menu
声優
声優・古谷徹さん、学生時代にミュージシャンを目指していた!?

声優・古谷徹さん、学生時代に目指していたのはミュージシャンだった!?「古谷徹デビュー50周年記念プロジェクト」インタビュー後編

 アムロ・レイ、ペガサス星矢ほか、説明不要なほどのレジェンド級ヒーローを数多く演じ、現在も『名探偵コナン』の安室透や『ONE PIECE』のサボといった大人気キャラクターで活躍し続ける古谷徹さん。

 その古谷さんが今年でちょうど声優デビュー50周年を迎え、記念の3大プロジェクトとして、代表作品のアニメ主題歌をカバーしたミニアルバム『古谷徹 50TH ANNIVERSARY「THANKS♪-感謝-」』の発売、声優活動50周年を記念したファンブック『古谷徹 50TH ANNIVERSARY 「THANKS!-感謝-」』の発売、日本全国47都道府県を巡る「古谷が“通る”47都道府県」無料サイン会の開催を決定!

▲古谷徹(ふるや とおる)/7月31日生まれ。神奈川県出身。A型。主な出演作品は、『巨人の星』星飛雄馬役、『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ役、『ドラゴンボール』ヤムチャ役、『聖闘士星矢』ペガサス星矢役、『きまぐれオレンジロード』春日恭介役、『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面役、『名探偵コナン』安室透役、『ONE PIECE』サボ役ほか。青二プロダクション所属。

▲古谷徹(ふるや とおる)/7月31日生まれ。神奈川県出身。A型。主な出演作品は、『巨人の星』星飛雄馬役、『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ役、『ドラゴンボール』ヤムチャ役、『聖闘士星矢』ペガサス星矢役、『きまぐれオレンジロード』春日恭介役、『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面役、『名探偵コナン』安室透役、『ONE PIECE』サボ役ほか。青二プロダクション所属。

 記念CDはアニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定の商品。そして無料サイン会は全国のアニメイト店舗にて行われます! 詳細は後日、古谷徹50th記念公式サイトにて発表されるので、要チェック! 前後編でお届けしているインタビューの後編では、50周年を記念したミニアルバム収録曲の選曲理由をはじめ、アニメイトでの思い出まで語っていただきました。さらには、声優の前に目指していた職業についての話題も!


アニメイトタイムズからのおすすめ
■ ミニアルバム『古谷徹 50TH ANNIVERSARY「THANKS♪ -感謝-」』

――今回のミニアルバムでは、数ある作品の中から3曲を選ぶのも大変だったと思いますが、選曲の理由を教えてください。『聖闘士星矢』からは「ペガサス幻想」ではなく、「聖闘士神話」を選んでいる点も気になったのですが。

古谷徹さん(以下、古谷):誰もが知っている曲にしたいという狙いがあったので、自分の代表作品の中から選んだのですが、「ペガサス幻想」に関しては日本コロムビアから出た『聖闘士星矢』のCDに、僕が歌ったバージョンも入っているんです。

なので、違う曲にしたいという想いもあって、「聖闘士神話」にしたんですよ。これまで僕はあまり歌ったことはなかったんですけど、カラオケに行くと僕の周りの人たちがよく歌っていて、みんなで「聖闘士星矢ァ~!! 星矢ァ~!!」って大合唱しているんですね。僕は間奏でセリフだけ言わされたりするんですけど(笑)、でもそうすると盛り上がるじゃないですか。いい曲だし、いつか歌いたいと思っていたんです。

「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は、『ドラゴンボール』はいまだにやっている大ヒット作品ですしね。実はヤムチャは、最初は荒野の一匹狼としてかっこよく出てきたのに、ブルマをベジータに取られてからだんだんヘタレキャラになっていっちゃって、残念だなって思っていたんです。それが、今ではサイバイマンにやられて死んだポーズのフィギュアが大ヒットしてるくらいの人気キャラじゃないですか。

あれ、気付いた時には僕ももう買えない状況で、バンダイに電話して、なんとか1つだけ手に入れることができて、書斎に飾ってあるんですけど。「あ、こんなにヤムチャって人気があったんだ」と改めてわかったんですよ。もちろん、普通にかっこいいヤムチャを大好きな人もたくさんいて、『ドラゴンボール』の曲も入れたいと思った時に、やっぱり「CHA-LA HEAD-CHA-LA」がパッと浮かんだんですよね。

そして『機動戦士ガンダム』は、やっぱり絶対外せないと思っていたので、何を歌おうか色々考えたんですよ。「哀 戦士」もいいし、TM NETWORKの曲(「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」)もいいし。その中で、『めぐりあい宇宙』が作品的にも好きなんですね。映画三部作の最後を締めくくる作品で、ララァとの悲劇を彷彿とさせる「めぐりあい」は、いい曲だなぁと思っていて。ただ、「難しいぞ、この曲は」と(笑)。井上大輔さんはフィーリングで歌っているじゃないですか。でもチャレンジしたい、歌ってみたいなと思って、選ばせていただきました。

考えてみたら、この3曲ってすごくバリエーションに富んだ選曲になっているんですよ。「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は、楽しい曲、「Enjoy」だと。そして「聖闘士神話」は気持ちが昂る曲、燃える曲だから、「Excite」。「めぐりあい」は感動できる曲なので、「Emotion」。つまり全部「E」で、しかもこれってアニメーションという「Entertainment」の3大要素なんですよ。楽しんで、昂って、感動できる。とてもいい選曲だったと我ながら思っています。


――そうなると、影山ヒロノブさんの曲が2曲選ばれているというのは?

古谷:たまたまそうなっちゃっただけです(笑)。


■ 時代に愛されて数々のチャンスが舞い込んだのは“強運”ゆえ!?

――『ガンダム』『星矢』『ドラゴンボール』はいまだに新作アニメが作られるほど、息の長い作品です。しかも『Zガンダム』では成長したアムロ、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では幼少のアムロ、『聖闘士星矢Ω』では成長した星矢、さらに遡って『新・巨人の星』ではバッターや右投げに転向した星飛雄馬というように、同じ役の別の年代を、年月を経てから演じるという稀な経験を、何度もしている点も特徴的ですね。

古谷:僕は本当に強運だと思うんですよ。作品や役に恵まれた以上に、出会った人や時代に恵まれたなってすごく思うんです。今は声優になることが大変な時代じゃないですか。新人が1本レギュラーを取ることって、相当大変だと思うんです。それが僕らの時代は、ヒーローを演じられる声優が、数えるほどしかいなかった。その時に、アニメの仕事のシェアを一番持っていた青二プロダクションに入れたおかげで、ヒーロー役を沢山やらせてもらえたんです。だから本当に強運で、それが今に続いているんじゃないかと思いますね。

――近年はバラエティー番組への出演なども多く、声優が露出する機会を広げる役目も担っている気がします。

古谷:そういう番組を作っているスタッフの方たちが、僕らが出ていたアニメを観ていた世代で、今は出演者を指名できる立場になったおかげでお仕事が広がっているというのはあると思いますね。


――今、声優で考え得る様々な仕事を、ほとんどされているのではないかと思うのですが、それぞれのきっかけになった出来事とは?

古谷:まず音楽活動に関して言うと、中学3年の時に同級生とロックバンドを組んで、僕はリードギターとボーカルを担当したんですけど、ギターに夢中になったんですよ。その頃は『巨人の星』をやっていましたけど、本当はミュージシャンになりたかったんです。

『巨人の星』終了後はアニメ業界のお仕事をほとんどやらず、それまで所属していた劇団ひまわりを辞めて、大学時代には渡辺プロダクションが経営していた東京音楽学院に入って歌手デビューを目指したんですね。その間に歌の基礎を色々勉強したり、アルバイトで銀座のメイツという、渡辺プロが経営するお店で弾き語りをしたりしていたんです。

でも、大学の卒業が近づいて、一生の職業を考えるようになった時に、ミュージシャンとか歌手では将来性はどうなんだろう、難しいかなと思うようになったんですね。その時に、『巨人の星』の大ヒットと、お芝居の難しさ、出来た時の達成感、たくさんいただいてメチャクチャ嬉しかったファンレターなどは、自分にとっての大きな勲章だから捨てられないと思って、やっぱり俳優の道を行ってみようと、俳協に入ったんです。

俳協は顔出しのお仕事もやっていたので、声のお仕事と両方できるからと思ったんですよ。でもやり始めたら、だんだんとアニメの魅力にハマっていって、「アニメの中だと自分はヒーローでいられる。これはすごく楽しい仕事だな」と思えるようになったんですよ。だからもう「音楽は趣味でいい」と。そうしたら、今度は声優がクローズアップされるようになって、「レコードを出しませんか?」「声優たちのバンドを組もうよ」みたいな話が持ち上がって、本来やりたかった音楽もちょっと仕事になってきたんですよ。「これ、一番いい方向に行ってるな」と思いましたね。それも強運なのかな。

――声優バンドのスラップスティックに始まって、ソロ、キャラソン、アニメ主題歌など、音楽にもたくさん関わることになりましたから、もしかしたら直接音楽の道に進むよりも、より多くの作品を残せたのかもしれませんね。

古谷:そうかもしれません。だから、大学時代に歌を勉強した2年間というのは、全然無駄じゃなかったなと思います。


――今回のファンブックでは、ファンからQ&Aを募集されていますが、現時点だとこんな質問が多いというのはありますか?

古谷:もうバラバラです(笑)。「こんなこと、聞かれたことないよ」なんていう質問も来ていますし、それがすごく嬉しいなと思って。これまで答えたことのないことに、この記念すべきファンブックで答えられるのがいいです。スタッフでは絶対に思いつかないような、しかもファンの方たちが考えてくださった質問なので、すごく楽しみですね。これまでたくさん取材を受けてきて、お仕事に関することもプライベートのこともいっぱい話していますので、今回はちょっとコアな部分に答えたいと思っています。

――ちなみに、アニメイトについての想い出のエピソードは何かありますか?

古谷:いろんなアニメイトで何度かイベントをやりましたけど、一番憶えているのは、2004年2月に『聖闘士星矢』の劇場版で『天界編 序奏~overture~』というのがあって、それの前夜祭としてチケット発売トークイベントが池袋本店であったんですよ。前夜祭の後に劇場挨拶という流れになったんですけど、その時に星矢のコスプレをしたんです。赤いサーフシャツで、手首に赤い包帯を巻いて、ブルージーンに赤い靴を履いて。そこで「アニメイトってこんなデッカイんだ!」とビックリしました(笑)。本店ですけど、「ビル全部かよ!」って思いましたもん。


――最後に、CDとファンブック発売についてメッセージをお願いします。

古谷:日本全国を廻って、今までお会いしたことのないようなファンの方たちに、直接感謝の言葉を伝えられる、コミュニケーションが取れる。そして、サイン会ではきっと喜ぶ顔が見られるだろうということに、ワクワクしています。ファンの方たちの応援メッセージとか笑顔が、僕にとってはいい仕事をするためのエネルギーになっているんですよ。だから、今回は僕にとってももうあと10年か、何年かわからないけど、いい仕事を続けるために必要なプロジェクトだと思っているんです。

それと、お金を出させるのは本意ではないですけど、50周年記念のCDとファンブックは、採算度外視して各社が作ってくださっているので、ぜひ手に入れてほしいです。両方買ってくださった方への、サインよりもさらに素晴らしい特典も用意しておりますので、よろしくお願いします!

▲「日本中のファンの皆様に長年の感謝の思いを直接会って伝えたい!」という古谷さん自身の想いから、日本全国47都道府県にあるアニメイト店舗を利用しての、無料サイン会イベントを9月24日アニメイト横浜店から順次開催! 誰でも古谷さんと直接言葉を交わし、目の前でサインを書いてもらえるこの大チャンス、ぜひお見逃しなく!

▲「日本中のファンの皆様に長年の感謝の思いを直接会って伝えたい!」という古谷さん自身の想いから、日本全国47都道府県にあるアニメイト店舗を利用しての、無料サイン会イベントを9月24日アニメイト横浜店から順次開催! 誰でも古谷さんと直接言葉を交わし、目の前でサインを書いてもらえるこの大チャンス、ぜひお見逃しなく!

[文・設楽英一 / 撮影・Re-Zi]


◆古谷徹 50TH ANNIVERSARY「Thanks♡ -感謝-」
古谷徹の声優活動50周年を記念したファンブックが発売決定! 古谷氏のプライベートショットや、同日にエイベックス・ピクチャーズから発売されるCDのレコーディング風景、ジャケット写真撮影時のアザーカットなどのレアな写真に、ファンから募った「古谷徹に聞きたい50の質問」、古谷氏の親しい声優、スタッフ、作家などからのお祝いコメント、歌手・影山ヒロノブ氏との対談、出演作品アーカイブなど充実の内容です。

発売日:2016年9月23日(金)
価格:1,000円(税込)
サイズ: A5変形判( 横142㎜×縦180㎜ )
発売:株式会社KADOKAWA


◆古谷徹 50TH ANNIVERSARY「Thanks♪ -感謝-」
 50周年を記念したミニアルバムが発売決定!出演アニメの主題歌を歌い上げます。「めぐりあい」(『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編』より)・「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」(『聖闘士星矢』より)・「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(『ドラゴンボールZ』)の3曲を古谷徹自らが選定、アレンジを加えたスペシャルCDをお届けします。

発売日:2016年9月23日(金)
価格: 1,500円(税込)
形態:MINI ALBUM1枚組
収録曲数:6曲(3曲+インスト3曲)

■「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
作詞:森 雪之丞
作曲:清岡 千穂
編曲:酒井陽一

■「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」
作詞:只野 菜摘
作曲:松澤 浩明
編曲:AstroNoteS

■「めぐりあい」
作詞:井荻 麟・売野雅勇
作曲:井上 大輔
編曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

※販売はアニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定
※発売/販売:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
※内容は一部変更の可能性がございます。


>>古谷徹50th記念 公式サイト
>>古谷徹公式Twitter
>>古谷徹50thTwitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

熱い青春に思わず涙… 野球の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ野球アニメ9選

『傷物語』神谷浩史さんが語る、絶対羽川が好きになっちゃう話

櫻井孝宏さん実写ドラマで新たな挑戦

山寺宏一さん花江夏樹さんの師弟コンビへロングインタビュー【前編】

ミスター平成ライダー高岩成二さん「仮面ライダーは“僕”そのものです」

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング