アニメ
『魔装学園H×H』で赤羽根健治さんが挑む妥協を許さない「エロ」

赤羽根健治さんの妥協を許さない「エロ」――TVアニメ『魔装学園H×H』アフレコ現場レポート&声優陣・スタッフコメント!6月28&29日、連夜の第1話先行配信にも注目

 角川スニーカー文庫にて刊行中の大人気ライトノベル『魔装学園H×H』(著:久慈マサムネ/イラスト:Hisasi/メカデザイン:黒銀)がTVアニメ化し、2016年7月5日よりAT-Xほかで放送スタート! メインキャラクターを演じる声優陣に赤羽根健治さん、影山灯さん、赤﨑千夏さん、長妻樹里さん、木野日菜さん、衣川里佳さんらを迎え、“ギリギリ”なサービスシーン満載の日々が繰り広げられます。そこでアニメイトタイムズは本作のアフレコ現場に潜入! キャストの熱演が飛びかうスタジオの模様を、潜入レポートとしてお届けします。

【あらすじ】
 突然異世界から、魔術と科学を融合させた魔導兵器に襲われた世界。人類にとって唯一の対抗武器は、美少女達が操る"ハート・ハイブリッド・ギア"だった。戦略防衛学園アタラクシアに転入してきた主人公・飛弾傷無は、HHGを操る少女のエネルギーを回復させる特殊能力「接続改装」(ハート・ハイブリッド)を持っていたが、その方法は「Hな行為」!? 魅力的な女の子が続々と登場し、ちょっとHなミッションが繰り広げられる。

【メインキャスト】
飛弾傷無:赤羽根健治
千鳥ヶ淵愛音:影山 灯
ユリシア・ファランドール:赤﨑千夏
姫川ハユル:長妻樹里
シルヴィア・シルクカット:木野日菜
飛弾怜悧:衣川里佳


■ 赤羽根さん魂の“リピドー”がブースに響き渡る!

 当日のアフレコブースには上記のメインキャストをはじめ、本作に出演する声優陣が勢揃いしていました。ブースとガラスで仕切られたミキサールームには、監督や音響監督ら制作陣が佇んでいます。

 そして本作の原作者・久慈マサムネ先生もアフレコに立ち会い、キャスト陣もどこか緊張気味の様子。そしてアフレコが始まる直前、音響監督が今回のポイントを各キャストに伝えていきます。一方でキャスト陣も、気になったセリフや場面など、熱心に質問してからテストに臨みました。

 アフレコはAパートとBパートに分かれて行われます。Aパートのアフレコテストを経て、制作陣がセリフのチェックやタイミングを確認。それらの点をキャストに伝えた後、本番のアフレコがスタート。そして、本番を見た制作陣が再びチェックし、各キャスト・場面ごとにリテイク(録り直し)や別録りを行い、休憩を挟んだ後、次のパートへと移っていきます。ちなみにブース内には、マイクが4本、モニターが2台が設置され、それらを“コ”の字で囲むようにキャストが座っています。

 この回のAパートは、傷無が最初の戦闘から帰還し、学園に転入するシーンからスタート。“接続改装”に味をしめた愛音が傷無の部屋に忍びこんだり、ユリシアとハユルが教室で口論になったりと、ドタバタな日々が展開します。また、シルヴィアを通じて怜悧に呼び出されたりと、シリアスな場面も少々見られました。

 テストの際は愛音を演じる影山さんが、セリフとともに照れる素振りを見せたり、怒るハユルに合わせて、長妻さんが小刻みに震えたりと、まさにキャラクターがブースに居るような感覚に襲われます。他のキャスト陣も、作品の固有名詞を慎重に確認したり、セリフのタイミングを計ったりと余念がありません。また傷無のハート・ハイブリッド・ギアを起動するシーンもあり、赤羽根さん渾身の叫びがブース内に響き渡る一幕も。

 
 ここでテストが終了すると、監督や音響監督ら制作陣によるチェックが行われます。絵と合わないセリフの長さや、原作とのすり合わせなど、久慈先生を交えながら話し合われました。一方、ブース内では、テストの反省点を自らで探し、個人的に練習するキャスト陣の姿が。プロの声優ということもあり、そこに一切の妥協はありません。またスタッフが確認している映像はブースにも流れているため、それ見ながら練習するキャストも見られました。

 制作陣がひと通り確認し終えると、音響監督がブースで修正点やポイント、アドバイスをキャストに伝えます。キャスト陣も、一言一句を聞き逃さないよう、台本に書き込んでいきました。また赤羽根さんは、愛音に馬乗りにされるシーンを「乗られている雰囲気を声に出した方がいいですか?」と質問し、作品をより良くしようとする気持ちが強く感じられました。

 本番ではテストの反省点を踏まえ、キャスト陣による熱演が繰り広げられます。弁解をする傷無は赤羽根さんが実際に慌てる様子を再現したり、音が出ないようにピョンピョンするシルヴィアを木野さんが再現したりと、より一層、演技に熱が入っていました。

 そして本番の収録が終わると、制作陣での打合せが再び始まります。するとシルヴィアの語尾「~デス!」について、片言で発音すべきか悩む場面も。すると久慈先生から「デフォルメしたようなキャラクターなので、さらっと聞けちゃうとシルヴィアっぽくないですね」とアドバイスをいただき、よりシルヴィア役に深みを増すことができました。また、自らの演技が納得できず、リテイクを希望するキャスト陣も見られ、プロとしてのこだわりと熱意が、ブースの外からでもひしひしと伝わります。

 リテイクも終え、ひと通りAパートの収録が終了……と思いきや、最後にメインキャラクター以外の、つまり一般生徒のガヤの収録がスタート。教室における生徒同士の日常会話などが、当日集まった全女性キャストによって繰り広げられました。また、男子生徒のガヤの収録には、赤羽根さん1人しかいないため、ミキサールームの手の空いたスタッフが参加します。ここで、なんと久慈先生もアフレコに参加することに。

 ブースでは、赤羽根さんが丁寧にアフレコのポイントを説明しつつ、傷無の魂の雄叫びに対する「変態だーーー!」というツッコミをはじめ、様々なパターンの収録が行われました。久慈先生も、真剣な表情でアフレコに臨み、その熱演を披露していきます。そしてガヤ録りを終えたところで、赤羽根さんは「さっきの“変態だーーー!”に耐えられる“雄叫び”をやりたいです!」とリテイクを希望。一切の妥協を許さない赤羽根さんの姿勢は、ブース内でも燦然と輝いて見えました。


■ 赤﨑さんのセクシーなユリシアは紳士必見!?

 BパートもAパートと同じような流れで、最初はテストから始まりました。この回のBパートは、傷無とユリシアを中心にバトルシーンが描かれるため、赤羽根さんと赤﨑さんのセリフ量も自然と多くなります。特に赤﨑さんは、ユリシアの細かい表情を見極めながら演じ分け、気になった部分など台本にペンを入れていました。

 テスト後の制作陣の確認では、見せ場でもあるユリシアの場面について、多くのやり取りが飛び交います。また「こんなところに衝突面(エントランス)が!」というセリフも、失念していて悔しいニュアンスなのか、ハッと驚いたようなニュアンスなのかで、話し合いが行われました。

 
 そして、キャストへの指示出しを終えると、いよいよ本番の収録へ。バトルシーンがメインとなるBパートでは、キャスト陣も自然と身体に力が入り、それぞれが熱い演技を披露。ブース内も、どこか緊迫感が走っている様子で、Aパートとは空気が少し異なっています。特に傷無の「ユリシアーーー!」というセリフからは、赤羽根さんの全力を力強く感じました。

 リテイクでは、セリフの変更点やニュアンスの確認を経て、再び録り直しや別録りを行っていきます。前述の通り、ユリシアのセリフ量が非常に多いため、ここでは赤﨑さんを中心に収録が行われました。中には、接続改装の際に出てしまう色っぽい演技のオーダーも。そんな紳士諸君が期待する過激なシーンは、スタッフ・キャストともに力が入っており、全体を通してポイントとなること間違いなし。その後も収録は滞りなく進み、キャストや制作陣の魂がこもった回が完成しました。

 笑いやバトル、そしてサービスシーンが満載の本作。“色々な意味で”心がくすぐられる作品になっているので、7月5日(火)からの本放送を、ぜひご期待ください。最後に、収録を終えたメインキャストや久慈先生、古川監督のコメントをご紹介しましょう。

●飛弾傷無役・赤羽根健治さん
 原作の帯にも書いてある“ラノベ史上、最もエロい”というアオリ文に相応しいアニメ史上最もエロく、そしてハイクオリティなバトルで、エロスにお届けしたいと思います。夏アニメで一番のエロスはこの番組です。エロス!

●千鳥ヶ淵愛音役・影山灯さん
「この作品は笑いあり、友情あり、サービスありということで、とても楽しくて素敵な作品になっています。ぜひぜひ楽しみにしていてください!

●ユリシア・ファランドール役・赤﨑千夏さん
 序盤で収録してきた中で、私が一番好きなセリフは『今だ! 胸を揉め!』です(笑)。なぜそんなことが起こったのか、気になる方はぜひ見てください! よろしくお願いします。

●姫川ハユル役・長妻樹里さん
 アフレコも熱い展開が盛りだくさんで、楽しく演じさせていただいています。サービスシーンの後は、間違いなく『ごちそうさまです』と言えるような作品になっているので、ぜひ楽しみにしていてください!

●シルヴィア・シルクカット役・木野日菜さん
 バトルシーンなどシリアスな場面の中で、ふんわりとしたシルヴィアちゃんの和やかなところを見ていただきたいなと思い、演じました。よろしくお願いします!

●飛弾怜悧役・衣川里佳さん
 私の役は、皆と違って学生ではありませんが、お姉ちゃん兼、学校長兼、司令官という3つのてんこ盛りな要素があって、てんやわんやです(笑)。でも、弟思いなところや、皆を指導していくところなどを出せるよう、一生懸命に頑張っていきます。よろしくお願いします。

●古川博之監督
 紳士の方に楽しんでいただける作品として作っているのはもちろん、人間ドラマや、魔導兵器というロボとのバトルをロボット物としても熱く作っているので、ぜひご期待ください! そして、可愛いキャラクター達のエロが見られるところも熱く作っています。大人も子供も楽しめる、男子歓喜な作品です!

