アニメ
人気ミステリ『バチカン奇跡調査官』がアニメ化企画進行中と判明

天才神父コンビの人気ミステリ『バチカン奇跡調査官』がアニメ化企画進行中! シリーズ累計は95万部突破

 若き二人の天才神父が、世界中の難事件を解き明かす人気ミステリーシリーズ『バチカン奇跡調査官』(藤木稟・著/角川ホラー文庫刊)。このたび同作が、アニメ化企画進行中であると発表されました! アニメの詳細は今後、順次発表される予定とのことです!

 原作のカバーイラストは、人気イラストレーター・THORES柴本氏が手掛け、現在シリーズ累計95万部を突破! 美貌の天才科学者にして真理究明の申し子・平賀と古文書・暗号解読のエキスパート・ロベルトという若き天才神父コンビが、バチカンに寄せられる奇跡の申告を調査し真偽を確かめる“奇跡調査官”として、 世界中の謎や事件に挑みます! 文庫新刊は12月22日に発売となり、コミカライズ作品も絶賛連載中です。

●「バチカン奇跡調査官」とは? 作品詳細を大紹介

▲『バチカン奇跡調査官』1・2巻書影。「黒の学院」カバー人物が平賀、「サタンの裁き」カバー人物がロベルト

▲『バチカン奇跡調査官』1・2巻書影。「黒の学院」カバー人物が平賀、「サタンの裁き」カバー人物がロベルト

書誌情報
『バチカン奇跡調査官』1~13巻(角川ホラー文庫)
著・藤木稟
カバーイラスト・THORES柴本
★2016年12月22日 最新14巻発売予定!

美貌の天才科学者にして真理究明の申し子、平賀・ヨゼフ・庚と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト・ニコラス。二人は良き相棒にしてバチカン所属の「奇跡調査官」──バチカンに世界中から寄せられる奇跡の真偽を調査し判別する秘密調査官――である。
世界の難解な謎と事件に挑む、天才神父コンビの事件簿!

■著者プロフィール
藤木 稟(ふじき・りん)
大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。著書に、「朱雀十五」シリーズ、「陰陽師 鬼一法眼」シリーズ、『太古の血脈』など多数。

コミカライズ情報
★現在「月刊コミックジーン」にて、日野杏寿・漫画、 キャラクター原案・THORES柴本によるコミカライズ作品が絶賛連載中!

▲漫画「バチカン奇跡調査官」予告カットより

▲漫画「バチカン奇跡調査官」予告カットより

「バチカン奇跡調査官」(月刊コミックジーン連載中)
漫画・日野杏寿
原作・藤木稟(角川ホラー文庫)
キャラクター原案・THORES柴本

>>「月刊コミックジーン」公式サイト
>>「バチカン奇跡調査官」公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

バチカン奇跡調査官の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集