声優
アニメ映画『君の膵臓をたべたい』ヒロイン役 Lynnがグッときたシーン/インタビュー

アニメ映画『君の膵臓をたべたい』ヒロイン演じる声優・Lynnさんがグッときたシーンとは/インタビュー

2018年9月1日公開予定の住野よるによる人気小説『君の膵臓をたべたい』(キミスイ)がアニメーション映画化! CVは今人気の俳優・高杉真宙さん(「僕」役)と声優・Lynnさん(山内桜良 役)が担当します。すでに収録を終えたとのことで、アフレコの感想などを中心に作品の魅力などについてヒロインを演じるLynnさんに語っていただきました。

 
原作に忠実な世界観、アニメならではの幻想的な表現も
――アフレコを終えた率直な感想を教えてください。

山内桜良 役・Lynnさん(以下、Lynn):とても幸せな時間だったなという印象で、切なくて悲しい物語ではあるんですけど、桜良を演じているのがすごく楽しかったんです。だから、爽やかな達成感がありました。

――原作を読んだときの印象をお聞きしたいのですが。

Lynn:かなり胸に刺さる言葉が多いと思いました。普段の生活の中ではあまり意識していなかったようなことでも、言われてみたらその通りだよなって感じることが多くて、ちゃんと考えて生きていかなきゃダメだなって思いました。そのくらい自分の人生観などを考えさせられるフレーズがたくさんあったんですよね。

物語にも引き込まれましたし、全部読み終わったときに「すごく素敵な作品に出会えて良かった」と思いました。主人公の呼び名がハッキリ明記されずに、その時の関係性で表記が変わっていくのですが、それは小説を読んでいて面白いと思ったところです。



――原作に出会ったのは、オーディションがキッカケなのですか?

Lynn:実写の映画は見ていたんですが、オーディションのお話があったときに原作を読ませて頂きました。物語の軸は一緒なんですけど、ストーリー展開で異なる部分もあり、どちらも違った魅力があるなと感じました。今回のアニメーションは割と原作に忠実ですね。

――ちなみに、どんなところにグッと来ましたか?

Lynn:あまり詳しく言うことはできないのですが、何でも人のせいにしてしまいがちですけど、結局は自分自身で選んできたことだし、そういうことの積み重ねなんだなということです。きっと今回の役をいただけたのも、私のどうしてもやりたいんだ!っていう強い気持ちが伝わった結果だったりもするのかなって。

――受かりたい気持ちは強かったんですね?

Lynn:はい(即答)! 作品自体がすごく素敵ですし、あとはやっぱり、声優として、劇場アニメーションのヒロインをやれるチャンスはそう何度もあることではないと思っていて、憧れの気持ちはずっとあったので、そこは貪欲にいこうと。

――登場人物は多いわけではないですが、やはり桜良に惹かれたのですか?

Lynn:そうですね。まずかわいいんですよね。本当は弱いけど、努めて明るく振る舞っているところとかも尊敬できるんです。きっと簡単にできることではないと思ったし、彼女がまだ高校生ということを考えてもすごい子だなって。


一緒に頑張りたいなという気持ちが湧いてくるような機会も
――受かったときの喜びはもちろん大きかったと思いますが、キャスト発表された際、周りからの反応はありました?

Lynn:声優の友達からとか、しばらく連絡を取ってなかった子からもLINEが来て、おめでとう!って(笑)。あとTwitterでお知らせしたときにはたくさんコメントもいただきました。私としてはずっと言いたかったから、やっと言えた喜びと、公開までが待ち遠しいなっていう気持ちがあります。

――アフレコまでの準備として、どんなことをしていましたか?

Lynn:原作の桜良の台詞を声に出してずっと読んでいました。2~3日間のアフレコで録り終えてしまうにはもったいないくらいの桜良の人生があるわけなので、それをアフレコ前までに自分の中に落とし込んでおきたいという思いがあったんです。変に頑張らなくても自然と桜良としてしゃべれる状態にしておきたかったので、夜な夜な読んでいました(笑)。

――TVアニメとは違う劇場版ならではの特殊な流れ、みたいなものはありましたか?

Lynn:テストアフレコというのを「僕」役の高杉(真宙)さんと2人でやらせていただきました。作品の方向性やキャラクターについて監督さんに聞いたりしながら、2人の雰囲気を確認し合うというのを本番アフレコの2週間くらい前にやらせていただいたんです。

そこでだいぶ「僕」の雰囲気もわかったので、家でのリハがすごくやりやすかったです。高杉さんは声優初挑戦ということで、不安だとおっしゃっていましたけど、それを感じないくらいの「僕」だったので、本番がすごく楽しみになりました。一緒に頑張りたいなという気持ちが湧いてくるような機会でした。

――そのテストアフレコで監督に言われたことなどもあったのですか?

Lynn:桜良のキャラクターに関しては原作よりも少し明るめに作っているとおっしゃっていたので、台本から受けた印象や絵の雰囲気のままやって良いんだなって思いました。物語全体の演出の意図があるので、最初は大げさに表現してもらっても大丈夫ですと言われました。


日常では明るい自分を演じているところが桜良にはある
――特報映像を見ると、かわいさがすごく出ていますよね。そこは全面に出していこうと?

Lynn:彼女のかわいさに関しては、無理にかわいくしたという意識もなく、桜良だったらこういう口調なんだろうな、こういう表情なんだろうなって想像しながらのお芝居でした。普段は明るい自分を演じているところが桜良にはあるので。

――ちなみに特報(第2弾)の音声は、実際の本編のものを切り貼りしたものなんですか?

Lynn:実は特報用のセリフだけ事前に録ったんです。それは私も初めての経験で。すでに全体の脚本はいただいていたので、どこのシーンのセリフかはわかるんですけど、本番はまだなのでニュアンスとかは、これで合っているのだろうかと思いながら収録しました。

でもああいうふうに声を重ねていくとは思っていなかったので、見たときにとても感動して! すごく素敵!と思って、何度も何度も見ちゃいました。



――先程も言っていましたけど、桜良の言葉って印象的なので良い特報ですよね。本番のアフレコの雰囲気はいかがでした?

Lynn:高杉さんと恭子役の声優さんの3人でほぼほぼ一緒にいたんですけど、休憩時間に女性2人で高杉さんにいろいろ質問したり、差し入れがすごく多かったので、ひたすらそれを食べたりしていました(笑)。

桜良に合わせて、桜のお菓子がたくさんあったので、すごくテンションが上がりました。恭子役の声優さんは私も大好きな方なので、親友の感じが出せたのではないかなと思っています。3人だから人数的にはちょっと寂しい感じだったけど、良い空気感の現場でした。


幻想的な世界だけでなく、素敵な音楽にも注目
――演じてみて、桜良はどんな子でした?

Lynn:周りから見てもイヤミなところもなく、自然にかわいらしいことができる子なんだろうなって思いました。でもいつも人の目を気にしているというか、嫌われたくないから明るく元気ないい子でいようと努めている子なんだなとも感じました。

もちろん病気であることを隠していることからくる強がりではあるんですけど、私からしたら十分強い子で、「僕」と出会ったことで、ようやく弱い本音を出せるようになっていくので、2人が出会えて良かったなっていう親心のような思いもありました。

――映画自体はどんなところに注目してほしいですか?

Lynn:アニメーション映画特有の幻想的なシーンがあるので、そのアニメならではの美しさを楽しみながら見て頂きたいです。監督が光の使い方をこだわっているとおっしゃっていて、それは全編通しての話だと思うんですけど、幻想的な世界で、その光がどう表現されるのか私も楽しみです。素敵な音楽も付くと思うので、そこも見どころだと思います。

[取材・文/塚越淳一]

(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
おすすめタグ
あわせて読みたい

君の膵臓をたべたいの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集