menu
声優
早見沙織さん、梶裕貴さん、櫻井孝宏さんが登壇! 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』初日舞台挨拶レポート!

早見沙織さん、梶裕貴さん、櫻井孝宏さん登壇! 数々の名場面に迫った『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』初日舞台挨拶をレポート!

2017年11月11日(土)、新宿ピカデリーにて『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』の初日舞台挨拶が開催されました。

舞台挨拶には、花村紅緒役の早見沙織さん、藤枝蘭丸役の梶裕貴さん、青江冬星の櫻井孝宏さんの3人が出演。劇中で印象的だった部分や、アフレコ現場での様子などを語ってくれました。

映画全体についてはもちろん、中には紅緒の“酒乱シーン”についても深く掘り下げるトークも。本稿では、そのレポートをお届けします。

アニメイトタイムズからのおすすめ
梶さんが乙女に!? 声優陣から見た印象的なシーンとは
上映が終わると、早見沙織さん、梶裕貴さん、櫻井孝宏さんの3人が入場。先ほど映画本編を見たばかりの客席からは、盛大な拍手が起こりました。

初日から劇場へ足を運んでくれたファンの方々への感謝の気持ちを込めた挨拶を行うと、早速本編についてのトークに。まずは、3人がそれぞれ演じたキャラクターについてや、劇中で印象的だったシーンを挙げていきます。

主人公でもあり、感情豊かな女の子である紅緒。そんな彼女を演じた早見さんは「少尉とオペラを鑑賞しに行くシーンがあるんです」と、少尉とのワンシーンを挙げました。

その理由に関して「このシーンは紅緒のモノローグがあるんですが、その中で喜怒哀楽の変化が早くて……3秒に1回くらい気持ちが切り替わるんですよ! そのテンポが良くて、演じていてハマったときの爽快感が印象的でした」と語ります。原作の面白さを引き立てている、テンポの良いシーンとじーんと来るシーンのギャップを、演じている際にも強く感じたとのことでした。

梶さんは、乙女要素が強い男の子の蘭丸について「普段から女の子らいし仕草の多い蘭丸ですが、その中でも紅緒さんに対する男らしい一途な愛情を持った部分もあるんです」と、中性的なキャラクターを演じた感想を語ります。

印象的なシーンを尋ねられると、「紅緒さんが愛しいあまり、“蘭子”になるシーンがあって……」とコミカルな場面をピックアップ。梶さんは演じる際に、蘭丸らしい面白さを残しつつ、いい子だなと思ってもらえるような演技を心がけたそうです。

さらに梶さんは、蘭丸の可愛らしさを象徴するとも言える「もういやっ!!」と女性のようなセリフも披露し、会場のファンを沸かせる場面もありました。これを隣で聞いていた櫻井さんも「キュンとしました」と満足した様子を見せます。

そして最後に、櫻井さんが演じた冬星について尋ねられると「色々あった後に登場するキャラクターなので、冬星の登場によって物語が広がる部分がありますね。何かあるのかなと期待させてくれるキャラクターです。」と、作中で特殊な立ち位置であることについて触れました。

心情の変化が大きく訪れる冬星を見るポイントとして、櫻井さんは「紅緒との出会いでどういった心情の変化を見せるのかに注目して欲しいです」と述べました。

もう1人の重要人物、伊集院忍(少尉)役の宮野真守さんはビデオメッセージにてコメントを行いました。宮野さんの注目の少尉のシーンは、紅緒と初めて会った際に「はいからさん」と声を掛ける出合いのシーンとのことでした。

コメントを聞いた早見さんは「収録のときも宮野さんの演じる少尉からは王子様がにじみ出てて……」と、少尉の魅力が溢れていた現場の雰囲気を振り返ります。これには櫻井さんも「王子様感が垂れ流しだったね」と納得の様子でした。

紅緒の酒乱シーンは実体験が元だった!?
前編の見どころでもある紅緒が酔っぱらってしまうシーンは、笑ってしまうコミカルさを持ちつつも、紅緒のかわいい部分が見られる場面となっています。このシーンを始めて原作で読んだ早見さんは「一体誰がこの役を演じるんだろう!? と思いました(笑)」となるほど興味が沸いたシーンだったそうです。

どう演技するか悩みつつも、早見さんは酔っぱらってしまった紅緒を見事に熱演。そのシーンについては梶さんも「本当に絶妙でした」と太鼓判を押します。先ほど実際にそのシーンを見た客席からも、早見さんの名演技に対して拍手が起こりました。

そんな見どころについて話していると、3人が実際に酔った際にどんな様子になるのかという質問に。

櫻井さんは「僕はすぐ眠くなっちゃうんですよね……それでお店の人に“じゃあ帰るんで、もう一杯”と謎のセリフを言っているみたいです」という意外な一面を明かします。昔は強がってたくさん飲もうと思っていた時期もあったそうですが、最近は自分のペースで楽しむようになり成長したとのことでした。

梶さんは「僕は酔っても一緒に居る先輩方に気配りできているか気になっちゃって……酔ってはいるんですけどね」と、逆に緊張した状態になってしまうそうです。櫻井さんが「かわいさが増すよね」と付け加えると、早見さんが「蘭丸テイストなんですね!」と、演じたキャラクターに結び付ける展開にも。

早見さんは「私は母と酔い方がそっくりで……一度だけすごい酔ったときがあって、そのときは飲んだ後に家に着いて“もうしません”って謝ってるんです」というエピソードを赤裸々に語ります。そんな苦い思い出を振り返りながら「酒乱シーンを含め、紅緒さんのお芝居にはこれまでの経験全てが詰まっています」と続けました。

世代を超える恋愛物語『はいからさんが通る』
見どころについてのトークを終えると、続いて原作者の大和先生からお手紙が読み上げられました。たくさんの想いが詰め込まれた手紙には、大和先生もこの映画をとても気に入っているということ、声優さんの力を体感したこと、今回登壇した3人と宮野さんへのメッセージ、そして、作品に関わった方への感謝の気持ちが綴られていました。

早見さんは「こうして手紙で先生のお心をすることができて、とても嬉しいです」とメッセージに応えます。大和先生は以前にも早見さんに手紙を送っており、原作者としても『はいからさんが通る』が新たに生まれ変わったことをとても喜んでいるようです。

最後に、声優陣を代表して早見さんが挨拶を行いました。

早見さん「今日はお集まりいただきましてありがとうございます。『はいからさんが通る』という作品は、老若男女全ての人に何かを届ける、次の世代に何かを手渡せる作品だと思います。来年の後編も楽しみにしていただけると嬉しいです。後編では紅緒もさらに暴れていきたいと思います!」

約40年の時を経て復活した『はいからさんが通る』は、原作のじわじわと響く恋愛模様やコミカルな面白さを保ちながら、新たなスタッフと声優陣によって新しい魅力が生まれた作品となっています。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は11月11日より公開中となっています。続く後編も含め、生まれ変わった本作の姿をぜひ劇場でご覧ください! 3人が語った印象的なシーンにも要注目です!

 

作品情報
『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』
前編 2017年11月11日(土)公開

<あらすじ>
いつだって 大キライは恋のはじまり。時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい女学校生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸な青年将校、伊集院忍少尉。実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心惹かれていく。

<スタッフ>
前編監督・脚本:古橋一浩
原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)
主題歌:「夢の果てまで」(歌:早見沙織 作詞・作曲:竹内まりや 編曲:増田武史)
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

<声の出演>
早見沙織
宮野真守
櫻井孝宏
中井和哉
梶 裕貴
瀬戸麻沙美

>>『劇場版 はいからさんが通る』公式サイト
>>『劇場版 はいからさんが通る』公式ツイッター(@haikara_anime)

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

はいからさんが通るの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード