2018/6/20 18:30

斉藤壮馬さん3rdシングル「デート」発売記念ロングインタビュー【前編】|曲が生まれる瞬間や制作の裏側を深掘り!!

2017年6月にソロアーティストデビューした斉藤壮馬さんが1周年を迎え、6月20日( 水)にリリースされた、3rdシングル「デート」。

2ndシングルでは初めて作詞を担当し、今作では表題曲「デート」を含め、カップリング曲「レミニセンス」「C」と、収録曲すべての作詞・作曲に挑戦しています。そんな斉藤さんに、前後編の2回に渡ってロングインタビューを敢行!

前編となる今回は、表題曲「デート」制作の裏側やMVについて、斉藤さんの音楽のルーツもおうかがいしました。


 

過去のバンド経験を活かした全曲、作詞・作曲に挑戦!――前作の2ndシングルリリース後の反響はいかがでしたか?

斉藤壮馬さん(以下、斉藤):ダブルAサイドシングルで、「ヒカリ断ツ雨」は『活劇 刀剣乱舞』のオープニングテーマだったこともあり、たくさんの反響の声をいただきました。

また、1stシングル「フィッシュストーリー」とリリース日が近かったこともあって、歌を本格的に始めたんだと知ってくださった方も多くて、ありがたかったです。

――3rdシングルのリリースが決まった時、どんなイメージで制作されたのでしょうか?

斉藤:1stと2ndは今思っていることとか、やりたいことをやってみましたという感じでしたが、並行して制作するタイトな状況だったこともあり、しばらくインプットする期間がほしいなと。

そして年末に差し掛かる頃、次どうしようかという打ち合わせがあって。2ndのカップリング曲「スプートニク」で作詞を担当させていただきましたが、元々、趣味でバンドをやっていたし、作詞・作曲をやりたいなと思っていたんです。

そのタイミングでプロデューサーからも「作詞・作曲してみませんか?」というご提案をいただいて、これは渡りに船だと。その時に「文学ギターロックはどうですか?」というアイデアもいただきました。

今回からメインプロデューサーが変わりましたが、僕と年齢も近く、音楽の趣味も似ている方で。でも、僕自身はバンドサウンドをやろうとはあまり考えていなくて。

それは、声優・斉藤壮馬として歌う歌は別にあるんじゃないかと思って、もう少しポップ寄りの方向性で行こうと思っていたところに提案していただいたので、これは面白いことができそうだと。

その時に、2曲目に入っている「レミニセンス」の原型となる、過去に書いた「雨」という曲を聴いていただいたら「これで行きましょう」と。これを表題曲にバンドをテーマにして作り始めました。

――過去にバンド活動の経験があったり、作詞・作曲もされていたり、音楽への造詣も深そうですね。ちなみに斉藤さんにとってのルーツミュージックは?

斉藤:子供の頃は父が運転する車の中で、ビートルズ、ユーミンさん、スピッツさん、カーペンターズあたりを聴いていました。そのあと、ポルノグラフィティさんとBUMP OF CHICKEN さんにはまり、中学生くらいから洋楽を聴き始めました。

最初に友人にもらったMD には、U2、ローリング・ストーンズ、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、イエス、キング・クリムゾン、マリリン・マンソン、筋肉少女帯さんなんかが入っていましたね。

そのあとはロックンロールリバイバルだったので、リバティーンズなどなど、語り始めたら時間が足りないのでこのへんで(笑)。

このタイミングだからこそ生まれた楽曲たち

――今回、作詞と作曲どちらから先に着手されたのでしょうか?

斉藤:昔は完全に詞から書いていました。といっても、中学生くらいのときの話ですが。バンドをやっているときは曲からが多かったかな。

最近はどちらから、というようなセオリーはないですね。全部同時のこともあるし、タイトルから決まることもあります。『デート』はほぼ全部同じでしたね。

アニメの収録の直前に降ってきて、アフレコが終わって帰宅して、1 時間くらいでほとんど完成しました。メロディを聴くと歌詞の世界観が思い浮かぶタイプなので、先にまず全体の方向性というか、カラーを決めてしまうことが多いです。

最近までは、曲を書くときも論理とか倫理にかなり固執していたのですが、例えば日本語としては破格(な表現)でも音が気持ちいいとか、そういう三次元の論理にとらわれずに曲が書けるようになった今のタイミングで生まれたのが、この3 曲といえるかもしれません。

――それぞれの曲はどれくらいの期間で書き上げたのでしょうか?

斉藤:「デート」に関してはアレンジャーさんとも相談しながら作りました。

「レミニセンス」は20 歳くらいのときに作った曲で、構成自体はほぼそのままですね。でも、歌詞はほとんど書き直したかな。前はもっと繊細な曲でした。一人称も僕だったので。

「C」 はたぶん、実際には3 日間くらいでしょうか。ほかの世に出ていない曲を書いて息抜きをしつつ、細かいところを調整していきました。

余談ですが、ギターの弦が切れまくったり、オーディオインターフェースがマイクを認識しなかったり、プロデューサーさんを自宅に招いてふたりで飲みながら即興で作曲をしたりと、面白いことのたくさんあった制作期間でした(笑)。

――1stシングルはデビュー曲、2ndはアニメタイアップだったので、今回は自由に作れたのでは?

斉藤:ここまでの3枚で共通しているのが、1stの「フィッシュストーリー」、2ndの「夜明けはまだ」、そして今回の「デート」と1曲目は間口が広いポップチューンで。

2曲目は「影踏み」、「ヒカリ断ツ雨」、今回の「レミニセンス」と、エモいバンド曲になっていて。3曲目は静かな「スタンドアローン」、エレクトロニカな「スプートニク」と遊びがある曲が来て。

構成は同じ感じだけど、自分で3曲、作詞作曲してセルフプロデュースに近い形でやらせていただいたので、自由度は上がっていると思います。

シティポップやファンクなど、多彩な音楽要素を含んだサウンドの表題曲――4月22日に早くも先行試聴会が行われましたが、皆さんの反応はいかがでしたか?

斉藤:皆さんが喜んだり、楽しんだりしてくださっている様子が見られてうれしかったです。

ただ、表題曲の「デート」は曲名から想起される甘い100%のポップスではないので、「これはいったいどんな曲なの?」という反応も多かった気がします。

歌詞もサウンドも1回聴いただけで分かるという曲にはしていないので、戸惑いつつも受け入れようとしてくれて、斉藤壮馬っぽいなと言ってくださる方が多かったのが、一番うれしかったです。

1枚目も2枚目も「こういう曲なので、こんなふうに聴いてください」と提示したくはなくて、僕なりにこういう想いで歌っていますというものはあるけど、それを押し付けずに好きに聴いていただけたらいいなと思っているので。

――「デート」は聴きやすいけど、実は密度が濃いんですよね。

斉藤:表題曲なのでリズムが強くて、キャッチーな曲がいいなと思っていて。作詞作曲をすることが決まってから3カ月くらいJポップやJロックを聴きまくって、そこから刺激を受けたエッセンスも反映させているので、昔、バンドをやっていた時では書けないような曲かなと。

また、遊びをたくさん入れたいなと思って、真剣に「デートしてください」というよりはデートじゃなくても構わなくて。

歌の中での「ぼく」と「きみ」の人生が一瞬交差して、その後は交わっていくのか分からないけど、「この夜は楽しいね」という「まじめに不真面目」みたいなところで楽しさが出ればいいなって。聴く人によって様々な受け取り方ができると思います。

――サウンドはポップでダンサブルなのに加えて、ギターなフレーズなどループする感じはファンクっぽいし、オケのシンセは西海岸サウンドの要素も感じて。

斉藤:シティポップスにバンド要素を加えた感じでしょうか。16ビートもファンクも好きで、「夜明けはまだ」もそういうリズムが強い曲でした。

「デート」は最初、もう少しゆっくりしたリズム感で、歌詞にもある“スキップして”いるような。プロデューサーとアレンジャーのSakuさんと何度も打ち合わせしたり、デモを制作していくなかで、もっとリズムが強いほうがウキウキ感が出るなと。

だからポップスとして聴きやすいし、口ずさんだりしやすいけど、ファンクの要素がいっぱい入っていたり、音楽ファンの方にも楽しんでいただける作りになっていると思います。

学生時代の懐かしさやリアリティのあるシチュエーションは、実体験?――歌詞の冒頭の“終電間際の高田馬場でぼくらは出会って”は学生の街であり、“ボーリング場の予約話”などリアリティがあって。

斉藤:僕の実体験ではないんですけど(笑)。

きれいなものとそうでないものが混在している駅ってどこかなと考えて、表参道や三軒茶屋など候補に浮かびましたが、カオスさがあって、生っぽさが伝わる街が高田馬場かなと。

知っている方は駅前のロータリーのイメージとか、知らない方も皆さんなりの高田馬場をイメージして聴き始めてもらえたら。

――描かれているのは出会ってから一緒に飲んだり、わずか数時間の出来事で、学生時代ってこうだったなと懐かしさも感じました。

斉藤:学生時代は男友達と飲んでいて、歌詞にあるように盛り上がって「海まで行ってみようぜ」と、僕らは「歩くやつ」と呼んでいましたが(笑)。夜散歩しながら飲んで。

よくも悪くも学生のノリはイメージしていて。歌い出しにあるように終電間際なので、電車に乗って帰れるけど、もうちょっとだけ飲みたいなという気分で。

斉藤壮馬として、今まで積み重ねてきたものの集大成に

――曲中では様々な歌い方をされていますね。本線はさわやかに歌いながらも途中でねっとりしたり、テンションが上がったり。声優ならではですね。

斉藤:確かに。2ndまでは意識してちゃんと歌おうとしていました。途中で声色とかがどんどん変わると一貫性を持って聴きにくいかもしれないと思って。

今回はそんな制限を設けずに、歌い方も曲も声優としてやってきたからこそ歌える曲かなと思います。歌詞に書いていない合いの手もいろいろな声色を使って、楽しみながらやりました。

――合いの手の“乾杯!”は男女2人の声だったり、女性コーラスも入っていますが……。

斉藤:あれは僕です(笑)。

素で録った時はちょっとふざけ過ぎかなと思ったけど、エンジニアの林さんが敏腕で、完成した曲を聴いたら本当に女の子の声じゃないかと思ったくらい、素敵な出来栄えで。

また、レコーディング当日に少し歌詞も変えました。2番の合いの手の“てへぺろ”がそうで、ふと思いついて「言ってみていいですか?」と。チーム全員で楽しみながらできたけど、めっちゃ時間はかかりました(笑)。

――歌詞に“♡”があったり、“次元上昇”を意味する“アセンション”という聴き慣れない言葉が入っていたり、本好き、文学少年らしい多面性も感じられますね。

斉藤:2つどころかいくつにも分裂してるなって思います(笑)。「一貫性があって、論理的かつ理性的であるべきだ」という想いが強くて、最近まで自分だけでなく、人にも求めてしまっていたけど、人間は論理的ではないなと分かって。

そんな人間の論理的ではない感情に論理的にアプローチしていくのが役者の仕事だと思うし、本番で人から気持ちのパスをもらった時に、僕の頭の中だけで作ってきた感情が反射的にすっと出るのが楽しいんですよね。

昔は曲作りしている時もこだわりが強すぎて、例えば一人称を僕にしたらずっと変えてはいけないとか1番と2番のAメロの文字数は同じじゃなきゃいけないとか、「…(三点リーダー)」は2つ続けないといけないとか。

そういうのを全部取り払って、こういう言葉だったら歌いやすいな、気持ちいいなという感覚を優先してみたらこうなって。2年前だったら「てへぺろ」なんて言う自分を許せなかったと思います(笑)。

皆さんには自由に聴いて楽しんでもらいたいんですけど、僕的なオススメの楽しみ方はツッコミながら楽しんで聴いてもらえたらいいかなと。

韻を踏んでいるところもたくさんあるけど、まさかの“デート”と“冥土”という(笑)。聴いた時の楽しさや気持ちよさがありつつ、ドラマや時間軸は進んでいくようにバランスを調整して作ったし、歌詞も結構、書き直しました。

――斉藤さんらしさと遊び心が詰まってますね。

斉藤:今までキャラクターソングをたくさん歌わせていただいて楽しかったけど、アーティストデビューをさせていただくことになって「自分の歌って何だろう?」を探すところから始まってここまでやってきたけど、今回は自然と曲に引き出された表現が使えました。

また、自分はアーティストですと言うことにも抵抗があったけど、アーティストだからとか、声優だからとかではなく、これは「デート」という曲で、斉藤壮馬として解釈して歌いますでいいじゃないというシンプルな思考になれて。

声優のテクニックも使っているし、2枚目までのちゃんと歌うというベースも活かせているし、今まで積み重ねてきたものの集大成にできたなと思っています。

MVは謎のシュールな表現がいっぱいで“ヤバい”!?――そしてMVも、これまでの3曲の映像とは違ったタイプの映像ですね。

斉藤:曲と共にMVのアイデアも浮かんできて、それを映像制作チームに投げかけて、ディスカッションしながら作っていきましたが、とにかくヤバいMVだなと。「ちょっとこの人、大丈夫かな?」という意味で(笑)。コメディタッチで、謎のシュールな表現がいっぱい出てきたりして。

――そこまで言うということは、相手の女の子の視点で斉藤さんを見ているようなシンプルな映像ではないんでしょうね。

斉藤:演出の仕方がすごく独特で。ちなみに、映像チーム側から「これでどうですか?」と返ってきたものに「テーマ:サイコミュージカル」と書かれていて(笑)。

これまでの3本はまじめできれいな作りで素敵でしたが、今回はキッチュな感じで、皆さんの反応も気になります。フィルムを見ているような気持ちで楽しんでいただけたら。いろいろ挑戦的なこともしているし、映像を見たらきっと驚くと思うので、ぜひ見てください。

[後編へ続く]

リリース情報

■斉藤壮馬「デート」
2018年6月20日発売
初回限定盤(CD+DVD)1,600円(税別)

通常盤(CD)1,200円(税別)

発売: SACRA MUSIC

公式サイト
公式Twitter



関連コンテンツ

『revisions リヴィジョンズ』に内山昂輝さん、小松未可子さん、島﨑信長さん、斉藤壮馬さんら豪華声優陣が出演決定! コメントも到着!
『revisions リヴィジョンズ』に内山昂輝さん、小松未可子さん、島﨑信長さん、斉藤壮馬さんら豪華声優陣が出演決定! コメントも到着!2018/07/09 12:05
『revisions リヴィジョンズ』に内山昂輝さん、小松未可子さん、島﨑信長さん、斉藤壮馬さんら豪華声優陣が出演決定! コメントも到着!
『アイドリッシュセブン』TVアニメ2期が制作決定! 国内外ファン12万人が熱狂した1stライブの公式レポート到着
『アイドリッシュセブン』TVアニメ2期が制作決定! 国内外ファン12万人が熱狂した1stライブの公式レポート到着2018/07/08 19:20
『アイドリッシュセブン』TVアニメ2期が制作決定! 国内外ファン12万人が熱狂した1stライブの公式レポート到着
『SSSS.GRIDMAN』ボイス入りPV第二弾解禁! 電脳少女シロによるAXレポートも実施決定
『SSSS.GRIDMAN』ボイス入りPV第二弾解禁! 電脳少女シロによるAXレポートも実施決定2018/07/08 16:20
『SSSS.GRIDMAN』ボイス入りPV第二弾解禁! 電脳少女シロによるAXレポートも実施決定
斉藤壮馬さん3rdシングル「デート」発売記念ロングインタビュー【後編】|音楽的考察から見えた音楽作りを楽しむ探求心
斉藤壮馬さん3rdシングル「デート」発売記念ロングインタビュー【後編】|音楽的考察から見えた音楽作りを楽しむ探求心2018/06/23 15:30
斉藤壮馬さん3rdシングル「デート」発売記念ロングインタビュー【後編】|音楽的考察から見えた音楽作りを楽しむ探求心
ヒプノシスマイク2nd Battle CD「Fling Posse VS 麻天狼」に収録されるバトル曲の動画が解禁!
ヒプノシスマイク2nd Battle CD「Fling Posse VS 麻天狼」に収録されるバトル曲の動画が解禁!2018/06/22 21:00
ヒプノシスマイク2nd Battle CD「Fling Posse VS 麻天狼」に収録されるバトル曲の動画が解禁!

注目の商品

【DJCD】TV ダメプリ ANIME CARAVAN 斉藤壮馬・石川界人のダメプリRADIOaos2018/06/29 発売【DJCD】TV ダメプリ ANIME CARAVAN 斉藤壮馬・石川界人のダメプリRADIO¥3,240【DJCD】TV ダメプリ ANIME CARAVAN 斉藤壮馬・石川界人のダメプリRADIO
【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 通常盤aos2018/06/20 発売【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 通常盤¥1,296【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 通常盤
【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 初回生産限定盤aos2018/06/20 発売【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 初回生産限定盤¥1,728【マキシシングル】斉藤壮馬/デート 初回生産限定盤

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
2 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる! 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
3 『殺戮の天使』先行上映イベントレポート|イベントでキャラクターもキャストも“ヤバい”作品と判明……!?
『殺戮の天使』先行上映イベントレポート|イベントでキャラクターもキャストも“ヤバい”作品と判明……!? 『殺戮の天使』先行上映イベントレポート|イベントでキャラクターもキャストも“ヤバい”作品と判明……!?
4
『キラッと☆プリチャン』博史池畠監督といっしょに第1クールを振り返ってみた!キャラクターの裏話や制作秘話も/インタビュー 『キラッと☆プリチャン』博史池畠監督といっしょに第1クールを振り返ってみた!キャラクターの裏話や制作秘話も/インタビュー
5
『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定! 『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定!
6
TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第16話先行場面カット・あらすじ到着!プリ☆チャンにまつわる過去の苦い記憶を思い出したりんかは…… TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第16話先行場面カット・あらすじ到着!プリ☆チャンにまつわる過去の苦い記憶を思い出したりんかは……
7
『ゲゲゲの鬼太郎』第17話先行場面カット&あらすじ到着! 先週に引き続き、水木しげる先生の故郷・鳥取県境港が舞台! 『ゲゲゲの鬼太郎』第17話先行場面カット&あらすじ到着! 先週に引き続き、水木しげる先生の故郷・鳥取県境港が舞台!
8
『ぐらんぶる』内田雄馬さんが某紅白出演声優の歌声を意識して収録!? エンディングテーマ収録レポート&インタビュー 『ぐらんぶる』内田雄馬さんが某紅白出演声優の歌声を意識して収録!? エンディングテーマ収録レポート&インタビュー
9
『マクロスF』7年ぶりとなる新譜が発売決定! 新曲『Good job!』は、2059年にレコーディングされた未発表のシェリルとランカのデュエット曲!? 『マクロスF』7年ぶりとなる新譜が発売決定! 新曲『Good job!』は、2059年にレコーディングされた未発表のシェリルとランカのデュエット曲!?
10
井口裕香さん、阿澄佳奈さん、日笠陽子さん、小倉唯さんらによる爆笑朗読劇や、サプライズで盛り上がった「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」をレポート! 井口裕香さん、阿澄佳奈さん、日笠陽子さん、小倉唯さんらによる爆笑朗読劇や、サプライズで盛り上がった「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」をレポート!
1 『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場
『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場 『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場
2 特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送
特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送 特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送
3 『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー!
『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー! 『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー!
4
森久保祥太郎さん・岸尾だいすけさんら声優6名がお笑い芸人とコラボ!NHK総合『笑アニさまがやってくる!』が7月16日放送 森久保祥太郎さん・岸尾だいすけさんら声優6名がお笑い芸人とコラボ!NHK総合『笑アニさまがやってくる!』が7月16日放送
5
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
6
『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』アニメ3期BD&DVD第1巻&サントラ本日発売!併せてイベント「雄英サバイバル合宿」ビジュアル公開! 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』アニメ3期BD&DVD第1巻&サントラ本日発売!併せてイベント「雄英サバイバル合宿」ビジュアル公開!
7
『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定! 『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定!
8
酷暑にはやっぱり海水浴やプールで水着姿に!? 夏休み直前!『SAO』『リゼロ』など、人気キャラクターの水着姿をコスプレ写真でお届け! 酷暑にはやっぱり海水浴やプールで水着姿に!? 夏休み直前!『SAO』『リゼロ』など、人気キャラクターの水着姿をコスプレ写真でお届け!
9
映画『BLEACH』を原作者・久保帯人先生が絶賛! アニメ版黒崎一護役の森田成一さんからの熱いエールも! 映画『BLEACH』を原作者・久保帯人先生が絶賛! アニメ版黒崎一護役の森田成一さんからの熱いエールも!
10
『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる! 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