アニメ
『ダリフラ』TVアニメ第12話 PlayBack

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』TVアニメ第12話 Play Back:ヒロとゼロツー、ふたりは過去に出会っていて――

2018年1月より放送中のTRIGGER×A-1 Pictures 共同制作によるオリジナル TV アニメーション『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。本稿では、オトナたちが隠す秘密、そしてヒロとゼロツーの過去を垣間見た第12話「ガーデン/始まりの庭」本編の内容を筆者が感じた印象と共に振り返っていきます。

 
始まりの庭で呼び起こされるヒロの記憶
11話で、コドモがどうやって生まれてきたのかという謎を提示し、12話で「どこから生まれてきたかなんて、僕には関係ない」というヒロのモノローグから始まるこの構成、本当に毎回素晴らしい! で、オープニングのアニメーションでは、ペアがココロとミツルに替わっていて、11話のパートナーシャッフルは嘘ではなかったんだと思い知る(笑)。

でも意外とフトシが最初からケロッとしていて、それほど引きずっている感じではなかったのが、せめてもの救い。途中で少し微妙な表情をしているときがあったので、努めてそうしているだけかもしれないが。

検査のためにパラサイト育成施設“ガーデン”に到着した13部隊。そこのラボ(第3ナースリィ・ラボラトリー)という研究所に足を踏み入れた8人。ここは特別研究対象だったヒロと、あとは体の弱かったミツルだけが入ったことがあるという会話がされていたが、その際、ヒロにミツルの記憶がないというのが気になった。

11話でミツルとの約束を忘れている描写があったが、そのときのヒロの目も印象的だったので、何かあったのかもしれない……。ただ7話以降、こういう意味深な描写がたくさんあるので、それを心に留めておいて、今後の展開に備えるというのが正解なのだろう。

検査をするということでラボに来たものの、本当に検査が必要なのはゼロツーのみ。でもここでAPE直属の特殊親衛部隊 9’sが揃って登場する。彼らからゼロツーはナインイオタと呼ばれていた。9’sは8人いて、オープニングでも映っていたが3人が同じ顔をしているのが気になる……。

で、9’α(ナインアルファ/CV:斉藤壮馬)にゼロツーがニンゲンと仲間ごっこをしていると陰口を言われて、ちょっとキレるイチゴを見ると、チームとしての距離は縮まってきているのかも?と感じた。

ここ最近、精神的にも身体的にも様子がおかしかったゼロツーは、ナナによって強引に検査をさせられる。一方コドモたちは、立ち入りを禁止されていた彼らが育った場所ガーデンに足を踏み入れてしまう。

だがそこは半年前に彼らがいた場所とは変わっていて、ガーデンにいるコドモたちはパラサイト育成用の黄血球を早くから投与されていた。要するに叫竜と戦うパラサイトが急造されている感じだったのだが、ニンゲンとは何なのか? コドモたちとは何なのか? というのを思い知る場面だった。

その後ヒロは、ひとりヤドリギに向かう。ここで幼少期にヒロとゼロツーが一度出会っているようなインサートがある。

そしてココロがみんなに「自分たちがどこから来たのかな?」という疑問を投げかける。「パパたちが作ってくれた」と即答するミク。洗脳に近い教育をされていたコドモたちの中で、ココロの素朴な疑問は大きな突破口になるのもしれない。


戸松遥の迫真の演技と迫力のある作画で圧倒
再び第13プランテーション。ナナとハチによれば、過去現れたことがない地域に叫竜が何体も出現。それを狂ったように倒しまくるゼロツー。そこでゼロツーが「バケモノめ。僕はお前たちを殺してニンゲンになるんだ」と言う。物語当初から自分がニンゲンではないことに劣等感のようなものを感じていたので、ゼロツーの目的はある程度想像はできた。だが、叫竜を倒したことでニンゲンになれるとは思えないので、騙されているだけのような気もするのだが……。

そして場面は雪の中でのヒロとゼロツーの会話シーンになる。ここでの「うるさい! だまれ!」~「キミは僕の餌なんだからさ」の戸松遥の演技は鬼気迫るものがあった。

自分を抑えきれなくなってしまったゼロツーにイチゴも声をかけるが、あまりの怖さに一歩も動けず立ちすくんでしまう。ちなみにここでゼロツーは自分を写す鏡を割りまくっていたり、その前にナオミの手鏡も割ってしまったりしていた。

バケモノに戻りかけている自分を再認識させるという意味で、ヒロがプレゼントした鏡が結果的にゼロツーの精神の崩壊を加速させるだけのものになってしまったかもしれないというのは皮肉である。その後の出撃で再びストレリチアは暴走し、ゼロツーの幻がヒロの首を絞める―――。

その中でゼロツーの記憶が流れ込んできて、ヒロが昔ゼロツーに出会っていたことを思い出す。

特にBパートは、演出や絵の迫力、そして戸松さんの迫真の演技に終始圧倒されてしまった。今にして思えば、あの水着回って平和だったなと懐かしくなるくらいのゼロツーの狂気。それをここまで丁寧に映像化してくれたことに感動する12話だった。とにかく早く続きが見たい! ここまで、ゼロツーとヒロの関係というのは、かなり積み上げてきていて、ヒントもたくさん散りばめてあったので、それらがすべて次回13話で回収してくれるのか? 期待したい。



[文/塚越淳一]

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダーリン・イン・ザ・フランキスの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集