menu
声優
『SB69!!』「“3969”SUMMER FES2017」in MIDICITY(東京)千秋楽公演レポート

サプライズ含む全9組が熱気を繋ぐ!「SHOW BY ROCK!!“3969”SUMMER FES. 2017」in MIDICITY(東京)千秋楽公演レポート

『SHOW BY ROCK!!』が夏に開催している「“3969”SUMMER FES.」。今年は8月5日(土)に開幕し、Happy Hill City(福岡)、Bighillcity(大阪)、Shachihokocity(名古屋)、Thousand Table City(仙台)をめぐり、8月31日(水)、MIDICITY(東京)にてファイナルをむかえました。

MIDICITYの新木場スタジオコーストに集ったのは、アプリ『SHOW BY ROCK!!』に楽曲提供をしているミュージシャンと、「ミューモン」こと観客たち。

最初から最後までステージも客席も熱気ムンムンで、メロディシアン輝きまくりのアクトとなりました。ここではMIDICITY公演をレポートします。

【出演ミュージシャン】※登場順 ※カッコ内は楽曲提供先キャラクター
クラムボン(ラボムンク)
yksb feat.MiLO×31STYLE(ラペッジオート)
ウソツキ(テケバキツ荘)
仮面女子:アリス十番(アリスビーンズ)
植田真梨恵(しにものぐるい)
BIGMAMA(Spectrenotes)
カフカ(ガウガストライクス)

★サプライズ出演
稲川英里さん(プラズマジカ・シアン 役)
野口瑠璃子さん(BUD VIRGIN LOGIC・アイレーン 役)

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
序盤戦は初参加組と全通組が登場!
出演ミュージシャンは、昨年よりも多い7組! さらにサプライズゲストによる歌唱もあり、5時間強もの内容盛りだくさんのフェスとなりました。

サプライズのひとりは、稲川英里さん! オープニング映像での参加かと思いきや、突然下手のサブステージにサプライズ登場。「メロディシアンを輝かせるお手伝いをさせていただきます!」と、『Favorite Number』(プラズマジカ)を披露しました。

 
同曲は、『SHOW BY ROCK!!』ファンにとってまさに大好きなナンバー。いきなりの鉄板曲に、場内には元気なコールが轟きテンション最高潮! 見事に会場を沸かせました。

 
「ショウバイローーック!」。稲川さんと有栖川メイプル社長の声に合わせ、全員でコールするとついにツアーファイナル、スタート!

 
トップバッターを飾ったのは、同フェス初参加のクラムボン。「行きますよ!」とミトさんの声がかかると、『THE NEW SONG』で幕開けを告げました。初端からクラップを自然発生させる熟練バンドのオーラは、さすがの一言!

 
「7年ぶりくらいにやる」という珠玉の一曲『JAPANESE MANNER』まで飛び出し、レア感あるステージを作り上げました。ちなみにMCでは、3人の“ラボムンクコス”も話題に。

 
「気合いの入れ方が違うんですよ、私たちは」「(コスプレをするため)入りも結構早かったんです」と、ちょっぴり自慢げに語る姿は、ファンも納得の仕上がり。計5曲でラボムンク愛を形にしてくれました。

 
今回のツアーを全通したyksb feat.MiLO×31STYLEは、2番手で登場。『アッパーチューン』で一気に「YKMM(やきみみ)」ワールドへと引き込むと、『Splash Surfer』『Diable Disco』と立て続けに披露。

 
「みなさんの体力を積極的に奪っていく」との言葉の通り、体を踊らせるアツいステージを作りあげました。

『BABYDOLL』では、yksbさんの合図とともにタオルを振り回し熱狂! さらに、その後も「まだまだ暴れられますか!」と煽り、コールアンドレスポンスなどで興奮の渦へと巻き込みました。

 
「違う毎日を過ごしている私たちが、今日この日に音楽で集まれたのはすごく素敵なこと」と、MiLOさん。縁を繋いだ『SHOW BY ROCK!!』への感謝を、改めて言葉にしているのも印象的でした。

 
ダンスやボートなど演出も光った中盤戦
Bighillcity以来2度目のツアー参加となったのは、ウソツキ。疾走感ある『過去から届いた光の手紙』、温かなラブソング『一生分のラブレター』と、続けて聴かせ存在感を示しました。

 
情緒ある歌詞に、ギターボーカル・竹田さんの伸びやかなボーカルが乗り、楽曲一つひとつがより一層胸を打つものに。観客は、拳を振り上げこれに応えていました。

 
また、『旗揚げ運動』は会場の全員でダンス! メンバーによる入念な振り入れとかけ声が功を奏し、一体感を生み出していました。

 
これを受け、最後に「ありがとう!」と吠えた竹田さん。ステージ上も客席も、柔らかな笑顔に包まれました。

 
続いて登場したのは、メタルサウンドが持ち味の仮面女子:アリス十番。重厚なOvertureとともに姿を現し、まずは『全開☆ヒーロー』でごあいさつ。コールを煽りながら全身をフルに使ったパワフルなダンスで魅せてくれました。

 
さらに、客席にトイレットペーパーを噴出させる「トイレットペーパーガン」や、ファンが担いだボートで客席を「航海」するという演出でも惹きつけます。

 
常設劇場を持っている彼女たちのパフォーマンスは、“出張先”でも健在。瞬く間にアリス十番カラーに染め上げます。

MCでは、「メンバーに東大卒業生(桜雪さん)がいるんですよ」「毎日エゴサーチしてるんで、どんどん呟いてください。フォローしに行きます!」など、ガッツリアピール。最強の地下アイドルらしく、爪痕を残しステージをあとにしました。

 
植田真梨恵さんは、今年も「しにものぐるい・まりまり」の風貌でステージイン。

 
壇上の全員が和装という、妖怪ストリートへと誘われたかのような空気の中で、『メリーゴーランド』や『REVOLVER』などを披露しました。

 
「“3969” FES.」常連の植田さん。観客からの歓迎ムードも全開、一瞬のうちに心を掴んでいきます。

 
またMCでは、故郷・福岡の方言を伝授。どんな意味かと問われると「そんなものは後で調べたら良いじゃない!」と突っぱね、らしさ全開! 大きな笑いも起こしていました。

 
この日のラストは、『サファイア!』。おなじみの「サファイア」コールとジャンプで、文字通り会場を揺らしツアーファイナルを駆け抜けました。

 
SB69愛にあふれたグランドフィナーレ
ブレイクタイムには、サプライズアクト・野口瑠璃子さんがサブステージに登場! BUD VIRGIN LOGICの『×旋律-Schlehit Melodie-』を歌い上げました。

 
「待たせたな、下民共!」。そう言い放ちはじまった“闇音楽”と、持ち前の歌唱力で、観客は興奮&熱狂!

「ありがとう! じゃあね!」と退場してからもしばらく場内をざわつかせるほどの、粋なサプライズ登場は、アイレーン様らしい熱いステージ。観客の多くが服従を誓ったことでしょう。

 
残すはあと2組! 続いて登場したBIGMAMAは、ベートーヴェンの第九をバックに颯爽とステージへ。

1曲目『Weekend Magic』で、さっそく爆発力のあるステージを見せつけると、この勢いを加速させるように楽曲を畳み掛けました。

 
ギターとコーラスが重厚に轟いた『ファビュラ・フィビュラ』、「全員で跳びましょうか」「跳ねろ新木場!!」のかけ声で観客が激しく波打った『Swan Song』と、曲が披露されるたび熱気は増す一方です。

 
そのうえ、最後の『MUTOPIA』は「残ってる力全部つぎ込みます!」と宣言。「みなさんも全身で、全力で、僕らの音楽たのしんでください!」と続けると、これに大声援が乗っかりクラップも軽快に。

 
「音楽の楽園」という意味を持つ同曲を、具現化したような空間が生まれていました。

 
今ツアーの大トリを飾ったのは、カフカ! 「疲れてんじゃねーぞ新木場!」「かかってこいよ!」と叫びOiコールを引き起こすと、キラーチューン『Ice Candy』『ニンゲンフシン』の2曲でスタート。

 
さらに、この日の翌日に配信され、ゲームにも導入された最新曲『マネキン』まで演奏され観客のテンションを上げていきました。

 
このとき、すでに開演から4時間半経過。しかし壇上の4人はもっと“欲しい”様子です。

そんなスパルタに、それ以上の熱気で応えるのが「“3969”FES.」の観客たち。クラップ、ジャンプ、コールと次々ステージに届けていきました。

 
「みんな本当にありがとう。最後全員で、笑って踊って帰ろうぜ!」。そう告げられはじまったラスト曲『LOVESICK』では、特大のシンガロングも。グランドフィナーレにふさわしい躍動を見せました。

 
そして、最後にこの日出演した全組がステージに並び、あいさつ。「もっとやりたい!」「正直物足りない!」と、次を期待してしまうようなコメントも上がりつつ、今年の「“3969”FES.」は幕を閉じました。

 
ちなみに、最後にはステージのスクリーンにスタッフ陣の感謝の言葉も。観客は退場する足を止めじっくり見入ったあと、大きな拍手をおくっていました。

ステージに上がった出演者たちだけでなく、ステージ裏や客席からも「ありがとう」がにじんだ「“3969”FES.」。次の開催も楽しみですね。

[取材・文/松本まゆげ]

セットリスト
●オープニングアクト
稲川英里『Favorite Number』(プラズマジカ)

●本編
クラムボン(ラボムンク)
M01. THE NEW SONG
M02. アジテーター
M03. JAPANESE MANNER
M04. yet
M05. NOW!!!

yksb feat.MiLO×31STYLE(ラペッジオート)
M01. アッパーチューン
M02. Splash Surfer
M03. Diable Disco
M04. BABYDOLL
M05. イマジネイション
M06. Thousand Stars

ウソツキ(テケバキツ荘)
M01. 過去から届いた光の手紙
M02. 一生分のラブレター
M03. 旗揚げ運動
M04. コンプレクスにキスをして
M05. 夢屋敷
M06. 新木場発、銀河鉄道

仮面女子:アリス十番(アリスビーンズ)
M01. 全開☆ヒーロー
M02. 仮面大陸〜ペルソニア〜
M03. 元気種☆
M04. 夏だね☆

植田真梨恵(しにものぐるい)
M01. 心と体
M02. ふれたら消えてしまう
M03. REVOLVER
M04. メリーゴーランド
M05. 彼に守ってほしい10のこと
M06. サファイア!

●サプライズアクト
野口瑠璃子『×旋律-Schlehit Melodie-』(BUD VIRGIN LOGIC)

BIGMAMA(Spectrenotes)
M01. Weekend Magic
M02. Merry-Go-Round
M03. ファビュラ・フィビュラ
M04. Swan Song
M05. 秘密
M06. MUTOPIA

カフカ(ガウガストライクス)
M01. Ice Candy
M02. ニンゲンフシン
M03. マネキン
M04. 雨
M05. Night Circus
M06. LOVESICK

>>公式サイト
>>公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング