アニメ
『スピパク』第2期のトークショー&先行上映会をレポート!

井口祐一さん、武内駿輔さん、杉山紀彰さん、空見ゆきさん登壇!『SPIRITPACT -黄泉の契り-』先行上映会レポ&キャストコメントをお届け

2018年2月11日(日)、池袋HUMAXシネマズにて2月24日より放送開始となるTVアニメ『SPIRITPACT-黄泉の契り-』トークショー&先行上映会が開催されました。

『SPIRITPACT -黄泉の契り-』は2017年1月~3月まで放送された、男同士の生死を超えた友情を描く中国発の大人気アニメ『SPIRITPACT(スピリットパクト)』(通称・スピパク)の続編にあたる物語。

放送に先駆けて行われたトークショー&第1話先行上映会には、楊敬華(ヨウケイカ)役の井口祐一さん、端木煕(タンモクキ)役の武内駿輔さん、寅哲(インテツ)役の杉山紀彰さん、花羽(カウ)役の空見ゆきさんが登壇。

大盛り上がりのイベントレポートとキャストコメントをあわせてお届けします!

中国と日本、共同制作アニメだからこそ感じられる“spirit(魂)”

初MCを務める空見ゆきさん(花羽役)の進行でトークショーがスタート! 壇上に、井口祐一さん(楊敬華役)、武内俊輔さん(端木煕役)、杉山紀彰さん(寅哲役)が拍手で迎えられながら登場しました。

会場のお客さんの中には、第1期を見たことがない方もいらっしゃるということで、まずは『SPIRITPACT』の内容や魅力についてトークをすることに。

アジア最大のインターネット企業「騰訊(テンセント)」の騰訊漫画で連載中の作品が原作なので、当初は中国と日本の共同制作が一体どうなるのかキャスト陣で話をしていたそうです。第1期の放送から1年が経過し、第2期が放送できるのもみなさまの応援あってこそだと武内さんは語ります。

続いて、第1期の名場面を振り返ることに。第1話「霊との契約は突然に?」がピックアップされると、いきなり主人公が交通事故で死亡するという衝撃的な話から始まり、端木煕の影霊(えいれい)になるというストーリーの展開にキャスト陣からのツッコミが止まりません。中国語から日本語に翻訳されたセリフが、あまりにパワーワードすぎて驚いたという裏話も披露されました。


第6話「優しい吐息」にて、端木煕が楊敬華に“命の息を吹き込む(キスシーン)”場面がピックアップされると、会場がざわめきます。「断じてキスではないです!」という空見さんに、「ふたりの力が強まる大切な“作業”ですからね」と応える武内さん。

そんなやり取りにお客さんの笑い声も大きくなります。「キスかそうじゃないか」と微笑ましい論争を繰り広げていましたが、実際にそのシーンを演じられた井口さんと武内さんは、キス自体に特別な意識はなく、そういう流れで力を得るんだな、と納得した気持ちが大きかったそうです。

また、「演じる際に気をつかっていることは?」という質問に対し、「文化の違いや喋り方が違う部分、中国の原音の再現に気をつかっている」と答えた武内さん。収録時は、中国の声優さんの声をヘッドホンから聞いて収録するため、中国のアニメから吹き替えをするという珍しいやり方なのだとか。

杉山さんは「感覚や捉え方が違うんだな、という新しい発見がある。どこまで中国の方のテイストを残しつつ、日本の方にどうすれば伝わりやすくなるのか出演者全員で考えて収録しています。」と話し、作品に対するキャスト陣の熱量が感じられました。

一方、中国の声優さんが演じる楊敬華は、ものすごくテンションが高いそうで、「Vチェックの段階では原音の雰囲気を聞いて参考にさせて頂き、収録時はヘッドフォンを外しています。あくまで井口演じる楊敬華にしたいので」と語った井口さん。そんな中国と日本の文化や翻訳のニュアンスの違いも楽しみながら、和やかに収録されているそうです。

そして最後にピックアップされたシーンは、第8話「波乱ときどき窮地」。この話では、杉山さん演じる寅哲が大活躍します。「端木煕と楊敬華の話がメインかなと思っていたら、花羽の変身シーンが入っていたのでどう捉えればいいのかちょっと戸惑いました」と、笑いながら収録時の様子を振り返る杉山さん。空見さんも台本に書いてあった変身のセリフを見てびっくりしたそうです。

「印象に残っているシーン」を聞かれると、「シーンではなくキャラクターになりますが、みんな大好きな司徒律(シトリツ)くん!」と井口さんが答え、会場から笑いが起こります。

上半身裸での登場にこだわりを持っているという司徒律(CV:豊永利行)は現場で大人気だそうで、演じられる豊永さんのアドリブにも笑わされたのだとか。

『SPIRITPACT』はどのシーンも印象的ですが、井口さんは特に第6話の車を運転する端木煕を後部座席から落月剣でシートごと貫くシーンが結構ショッキングだったと語ります。武内さんは、落月剣の鞘が「天下一の術」と記載されている額だったというオチが印象に残ったそうです。

また、先祖の話が第1期のときからずっと気になっていたようで、端木煕の過去が描かれる第2期に期待を膨らませていました。杉山さん演じる寅哲も、端木煕との関係や過去が第2期でどこまで明らかになるのか、こちらも気になるところです。

この後に第1話が先行上映されるということで、次は、キャスト陣から第2期の見どころを紹介することに。“ネタバレにならない範囲で”と空見さんからお願いされますが、「何も言えない……」とつぶやいた井口さんに会場は大爆笑。

必死に考える中、武内さんは“楊敬華と端木煕の関係性”、杉山さんは“端木煕がしゃべっている背景・エフェクト”に注目してほしいと答えます。そして、悩んでいた井口さんは“新キャラクター”と答えたところで、気になる第2期の新キャラクターのCVとビジュアルが公開されました。

すでに発表されていた神龍章軒(CV:佐藤拓也)のほかに、神龍昔仁の声を千葉進歩さんが担当されることが明らかに。続いて、李豪凌監督からの愛あふれるメッセージが伝えられ、いよいよ第1話の先行上映が始まりました。

先行上映が終わると拍手が湧き起こり、みなさん満足されたご様子。再びキャスト陣が登壇し、内容が盛りだくさんの第1話について触れていきます。あまりネタバレはできませんが、第2期で新しく登場する「パクトコネクト」というものが今後の大きなポイントとなるそうです! また、第1話では思わずニヤニヤしちゃう楊敬華の“変身シーン”もあるのでこちらもぜひご注目ください!

あっという間にイベントも終わりの時間へ近づき、キャスト陣から最後の挨拶へ。放送が始まる2日前の2月22日は井口さんの誕生日だということで、「第2期の『SPIRITPACT -黄泉の契り-』が誕生日プレゼントのようでとても嬉しく思っています」と素敵な言葉を送る井口さん。

「毎回魂を削られていますが(笑) そのくらい気合いを入れて演じさせていただきますので、第2期もよろしくお願い致します!」と挨拶をし、大盛り上がりのイベントが拍手に包まれながら幕を閉じました。

TVアニメ『SPIRITPACT -黄泉の契り-』は、2018年2月24日よりTOKYO MXにて放送中! 一体、どのような展開を見せるのかぜひご注目ください♪

イベントに登壇したキャスト4名からのキャストコメントを公開!

――約1年ぶりにキャラクターを演じられていかがですか?

楊敬華役・井口祐一さん(以下、井口):正直、1年も経ったという感じがしません。収録時に中国の声優さんの声を聴きますが、中国の方はテンションが高いので「日本の楊敬華は暗いな」と思われるのではと心配です(笑) でも、僕なりの楊敬華を出していこうかなと思っています。また、第2期では端木煕がデレてきているので、ふたりの距離感が変わっているんだなと感じました。

端木煕役・武内駿輔さん(以下、武内):いつもの端木煕で演じさせていただこうと思っていますが、第2期では結構人柄が変わっているな、と感じました。楊敬華との距離がかなり近づいていて、端木煕もだいぶ優しくなっているような印象を受けているので、そこが第2期ならではの新しい要素だなと思います。

寅哲役・杉山紀彰さん(以下、杉山):まだ収録自体はあまり進んでいませんが、ほかのキャストの方々と楽しく、寅哲を演じさせていただいています。収録現場も和やかで楽しい雰囲気です。

花羽役・空見ゆきさん(以下、空見):単純に嬉しかったです。「帰ってこれたー!」と思いました(笑) 第1期は子供バージョンが多かったですが、第2期は大人バージョンのほうが出ているので、また新しい楽しみ方ができると思います。

――第2期の見どころ、注目ポイントを教えてください。

井口:第2期から登場する新キャラクターです。彼らがストーリーにどう関わってくるのか僕自身知らないまま収録が進んでいます。きっと大きな見どころのひとつになるであろうと思います。また、楊敬華と端木煕の友情が深まったところにも注目していただきたいです。

武内:第2期のポイントは、“最大の敵が誰なのか”というところだと思います。結構、予測しづらいのではないかと。謎が多く、話を見ながら推測しがいのある内容になっているので、その点を楽しんでいただけたらなと思います。発表されている以外の新キャラクターもかなりたくさんの出てくるので、そちらも注目です!

杉山:寅哲と楊敬華の関係性という点で、また少し見え方が変わってくるところがあります。その部分を、ぜひみなさまに楽しんでいただけたら嬉しいです。

空見:やっぱり新キャラクターです! 魅力的なキャラクターがたくさん登場しているので、“推し”の選択肢が増える~という(笑) また、過去にスポットを当てつつも現在の楊敬華と端木煕の関係性がどう変わるのかにも注目です。

――放送を楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

井口:楊敬華と端木煕の距離が縮まりつつも、新たな邪魔者が登場するので、それぞれの気持ちがどのように交錯していくかをご覧いただけたらと思います。細かいところでいうと第2期では“楊敬華のネーミングセンス”に思わず笑ってしまったところもありましたのでそんなところも併せてお楽しみ頂けたらと思います。

武内:放送が1年ぶりということで、楽しみにしていた方もいらっしゃると思います。中国、日本問わず、『SPIRITPACT』ファンのみなさまに喜んでいただけるような内容にできるよう、僕たちキャスト陣も心がけているので、少しでもご覧いただけたら幸いです。よろしくお願い致します。

杉山:楊敬華と端木煕のほかにもイケメンキャラクターがたくさん登場しますし、影霊と使役する者の話ではありますが、それ以外にも新キャラクターが登場して違った動きや新しい展開を見せていきます。『SPIRITPACT』の魅力の1つであるシリアスなシーンとコミカルなシーンが毎話散りばめられていますので、クスッとしたりホロッとしたりしながら、色々な部分を今期も楽しんでいただけると思います。ぜひご期待ください。

空見:日本と違うアニメだとすごく感じるので、いろいろな方面から楽しんでいただけると思います。日本のアニメにないところや、文化の違い、キャラクター性、絵柄など全体的に新鮮で面白い作品です。きっとみなさんの中にも興味ポイントがあると思いますので、それぞれの楽しみ方で第2期もより一層楽しんでいただけたらと思います。

――ありがとうございました!

 

TVアニメ『SPIRITPACT -黄泉の契り-』作品概要

2018年2月24日(土) 21:00~よりTOKYO MXにてオンエア中!

<あらすじ>
 陽冥司である端木煕(たんもく・き)は、自らの命を削りながら天脈地流のバランスを保つ祭司を務め、世間の万霊を沈めることを責務としている。しかし、陽冥司の命と霊力を狙い続けている悪霊だけに止まらず、その地位や権力を巧む人間たちかも常に狙われるという宿命を背負っていた。彼らの攻撃は一刻も止むことがなく、端木煕は常に戦い続けなければならない境遇である。
そんな状況の中で、唯一、端木煕が自分自身として向き合うことが出来た存在――それが楊敬華(よう・けいか)。端木煕の「影霊」であった。
二人の関係は単なる「陽冥司」と「影霊」というだけなのか? どのような因縁によって二人は出会ったのか?
第1期アニメでは語りきれなかった端木煕の過去。そして新たなストーリーが幕を上げる。彼の記憶に眠っていた“章軒”という人物は一体何者なのか……。

<CAST>
楊敬華 (よう・けいか)井口祐一
端木煕 (たんもく・き)武内駿輔
神龍章軒 (しんりゅう・しょうけん)佐藤拓也
秦詩瑤 (しん・しよう)大久保瑠美
寅哲 (いん・てつ)杉山紀彰
花羽 (かう)空見ゆき
端木寺芸 (たんもく・じうん)生天目仁美
端木寺明 (たんもく・じめい)三宅貴大
神龍昔仁 (しんりゅう・せきじん)千葉進歩

公式サイト
公式Facebook
公式Twitter
ハッシュタグ:#スピパク

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集