声優
『イケラブ』梶裕貴さん、「3人でやった方が…」と早くもバンド脱退!?

梶裕貴さん、「3人でやった方が…」と早くもバンド脱退!?『イケメンシリーズ』新作キャストインタビュー第1弾!

大人気アプリゲーム『イケメンシリーズ』の5周年記念アプリ第2弾として発表された『イケメンライブ♪恋の歌をキミに』(通称、イケラブ)。本作の2018年夏リリースを記念して、主人公(あなた)との恋のお相手を演じる豪華声優陣12人のインタビューを毎週木曜日にお届けします!

イケラブは、自由なメロディと想いがこもった歌詞による『歌』が政府に規制されている近未来の日本が舞台。規制対象の『歌』をこっそり創っていたあなたは、個性豊かで無謀なアーティストたちと出会い恋に落ちる時、世界にたった1つのラブソングが生まれる、“音楽”ד恋愛”シミュレーションゲームとなっています。

今回は、自由な音楽活動を支援する秘密の会員制ライブ「Own The Night(オウン・ザ・ナイト)」で活動するバンド【HOUNDS】のベーシスト・蘇芳楽役の梶裕貴さんをピックアップ。何事も面倒くさがり、常にメンバーに世話を焼かれている楽は、シェアハウスのオーナー・晃揮に批判され、しぶしぶフリープログラマーとして働きはじめますが、ベースを弾いている時だけは覚醒する天才ベーシストです。天然で男気ある一面も持ち、ステージで輝く究極の面倒くさがり屋な楽役の梶さんに、役作りや収録で意識したこと、主題歌の感想などについて伺いました。

プレイして、過去や背景を理解した上で彼の魅力をより感じて!
――イラストを見た印象と、設定からのイメージのギャップはありましたか?
蘇芳楽役・梶裕貴さん(以降、梶):クールで物静か、ちょっとトゲトゲしているかなという印象でした。台本などを読むと、そんなイメージとは違ってちゃんとコミュニケーションのとれる、かわいらしいところもある人だなと。バンドって1人で出来るものじゃないと思うので、だからこそメンバーとしてやれているんだなと思いました。なので逆に、自分の中でそのすり合わせが難しかったところはありましたね。


「面倒くさがり」が理由で普段は髪ボサボサらしいんですけど……イラストからはおしゃれな髪型にしか見えないですよね(笑)。芸術的な才能がある人なので、それでも成り立ってしまう。かっこよくて、うらやましいなぁ、と。僕はどうでもいいような細かいことを気にしてしまう方なので、1つの才能でいろいろと許されてしまうような人物には憧れてしまう節がありますね。僕にも絶対譲れないものはあるけれど、それでも周りを考えてしまう所があるので、そんな自分と楽はタイプが違う人なんだろうなと思います。

梶裕貴さん演じる【HOUNDS】のベーシスト・蘇芳楽

梶裕貴さん演じる【HOUNDS】のベーシスト・蘇芳楽

――では、演じる上で意識した部分や、印象的な部分があれば教えてください。
梶:彼の設定資料に“怠惰”や“面倒くさがり”というワードがいくつも出てくるので、基本ダウナーな人物ではあるんだろうなと。加えて、そういった性質をくみつつも芯の部分にある、彼がもともと持っているはずの情熱や男らしさを、ところどころで出せるように組み立てられればなと思い、演じさせていただきました。彼も人間なので、いろいろな面があるはず。なのでパッと見というか、1つの側面からだけで「こういう人だ」と決めつけるのは難しいなという印象があったんですけど、現場に行って演出をいただいて、まさに“ダウナー一辺倒ではない”といいますか、そうじゃない面も見えてきて。その上で「ダウナーなだけではない面も見えてしまって構わないです」というご指示もいただきました。それ以降は迷っていても仕方がないので、僕のイメージに任せていただきつつ、やらせていただけたのかなと思います。


別に暗い性格なわけでもないですし、人が苦手というわけでもないですけれど、かといって元気でにぎやかなわけでもないですし、すごく個性的な人だなと思いましたね。それでも、周りの人から親しまれるようなしゃべり方ができればなということは意識してやらせていただきました。

あと、彼を語る上で「どうして今こういった人物像になっているのか」という過去や背景は必要不可欠なので、そのあたりも設定を読ませていただき、印象に残ったところではありました。それを理解してこそ、彼のいろいろな要素が点でつながり、1つの形になっていくような気がします。

――まだ知らない方に分かりやすいよう、キャラクターを表現したテーマ曲を決めるとしたら、どんな曲をイメージしますか?

梶:そう言われてパッと思い浮かんだのは、サカナクションです。完全に雰囲気やイメージなだけですが(笑)。メンバーのどなたかに似ているというわけではないんですけど、空気感が静かなイメージもありつつ、実はとても激しい音楽だったりするイメージがあるので。彼のダウナーだったりクールだったりしつつも、話してみるとちょっと変わっていたり、持っている想いが強かったり。実際の楽曲が、というわけではなく、性質的なイメージが近いのかなという印象です。

バンドメンバーの歌声に、思わず「3人でやった方が……(笑)」
――今回、主題歌もキャラクター12人で担当されたということで、歌っての感想や聴きどころなどがあれば教えてください。
梶:ゲームは1人で収録しますし、基本的に自分のセリフしか分からないので、楽のキャライメージから、勝手にダウナーなイメージが作品全体のイメージとしても自分の中にはあったのですが、曲自体は非常に爽やかな印象であったりと、思っていたものとは違いましたね。

レコーディングの際には、彼の中での“歌を歌う時の感情解放”みたいな部分を意識しました。感情の振れ幅や声のボリュームもそうですけど、僕が歌うにあたって「台詞の時と別人として捉えてもらって構わない」という演出でしたし、聴かれる方の印象も変わってしまって構わないとおっしゃっていただいたので、とにかく他のキャラクターたちの歌声とのバランスなどを考えながら歌わせていただきました。幸い、僕が一番最後の収録だったということもあって、皆さんの歌声を聴かせていただきながら、楽なりの、バンドや曲にあった表現というものも意識しつつ取り組みました。

――収録済の皆さんの歌声が入った状態の楽曲を聴いた印象はいかがでしたか?

梶:それでいうと、【HOUNDS】は本当に“死のグループ”だったなぁと……。歌を聴いて「みんな、歌唱力モンスターだな。やだなー」、「3人でやった方がいいのに」って(笑)。本当に歌がうまい方ばかりなので、いち視聴者として、ただ聴いていたいなとすら思ってしまいました。

でも、楽の中にも、歌詞にあるような強い気持ちはあるのだと思うので、そこを膨らませて歌うべきなのかなと。歌う時には「感情の振れ幅が一番大きくなる人だと考えて歌ってください」というお言葉があったので、“ゲームの流れ”というよりも、「歌は歌で、この楽曲に合うように」「その他のキャラクターとなるべく違和感がないように」と意識しながら歌わせていただきました。

主題歌の1コーラス目で、楽が1人で歌うところの歌詞“きっと違う世界待ってる 連れて行くよここから”が、すごく彼らしいというか、「今ある現状を打開して新しい場所へ行きたいんだ」という気持ちがこもっているからこそ、このパートに割り振られているのかなというイメージがあったので、歌詞通りにしっかりとエネルギーを持って、それを一番に考えて歌うのがいいのかなという印象でした。

――作品にちなみ、ご自身の“心が震えた音楽や瞬間”があれば教えてください。

梶:“生”で観るものには強く感じますね。最近は、舞台やミュージカル、ライブなどに行かせていただく機会が多いんですが、たとえば知っている楽曲が演奏されたとして、生で伝わってくるエネルギーというものは、家でプレイヤーから聞こえてくる音よりも、やはり段違いに伝わるものがあるなと、改めて思いました。音楽でもそうですし、お芝居でもなんでも、目の前で体験した時に心が震えます。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

梶:何より、まずはプレイしていただきたいですね(笑)。キャラクターを演じさせていただくにあたって、資料を読んだり台本に書かれていない部分を想像して埋めたりという作業があるわけですが、そこは、あくまで僕が感じた作品だったり楽というキャラクターだったりするので、音声がない部分があるからこそ、皆さんの中でそれを補完して楽しんでいただけたらいいのかなと思います。タイトルに『ライブ』とあるように、音楽の要素も強い作品になっていると思いますので、歌に関しても楽しんでいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

なお、梶さん演じる楽が所属する【HOUNDS】の楽曲「HORIZON」のミュージックビデオが現在公開中。“歌”が規制されている「イケメンライブ」の世界で、葛藤しながらも歌うことの楽しさ、仲間の大切さ、音楽への情熱が歌詞に込められており、疾走感あるメロディとリズムが、未来に向かって前向きな気持ちにしてくれる楽曲を、バンドメンバーのCVを務める梶さん、蒼井翔太さん、KENNさん、谷山紀章さんの4人が歌い上げます。


また、『イケメンライブ 恋の歌をキミに』の、公式サイト、公式Twitter、公式 LINE@にて、事前登録も実施中。すでに『イケメン』シリーズのタイトルをプレイ済の方も、まだプレイしたことのない方も、彼らが紡ぐ音楽と物語に触れてみてください!

おすすめタグ
あわせて読みたい

イケメンライブ◆恋の歌をキミにの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集