映画
『劇場版 艦これ』主題歌に込めた想い―西沢幸奏さんが思い描く夢

『劇場版 艦これ』主題歌に込めた想い――シンガー 西沢幸奏さんが思い描く夢とは

 TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』(以下、艦これ)のエンディングテーマ「吹雪」、そして『劇場版 艦これ』の主題歌「帰還」を歌うアーティスト西沢幸奏(にしざわ しえな)さん。

 インタビュー前編に引き続き、後編の本稿では『艦これ』と出会ったときの想いや、新曲「帰還」について語っていただきました。西沢幸奏さんのファンはもちろん、全国の提督の皆様も前編と合わせてご覧ください。

>>プライベートに迫ったインタビュー【前編】


TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のEDテーマに決まったときは、何度も聞き返してしまいました(笑)
――アーティスト活動についてお伺いします。西沢幸奏さんは大人気T Vアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のエンディングテーマ「吹雪」でデビューしました。フライングドッグ・オーディションに合格したとき、既にこのお仕事は決まっていたのでしょうか?

西沢幸奏さん(以下、西沢):オーディションに合格した時には、私はまだ「艦これ」のお話は伺っていませんでした。

――では、オーディションに受かってからしばらくは、どんな仕事ができるか楽しみにしていたのでしょうか?

西沢:そうですね。「いったいどんな作品に出会えるんだろう?」とすごくワクワクした気持ちで過ごしていました。そして、しばらくして、T Vアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のEDテーマを歌わせて頂けると知った時は、本当にビックリしました。

――もともとゲームがお好きだったら、『艦これ』がいかに人気かは、ご存知だったでしょうね。

西沢:もちろんです! ネット上ではもちろんのこと、街中でもいろいろな場所で、名前やキャラクターを目にするような作品なので…。特に印象的だったのは、私が使っていた駅に、大きな「島風ちゃん」の看板が貼られていたんです。「すごくかわいいキャラだな~」とずっと思っていたので、まさか自分がその作品の歌を担当する事になるとは……今でもあの時の嬉しさと、驚きは忘れられません。

――EDテーマを担当することが決まってから、『艦これ』はプレイしましたか?

西沢:もちろん遊ばせていただきました! そして歌わせていただいた曲名「吹雪」に合わせて、「駆逐艦 吹雪」を使っています。吹雪ちゃん、かわいいんです! キャラクターのかわいさも語りたいのですが、それ以上に声優さんが、ひとりで何人ものキャラクターを演じ分けているということに感動しました!なので、キャラクターの「声」も楽しみながら、プレイさせて頂いてます。

――『艦これ』のEDテーマを歌うことを知ったのは、いつ、どこでですか?

西沢:マネージャーさんから直接聞きました。「幸奏、『艦これ』のEDテーマを歌わせて頂ける事に決まったよ!」とサラッと伝えられまして…。それを聞いて私は、「へっ!? 『艦これ』? あの『艦これ』ですか!? 本当ですか!?」って、思わず何度も聞き返してしまいました(笑)。

――プレッシャーはありましたか?

西沢:デビュー作で、本当に大きな作品のEDテーマを担当させて頂く事になったので、正直、当初はプレッシャーはかなり感じていました。でも、それ以外の感情もたくさんあって……。

「デビューってどういうことだろう?」と考えたり、「上手く歌えるかな?」、「レコーディングってどうやるの?」、「撮影はどうするの?」と、毎日考えることがたくさんありすぎて、いつの間にか、プレッシャーはそのなかに埋もれてしまっていたのかもしれません。デビュー当初は、右も左も分からず、すごく悩んでしまう事も多かったですね。でも、「せっかくチャンスを頂いたのだから、絶対にたくさんの人に歌を聞いてもらいたい!」と言う強い気持ちの方が大きかったので、前向きに進み続けました!

――いま笑顔で答えてくださっていますが、苦労の様子が伝わってきます。そのようなモヤモヤの毎日を落ち着かせたのは、どうやって?

西沢:特に、なにもしていません。始めのうちは、失敗してしまう事は多かったですが、少しずつ進んできた感じです。失敗して、そこで覚える。次に同じことがあったときにミスを繰り返さないように……。この繰り返しをしただけです。なので「特になにをした」という意識はあまりないかもしれません。

――スタッフさんからのアドバイスで、印象に残っていることはありますか?

西沢:デビューまではファンの皆さんの存在を感じられなかったので、いつも「いかに自分が上手く歌うか」しか考えていませんでした。でも、デビューして、それは違うと知りました。「ライブはファンの皆さんが来てくれて初めて成立するもの。
ひとりでやっても、それはライブではない」と教えて頂きました。
この教えは、実際にファンの皆さんを前にしてライブをやって、初めて理解できました。いまでは「ライブはファンの皆さんと一緒につくるもの」だと思っています。

――デビューしていままで、一番印象に残っているお仕事は?

西沢:ライブも握手会もレコーディングも、すべて楽しいのですが……ひとつだけですか? 強いて言えば、2016年2月にさせていただいた初めての単独イベント、「トーク&ミニライブ Vol.1」が最も印象深く、今でも鮮明に覚えています。

――単独イベントはどこが格別ですか?

西沢:当たり前かもしれませんが、ステージに立つと、会場にいらっしゃる全ての人が、が私を見ているんです。「トーク&ミニライブ Vol.1」のステージに立った瞬間は、私史上最高に熱い視線を感じました。そこで改めて、「みんな、私の為に来てくれたんだ」と思ったら、本当に嬉しくて。私がステージに出る前でも、客席から「しえなーっ!!」って大声が、ステージ裏までたくさん聞こえてくるんです。その声を聞いて、頭が真っ白になっちゃうくらい感激しました。

――後で伺おうと思っていたのですが、せっかく話題が出たので触れます。もうすぐ「トーク&ミニライブ Vol.2」が開催ですね。

西沢:そうなんです! 11月26日(土)に、渋谷クラブクアトロで「トーク&ミニライブ Vol.2 “Face to Face”」を開催します。いまからめちゃくちゃ楽しみです!! Vol.1のときに感じた私史上最高の熱い視線が、塗り替えられるかもしれません!

――アーティストのお仕事はライブ以外にもたくさんありますが、ライブ以外で楽しいのは?

西沢:どれも楽しいですが、毎週楽しくやらせていただいてるのは、超A&G+で放送中のラジオ『西沢幸奏 NAVIGATE RADIO ~しえな、KEEP TRYING!』です。もう80回目くらいになりますが、いまでも毎週とっても楽しいです。番組の初めの方に、毎週の出来事を話すコーナーがあるんですが、どうやってお話をすればリスナーさんに楽しんでもらえるのかを考えてからスタジオに行っています。

――ネタを仕込むのは、いつ、どんなときに?

西沢:電車のなかとか時間があるときに、ケータイで撮った写真で一週間を振り返りながら、「この話をしよう!」と考えるんです。どうしても話題がないときは、わざわざ「猫カフェ」に行ったりして話題を作るときもありましたね(笑)。


世間から見た「西沢幸奏」ってどんな人?

――西沢さんは、ファンのみなさんからどのように見られることが多いですか?

西沢:「もっとクールな人かと思った」と「もっと年齢が上かと思った」、「もっと背が高いと思った」。この3つが特に多いです。特に多いというか、みなさんこの3つのどれかです(笑)。

――反対に「イメージ通りの方でした」という意見は?

西沢:まったくいません! ゼロだと思います!!

一同:(爆笑)

西沢:デビュー作「吹雪」のときは、等身大の姿に近いと思っていたのですが、それでも「もっとクールな人かと思った」と言われていました。ラジオを聞いてくだされば、「素の西沢幸奏」をわかっていただけると思うんですけど。 ほっとけばたくさんしゃべります(笑)。

――周囲から言われるイメージで、修正したいことは?

西沢:「しっかりしているね」と言われることが多いのですが、ぜんぜんしっかりしていません(笑)。歌手としても、一人の人間としても、もっともっと成長して行きたいです。


中学のころプロの真似事で始めた作詞活動
――音楽について伺います。西沢さんは歌唱のみならず、自身で作詞作曲も行っていますね。

西沢:ありがたいことに、2ndシングルの「Brand-new World」から作詞をさせて頂きました。3rdシングルの「The Asterisk War」でも収録曲の3曲全て、詞を書かせて頂いたりと、おかげさまで貴重な機会をたくさん頂けて、とても嬉しいです。

――作詞の方法はどうやって習いましたか?

西沢:特に習ったということはありません。まずノートに単語をずらーっと書いて、それを眺めていると、「私はこういうことを歌いたいんだな」とわかってきます。それからイメージを固めて、歌い出しから書いていくことが多いですね。

――作詞もギターと同様に自己流で学んだのですね。では、いまはどうやって作っていますか?

西沢:お仕事としてやらせていただくとなると、昔のように自由にはできません。原作をしっかり読ませていただいて、作品の世界観に合う歌詞を考えます。何度も何度もブラッシュアップを繰り返して、作品のイメージにマッチする歌詞に完成させます。

――誰に教わることもなくできてしまうのは、ものすごい才能だと思います。

西沢:原作を読むのは大好きなので、むしろ趣味です(笑)。原作を読んで歌詞が書けるようになったのも、私がアニソンが好きだからできたのかもしれません。自分がアニメのファンなので、「自分だったらこういう歌が聴きたい」という気持ちを大切にしています。

――そしてついに、作曲も担当されました。

西沢:3rdシングルに収録されている、「約束だよ」という曲で、作詞と作曲を担当させていただきました。曲を作るのは本当に難しかったです。皆さんに楽しんで頂くにはどうしたら良いか、メロディーを何度も直して、すごく時間をかけて作りました。

――自分で作った曲を歌うのは気持ちいいですか?

西沢:そうですね!でも、それよりもレコーディングがすっごく大変でした。

――自分で作った曲なのに?

西沢:そうなんですよ!(笑) 自分が得意なキーと言うのを、あまり意識せず作ってしまって…。自分のことなのに……。でも、たくさんの方が協力をして下さって、やっと完成したのが「約束だよ」という曲です。努力の甲斐あって、いい曲に仕上がったと思っています。いろんな意味で、この曲から学び取ったことは多かったですね

――歌詞を思いつくときはどんなときですか?

西沢:「帰還」のカップリング曲「Just One」を作詞させていただいたのですが、この歌詞は、じっくり自分と向き合った時に思いつきました。想いをひたすらノートに書いてテーマを絞り込んで、そこから歌詞を形にして行きました。

――作詞はスムーズにできましたか?

西沢:作詞には何日もかけるべきではないと思っていて…。時間を開けてしまうと別のことを考えちゃいますからね。なので基本的には一気に作ります。完成したときは「やったー!」と嬉しくなりましたが、それでもイメージ通りに書けているかが心配で、何度も読み直しました(笑)。


夢は全都道府県を巡る全国ツアーの実現!

――アーティストとしての「夢」をお聞かせください。

西沢:やりたいことはたくさんありますが、いまの目標は「全国ツアー」です! 全国のファンの皆さんに会いに行きたい!

――いままでは首都圏でのライブでしたから、地方に行ってライブがしたい?

西沢:はい。今は、各地からわざわざ東京まで来て頂いていることが多くて…。ラジオ番組にも「広島から行きます」とメッセージをくださった方がいました。私のことを「見たい」と思ってくれる方が全国にいるのならば、私のほうから会いに行きたいんです。

――何箇所くらいやりたいですか?

西沢:やはり47箇所やりたいですね。

――全都道府県ですか!?

西沢:そうです。それが私の夢なんです。全都道府県をすべて周ることができたら、それこそ毎日がライブ三昧な日々をおくれます。いつか実現できるように、実はいまから発声練習を兼ねた体力づくりをしています!

――10年後の西沢さんは、どのような大人になっていると思いますか?

西沢:えー、10年後ですか? まったく想像がつきませんね(笑)。もしかしたら「そろそろ結婚したい」とか言ってるかもしれませんね。ただ、音楽は続けています! それはわかります。

――では、10年後はどんなアーティストになっていると思いますか?

西沢:これから10年間でいろいろ経験を重ねて、いろいろ感じ取って、歌や曲に深みが増していたらいいなって思います。

――ファンのみなさんもそれを期待していると思います。

西沢:ありがとうございます! その声に期待できるよう、がんばってたくさんのものを吸収しながら、活動を続けていきます。


『劇場版 艦これ』テーマソング「帰還」は等身大の自分
――11月23日に4thシングル「帰還」が発売されます。どのような曲でしょうか?

西沢:角川映画40周年記念作品『劇場版 艦これ』の主題歌です。とても壮大で、まるで海を感じさせるかのようなサウンドです。いつもよりも、等身大の自分で歌うことを意識しました。TVアニメのEDテーマである「吹雪」は、劇中に登場するキャラクターの「吹雪」になりきって歌っていました。ですが今度の「帰還」は、ありのままの自分で歌っています。

――ありのままの自分ですか。

西沢:はい。曲をいただいたとき、「戦っている艦娘たちは自分と同世代なのかな?」と思ったんです。そして大海原で戦っている彼女たちの痛みや辛さを想像していたら、自分にも苦しみや不安、恐怖があることを感じました。自分と重ねてみた時に、未来に対する不安はきっと同じだと思いまして…。そんな気持ちで艦娘たちのことを想いながら、感情を込めて歌いました。

――「吹雪」を歌っていたころと、心境の変化はありますか?

西沢:すでに公開されている写真や衣装を見てくださった方からは「大人っぽくなったね」と言われることがありますが、私の根本にある意志は「吹雪」のころからまったく変わっていません。曲が変わろうとも私は私です。なので歌っている私自身は、「吹雪」と「帰還」で大きな違いはありません。

――曲について伺います。西沢さんはこれまで何曲も歌ってきていますが、他の楽曲と「帰還」で違うところは?

西沢:たくさんありますね!まず、曲調の面で言うと「帰還」はバラードで、「吹雪」以来の吹奏楽アレンジです。2ndシングルと3rdシングルはバンドスタイルのロックサウンドでしたし、「吹雪」も比較的アップテンポな疾走感あるナンバーだったので、「帰還」のサウンド感は、過去の曲にはない壮大なものでした。

まずはそこが大きな違いです。歌唱に関しても、ありのままの自分を出しながら歌っていくうちに、声色もそれに合わせて自然に決まりました。いままでの曲はスタジオに入ってから、「この歌の声はこういう声かな?」とディレクターさんたちと決めて作ることが多かったけど、今回の「帰還」の声は、歌いながら自然に決まっていきました。

――そしてカップリングの曲「Just One」は作詞も担当されました。こちらの曲のテーマは?

西沢:私は自分が持っていないモノを欲しがることが多いんです。でも、そうじゃなくて、「自分のなかにあるモノを見つめたほうがいい」と思ったときに書いた曲です。

――自分が持っていないモノを欲しがる?

西沢:はい。最近思ったのは、いろんなライブ映像を見ているときに、「どうして私は背が高くないんだろう」とか「なんでもっと低い声が出ないんだろう」とか、考えてしまいました。でも、そんなことを考えたって時間の無駄だなあ、って思いまして…。自分は自分ですから! 人間は誰でも、自分のなかに「いいモノ」を持っていると、私は思っています。それに気づけたら、とても幸せになれるんじゃないかと。「Just One」は、そんな思いを込めた歌です。この曲もいままでにないような、爽やかな曲になっていますし、歌詞にもじっくり注目して聴いていただきたいです。


西沢さんが一番楽しみにしている単独イベント「Face to Face」はこうなる!?
――11月26日に「トーク&ミニライブ Vol.2 “Face to Face”」が開催です。どのようなイベントでしょうか?

西沢:ライブパートと、トークパートで構成するイベントです。どんな内容になるかは、当日までお楽しみですけど。

――普通はトークショーかライブか、どちらかですね。

西沢:そうですね。前回も2つのパートで構成して行いましたが、前回ともっとも違うところは、なんと!ライブパートは生バンドでお届けします!!!

――それはすごい! 豪華ですね。

西沢:セットリストは当日までのお楽しみですが、「帰還」も歌うかもしれませんよ!?是非ご期待ください。吹奏楽アレンジではなくバンドアレンジになりますので、CDとはまた違った迫力になります。実は私もすっごく楽しみにしています!みんなの前で歌ったらものすごく気持ちいいんだろなぁ~(笑)。

――イベントに参加されるファンは、どのような心構えで参加してほしいですか?

西沢:楽しむ気持ちさえ持ってきてくだされば、他にはなにもいりません! 私のライブでは、ペンライトを持たずに、勢いよく拳をあげて盛り上がっている人もいれば、ペンライトを振って楽しんでいるファンの方もいらっしゃったりと、楽しみ方はそれぞれです。なので、皆さんが思い思いに楽しんでくだされば、私はそれが一番嬉しいです。ペンライトはあってもなくてもいいし、持ってきたとしても、色なんてなんでもいいです。みなさんが好きな色を点けて、思いっきり楽しんでください。私はみんなが楽しんでくれるようなパフォーマンスをします! ただ……。

――ただ?

西沢:いっしょに歌ってほしい部分が何箇所かあるので、そこは大声で一緒に歌ってほしいです。大声をあげて、みんなでパーッと楽しい時間を共有しましょう♪

――西沢さんが一番楽しみにしているのが、よくわかります(笑)。いままでイベントをやってきて、ファンから言われて嬉しかったことはありますか?

西沢:夢のように嬉しかったのは、「私のイベントを見てなにかを始めました」というお便りをいただいたことです。私の影響を受けて「ギターを買いました」とか「僕も音楽でプロを目指します」と、ラジオ番組宛てにメールをいただきました。私が人を動かすなんて、想像していませんでした。本当に嬉しかったです。

――最後に読者の方々にメッセージをお願いします。

西沢:まずは、インタビューを読んでくださいまして、本当にありがとうございます。私の4枚目のシングル「帰還」が、11月23日に発売になります。カップリング曲の「Just One」も作詞させていただいて、私にとってすごく大切な2曲が生まれました。ひとりでも多くの方に聴いていただきたいです。

みなさんもご存じの通り、私はまだ未熟な19歳です。ですが、これから自分のなかの音楽への想いや、皆さんへの想いがより強く固まっていくんだろうなって予感がしています。ぜひ私から目を離さずに、末永く応援していただけると嬉しいです。そして、興味を持ってくださった方には、まずは間近に迫ったイベント「トーク&ミニライブ Vol.2 “Face to Face”」に足を運んでいただきたいです。1人でも多くの方に、生で歌を届けたいと思っています! 友だちのところに遊びに行く感覚で会いに来てほしいです! よろしくおねがいします。

――ありがとうございました!


[文・撮影/佐藤ポン]


リリース情報
4th single 『劇場版 艦これ』主題歌 「帰還」
11.23 in stores 1,400円+税

≪収録曲≫
01.帰還(『劇場版 艦これ』主題歌)
作詞:minatoku 作曲:WEST GROUND/Hige Driver 編曲:WEST GROUND/亀岡夏海
02.Just One
作詞:西沢幸奏 作曲・編曲:ezora
※その他、各曲のInstrumentalを収録



公開情報
■『劇場版 艦これ』
2016年11月26日(土)より全国劇場にて公開
>>公式サイト
 
ライブ情報
自身2度目となる単独イベント!
西沢 幸奏トーク&ミニライブ Vol.2“Face to Face”

チケット好評発売中!!

日時:11月26日(土)
1回目/Open 14:00 Start 15:00 2回目/Open 17:30 Start 18:30
会場:SHIBUYA CLUB QUATTRO(渋谷クラブクアトロ)
チケット:前売・全自由3,000円(税込・ドリンク代別)※入場整理番号付き
☆一般販売:10月8日(土)10:00~ スタート!
☆オリジナルグッズの先行販売は11時30分からスタート!

≪プレイガイド≫
SOGO TOKYOオンラインチケット: http://www.sogotokyo.com/
チケットぴあ 0570-02-9999: http://t.pia.jp/
ローソンチケット 0570-084-003: http://l-tike.com/
イープラス: http://eplus.jp/

主催:メイフィルド
企画・制作:フライングドッグ / メイフィルド
お問い合わせ:ソーゴー東京 03-3405-9999  http://www.sogotokyo.com/
≪注意事項≫未就学児入場不可

>>西沢幸奏 オフィシャルサイト
>>にしざわしえなオフィシャルブログ「SHIENA DIARY」
>>西沢幸奏 Twitter (@Shiena_tw)

(C)2016 「劇場版 艦これ」連合艦隊司令部
おすすめタグ
あわせて読みたい

艦隊これくしょん –艦これ-(アニメ)の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集