アニメ
劇場アニメ『K』EP3舞台挨拶に興津和幸さん&釘宮理恵さんが登壇

劇場アニメーション『K SEVEN STORIES Episode3 SIDE:GREEN~上書き世界~』興津和幸さん&釘宮理恵さんによる舞台挨拶をレポート|緑色の光に包まれ「jungle!」コールで一体感!

人気アニメ『K』シリーズ最新作は劇場アニメ『K SEVEN STORIES』として2018年7月から6カ月連続で公開中。その第3弾となるEpisode3『SIDE:GREEN~上書き世界~』が9月1日(土)より公開スタート!

初日の9月1日には、東京・池袋シネマサンシャインにて舞台挨拶付き上映会が開催され、比水 流役の興津和幸さんと五條スクナ役の釘宮理恵さんが登壇しました。本稿では、午前の部の舞台挨拶の模様をレポートします。

TVシリーズ2期の緑の悲劇的な終わり方から、どんな内容になるのか想像できない!?
Episode3『SIDE:GREEN~上書き世界~』は、比水 流や五條スクナなど緑のクランにフォーカスした作品。舞台挨拶の前に、本作が上映された午前の部では、上映の興奮冷めやらぬ中、比水 流役の興津和幸さんと五條スクナ役の釘宮理恵さんが呼び込まれます。『K』の世界観にピッタリなゴシックな衣装の釘宮さんと、ビシッと羽織ったジャケットの下にしっかりと緑色のTシャツを着用する興津さん!


興津さんは、第一声で「俺です。今日は来てくれて感謝です」と、流らしく声のトーンを落としたかと思うと、「楽しんでいってください」と素の声に戻って笑顔に。釘宮さんは優しい笑顔でごあいさつ。

▲比水 流役・興津和幸さん

▲比水 流役・興津和幸さん

まず、『K』の新シリーズとして7作連続の公開になると聞いた興津さんは、「びっくりしました! そもそも死んだのに。どうやるんだろうと思ったけど、今日無事に『GREEN』のお話をお届けできてホッとしています」と振り返ります。

釘宮さんは「こんなに豪華な話があるのかなって。緑はTVシリーズであんなことになったから心配してました(笑)。でも、こんな風になるのかと」と感慨深げ。

すると、釘宮さんはここまでの落ち着いた様子の興津さんに違和感を感じたようで、「興津君、こんな感じだったっけ? 収録以外ではラジオ(『K of Radio 4th』)以来だけど、あの時は「イエーイエー!」みたいな感じじゃなかったっけ?」 と問い掛けます。

それを受け、「あの頃は比水 流の姿・形がなかったんです! オウムに声をあててたり。絵が上がってきたらイケメンだったので、おとなしくしてようと。それまではジャングルっぽい格好をして、チンピラみたいだねと言われたり、みんなに『jungle! jungle!』と言われたり」と、興津さんが説明すると、場内は爆笑の渦に。

▲五條スクナ役・釘宮理恵さん

▲五條スクナ役・釘宮理恵さん

また、《セプター4》でおなじみの「抜刀」を釘宮さんがしたがっていたと明かすと、「カッコイイもん! でも緑は誰もしないから」と寂しそうに話す釘宮さんに、「だから『jungle! Jungle!』を差し上げますよ」と興津さん。

その申し出を聞いて「じゃあ一緒にやろうよ」と、2人はそれぞれ腕を挙げて「jungle! jungle!」と楽しそうに叫び、会場から拍手が起こりました。

今作での2人のお気に入りシーンは? 興津さんのアフレコ時の思わぬ苦労も!?
続いて今作のオススメ・お気に入りシーンを尋ねられると、釘宮さんは「大好きなシーンとセリフがあって。シーンは紫との戦闘シーンで、雅やかでパープルな感じの美しい世界の中で戦っているのがきれいで。収録時にも既に絵があったので、感動したことを覚えています。好きなセリフは、冒頭と終盤でスクナと流が同じセリフを言うところがあって、共感できました」とコメント。


釘宮さんが挙げた紫の戦闘シーンの美しさに同意した興津さんは、「紫のPVが流れたシーンは、急に始まってビックリしました(笑)。あと、忘れてはいけない道反ちゃん。まさか、あんなに広いお屋敷にアジトを持っているとは。しかも都内に何カ所も。更に謎が深まりました」と、《jungle》らしい謎めいたシーンをピックアップしました。

絵がそろっている状態でアフレコすることについて、興津さんは「楽しかったです」と口にしながらも「オウムの口が動くんですよ! 人に合わせるのは表情が分かるからいいけど、オウムは口をパクパクとか目がギョロっとしたり。オウムの気持ちを理解するのに時間が掛かりました」と、苦労したそう。それを聞いた林プロデューサーの「でもピッタリ合ってましたよ」の言葉に、笑みがこぼれました。

自身が演じたキャラについて、「スクナ君は、あの年頃ならではのひたむきさというか、青さというか、一生懸命なところにキュンとします」と告白した釘宮さんは、林プロデューサーから「釘宮さんの声もピッタリでしたよ」と言われ、「そういうのは恥ずかしいので」と照れる姿がかわいらしい!!

さらに、興津さんから「(スクナの)お母さんが怖かったです(笑)。ツンツンしているだけのスクナじゃなくて、過去にいろいろあったんだなと感じて、スクナってかわいいなと初めて思いました。それまでは、ただのゲーム脳なヤツだと思ってました」と言われ、「TVシリーズの時はそう言われてましたから。だからワケも分からず、何事もゲーム感覚でやってましたけど、今回のエピソードがあったことで、より人物像が掘り下げられたなと思います」と釘宮さん。興津さんが「今作で、スクナがより好きになった人が多いのでは?」と会場を見渡すと、賛同する大きな拍手が。

一方、流について興津さんは「流さんはいきなり立って戦い始めたので、最初からフルパワーでやりました。あの後は大変なことになっているそうなので、詳しくは小説を読んでください」と、しっかり原作小説もアピールしていました。

舞台挨拶恒例ミッションで会場全員が緑のサイリウムを振り上げ、「jungle! jungle!」コール
ここで、『K SEVEN STORY』の舞台挨拶で恒例となった特別企画。物語にちなみ、『Episode1』では青のクランと赤のクラン、『Episode2』では青のクランのコールを行ってきましたが、今回は会場の皆さんに緑のクランの《jungle》ミッションに参加してもらうことに。


事前に配布された緑のサイリウムを発光させると「わあ、きれい!」(釘宮)、「ここは《jungle》だ! 緑一色でうれしい。こんにちは! 《緑の王》です(笑)」(興津)と、テンションUP。

スクナの「jランカー権限により命令。集合ミッション0901発動」の号令で、サイリウムを一斉に頭上に掲げ、スクナが「異能アイテム雷光の術発動!」と叫ぶと効果音が鳴り響きます。続いて、流の「ミッションコンプリート。感謝です」のセリフで締めくくり、ミッション大成功に興津さんが「jungle! Jungle!」と絶叫。観客も複唱し、緑のクランの素晴らしいチームワークに、拍手が沸き起こりました!

フォトセッションが終わると、最後は皆さんへのメッセージでエンディング。

「初めての方にも、今まで応援してくださっている方にも楽しんでいただける作品になっていると思います。まだ見ていないお友達がいたら、誘ってまた見に来ていただけたらうれしいです」(釘宮)。

「上映される24週に渡って、毎週プレゼントを用意しているそうなので毎週来てください。これはミッションです。これからも『K』の世界を楽しんでください」(興津)。

《緑の王》流、スクナなど緑のクランの魅力が十分に詰め込まれた本作を見れば、更に『K』シリーズが面白くなること間違いなし!

K SEVEN STORIES Episode 3「Lost Small World ~檻の向こうに~」舞台挨拶付上映会開催決定!
●日時:10月6日(土)
<1回目>10:45開演
本編終了後12:00ごろ舞台挨拶を予定しております。
<2回目>13:10開演
本編上映開始前13:10ごろより舞台挨拶を予定しております。
会場:新宿ピカデリー
登壇者:宮野真守(伏見猿比古 役)、福山潤(八田美咲 役)

開演時間の約10分前より、お席のご案内を開始致します。お時間には余裕をもってお越しください。

●料金
1,800円(税込)
※各種特別鑑賞券(前売券)、各種招待券はご使用いただけません。

●チケット受付
K FAN CLAN限定先行受付(抽選)
受付期間:9月14日(金)18:00~9月19日(水)23:59まで
受付URL:https://www.funity.jp/k-seven-stories_fc/
※K FAN CLAN会員のみ応募可能です。
※先行受付は終了しております。

●注意事項
・登壇者は予告なく変更になる場合がございます。
・転売/譲渡目的でのご応募、および当選権の転売・譲渡は決して行わないでください。
・カメラ/携帯電話/スマートフォン等による許可のない撮影は禁止とさせて頂きます。
許可のない撮影を発見次第、データの削除やご退出、イベントを中止させて頂く可能性がございます。
・当日会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、記録撮影が行われ、テレビ/雑誌/ホームページ/SNS等にて放映、掲載される場合がございます。
・当イベントは、天候その他やむを得ぬ事情により、主催者の判断で事前の通知なく中止となる場合がございます。
・ご購入/お引替え後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご入場頂けません。
・会場への上映内容に関するお問い合わせはご遠慮ください。

劇場アニメーション K SEVEN STORIES 概要
● 公開情報
劇場アニメーション K SEVEN STORIES
2018年 7月7日(土) Episode 1 「R:B ~BLAZE~」
2018年 8月4日(土) Episode 2 「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」
2018年 9月1日(土) Episode 3 「SIDE:GREEN ~上書き世界~」
2018年10月6日(土) Episode 4 「Lost Small World ~檻の向こうに~」
2018年11月3日(土) Episode 5 「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」
2018年12月1日(土) Episode 6 「Circle Vision ~Nameless Song~」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

● イントロダクション
解けるキズナ、そして...。
2012年にテレビアニメ第1期「K」、2014年に劇場版「K MISSING KINGS」、2015年にテレビアニメ第2期「K RETURN OF KINGS」が放送された、オリジナルアニメーション「K」シリーズ。

独特の世界観、繊細で華麗なビジュアル、洗練されたアクション、個性豊かなキャラクターたちとその関係性、 緻密でありながらも大胆に組み上げられたストーリーなどあらゆる要素が組み合わさった本作は今なお多くのファンを魅了し続けてやまない。

そして2018年...「K」の濃密なクロニクルを描く7つの物語がついに幕を開ける......「劇場アニメーション K SEVEN STORIES」、2018年7月より全国劇場にて順次公開。

● メインスタッフ
原作:GoRA×GoHands
監督/キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成/脚本:GoRA
音楽:遠藤幹雄
主題歌:angela
アニメーション制作:GoHands
製作:k-7project

● チケット情報
現在、各種前売りチケットが全国公開予定劇場にて販売中。それぞれ異なる描き下ろしイラストを使用した数量限定のチケットとなるので、確実にゲットしたい方はお早めに!

■各作品 全国共通特別鑑賞券
Episode 1「R:B~BLAZE~」全国共通特別鑑賞券 ※販売終了
Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」全国共通特別鑑賞券 ※販売終了
Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」全国共通特別鑑賞券※販売終了
Episode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」全国共通特別鑑賞券
Episode 5「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」全国共通特別鑑賞券
Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」全国共通特別鑑賞券

価格:各1,500円(税込)
販売箇所:全国公開予定劇場

※お取り扱い詳細は最寄りの公開劇場にお問い合わせください。
※公開予定劇場は公式サイトの劇場一覧をご確認ください。
※数に限りがございます。売り切れの際は早期終了となりますので 予めご了承ください。

● 注意事項
・K SEVEN STORIES各作品のみご鑑賞いただける前売券です。
・特別上映のため小人券はございません。
・一部劇場では、本前売券と当日入場券の引換が必要な場合がございます。
・本鑑賞券は舞台挨拶などの特別興行、及びインターネット販売ではご使用いただけない場合がございます。
・本作品は特別上映のため、例外を除き当日券は1,800円(税込)一律となります。

「K SEVEN STORIES」オフィシャルサイト
アニメ「K」公式Twitterアカウント

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集