menu
実写映画『ハガレン』クランクアップまでの公式レポート到着

実写映画『鋼の錬金術師』ついにクランクアップ! 原作者・荒川弘氏も撮影現場に来訪し、あることに大満足!?

 壮大なスケ―ルと想像を超えるストーリーで、目の肥えた日本のコミックファンだけでなく世界をも魅了。驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミック『鋼の錬金術師』がついに実写映画化! そしてこの度、『暗殺教室』シリーズの山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演、『ピンポン』で日本映画の新たな1ページを作った曽利文彦監督による2017年最大の映画プロジェクトが、8月26日(金)無事クランクアップとなりました!

 撮影中盤には、原作者・荒川弘氏による撮影現場見学も実現! 8月の猛暑の中、映画のクライマックスシーンを見学し、出演キャストとも会話を交わし、見学後の記念撮影では撮影ボードに実筆イラストを描いて頂くなどスタッフにとってもサプライズな出来事となった。これにより曽利組キャスト&スタッフ一同の士気が高まり、3ヵ月にも及ぶ撮影のラストスパートを一気に駆け抜けたとのことです。今回、そのクランクアップまでの道のりをまとめた公式レポートが到着したので、ご紹介しましょう。

▲原作者・荒川弘による実筆イラスト入り画像

▲原作者・荒川弘による実筆イラスト入り画像

アニメイトタイムズからのおすすめ
◆製作発表からクランクアップまでの道のり!
★原作は、スクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」にて2001年~2010年に連載された荒川弘氏の代表作。全世界シリーズ累計部数7,000万部超という大ヒット記録を打ち立てている。錬金術が存在するファンタジーな世界観は日本での映像化は不可能と言われ、ハリウッドでの映画化もウワサされたほど。

★映画化にあたって、主演の山田涼介さんをはじめ、本田翼さん、ディーン・フジオカさん、松雪泰子さんといった日本を代表する最強ドリームチームが勢揃い。『ハリー・ポッター』『るろうに剣心』『デスノート』シリーズのワーナー・ブラザース映画が総力を結集。壮大な物語にふさわしい日本映画の枠を超える、誰も見たことないエンターテイメント超大作の誕生に期待が高まる。

★5月の製作発表では、「ハガレン実写化って、日本映画界が覆りそうな勢い!」などSNS上での期待コメントが殺到。関連ワードが軒並み急上昇検索ワードにランクイン、上位10傑を占めるなど日本中で話題をかっさらった。

★撮影は3ヵ月の長期間に及び、世界観の表現を追求し、街の建物などにかつて実際に錬金術師が存在した名残があるイタリアで6月にクランクイン。イタリアでの撮影は準備期間を含め1ヵ月間。日本各地でのロケ撮影を経て8月26日(金)にクランクアップを迎えた。

★山田さんをはじめとするキャスト陣は、ハードなアクションから、エモーショナルなシーンまでを見事に演じ分け、国民的漫画原作の映画化という重責を担い、緊張感を保ちながらも監督・スタッフとの厚い信頼関係を築き全力で撮影に臨んだ。

●原作者・荒川弘氏が撮影現場に!
★撮影中盤8月5日(金)に撮影現場を訪れた原作者・荒川弘氏は、キャスト・スタッフにねぎらいの言葉をかけると、精巧に作られた衣装やセットを興味深く見入り作品の世界感が見事に表現されていることに満足。現場に掲げてあった看板に直筆でイラストを描き、一同はより一層士気を高めてクライマックスシーンの撮影に挑んだ。

●曽利監督からのコメント
★約3カ月間におよんだ撮影を終えて、曽利監督は「制作においてはこれまでの日本映画ではやったことのない撮影スタイルを取るなど、新たな日本映画の可能性を追求してきました。イタリアでの撮影から始まり、約3ヶ月、キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります。これから1歩1歩作りあげて行こうと思っています。ファンの皆様には、原作やコミックのテーマ、魅力を込めつつ、実写だからこその“カタチ”をスタッフ、キャストで議論を重ねながら、作りあげたものとなりますので、是非応援頂けたらと思っております」とコメントし十分な手ごたえと完成に向けての意気込みを語りました。

★「ハガレン」の代名詞とも言える心理描写やアクション、エドワードとアルフォンスの兄弟の掛け合いと錬金術の映像表現などがどのように表現されているのでしょうか。ますます期待の高まる映画『鋼の錬金術師』の今後の動向に是非ご注目ください。

◆公開情報
■タイトル:『鋼の錬金術師』
★2017年冬、全国ロードショー

<STORY>
錬金術とは物質の構成や形状を変化させ新たなものに作り替える技術で、無から有を生む万能の術ではなく、「等価交換」を原則とする厳正科学である。

幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから “錬金術”において最大の禁忌とされる人体錬成を行った兄、エドワード・エルリックと弟、アルフォンス・エルリック。しかし、錬成は失敗。エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、アルフォンスは一命を取り留める。
時が経ち、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメール)を装着し、失った身体を取り戻す手掛かりを得るために国家錬金術師となり、“鋼”の錬金術師と呼ばれていた。そしてその手掛かりが“賢者の石”と呼ばれる伝説の石であることを確信する。
弟の体を取り戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。亡き母の「人体錬成」の代償として失った全てを取り戻すため、不可能を可能にするほどの絶大な力を秘めると言われる“賢者の石”を探す二人の壮大な冒険の旅が今、始まる――やがて“賢者の石”を探す旅は国家をも揺るがす巨大な陰謀をめぐる熾烈な戦いへ変貌していく――。

<STAFF>
監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画

<CAST>
エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
ヒューズ中佐:佐藤隆太
ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
ロス少尉:夏菜
タッカ―:大泉洋
ドクター・マルコ―:國村隼
ハクロ将軍:小日向文世
“色欲”のラスト:松雪泰子
“嫉妬”のエンヴィー:本郷奏多
“暴食”のグラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

>>映画『鋼の錬金術師』公式サイト

■この記事を読んだ人は次にこの記事を読んでいます!

女優・土屋太鳳さんが語る、『僕だけがいない街』での演技

土屋太鳳さん・満島真之介さんが戻りたい過去とは!?

俳優・満島真之介さんが『僕だけがいない街』で見つけた新しい道

藤原竜也さんら登壇、映画『僕街』初日舞台挨拶レポート

岡本夏美さんが見た!『仮面ライダー1号』の撮影現場とは

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

鋼の錬金術師の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー