menu
音楽
芹澤 優 2ndシングル「デビきゅー」インタビュー

芹澤 優さん2ndシングル「デビきゅー」発売記念インタビュー|セリコのことを好きになっちゃう魔法の一曲

2019年11月27日に声優アイドル芹澤 優さんが2ndシングル「デビきゅー」を発売する。同曲はNHK Eテレにて放送中のアニメ「魔入りました!入間くん」EDテーマ曲として注目を集めている。

ただ、今回のニューシングルの目玉は表題曲だけではない。カップリングとして収録されている「Revelation」、「ハイハイハイハハイテンション」は芹澤 優さん本人が作詞を手掛けた楽曲となっているのだ。

なぜ、芹澤 優さんは作詞に踏み切ったのか。そして、彼女が公言している声優アイドルの“てっぺん”とは一体どんな存在なのか。芹澤 優さんの胸中に迫る。

アニメイトタイムズからのおすすめ

惚れ薬のような一曲が完成

――2019年の芹澤さんは写真集「すきぴ」を発売したり、1stソロライブツアー「Yu Serizawa 1st Live Tour 2019 ~ViVid♡コンタクト!~」で全国を回ったりと「#セリコソロ」として充実の一年になってきたと思います。2019年を振り返ってみて、まずは今の心境をお聞かせ下さい。

芹澤 優さん(以下、芹澤):今年は実ってる感ありますね!今まで地道にやってきたことが花開いてきたというか。

私がソロデビューしたのは2017年4月。そこからコツコツと楽曲やMVを作って、年に一度ライブを開催する。そんなソロとしての下地づくりがいよいよ盛り上がってきたな、と。

去年発売した「最悪な日でもあなたが好き。」がキッカケかもしれません。そこから私がソロ活動をしていることを知ってくださった方も多いと思いますし。そうした期間を経て、2019年は実っているなって感じがします。

――ありがとうございます。ファンの方にとっても、芹澤さんにとっても満足度の高い一年になったことが伝わってきます。そういった“実っている”タイミングで今回の新曲の話題が飛び出してきました。

芹澤:「デビきゅー」ちゃんですね。

――はい。この楽曲はいつ頃からお話が動き出したのでしょう。

芹澤:そうですね。最初にお話が届いた時のことはよく覚えていて。声優アワードの受賞(芹澤 優さんは第13回声優アワードで助演女優賞を受賞)をお祝いしている時でしたね。授賞式から一緒に受賞された鼓子ちゃん(Run Girls, Run! 林鼓子さん 新人女優賞を受賞)たちと一緒にお食事会をしていた時に「決まりました」って連絡をいただいて。

――それはすごいタイミングですね。

芹澤:そうなんですよ!お店の外で「イエーイ!!!」ってはしゃいじゃいました(笑)。私も嬉しかったんですけど、周りのスタッフさん達も喜んでくれて。「いいチームだな」って思ったことがとても印象に残っています。

――今回は楽曲の制作陣もすごいですよね。

芹澤:作曲はヒットメーカーのak.hommaさん。作詞はなんと「魔入りました!入間くん」原作者の西修先生が担当してくださっていて。振り付けもパパイヤ鈴木さんですし。

――超豪華なクリエイター陣ですよね。

芹澤:本当!超豪華ですよね。私、すでに準備を進めてくださっている状態で知ったのですっごく驚きました。本当に素晴らしい皆さんに、お世話になるんだなって。

なので、「どんなに難しい作品が来ても精一杯やります!」って気持ちでいっぱいでした。

曲が届いた時はちょっとビックリしましたね。

――どんなところに?

芹澤:超セリコっぽい曲だったから(笑)。

――確かに(笑)。

芹澤:すっごく私っぽい雰囲気の曲じゃないですか?「デビきゅー」。

――元気で明るくて可愛くてまっすぐ。いわゆる“芹澤 優”さんの魅力が全面に出ている印象を受けました。

芹澤:あはは(笑)。ありがとうございます!

――「デビきゅー」のレコーディングはいかがでしたか?

芹澤:ak.hommaさんからは歌詞にある「『デビきゅー』を全部本気で言って下さい」とディレクションをいただきました。歌詞にいっぱい「デビきゅー」って単語が出てくるんですよ。だからこそ、流されないと言うかインパクトを付けて歌って欲しいという感じで。

※歌詞を調べたところ48回“デビきゅー(級、CUTE)”というフレーズが入っている

――「デビきゅー」の一つひとつに全力で挑んだわけですね。

芹澤:はい、圧強めでいきました。できる限りインパクトがあるように表現できたと思います。

――圧強めで(笑)。他のフレーズや楽曲について印象に残っていることはありますか?

芹澤:うーん...。「デビきゅー」ってやっぱり私の得意分野なんですよね。楽曲の雰囲気とか。だから...まともに歌ったら可愛くなるだろうなって思ってました(照)。

――...ありがとうございます(笑)。

芹澤:「デビきゅー」はちょっとキャラソンっぽい雰囲気もあって情景描写が分かりやすいですよね。だからフレーズによってインパクトが付くように歌い方で表現を変えていきました。「そでをつかんだらキュンとする? つまさきふれたら ドキッとするかしら?」とか。

――声優アイドルならではポイントですね。

芹澤:「キュン」とか「ギュっ」とか。濁点がついているところはしっかりと聴いていただきたいですね。

――一つ気になってきたのが、EDテーマってしっとりした曲もある中で今回の「デビきゅー」ははすごく元気ですよね。

芹澤:「魔入りました!入間くん」ってすごくノリがいい作品なので。テンポよく進んでいって、EDもテンポよく駆け抜けるみたいな。作品が持っている雰囲気とマッチしている気がしますね。テンションが作品の延長線上にある感じで。

――芹澤さんが「デビきゅー」を一言で表現するとすればどんな言葉が出てきますか?

芹澤:(しばらく間をおいて)「魔法の呪文的な一曲」。曲を聴いていたら、最後の「デビきゅー」の畳み掛けで芹澤のことを好きになっちゃうと思いますね。

――なるほど。

芹澤:惚れ薬みたいな。

――...なるほど。

芹澤:悪魔なので(ドヤ)。

――なるほど(笑)。

芹澤:セリコのことを好きになっちゃう魔法の一曲ですね。

――(記事の)タイトルいただきました。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー