menu
声優
『リズと青い鳥』種﨑敦美&東山奈央が、舞台挨拶で本田望結を大絶賛!

『リズと青い鳥』種﨑敦美さん&東山奈央さんが、リズ&少女役・本田望結さんを大絶賛! 舞台挨拶でキャッチコピーに込められた想いを語る

本日2018年4月21日(土)より、日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した映画『聲の形』スタッフの最新作、『リズと青い鳥』が公開となりました。

本作は武田綾乃さんによる原作小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』の映画化作品で、黄前久美子(CV:黒沢ともよさん)たちの一年先輩である、鎧塚みぞれ(CV:種﨑敦美さん)と傘木希美(CV:東山奈央さん)のふたりが主役。

作中では高校生の女の子たちに起きる等身大の出来事を中心に据えながら、みぞれと希美の心境とリンクする“リズと青い鳥”の物語が、見る人の心を巧みに掻き立てています。

触れれば壊れてしまいそうな繊細な世界観の本作ですが、本稿では新宿ピカデリーで開催された初日舞台挨拶の模様をお届け!

イベントには種﨑さんと東山さんに加え、監督の山田尚子さんと“リズと青い鳥”にてリズと少女に二役を演じた本田望結さんが登壇し、作品への熱い想いを語っていきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

公開初日を迎えた心境や如何に!? セリフの裏に込められた想いにも注目を!

MCを務めたフリーアナウンサー・松澤千晶さんの呼び込みで、東山さん、種﨑さん、本田さん、山田監督が登壇。まずは会場に訪れたファンのみなさんへ、一言ずつご挨拶していくことに。

種﨑さんは公開初日を迎えられたことを問われると、まずは率直に嬉しいとコメント。今回は上映後の舞台挨拶ということで、これまでは話せなかったこともファンのみなさんの前で話せると喜びを露わに。


次いで東山さんは元気に「こんにちは!」と挨拶すると、会場からのレスポンスに喜んでいました。そんなファンのみなさんと早くこの作品について語り合いたかったそうで、その中で作品の新しい見どころがみつかるのではと興奮を抑えられない様子。

声優のおふたりに続いて本田さんのご挨拶に。自身もこの作品を楽しみに待っていたそうですが、それと同時に声優でない自分がこの場に立つこと許してもらえるのかと、少々の不安もあるとコメント。

最後に山田監督から当日訪れたみなさんへの感謝を述べたところで、作品を深く掘り下げていくことに。松澤さんによると種﨑さんは色々話したいことがあると言っていたそうですが、いざこういった機会になると「ありすぎてどこから話したらわからない」ことになってしまったようです。

最終的には東山さんから口火を切り、自分たちが喋ったセリフの裏側の気持ちや「あ、そっかぁ」など、何気ないセリフに込めた想いが伝わったかどうかを気にしていると明かしてくれました。

種﨑さんはそういった細かいシーンごとに解像度を上げて行ったとすると、本作をもう何度も見ていると明かします。すると、「顕微鏡を見ている時って、息をしないなぁ」とこの作品を見た時の感覚を例えました。

この感想に東山さんから「良い例え」、山田監督から「最高です」という言葉が! 実際に作品に関わったおふたりからの言葉だけに、会場からは笑いが起きつつも納得の反応も。鑑賞の際は、何気ない出来事のなかにある、フォーカスしてみないと見えないであろう部分にまで想いを馳せてみると、また違った見方が出来るかもしれません。

続けて東山さんから、ひとつひとつの小さな積み重ねがラストに繋がったという話がでます。アフレコは1シーンごとにキャラクターたちが考えていることや状況を把握しながら進んだそうで、全体で見た時の動きは重要になるようです。

種﨑さん&東山さんが本田さんの演技を大絶賛!!

アフレコの話が出てきたところで、本作で初めて劇場アニメに挑戦した本田さんが話題の中心に。やはりひとり二役という大役を務めることと、声優のお仕事に不安があり、収録の当日までに色々勉強して臨んだそう。ですがその際の山田監督との打ち合わせのなかで、「深く色を付けないで欲しい」と言われたことを明かしました。

山田監督の言葉の真意について作品を見るまで理解しきれない部分があったそうですが、実際に作品を見たことでその意図を理解できた様子。また、最後は「(ファンの)みなさんに許してもらえたらいいなぁ」と不安を覗かせる一幕も。

「私の部分で、映像の中で何かが途切れちゃわないかな」とも言う本田さんに対し、東山さんが「そんなことない!」と熱弁! 畳みかけるように種﨑さんが「希美とみぞれが言葉を発さない分、その裏側の部分を“リズと青い鳥”が言ってくれている」と、本作において本田さんが担当したパートがいかに重要かが語られます。

本田さんのまっすぐなお芝居を絶賛する流れになると、東山さんからは「自分たちは素直じゃないから、そばにいてとか行かないでとか言えなくて、それを全部言ってくれている」と言う言葉が! これによって、みぞれと希美の心境と“リズと青い鳥”の物語がリンクしていることが明らかに。

みぞれと希美はどちらがリズで、どちらが青い鳥なのか

作中では最終的にみぞれと希美のどちらがリズで、どちらが青い鳥に当たるのかがポイントとなって行きますが、山田監督はそれは今後も変わる瞬間が来ると話します。だからこそ、まだまだどちらが青い鳥でどちらがリズになるのか明言はしないものだと思っていると結びました。

それに付随して東山さんが、その結論についてみぞれと希美はすれ違っていると、山田監督がアフレコ前に話していたことを明かします。監督はパンフレットの中で“ボタンの掛け違え”に例えられていた様で、友人同士ながら絶妙に噛み合っていないふたりの関係性に深みが見えてきます。

そうして話を振られた山田監督は、グッときた様子で「良い映画だったなぁ」と一言。この自信に満ちた言葉に会場から拍手が巻き起こると、和やかな空気で次の話題へと移っていきます。


女子高生らしい触れ合いとして作中に出てくる“ハッピーアイスクリーム”や“大好きのハグ”などが話題に上ると、こういったジンクスやゲーム的なものを体験した人はいるかと尋ねることに。すると、何名かがチラホラと手を上げていました。

作中ではアイスクリームとなっていますが、山田監督によるとその部分に具体的な商品名を入れることができるのだとか。また、これは関西のローカルネタなのだそうで、東山さんの地域では“ニョッキ”というゲームが流行っていた模様。なお、種﨑さんの地域でも“ニョッキ”だったとか。

キャッチコピーとあらすじは、ふたりのどちらの視点からも見られる

イベント終了の時間が近づいたところで、最後は登壇者のみなさんがぱっと思い出せる印象深いシーンを伺っていきます。

東山さんはTVシリーズ『響け!ユーフォニアム』での中川夏紀(CV:藤村鼓乃美)とのエピソードを挙げ、希美は人から憧れられる子だと思っていたと話します。しかし、本作でその心境にフォーカスが当たると、自分の知らないところで前に進んでいるみぞれを目の当たりにし、動揺したことをピックアップしました。

するとこの話を受けた種﨑さんが、本作のキャッチコピー“ずっとずっと、一緒だと思っていた。”について語りました。ずっと同じ位置にいると思っていたふたりが一緒じゃなくなり、音楽に関しても全然違うところに行ってしまう。この言葉がみぞれだけでなく希美の心境にも重なると気づいた時に、何とも言えない感覚に陥ってしまったのだとか。

作品を見終わったことで当初とは違う気持ちを抱いたのは東山さんも同じようで、あらすじについてもみぞれと希美どちらでも再生できると述べました。

応援団長チューバ君も駆けつける!

そうしてマスコミ向けのフォトセッションに移ると、本作の応援団長であるマスコットキャラクター“チューバくん”が登場! その手には作品タイトルにかけた青い鳥が止まっており、キュートな装いに。

チューバ君とのフォトセッションを終えたところで、最後に登壇者のみなさんが順番にご挨拶! ファンとしても本作を楽しみにしていた本田さんは、「最低でも10回は劇場に行きます!」と発言! また、この作品が自分の青春の1ページになったとも話しました。

東山さんは来場されたファンのみなさんへ感謝を伝えると、本作の台本を開く際に「この作品は私にとって特別な作品になる」と思っていたと明かします。また、その時以上にこの美しい物語が特別な作品になったとも。

種﨑さんは本作を「言葉にするのが本当に難しい。言葉にすると壊れてしまいそう」とすると、作品が伝えたかったものや、伝えたかったけど伝えられなかったものを、見ていただくことで伝わるといいなとコメント。

最後に山田監督が、作品の感想を尋ねると会場から拍手が溢れます。そして一見静かな映画だと思われるかもしれないと話すと、少女の機微がおしゃべりな作品になっているとしました。やはり映画館でしか聞こえない音響になっているそうで、ぜひたくさん見て欲しいと結んで、ここでイベント終了の時間に。


いよいよ公開となった映画『リズと青い鳥』。みぞれと希美、ふたりの女の子の儚くも美しい繊細な時間を、ぜひ劇場の大スクリーンで体感してください。

[取材・文・撮影/胃の上心臓]

映画『リズと青い鳥』作品情報

INTRODUCTION

少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。

高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』がアニメーション映画化。みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取ります。制作は、映画『聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション。そして、監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画『聲の形』のメインスタッフが集結。

繊細な人の心を映し出してきた制作陣による、
――誰しも感じたことがある羨望と絶望。そしてそれらを包み込む、愛。
この春、あなたの心に「響く」一作をお届けします。

あらすじ

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。

その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

スタッフ

原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

キャスト

鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
剣崎梨々花:杉浦しおり
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
新山聡美:桑島法子
橋本真博:中村悠一
滝昇:櫻井孝宏

4月21日 ROADSHOW
配給:松竹

『リズと青い鳥』公式サイト
『リズと青い鳥』公式ツイッター(@liz_bluebird)

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー