、宮城県出身ではあるが、地元周辺は田舎だったという安野さんのローカルあるあるであったり、子供の頃にゲームやごっこ遊びをした思い出のエピソードをなどなど、普段は聞けないようなぶっちゃけた話を、中川さんと鷲崎さんが根掘り葉掘り聞きだした。


■ ゲームを通して親交を深める「アニ好ぎフレンドパーク」!

 こちらもお馴染みとなりつつある中川さんとゲストに仲良くなってもらうことを目的としたこのコーナー。たくさんゲームで遊んで中川さんと安野さんの交流を深めてもらいたいところ。ちなみに毎度のごとくゲームをクリアすることで安野さんにはちょっとお得なプレゼントが贈られるます。

 最初のゲームは「シンクロナイスドフィーリング」。発表されるお絵かきテーマに沿って絵を描いていただき2人の絵が一致すればゲームクリアとなります。相手の考えを予測して気持ちが通じ合うことを目指すゲームです。

 最初のお題は安野さんが宮城出身ということもあり、「仙台の名物といえば?」というもの。安野さんが答えたのは仙台・宮城観光PRキャラクターである“むすび丸”。恵まれた食文化と伊達政宗を象徴する兜の前立ての意匠が取り入れられたキャラクターなのだが、地元知識が強すぎたため、流石に中川さんも存在を知らなかった様子。

 そんな中川さんが描いたのは仙台を代表する銘菓“萩の月”。中川さんの絵には箱のまで上手に描かれておりクオリティの高い絵ではあったのだが、残念ながら一致とはならず。

 続いては「とんでもアニメジェスチャークイズ」という番組初登場のゲーム。実際のアニメキャラが作品では見せないような姿をジェスチャーで表現するというものだが、キャラクターだけでなく、そのキャラクターが何をしている姿なのかまで当てなければいため、なかなか難易度の高いゲームです。

 安野さんへのお題は「ジョジョ立ちをしていたらギックリ腰になったジョジョ」ということで、安野さんは思いつく限りの“ジョジョ立ち”を披露。必死にお題を伝えようとする姿は実に可愛らしかったのだが、残念ながら中川さんにはジョジョということまでしか伝わらず、1問目は失敗となった。

 続いて中川さんへのお題は「かめはめ波をしたらうどんが出てきた孫悟空」というこれまたぶっ飛んだお題。中川さんは一つ一つの要素を抜き出しつつジェスチャーで伝えることを目指したのだが、その結果は如何に!?

 また「パネルアタック12」という新ゲームも行われ、12個のパネルに書かれたセリフを神経衰弱の要領で揃えていき、5回のチャンス以内ですべてのパネルを揃えることを目指すというもの。書かれているセリフはどれも心ときめく萌えるセリフのオンパレードとなっており、揃えることができたパネルのセリフは安野さんがガチで読み上げてくれるのでファンなら堪らない企画となった。

 はてさて、どのようなセリフが用意されていたのか、安野さんのガチボイスはゲームの結果と併せて9月5日の放送を楽しみに。

 安野さんにも「こんなに砕けてお話させていただく機会ってあまりないので、中川さんもフレンドリーに接してくれたので凄く楽しかったです!」と仰るほどに楽しんでいただけた様子の「アニ好ぎ」第38回の収録。最後には現在好評放送中のTVアニメ「うしおととら」、9月30日に発売となるBlu-ray&DVD「うしおととら」第1巻の告知をして頂いた。第1巻のオーディオコメンタリーには安野さんも参加するということなので、ファンの方は期待して待っていよう。

 また、ハッシュタグ“@Yaskiyo_manager”で安野さんのオフィシャルTwitterも開設されたとのことなので、こちらも忘れずにチェックしておこう。

■『中川翔子☆アニメが好ぎだーーーっ!!』♯38

9/5(土) 22:00~23:00
 MC: 中川翔子、鷲崎健
 ゲスト:安野希世乃

“きよのん癒されトーク”でMC2人もメロメロに!

◆視聴者からのリクエスト「お願い!きよのん」で、癒されっぱなし!
◆ゲスト・安野希世乃さん&しょこたんに仲良くなってもらおう「アニ好ぎフレンドパーク」
◆激レアな視聴者プレゼント! サイン入り直筆イラストを1名様にプレゼント

>>中川翔子の『中川翔子☆アニメが好ぎだーーーっ!!』
>>番組の視聴予約はコチラ(NOTTV対応スマホ用)

おすすめタグ
あわせて読みたい

中川翔子の『アニメが好ぎだーーっ!』の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集