●久慈マサムネ先生
 アフレコ見学は非常に楽しく、なかなかできない経験をさせていただきました。皆さんの声が原作のイメージにとても合っているので、原稿を書く作業にもいい方向で影響が出そうです。そして今回はガヤとしてアフレコまで経験させていただきましたが、ただのガヤのくせに妙に緊張しました(笑)。たった少し喋っただけなのに、喉が枯れてしまい『プロの人って凄い!』と本当に思いましたね。本作は紳士枠と言いますか、エロいアニメでは恐らく史上最高だと思います。もちろんエロもありますけど、それだけではなく、キャラクターのドラマやアクションも見どころになっているので、ぜひ注目して見ていただければと思います。


[写真:野口彈/取材・文:鳥谷部宏平]


★6月28・29日、アニメ「魔装学園H×H」第一話2日連続先行配信決定!!
●6月28日21:00~23:30、
「dアニメストア」会員限定で第一話最速先行配信
>>番組配信ページ

●6月28日22:00~23:00、
「ニコ生」角川スニーカー文庫公式チャンネル「なますに!」
※影山灯&長妻樹里のゲストトーク 

●6月29日22:00~23:00
「ニコ生」特番
新アニメ「魔装学園H×H」第一話ナマでほとんど見せちゃうゾ?夜の課外授業SP
※アニメ第一話先行配信と影山灯&赤羽根健治のトークバラエティ
>>番組配信ページ

 
■ 作品情報 

【放送情報】
AT-Xほかで、2016年7月5日より放送開始!

AT-X 毎週火曜深夜0時30分~
TOKYO-MX 毎週水曜深夜1時35分~
テレ玉 毎週日曜深夜0時30分~
チバテレ 毎週日曜深夜0時30分~
tvk 毎週日曜深夜0時30分~
KBS京都 毎週金曜深夜1時35分~
サンテレビ 毎週水曜深夜2時30分~
TVQ九州放送 毎週火曜深夜3時5分~
BS11 毎週月曜深夜3時00分~

【あらすじ】
 人類はある日、異世界からの侵略を受けた。第一次異世界間衝突と呼ばれる戦いを経験した人類は、それから十数年後、第二次異世界間衝突が起こると緊急避難用に作られた海上フロートへと逃げ込み、そこで暮らすようになった。そんなある日、姉からの呼び出しで、日本フロートの「戦略防衛学園アタラクシア」を訪れた飛弾傷無(ひだきずな)は、ハート・ハイブリッド・ギア=ゼロスを操り、異世界の敵と戦う女の子、千鳥ヶ淵愛音(ちどりがふちあいね)と出会う。生意気で毒舌な彼女に翻弄される傷無だったが、異世界の敵との戦いで消耗したハート・ハイブリッド・ギアのエネルギーを回復する為には、彼女にHな事をしなければならない! 人類の未来をかけて、傷無は女の子たちとHな行為を行うのであった!!

【スタッフ】
原作:久慈マサムネ(株式会社KADOKAWA/角川スニーカー文庫刊)
原作イラスト:Hisasi
原作メカデザイン:黒銀・久慈マサムネ
監督:古川博之
シリーズ構成・脚本:山田靖智
キャラクターデザイン/総作画監督:宮井加奈
総作画監督:伊藤陽祐・森前和也・萩野圭太
デザインワークス:原由知・わたなべよしひろ
アクション・エフェクトアニメーター:酒井智史
美術:スタジオちゅーりっぷ
美術監督:立石健
美術設定:大平司
色彩設定:村上朋輝
2Dデザイン・特殊効果:松田陵平
撮影監督:田中浩介
3DCGディレクター:渡辺哲也
音響監督:大室正勝
音楽:ハニホヘニ男、Jerkyboy&Timteng
音楽プロデューサー:佐藤正和
音楽制作:フライングドッグ
テーマ曲:
オープニング「miele paradiso」(歌:野水いおり)
エンディング「ちッ」(歌:野水いおり)
アニメーション制作:プロダクションアイムズ
製作:魔装学園製作委員会

【キャスト
千鳥ヶ淵愛音:影山灯
飛弾傷無:赤羽根健治
ユリシア・ファランドール:赤﨑千夏
姫川ハユル:長妻樹里
シルヴィア・シルクカット:木野日菜
飛弾怜悧:衣川里佳
識名京:野水伊織
胡桃沢桃:荒浪和沙

 
>>TVアニメ『魔装学園H×H』公式サイト
>>TVアニメ『魔装学園H×H』公式Twitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

「Rayちゃんゼミ 5周年に向けて成長したい!」配信開始!

『ジョーカー・ゲーム』EDテーマ歌うアーティストに迫る

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

『リゼロ』水瀬いのりさんが明かす、6・7話のレムを演じたときの想い

緑川光さんがマニアックに愛を語りつくす!

(C)久慈マサムネ・Hisasi/KADOKAWA/魔装学園製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集