アニメ
ロザリーナ『歌舞伎町シャーロック』ED「百億光年」インタビュー

「百億光年を通じて届けられる願いや希望が、誰かの信じるものになればいい」 ロザリーナが明かす『歌舞伎町シャーロック』ED完成までの物語

10月から放送となった『歌舞伎町シャーロック』のエンディングを飾るロザリーナさん。壮大なバラードであり、亀田誠治氏がプロデュースしたED曲「百億光年」の先行配信が開始。

アニメ『からくりサーカス』OP曲&ED曲の歌唱、さらにTHE ORAL CIGARETTESとのフィーチャリング、NHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろし等、シーンも世代も超えて人々を魅了するロザリーナさんの繊細な歌声。

インタビューを通して彼女のうたの “源”になっているものも浮かび上がってきた。

「初めまして、ロザリーナです」と言える曲

──「百億光年」はロザリーナさんにとってどんな曲になりましたか?

ロザリーナさん(以下ロザリーナ):今やっとここで「初めまして、ロザリーナです」と胸を張って感じがしています。「百億光年」は良い意味でアニメに寄りすぎてない曲だと思うんです。“ロザリーナ”でやらせていただけてありがたく感じています。。すごく好きな曲ができたなって感覚があります。

──「初めまして、ロザリーナです」と胸を張って言える曲……その制作過程を教えてもらえますか?

ロザリーナ:「百億光年」自体はかなり昔に、ワンコーラスだけ作っていた曲だったんです。それを吉村監督に気に入っていただけて、『歌舞伎町シャーロック』のエンディングテーマに使っていただくことになりました。

打ち合わせのときに「プロデューサーの亀田誠治さんのような人がアレンジしてくれたらいいなあ」という……実現しないであろう会話をしていたんですが、「ダメもとで言ってみようか」という話になって。

そしたら、亀田さんからまさかのお返事をいただけて。後から聞いたんですが「この声のひとと仕事したい」と言ってくれたそうなんです。もうテンションがあがってしまって(笑)。歌っててよかったと思った瞬間でした。

 
※亀田誠治さん…音楽プロデューサー/アレンジャー/ベーシスト/シンガーソングライター。これまでにプロデュース/アレンジを施したアーティストは、椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、Do As Infinity、いきものがかり、JUJU、秦基博、山本彩、石川さゆりなど。

 

──亀田さんは言わずと知れた名プロデューサーですが、やはりロザリーナさんにとっても憧れの人でした?

ロザリーナ:もちろんです。椎名林檎さんのプロデュースをはじめ、時代を作られてきた人で。初めて会うときもとても緊張しましたね。

──その後はどんな風に?

ロザリーナ:亀田さんがアレンジをしてくれることが決まったあと、2番以降の歌詞を作っていきました。アニメの制作側からの要望として、“救い”というキーワードをいただいていたんです。

──救い、ですか。

ロザリーナ:難しいですよね。ただ、「百億光年」の一番を気に入ってくれて、この曲を選んでくれたということは、その歌詞が救いになっていたのかなと思って。

あと、一番が昔の悩んでいた自分だとしたら、それに対して今の自分がアンサーしていく。そんな風に書いていきました。Dメロは亀田さんが考えてくれたんです。自分では思いつかないような美しいメロディとコード進行で。

自分としても、逃げたいと思うこともあるし、諦めてしまいたくなるときもあるんです。そんなときに“救い”って求められるものなのかなと。この「百億光年」を通じて届けられる願いや希望が、誰かの“信じるもの”になればいいなって思いました。

……ちょっと言葉にするのは難しいんですけど。

──すごく光のある曲ですよね。

ロザリーナ:昔作った曲って希望に満ち溢れてるんです。まだ世間の事もあまり知らなかったからこそ希望に満ち溢れてるというか(笑)。だからこの「百億光年」を今書こうと思っても書けないと思います。長い時間をかけて完成した曲です。

──まさに「百億光年」じゃないですか!

ロザリーナ:たしかに!(笑)

レコーディングは豪華メンバーで

──レコーディングはいかがでしたか?

ロザリーナ:亀田さんが物凄く豪華な方々を呼んでくれたんです。椎名林檎さんのバックバンドとしても知られる方たち。カースケさん(河村智康)、西川進さん、皆川真人さん、今野均さん……もう本当に凄い。

しかもバンドの録音は一斉レコーディングだったんです。ボーカルの録音は別日だったんですけど、こんな豪華な方たちのなかで歌える機会はなかなかないので、私もいっしょに歌わせていただきました。

──もはやライブですね。見たかったです……!

ロザリーナ:もうとても楽しかったです。もちろん緊張もしました。その日のボーカルは本番テイクとして使うわけではないと分かっているのに、それでも緊張しましたね。

──アニメ『歌舞伎町シャーロック』はどんな印象があります?

ロザリーナ:絵が綺麗で、映像の感じがすごく好きです。架空の世界の歌舞伎町(新宿區歌舞伎町)でどんな事件が起こるのか楽しみだなぁと。

以前『PSYCHO-PASS サイコパス』にハマってよく観ていて、Production I.Gさんの作風がすごく好きなんです。

あと「百億光年」は亀田さんの作ってくれたイントロがすごく良いんです。(インタビュー時点では)まだアニメが放送されていないので、あのイントロがどう映像と絡むのかがすごく楽しみです。

 

(C)歌舞伎町シャーロック製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

歌舞伎町シャーロックの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング