menu
アニメ
冬アニメ『マナリアフレンズ』日笠陽子&福原綾香インタビュー

『マナリアフレンズ』日笠陽子さん&福原綾香さんインタビュー|雄弁な間が語るのはアンとグレアの愛が詰まった関係性

2019年1月より放送開始されるTVアニメ『マナリアフレンズ』。ソーシャルゲーム『神撃のバハムート』内のイベントをもとに、アンとグレアのマナリア魔法学院における日常生活が描かれる作品です。

この度、主演を務める日笠陽子さん(アン役)と、福原綾香さん(グレア役)にインタビューを実施! アニメにおけるキャラクターの魅力や、ふたりの愛が詰まった関係性、さらにはキャストふたりの波乱万丈(?)な学校生活など、お話をお伺いしました!

↓第1話「アンとグレア」が無料公開中!

アニメイトタイムズからのおすすめ

ゲームでは描かれないアンとグレアの知られざる日常

――まずおふたりからご覧になったキャラクターについてお聞かせください。

アン役・日笠陽子さん(以下、日笠):マナリア魔法学院の生徒のアンは、一国のお姫さまで高貴な存在です。小さい頃から英才教育を受けているため、魔法の技術や魔力が他の生徒たちと比べ物にならない実力を持っています。

周りの生徒たちからも慕われたり頼りにされていますが、彼女はそこに壁を感じていて。もちろん仲はいいものの、みんなと平等にいたかったのに持ち上げられてしまって、どこか遠い存在のように対応されているところに孤独を感じている女の子です。

周りにはその孤独を見せなかったんですけど、グレアと出会うことによって抱えている孤独に自分でも改めて気がつきます。また、グレアも孤独を抱えている女の子だったので、お互いに理解しながら孤独を溶け合わせられるような存在になりました。

グレア役・福原綾香さん(以下、福原):グレアもアンとは異なるタイプの孤独を感じている子で、彼女は竜の国のお姫さまなんです。

人にはない羽や尻尾、角などにコンプレックスを抱えていて、周囲の人から怖がられるんじゃないかと孤独を感じています。

内向的ではありますが、根はとても女の子らしく純粋な性格なので、その魅力をアンによって開花してもらえたと思います。

日笠:グレアは友達が増えたよね(笑)。

福原:増えましたね! アンの社交的な姿を見て、グレアの中で変わった何かがあったのかなと感じています。

――『神撃のバハムート』に出演していた頃から、かなり長い期間キャラクターに寄り添ってきたかと思いますが、本作を通してキャラクターの印象は変わりましたか?

日笠:アンはゲームとアニメで別の顔を見せていると思います。ゲームにおけるアンは本気で戦う場面が多く描かれているので、授業を受けたりするような学校生活は多くは見られなかったんですね。

――たしかに戦闘の場面が多く描かれていますよね。

日笠:学院が外から攻められたり、遠征で戦いに行ったりと、アンでもピンチに陥る瞬間を演じることが多かったため、のんびりした雰囲気というよりはキリッと指示を出したり戦いの中に見える真剣な表情のイメージが強くありました。

本作ではグレアと接する時間が多く、一緒に会話すると不思議と彼女への愛情が深まっているように実感します。本編中はグレアへの深い愛が描かれているので、私も楽しみながら演じています。

福原:グレアは「クールで口数が少ない子なのかな?」という第一印象でしたが、アンをはじめ色々な仲間と触れ合っていくうちに、怒ったり恥じらう一面を持っている子であることが分かっていきました。

特に恥ずかしがることについては、色々なバリエーションの表情が見えるんです。まんざらでもなかったり、ちょっとプンスカしてみせたり(笑)。それらを演じていく上で気が付くことができましたし、個人的にも楽しいポイントですね。

――本作で初めてグレアもを見る人はもちろん、もともと好きだった人はより彼女に引き込まれるような恥じらいだと思います。

福原:最終的にどんな絵になるかはまだ分かりませんが、グレアは尻尾が特徴的なんですよね。ビクってしたり、ふにゃってしたり、そこに細かいフェティシズムが出ていると思うので、きっと尻尾好きの方にはたまらないんじゃないかなと思います(笑)。

――アンとグレアをアニメの中のいちキャラクターとして演じられる上で大切にしているポイントはありますか?

日笠:アニメーションにおいては、やり過ぎない点を大事にしています。オチがつくシーンでは可愛げなアンを残せられるように面白くしたくなるんですけど、そこで「もう少し可愛く」とディレクションしていただくこともあるんです。あとはグレアに対する“好き”という気持ちを行動すべてに忘れないことでしょうか。

――グレアに対する親友としての愛情ですか?

日笠:愛情というよりは恋する乙女のような、一方通行のような感覚がありますね。すごくグレアのことが好きなんです。

福原:アンの周りにハートが飛んでいるイメージですよね(笑)。

日笠:そう! あとお母さんと娘みたいな親子関係に見える瞬間もあったよね。見ていて微笑ましいというか。きっとアンが興味あるのは男性でも女性でもなく、グレアという存在なんだと思います(笑)。

――素敵な関係性ですね。

福原:私はゲームから長いこと関わらせていただいているので、ときどきグレアが人と接することが苦手だということを忘れそうになるんですね(笑)。オーウェンとは時間をかけて喋れるようになりましたし、ゲームに登場しているゲストキャラクターと話す機会もあったので、わりと外交的に人と関わることが苦じゃなくなったグレアを知っているんです。

だからアニメでもう一度引っ込み思案なグレアを演じるときに「もうちょっと人と接することを辛そうにしてください」と言われて(笑)。最初の方のアフレコでは、その頃のグレアを思い出すことが課題だと思いながら収録していました。

日笠:「グレアはもっと人と喋れない感じで」って言われてたよね。「もっとコミュ障で!」って(笑)。

――(笑)。ではアンや周りの人と徐々に心を開いていく過程を、ゲームの既存ユーザーの方には改めて楽しんでいただけると。

福原:そうですね。ゲームをプレイされているユーザーの方に「そんなこともあったね」と思っていただけるような内容になっていると思います。でもあれだけアンに話しかけられたら心開かされちゃいますよね(笑)。

――かなり活発な性格ですよね。周りから遠い存在と思われているものの、学校生活を楽しんでいるような笑顔も見られます。

日笠:「色々なところに行こうよ!」「私もやりたい!」と提案する場面が多く見られることから、日常生活でのアンもとてもアクティブなんですよ。場合によっては魔力が強すぎて断られることもあるんですけど、そのアクティブな気持ちは私も共感できます。

私も「面白そう!やりたい!」と言うタイプなので、自分の気持ちが乗るくらいのテンションで演じています。結構、アンと似ているタイプかもしれませんね。元気な女の子って役柄としてはあまり多くはないんですけど、演じやすいと思うのはそういった共感できる部分があるからなんだと思います。

――福原さんもグレアに共感できるシーンはありましたか?

福原:グレアに近いと思うことは結構ありますね。私も外交的でみんなの中心になる性格ではなく、むしろ中心人物に引っ張ってもらうタイプなんです。

日笠:たしかにグレアと似ているところあるよね。

福原:そうなんです(笑)。コミュニケーション能力が高い方ではないんですけど、色々な人と話すことは好きなので。だからグレアも決して人嫌いではないと考えていて、根は優しくて人のことを思いやれるような子だと思っています。まぁ私はグレアほどいい子ではないんですけど(笑)。

だから、中心的な人に引っ張ってもらって気がついたら遊んでいるようなところは似ていますね。わりと文化部的な性格だと思っているので。

日笠:私は運動部だった!(笑)

福原:なので極端な文化部と……。

日笠:極端な運動部(笑)。

福原:そこのデコボコ感が私達にも共通しているのかなと思います(笑)。

雄弁な間が作り出すふたりの愛と絆

――アフレコ現場の雰囲気はいかがでしょうか。

日笠:すごくいい雰囲気です! そんなに人数が多いわけでもないですし、スタジオもそんな広くないので。お菓子を持ってきてくれる福原ちゃんは、腹ペコの私を癒してくれる存在です(笑)。

(井上)喜久子さんも「お腹空いたわよね!」と言ってドーナツを二種類も買ってきてくださったり(笑)。総じて、のほほんとした人が多い現場かもしれません。

福原:たしかに!

日笠:喜久子さんや、こやま(きみこ)さんもまったりしていますし。羽多野さんも穏やかだし、私だけ「ぷぎゃっ!」と騒いでいて、みなさんに支えられています(笑)。

福原:毎回、穏やかに収録が進められています(笑)。

――なるほど。アンとグレア以外にも個性的なキャラクターが揃っていますよね。

福原:ハンナの“あのシーン”はぜひ注目していただきたいですね……!

日笠:まさかあんなことになるとは思わなかったよね!

福原:そうですね。オンエアではどうなるか分かりませんが、きっと放送を見ている方があっと驚く展開が待ち受けています……!

日笠:「さすが(水樹)奈々様……!」みたいな!

福原:ぜひ中盤のハンナに注目していただきたいです。

日笠:個人的には、セリフこそ発してないものの絶対に画面の中に居るだろうなというオーウェン探しに注目していただきたいです(笑)。私達も把握はしきれていないんですけど、絶対に描かれてるよね!

福原:アフレコをしていても「○○するオーウェン」とか書いてありますよね!

日笠:ときどき書いてあるよね! でもセリフはないから多分絵には描かれているんだろうなと(笑)。「この話数は何体オーウェンがいたでしょうか?」みたいな(笑)。ぜひオーウェンのことを気にしていただければ嬉しいですね。

――総じて注目してほしいポイントをお聞かせください。

日笠:やっぱりアンとグレアの会話劇でしょうか。アンとグレアが絆を築くシーンを話数をまたいで描かれることもあるんです。

ネタバレになってしまうので細かくは言えませんが、ふたりの中で伏線のようになっているセリフも存在していて! そういったギミック、短い中で描かれる人間模様に注目していただきたいですね。ぜひ全話見て「これってあのときの……!」と思ってほしいなと思います。

福原:まさに日笠さんがおっしゃっていた通り、言葉が多いわけではないんですけど綺麗に間が使われていて。何も言わない時間にもふたりは色々と思っているんだぞ、と考えさせられるようで間が何よりも雄弁なんです。

日笠:細かいよね。目線の動きとか繊細で。

福原:ちょっとした手の動きとか、グレアの尻尾とか、色々な細かいところにふたりの気持ちが表れています。喋っていないところにもふたりの気持ちが表れているんだと思いながら見てほしいですね。

日笠:短いアニメはセリフを詰め込む作風が多いと思います。もちろん、それもひとつの楽しみ方ですが、本作ではその逆を行く稀有な作品になりそうです。丸々アフレコ台本2ページ分、誰も喋っていないところもあるくらいなので。あえて息だけしか入れなかったり、その息すら消えてるかもしれないと思うほどです。

福原:バタバタとコメディのように進んでいくことも楽しいんですけど、ふたりが描かれるその短い間にたくさんの情報量が詰め込まれていると思うんですよね。物足りなくないし、喋り過ぎてもいない。でもポイントを押さえられていて……もう侘び寂びがすごい!

一同:(笑)。

日笠:世の男性たちが思い描く女子校のふたり……みたいなイメージかもしれませんね。本来の女子校って絶対に違うんですけど(笑)。理想の女の子ふたりの物語が描かれています。

――尊いですね……!

日笠&福原:尊いです!

日笠:百合百合しくないところが良いよね。

福原:口当たりはいいけどものすごく濃厚……みたいな(笑)。

日笠:そう! きっと想像力をかきたてられる間なんだろうね。彼女たちはそのつもりなんて一切なくやっているんだけど、見ている人からすれば「このふたり実は付き合ってるの……?」と想像させられて。

福原:見た後に談義をしたい作品です! 「ここです止めてください!」と言って、シーンごとに一時停止をして語ればより楽しめるんじゃないかなと(笑)。

日笠:たしかに! コメンタリーとかしてみたい!

極端な運動部の日笠さんと、極端な文化部の福原さんの学校生活は?

――先ほどもお話いただきましたが、本作ではアンとグレアを中心として学校生活が描かれています。おふたりはどのような学校生活を送っていましたか?

日笠:私は中学受験をして中高一貫の学校に通っていたので、6年間メンツが変わらなかったんですよね。クラスも4クラスしかなかったので、高校に上がる頃にはもう知っている人しかいなくて。

しかも女子校だったので特にときめきもなく、部活に打ち込むしかない6年間でした。

でも部活はとても楽しくて、そこで学ぶことも多かったと思います。ソフトボール部だったんですけど、球技の難しさやチームプレイについて学びました。先生も個性的な方々ばかりで「服装の乱れは心の乱れ!」と言ってくる勢いの生徒指導の先生もいて(笑)。

福原:アニメに出てきそうですね(笑)。

日笠:そうでしょ!? もう廊下も直角に曲がるの!(笑) 普通、曲線を描いて曲がるはずなのに、角でちゃんと方向転換して! 

福原:前髪も七三分けでガッチリ固めてそうです(笑)。

日笠:まさに七三だった! リボンとか靴下とかスカートとか本当に厳しくてね(笑)。

福原:私は文化部の化身のような存在でした。美術部と合唱部と放送部を兼任していて、言ってしまえば雑用のようなこともしていたり。舞台装置のシートを作ったりしていたので、机に向かったり何かを描いたりと、とにかくインドアな高校生活を送っていました。

中でも部活を兼任していた分、切り替えが大変でしたね。「今はこれ!」「次はそれ!」といったように頭を切り替えながらやっていて、文化祭ではあまりにも全力を注ぎ過ぎたため、行き倒れるように寝ていて(笑)。母親がそっと毛布をかけてくれることが日課でした。

日笠:青春だね~!

福原:青春でしたね〜(笑)

――では一番思い出に残っているのは文化祭?

福原:そうですね。クラス劇で効果音やBGMを担当していたんですけど、それがとても楽しくて。そこで舞台裏の楽しさを経験したので、お仕事でイベントに出演させていただくときは「地明りこだわってるじゃん」というように見ていることも(笑)。

日笠:えー!? そこまで見たことない!

福原:今でもときどき当時のことを思い出すくらい印象的でした。

――となると日笠さんが印象的だった学校生活は部活になるのでしょうか。

日笠:そうですね、中でも初めて出た試合です。当時は中学1年生で試合もコールド負けしたんですよね。そのときはセンターで、ホームランがバンバン飛んできて(笑)。先輩が怒ってしまって、内心「お前が打たれてんじゃん!」って思いつつ(笑)。

野球場ではなくグラウンドで試合をしていたので、ずっと先まで転がっていくんですよね。それなのに校庭の端までホームランボールを取りに行かされて……!

福原:それは……お腹が空きますね(笑)。

日笠:空くでしょ?(笑)

――(笑)。では、そんな学生生活でもし魔法が使えたとすれば、どんな魔法を使ってみたいですか?

日笠:お腹が空いていたのですぐに帰りたかったんですよね。ずっと電車通学をしていたので、その時間が嫌でした。買い食いをしたかったんですけど、部活終わりだと先生も同じ帰宅時間になってバレるから、どうしてもできなかったんです。

――高等部に上がっても買い食いはダメだったんですか?

日笠:全然ダメでしたね。だって「服装の乱れは心の乱れ」と言うくらい、廊下を直角に曲がる生徒指導の教師がいるくらいですからね! ただ、一度だけこっそり買い食いをしようとしたんです。でもお店の中で急に腕を掴まれて、振り向いたら学校の先生だった出来事が本当にトラウマで……(笑)。

福原:万引き犯が捕まる瞬間みたいじゃないですか! 怖い!

日笠:怖すぎない!? 学校の最寄り駅の売店だったから、そら見つかるわって話なんですけど……。だから私はすぐに帰れる、もしくは買い食いしてもいい学校に転校できる魔法がいいです(笑)。

福原:私は地元が田舎すぎて、バスが2,3時間に1本くらいの間隔でしか運行していなかったんですよ。

日笠:えっ!?

福原:だから学校も自分の学力に合ったところというより、距離的にどこまで行けるかを基準に選んでいたんです(笑)。それを踏まえて、なんとなく好きなところを選んでいて。自分の通っていた学校は好きなんですけど、もう少しバスの本数を増やせないかなと思っていて!

日笠:せめて1時間に1本とかは来てほしいよね……。そこまでなら歩いた方が早いんじゃない?

福原:家から学校まで25kmくらい離れていたので……。

日笠:えっ……都心から羽田空港くらいまでなら行けるじゃん……。

福原:毎日それに乗っていたので、よくバス通学を頑張っていたなと今は思います。なので私はバスの本数を増やす魔法が使いたかったです(笑)。

――おふたりとも波乱万丈な学生生活を送られてきたんですね……。

日笠:今となってはネタになるからね?

福原:そうですね。若かったから乗り越えられたところもあると思います。

日笠:きっと今ならタクシー使っちゃうけど(笑)。

福原:今でこそ余計な忍耐は経験したくないと思ってしまいます(笑)

日笠:昔に忍耐したから、今こうやって言えるんだね。うん、いい話になった!(笑)

――素敵なお話ありがとうございます(笑)。それでは放送を楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

日笠:製作が発表されてからお時間をいただいてしまいましたが、それだけみなさん放送の瞬間を待ち望んでいただいていたと思います。待っていただいた分、とてもいい作品に仕上がっています。

ゲームをプレイしたことのある方はより楽しんでいただけますし、まだプレイしたことのない方はアニメを見てゲームをプレイしてくれるような素敵な循環ができたらいいなと思っております。ぜひ楽しみに待っていてください、よろしくお願いします!

福原:本作は普通のアニメの半分くらいの尺でサクッと気軽に見れる作品となっています。「ちょっと疲れたな」「会社・学校に行く前にちょこっと見ようかな」など、隙間の時間で見ていただけると思いますし、そこで見たら最後。絶対にハマると思います。

単発でちょこっと見てもいいと思いますが、続けて見てくださると色々な発見があるので、ぜひ機会があればじっくり見ていただけると嬉しいです。そこからゲームにハマっていただくも良し。ふたりの関係性にひたすら「尊い……!尊い……!」と手を合わせながら楽しんでいただくも良し(笑)。色々な楽しみ方ができる作品となっているので、ぜひぜひ楽しんでご覧ください!

――ありがとうございました。

[取材・文・撮影/鳥谷部宏平]

作品情報

TVアニメ『マナリアフレンズ』

放送情報

TOKYO MX:毎週日曜24:30~24:45
BS11:毎週日曜24:45~25:00
AT-X:毎週月曜24:30~24:45 ※リピート放送あり
J:COMテレビ:毎週火曜22:45~23:00
AT-Xリピート放送:毎週水曜16:30~16:45/毎週土曜8:30~8:45
※放送日時は予告無く変更になる場合がございます。

配信情報

dアニメストア:毎週日曜24:30~放送同時で配信開始
他配信サービス:毎週月曜24:00~順次見逃し配信開始
その他配信サイトは公式HPにて。

『神撃のバハムート』 “マナリア魔法学院編”とは?

神撃のバハムート内イベントの人気シリーズ。人・神・魔…通常は争い合う3つの種族に分け隔てなく魔法を教える名門校・マナリア魔法学院を舞台に、マナリア王族の娘であるアン、竜族の姫グレア、エルフ族の生徒会長ハンナらが、様々な事件を解決する。

あらすじ

《人》 《神》 《魔》あらゆる種族が住まう神秘の世界ミスタルシアに存在するマナリア魔法学院。そこは種族に分け隔てなく魔術を教える名門校。そんなマナリア魔法学院に入学し、出逢ったふたりのお姫さま。圧倒的な魔法の才能とカリスマ性で人々を惹きつけるマナリア王国のお姫さまアン。竜と人とのハーフで竜たちの国に馴染めずにいた内気な竜族のお姫さまグレア。この出逢いによってふたりの日々が色づき出す。買い物をしたり、学院内で遊んだり、何気ない日々もふたりでいれば大切な思い出となり、かけがえのない日常になっていく。これは、マナリア魔法学院で過ごしたアンとグレアの日常を描いた物語。

スタッフ

原作:Cygames
監督:岡本英樹
シリーズ構成:関根聡子
キャラクターデザイン:吉田南
美術監督:川本亜夕
撮影監督:米澤寿
色彩設計:角美智子
編集:肥田文
音楽:渡邊崇
音響監督:田中亮
音響効果:風間結花
音響制作:東北新社
アニメーション制作:CygamesPictures

キャスト

アン:日笠陽子
グレア:福原綾香
ハンナ:水樹奈々
オーウェン:羽多野渉
ルゥ:こやまきみこ
ミランダ:井上喜久子
ウィリアム:内田雄馬
ハインライン:沢城千春
ジル:中博史
ポピー:Lynn

ゲーム概要

タイトル:神撃のバハムート
配信開始日:2011年9月1日
開発・運営:株式会社Cygames
配信:Mobage

ゲーム配信ページ
AndApp版
スマートフォン版
Google Play版
※「Mobage」への会員登録が必要です。

動作環境:
【推奨端末/OS】
・iOS 8.0以上搭載の端末
・Android 4.0 以上搭載の端末

【推奨ブラウザ】
Safari最終版
Google Chrome最新版

TVアニメ「マナリアフレンズ」公式サイト
アニメ『マナリアフレンズ』公式ツイッター(@manaria_friends)

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020冬アニメも声優で観る!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー