menu
映画
映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』山口由里子(ニコ・ロビン役)インタビュー

映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』山口由里子さん(ニコ・ロビン役)インタビュー|「ロビンを演じるのは運命としか思えなかった」

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)』が2019年8月9日(金)より、全国公開!

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎さん原作による週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中の大人気コミック。今年で連載開始から22年目を迎えます。

1999年にスタートしたTVアニメの放送も、今年で放送20周年。そんな20周年を記念した『ONE PIECE STAMPEDE』は、劇場版としては3年ぶり、第14作目の作品です。

映画の公開を記念して、ニコ・ロビン役の山口由里子さんにインタビュー! ニコ・ロビン役を演じることになったお話や『ONE PIECE』の思い出を振り返っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

あらすじ

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典「海賊万博」。万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。会場には世界中から海賊が群がり、万博の目玉である「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で、お宝争奪戦が繰り広げられる。

しかし、海賊たち熱狂する万博の裏には、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの企みがあった。お宝争奪戦が熱を帯びる中、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入し、ルフィたちの前に立ちふさがる。

さらに、スモーカー、大将”藤虎”イッショウ、”黄猿”ボルサリーノといった海軍、王下七武海”海賊女帝”ハンコック、”世界最強の剣士”ミホーク、”元王下七武海”クロコダイル、”革命軍参謀総長”サボ、”CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現す。お宝争奪戦と海賊万博は、予測不能の大混乱へと陥って行く!

今作ではルフィの強さを改めて確認

――今作の台本を読んだ感想をお聞かせください。

山口由里子さん(ニコ・ロビン役/以下、山口):台本を読む時、麦わらの一味9人のキャラクターに関しては、キャストがどのように演じていくかというのが頭の中に自然と浮かびます(笑)。最初に今作の台本を読んだ時、面白くて、感動するところもありました。でも、ロビンとしての立ち位置がいつもとちょっと違うので難しいと感じた部分もありました。TVシリーズ本編とは違った設定でキャラクターたちがめくるめく早さで登場してきますから。ロビンがTVシリーズに2年半出ていなかったということもあるかと思いますが、このシチュエーションの中、ロビンはどんな思いでいたらいいのかなと迷いました。

▲ダグラス・バレット

▲ダグラス・バレット

――今作で印象に残ったところはどの辺りですか?

山口:やっぱりずっと戦っているルフィ(CV:田中真弓さん)の強さを改めて感じました。ルフィは肉体面だけでなく、精神面も本当に強いんだなと。相手のダグラス・バレット(CV:磯部勉さん)は相当強い。でも、ルフィは自分のためではないところで戦っている。それが強さの根源です。「うちの船長はものすごく強いんだぞ~!」と思いました(笑)。

それから、本編ではありえない豪華なメンバー達が共闘している様はワクワクしました。そこが一番の見せ場だと思います! 正直、ロビンもその共闘チームに入りたかった。戦いたかったな~とちょっと思っています(笑)。

▲ブエナ・フェスタ

▲ブエナ・フェスタ

――今作の敵、ダグラス・バレットやブエナ・フェスタ(CV:ユースケ・サンタマリアさん)の印象を教えてください。

山口:この2人にはあまり共感できない……(笑)。誰にも救われなかったふたりだけど、自分たちがそうしてしまったんでしょうね。手を差し伸べてくれる人に気づけなくて、苦しかったでしょうね。しょうがない2人ですね~(笑)。そのどうしようもない感じを、磯部さんとユースケさんのお2人が見事に演じて下さっています。とても存在感があり、素敵です!

母ニコ・オルビアを演じられたから、ロビンをより深く理解することができた

▲クロコダイル

▲クロコダイル

――今作で、ロビンは因縁のあるサー・クロコダイル(CV:大友龍三郎さん)とのやりとりがあります。サー・クロコダイルが「ミス・オールサンデー」と話しかけるシーンが懐かしく、印象的でした。

山口:久しぶりにその名前で呼ばれましたからね。「まだ呼ぶか、その名前!」と思いました(笑)。

――(笑)。今年はTVアニメ放送20周年です。山口さんはニコ・ロビンというキャラクターを20年演じられていますが、ご自身ではロビンのことをどのように見ていますか?

山口:ロビンは幼い頃から闇を抱え、辛い思いをたくさんしてきました。いじめられたり、裏切られたり、良いことがほとんどないまま、人を信じられないまま生きてきたんです。ミス・オールサンデーの頃のロビンは、本来の生まれ持った彼女の性質とは違い、闇を抱えていた。でもルフィたちがその闇をひっくるめてロビンの全てを受け入れてくれたことで救われました。良かったです(笑)。

ロビンは、、初めて自分の全てを受け入れてくれる人達に出会え、「自分は生きていていいんだ」と感じられるようになりました。だから、ロビンはルフィたちのために頑張るんです。

私がロビンを理解する上で大きかったことは、ロビンのお母さんニコ・オルビアを演じさせていただいたことです。私が幼いロビンではなく、オルビアとして母の気持ちを演じさせてもらえたから、改めてロビンのことが理解でき、今のロビンでいられるんです。

ロビンとオルビア、どちらの心情もわかって今のロビンを演じているつもりです。ロビンは強いし、後ろを振り返らない。彼女の心の中にはルフィたちだけでなく、常にあの時の母もいる。オルビアを演じたからこそ、ロビンが母の気持ちを受け取ったという実感があります。こんなお話は初めて語りました(笑)。

(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー