映画
桑島法子さん、中村繪里子さんら登壇の『宇宙戦艦ヤマト2202』第三章公開初日舞台挨拶レポート

『2202』は「大人のヤマト」! 桑島法子さん、羽原信義監督ら登壇の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第三章「純愛篇」公開初日舞台挨拶をレポート

2017年10月14日に新宿ピカデリーにて、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第三章「純愛篇」の公開初日舞台挨拶が開催! 幅広い年齢層に愛されている名作シリーズのげきじゅ作品ということもあり、当日は老若男女たくさんの方々が劇場に押しかけていました。

さらに、イベントではゲストとして羽原信義監督、桑島法子さん(森雪役)、宮川彬良さん(音楽)、福井晴敏さん(シリーズ構成)、中村繪里子さん(桐生美影役)が登壇。本作のテーマにもなっている「純愛」についてそれぞれの思いなどが語られました。

本稿では、そんなイベントの模様をお届けします。

ゲスト陣が「純愛」について語り合う
中村さんの司会進行のもとに行われた今回の舞台挨拶。中村さんの呼び掛けで残りのゲスト陣も登壇すると、会場からは大きな拍手が上がります。

登壇すると、まずはゲスト陣がひとりずつあいさつ。中村さんは、ゲスト陣に本作の上映を迎えての感想を求めます。そんな質問に対し、まずは宮川さんから「ショックなくらいおもしろかった!」と、本作をひとことで好評。

桑島さんは、第二章のときは途中で雪が出なくなったことについて「(第二章は)観客の気分で楽しめたんですよ。自分が出てないから(笑)」とぶっちゃけ、そのうえで今回ガッツリと出演していたという第三章については「お客さんの気持ちで観れなかった」と感想を話してくれました。

さらに、「何度見ても味わえきれない、すごく大きな作品ですね」と本作を評すると、中村さんからは「法子さんの『何度』が何十回でも、何百回でもなるように」との言葉が。しかし、本作は3週間限定での上映ということもあり、羽原監督からの「何百回もやってないよ(笑)」とのツッコミで、観客席からは笑い声が上がります。

そんな羽原監督は、今回福井さんとお揃いの服をきて出演。そのことを中村さんに突かれると、実は以前本作とタイアップしたアンダーアーマーのシャツで出演する予定だったということを明かします。しかし、どうやら用意されていたシャツに問題があったようで、「パッツンパッツンで……」と話し観客は爆笑。福井さんからは「予備で持って来たものをお互いに分け合って」と、おふたりの仲の良さがわかるエピソードも語ってくれました。

続いては、本作のテーマにもなっている「純愛」の面から、中村さんがゲスト陣に様々な質問が。本作では古代進と雪の愛が特にクローズアップされていたようで、まずは桑島さんにふたりの愛をどう思ったか投げ掛けます。

すると、桑島さんは以前福井さんと臨んだ本作の取材のエピソードについて語り、福山さんの話から台本だけではわからない古代と雪の愛も知ることができたと言及。「その辺にいるカップルじゃないんだなあ」とついつい本音も漏らし、観客の笑いを誘います。

次に、音楽を担当する宮川さんは、自身の持つ純愛の哲学を曲に入れてみたことを告白。なかでも、今回劇中で流されているという「ズォーダーの曲」に対しては特に深い思い入れがあるようで、羽原監督からの「悪魔」というオーダーに対し、意外にもはかなげな曲を作ったことを明かします。

そして、会場からは「ズォーダーの曲」が流れはじめ、羽原監督からは「最初聴いたときには『こう来たか!』と」と、はじめて本楽曲を聴いたときの感想が。すると、ここで宮川さんからも「俺ってすごいな」と本音が漏れ、再び観客を笑わせました。

宮川さん大話が終わると、イベントも終盤に。最後はゲスト陣からそれぞれメッセージをいただき、舞台挨拶は終了となりました。

桑島法子さん(森雪役):三章でやっと雪は戻ってまいりました。なので、この先も安心して旅を見ていただければと思います。そして、三章には「あの方」も登場したので、四章もぜひ! ……でも四章もまた展開が本当に読めません。私たちも驚きながらアフレコをさせていただいているので、三章をこれからたくさん見ていただきたいです。あと第二章の上映期間中、暇だったので個人的にヤマトジェット(※)に行ってまいりました(笑)。まだ飛んでいるようで、まだチャンスはございます! 森雪がアナウンスで安全にお送りいたしますので、ぜひ機会があれば乗ってみてください。

※『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の上映に合わせて運航を開始した、スカイマークの特別デザインジェット機。本作のキャラクターなどがデザインされており、全国で運航中。

宮川彬良さん(音楽):自分は今回の『2202』のことを「大人のヤマト」と名付けたい。『2199』は「最初のヤマト」だったよね。で、今回を見た感想をひとことで言い表すとしたら、「大人のヤマト」と僕は言いたいです。皆さんと心から楽しめる(作品)と心から思いました。これからもよろしくお願いします。

福井晴敏さん(シリーズ構成):今回の三章では、今まで男女様々な方からインタビューをうけたんですけれども、男女でまるで見方が違っているんです。古代の「選ばない」と言った気持ちがわかるかどうかっていうのも、本当に男女で分かれています。なので、ご夫婦とか深く付き合っていこうかなと思っている彼女とか、そういう方いらっしゃったらぜひ一緒に観て、一緒に話し合ってください。でも、あんまり深く話し合い過ぎるとそこから亀裂が走ってしまう、割とセンシティブなものでもあります。「大人のヤマト」とありがたい言葉をいただきましたけれども、観た人それぞれの人生が変わるような話にこれからもなっていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

羽原信義監督:「大人のヤマト」ということですけれども、大人が子供に見せる『ヤマト』でもあったりしますので、ぜひお子様がいらっしゃる方は一緒にご覧いただけるとありがたいです。それと、試写会のときに「エンディングのときはスタッフロールではなく小窓を見てください」といったのですが、(スタッフロールを見るとネタバレになってしまうので)みなさんも「小窓がいいよ!」と言っていただけるとありがたいです(笑)。第四章も作っておりますので、ぜひ今後も楽しみにしていただけるとありがたいです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集