アニメ
『バキ』島﨑信長登壇、AJステージの公式レポート到着!

『バキ』刃牙役・島﨑信長さん、原作者・板垣恵介氏ら登壇のAJステージ大盛況! 放送コードぶっちぎり宣言も飛び交う!?

3月25日(日)に、東京ビッグサイトにて開催された「AnimeJapan 2018」のトムス・エンタテインメントブースにて、2018年夏放送開始となるTVアニメ『バキ』のスペシャルステージが開催されました。

当日は、原作者・板垣恵介氏、刃牙役の島﨑信長さん、秋田書店の担当の横井佑来プロデューサーが登壇し、会場から大きな拍手と歓声が贈られました。今回、当日の模様を記した公式レポートが到着したので、ここに公開していきましょう。

TVアニメ『バキ』SPステージより公式レポート公開!
まずは先日発表となったばかりのTVアニメ『バキ』ティザーPVが公開されました。


力強く描かれる刃牙の姿、最凶死刑囚たちが登場する迫力のシーンや、緊迫感ある効果音が使われている映像を観て、島﨑さんは「テレビで放送が出来るのか心配なほど過激なシーンが多いです。この映像を観て、“原作の内容をしっかりと描く”という意思表示を感じました。」とコメント。

そして板垣氏は「洋画の予告編のような迫力があります。」とコメント。

横井プロデューサーは、「できる限り原作に忠実にして頂きました。映像の完成にとても満足しています。」と3人ともアニメ化に大きな期待を抱いている様子で感想を語りました。

また、刃牙役に決定した島﨑さんがオーディション時を振り返り、監督が「刃牙をイメージして、皆、力んだ雰囲気で演技をしている。」と話していたため、刃牙の力強い部分だけでなく、彼の心情を丁寧に表現してほしいのだと感じ、その場で演技プランをガラリと変えて臨んだという裏話を語りました。

結果、オーディションに合格となり、「自分でも手ごたえを感じ、とても嬉しく思いました。」と喜びを伝えました。

今回のアニメ化に関して、横井プロデューサーに伺うと、「プロジェクトが立ち上がったのが5年前。ようやく皆さんにお見せできるので、感慨深く感じています。」と、長い期間をかけて練り上げてきた企画が、いよいよ動き出すことに喜びの表情を見せました。

また、刃牙の鍛え上げられた肉体が描かれた迫力のティザービジュアルが公開されると、板垣氏は「アニメーターさんは絵が上手いね(笑)。」と会場を笑わせた後、「ボディビルダーのように肌が光っていて、力強く見えるように意識して筋肉を表現している。」と感心した様子でその緻密なイラストに見入っていました。

ここで、TVアニメのスタッフよりゲストがもう1名登壇。トムス・エンタテインメントの綿引圭プロデューサーが登場し、TVアニメ『バキ』について、3つの約束が宣言されました。

「1つ目は、「豪華声優陣を約束します!」素晴らしい声優陣の皆様にご出演頂きますので、楽しみにしてください。2つ目は、「臨場感のある音にこだわります!」闘いの際の音にもこだわって作品を描きます。そして、3つ目は、「放送コードをぶっちぎります!」先生の描いた世界観を表現するために、隠さずに全てをぶっちぎって描きます!」と力強く3つのポイントを語り、観客より期待の拍手が起こりました。

TVアニメ『バキ』の見どころをたっぷりと語った後、最後に登壇者一人一人より、ファンの皆様へメッセージが贈られました。

●綿引プロデューサーコメント
「夏より始まりますTVアニメ『バキ』、乞うご期待です!楽しみにしていてください。」

●横井プロデューサーコメント
「原作に忠実に、皆さんに作品をお届けしたいと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。」

●島﨑さんコメント
「『刃牙』全てのシリーズを演じたいと思っていますが、まずは本シリーズ『バキ』の応援を宜しくお願いします!楽しみにしていただけたらと思います。」

●板垣氏コメント
「このアニメに関しては、作る側ではなく、皆さんと同じように観る側です。共に楽しみましょう!」

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

グラップラー刃牙の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集