アニメ
『奴隷区』山村響&鈴木崚汰インタビュー

『奴隷区 The Animation』山村響さん&鈴木崚汰さんインタビュー│アフレコ現場に出現したSCMの正体と、誰にも負けない声優陣の勝負内容は?

2018年4月より放送中のTVアニメ『奴隷区 The Animation』。監督・脚本は『つぐもも』の倉谷涼一氏。キャラクターデザイン・総作画監督は『School Days』、『ハイスクールDxD』などのごとうじゅんじ氏が務めます。

「SCM」と呼ばれる他人を奴隷にできる器具を用いて、壮絶なサバイバルゲームが繰り広げられる本作。放送から間もなく話題になっている本作ですが、この度メインキャストである荒川エイア役の山村響さん、大田ユウガ役の鈴木崚汰さんにインタビューを実施。

おふたりにとっての『奴隷区』の印象から、キャラクターに対する思い、作品の見どころなどをたっぷり語っていただきました。さらに、アフレコ現場に山村さんが持ってきたお菓子が“SCM”と勘違いされてしまったエピソードなど、本作ならではの裏話が多数飛び出しました!

過激表現は、『奴隷区』を盛り上げるためのスパイス

──おふたりにとって初の共演作が『奴隷区 The Animation』になるのでしょうか?

山村響さん(以下、山村):そうですね。アフレコ現場で初めて顔合わせをしたら「ユウガっぽい人がいる!」って思いました(笑)。

鈴木崚汰さん(以下、鈴木):僕の方は「エイヤっぽい人がいる!」と(笑)。

──SCMを装着していなくても、ファーストインプレッションでお互いの正体を感知していたわけですね(笑)。そんなSCMがキーアイテムとなる本作ですが、最初に原作をご覧になった印象は?

山村:『奴隷区』というタイトルと単行本のパッケージを含め、エロティシズムやバイオレンス要素が主になるお話なのかなと思ったら、心理戦や頭脳戦を楽しめる作品で非常に面白く感じました。

それぞれのキャラクターが秘めている野望や復讐心からSCMを使った勝負に挑んでいくという、それぞれの背景があるのも良いですよね。

鈴木:衝撃的なシーンがたくさんあるので、そこに目を奪われがちなんですけど、それは物語に必要なスパイスとして散りばめられているだけなんです。人間ドラマや群像劇が濃密に描かれていて続きを読まずにはいられない、一気に読み込んでしまうタイプの作品だと感じました。

──おふたりが演じているキャラクターの魅力について教えてください。

山村:荒川エイアは、クールでかっこいい女性のイメージのキャラクターなんですけど、実はそれだけではありません。優しくて人を思いやることのできる女性でもあり、その分、周りに与える影響も大きいキャラクターです。

鈴木:大田ユウガは、自分の力がどこまで通用するのか試したいという野望を持った男です。エイアを勝負の世界に引き込んだ張本人で、とにかく自分に対する強い自信を持っています。その自信から来る余裕と子供っぽさを併せ持った、自己中心的なキャラクターだと捉えています。


──オーディションの時は、キャラクターのどういった部分を重視して演じられたのでしょうか?

鈴木:『奴隷区』に登場するどのキャラクターもとにかく濃ゆいので、ユウガが持つ個性を色濃く表現したいとは思っていました。わりとクサいセリフも多く、そういった要素をどのように表現しようかと考えながら演じていました。

音響監督からは「もっとやっていい」とアドバイスをいただけたので、アフレコでも振り切った芝居を心掛けています。

山村:オーディションの時はカッコ良く、クールに振る舞おうと思って演じました。アフレコが始まってからは、音響監督に「クールさの中にもかわいい部分や女性らしい部分も出していきたい」というアドバイスをいただいたので、その点も大事にしながら演じています。

──現場でのディレクションが話題に挙がりましたが、アフレコが始まってから改めて意識した部分はありますか?

山村:クールさと優しさのバランスをどう表現すればいいのか、すごく悩みました。アフレコが始まった頃はその塩梅についてリテイクを繰り返したので、感覚を掴むまで難しさを感じながら、楽しくやらせていただきました。その結果、自分の中ではだいぶエイアの感覚を把握できたと自負しています。

鈴木:ユウガの自信満々な性格を表現するにあたり、「やろうぜ!」というカラッとしたアプローチで演じていましたが、求められていた演技が“じわっとした感じ”だったんです。

活発に「ガンガン行こうぜ!」というタイプかと思ったら、ちょっと悪役っぽさも含まれていて。そこがちょっと意外な部分でもあり、演じる上でも意識している点です。

──なるほど。ちなみに、ご自身とキャラクターとの共通点があればお聞かせください。

鈴木:ユウガは作中において根拠のない自信を持っていますが、僕も意外と「これくらいだったらできるでしょ」という根拠のない自信を持つときがあって(笑)。その点は結構共通していると思います。

山村:落ち着いてるもんね。

鈴木:よく言われるんですけど、友達といるときは年齢相応ですよ(笑)。

──山村さんから見て、鈴木さんは現場でどのような雰囲気なのでしょうか?

山村:誰よりも落ち着いていて、とても冷静に周りを見てくれている印象です。

鈴木:先輩方から感じ取れるものを、とにかく自分の中に吸収したいと思っています。ちなみに墨田ズシオウマル役の宮田幸季さんからは、「本当は19歳の皮を被っている50代でしょ」と言われることもありました(笑)。

──(笑)。逆に鈴木さんには、山村さんがどのように映ってますか?

鈴木:エイアのようにクールな雰囲気が出ている印象です。でも話してみると、すごい気さくな一面もあって。クールな表情だけではないエイアと同じで優しい方だと思いますし、そこはエイアとの共通点だと感じています。

──ではアフレコ現場の全体的な雰囲気はいかがでしょう?

山村:作品としては重たい雰囲気の内容が展開しますが現場はキャスト・スタッフを含めて終始和やかです。アフレコが始まる前にブース内で音響監督と監督から、ちょっとした世間話や、その話のメインの役どころについて説明していただきます。

役についての説明をはじめ、毎回とても丁寧にやってくださるイメージですね。

鈴木:キャストだと先輩の方々が現場を盛り上げてくださっています。



──本作には多くのキャストの方が登場されますよね。エイアとユウガ以外に気になるキャラクターを挙げるなら?

鈴木:ユウガの友達の立川シンノスケ(CV:森久保祥太郎)が活躍する場面は楽しみです。あの髪型と見た目なので近寄りがたいキャラクターではありますけど、底抜けの明るさをアピールしてくれるので。きっと友達になったら、すごく良い関係になれると思いますね。

山村:私は、品川ゼロ君(CV:國立幸)です。草食系とまでは言わないですけど、気弱なところとか、中性的な雰囲気がすごい好きなんです。周りの人と馴染めない性格の子なんですけどね。そういった弱い部分もすごく人間らしくて良いなと思っています。あとはズシオウマルが好きです、飼い主としてですけど(笑)。

──アフレコ現場で印象的だったエピソードはありますか?

鈴木:山村さんが差し入れにお菓子を持ってきてくださったんですけど、そのお菓子の包み紙が、すごくSCMっぽいと話題になって(笑)。「誰を奴隷にするんだ?」と、現場がざわついていました(笑)。

──山村さんはそれを狙ってチョイスを?

山村:そんなつもりは全然なかったんですけど、「言われてみれば確かに!」と(笑)。別の日にパイナップル型のクッキーお菓子を持っていきましたが、そのパイナップルのギザギザになっているところがまたSCMみたいだと突っ込まれて(笑)。「そんなつもりで持ってきたんじゃないよ!」と。

鈴木:次のお菓子も楽しみですね!

山村:次は狙っちゃうかもしれないです(笑)。

──総じておふたりが考える本作の魅力とは?

山村:SCMを使ったシーンや奴隷にされたシーンなど、ヒューマンドラマの中で描かれる様々なキャラクターの心の揺れ動く姿がとても魅力的だと思っています。とにかく多種多様なキャラクターがひとつのストーリーの中で細かく絡み合っていて、最後まで観たときに新たな発見ができる作品です。

──SCM単体は現実味を感じにくい存在ですが、そこに緻密な人間ドラマが加わることで、絶妙なリアリティを感じられるアイテムに昇華した気がします。

山村:SCMは非現実的なアイテムですけど、物語が本当にリアルに描かれているため、現実にあってもおかしくないと錯覚してしまいますし、ちょっとゾクゾクしちゃいますよね。SCMがきっかけとなって人間の欲望が包み隠さず描かれているところも、魅力的だと思います。

鈴木:それぞれのキャラクターのSCMに対する考え方や挑み方も知っておくと、物語が進んでいくにつれてさらに面白くなります。そういったところも魅力のひとつだと僕は感じました。

もしも、アフレコ現場でサバイバルゲームが発生したら……!?

──もし、ご自身が本作に登場することになったら、どういった役割を担うキャラクターになると思いますか?

鈴木:山村さんはもう役の通りエイアですよね(笑)。

山村:いやいや(笑)。「やろう」と言ってくれる相手がユウガみたいな人だったら良いんですけど、私は悪い人に言われても「やる!」と言っちゃうタイプなんです。いとも簡単に騙されて、あっさりと奴隷にされてしまうような、残念なパターンになっちゃうんじゃないかな(笑)。

鈴木:僕は立ち位置的にはユウガだと思うんですけど、ユウガほど上手くできないと言いますか……エイアを言いくるめることもできないし、度胸もありません。勝負には参加するけど、僕もゆくゆくは奴隷になりそうです。

山村:(鈴木さんは)チーム戦を組むというよりは、一匹狼で行動して戦いそうなイメージがあるかも。

鈴木:確かにそうですね。あまり集団行動が得意じゃないので、影のプレイヤーとして活躍できるかもしれません(笑)。

──(笑)。ちなみにキャスト陣で本作のようなサバイバルゲームをするとしたら、どなたが一番が強いと思いますか?

山村:うわ~、誰だろう……。あ! (中野タイジュ役の)村瀬歩さんが強そう!

鈴木:村瀬さんはきっと強いですよね。あと現場には僕の事務所の先輩方が多いので、先輩・後輩対決のようなものをやってみたい気もします。上下関係がどのように影響するのかが気になるところです(笑)。

──下剋上もあり得るかもしれませんね……!

鈴木:本当に大好きな先輩方なので、逆に負けちゃうかもしれません(笑)。

──そんな先輩方にも「これなら負けない!」という勝負はありますか?

山村:それがないんですよね~(笑)。何だろう……。

鈴木:僕は50M走ですね、平均的なタイムの人だったら負けないと思います。

──ちなみにタイムは?

鈴木:高校の時は6秒0でした。

山村:え!? 速い!

鈴木:中学時代に陸上部で短距離走をやっていたので、そのタイム勝負だったら自信があるかもしれません。

山村:ただただ驚愕です。私は何だろう……洗顔フォームの泡立てとか(笑)。

一同:(笑)。

山村:CMに出てくる人のように泡立てることができます。

鈴木:じゃあ、相手にその勝負を受け入れてもらえれば……!

山村:洗顔の材料は私の方で選ばせてもらいますけどね(笑)。

鈴木:それで負けたら悔しいのは山村さんくらいですよね(笑)。

──(笑)。それでは最後に、放送を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

鈴木:ユウガはとにかく自信があって、自分の実力を知るためにSCMを使った勝負に挑み始めたキャラクターです。自信を折られるのか、それともさらに自信に繋げていくのかが序盤の見どころだと思います。

また、それぞれのキャラクターの野望や復讐心といったバックボーンが、どのように勝負に関わってくるのかも本作の魅力です。ぜひ楽しみに観ていただければ幸いです。

山村:魅力的なキャラクターが毎回登場して物語にエッセンスを加えてくれるので、話数を重ねるごとに新しい発見や出会いがあると思います。私が演じさせていただくエイアというキャラは勝負の世界に勇敢に突き進んでいくキャラクターで、精いっぱい演じさせていただいております。

個人的には30分アニメで主役を担当させていただくことは初めてなので、とても思い入れのある作品です。ぜひ最後まで見届けていただければ嬉しいです。

──ありがとうございました。


[インタビュー・写真・編集/鳥谷部宏平 文/島中一郎]
 

作品情報

TVアニメ「奴隷区 The Animation」

<あらすじ>
『SCM』――それは他人を奴隷にできる器具。勝負に勝てば主人となり、敗者は奴隷となる。復讐、愛情、憎悪……さまざまな思惑でSCMを手にした者たちが繰り広げる、欲望の群像劇。勝利か、服従か。壮絶なサバイバルゲームが幕を開ける。

<STAFF>
原作:
『奴隷区 僕と23人の奴隷』(双葉社アクションコミックス)オオイシヒロト 岡田伸一

監督・脚本:倉谷涼一
キャラクターデザイン・総作画監督:ごとうじゅんじ
アニメーション制作:ゼロジー×ティー・エヌ・ケー

<放送・配信情報>
★2018年4月放送予定
・TV放送局(予定)
TOKYO MX BS11 AT-X

・配信
NETFLIX 定額制サービス独占配信決定!※放送後、随時配信

TVアニメ「奴隷区 The Animation」公式サイト
TVアニメ「奴隷区 The Animation」公式ツイッター(@doreiku_anime)

(C)オオイシヒロト 岡田伸一/双葉社・エブリスタ/「奴隷区 僕と23人の奴隷 The Animation」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集