アニメ
『ざしきわらしのタタミちゃん』押切蓮介監督×ORESAMA座談会

自分が『ハイスコアガール』だけではない、そして頑張れば楽しいことがあると伝えたい――春アニメ『ざしきわらしのタタミちゃん』押切蓮介監督×主題歌アーティスト・ORESAMA座談会

主題歌「CATCH YOUR SWEET MIND」は80年代ディスコサウンドと繊細な人へのメッセージ!?

――その主題歌「CATCH YOUR SWEET MIND」が先生の元に届いて、聴いた時の感想は?

押切:何の文句もない素晴らしい曲でした。僕はファンなので、「また新曲が聴ける!」という喜びのほうが大きくて(笑)。

――ORESAMAらしい80年代のディスコ風のサウンドで、ギターのカッティングが軽快で都会っぽさにもつながっていて。東京を舞台にした作品の曲らしいなと思いました。

小島:ありがとうございます。自由にやらせていただいたので、ORESAMAとしてやりたいことを存分に詰め込もうと思って。作っているとディスコの雰囲気を入れたくなるし、自由にカッティングを入れてみたり。自分と向き合い、何がしたいのかを発見する、いい機会にもなりました。

 

――ぽんさんの歌詞は「ライブでは何もかも忘れて楽しもうよ」という気持ちをそのまま書いたようなシンプルな内容ですね。

ぽん:作中では一見、毒舌や風刺のような印象が強いんですけど、実は周りのことをよく見たり、気にしているようなナイーブな人にこそ届く視点のお話が多いと思うんですよね。

そんな納得や共感の上でギャグや掛け合いが成り立っているので、繊細な人ほど楽しんでもらえる気がして。そして繊細な人たちにORESAMAから音楽を通して、メッセージを送るとしたらと考えながら歌詞を書きました。

押切:ぽんちゃんがタタミちゃんに見えてきたんです。

ぽん:うれしい!

押切:あるんですよね。歌っている人とキャラがマッチすることが。タタミちゃんの心情もしっかりとらえているなと。

ぽん:この作品って、疲れたり、嫌なことがあった1日の終わりにベッドに横になりながら見たくなるんですよね。難しいことを考えず、ただ押切ワールドに身を委ねたくなるというか。

押切:頭を空っぽにしてね。

ぽん:普段、張り詰めていたり、縛られているものが、この作品を見たり、この曲を聴くことで開放されてくれたらいいなと。

押切:あっという間に駆け抜けて。「何だったんだ!? 今のは?」と気になって、繰り返し見たくなってもらえたら。

ホラーギャグだけどホラーじゃない? 人間の本質を丸裸にするようなシニカルな作品

――公式サイトに「痛快ホラーギャグコメディ」とあるように、会話のテンポが速く、笑いの波が連続で押し寄せてくるアニメですよね。

押切:ホラーではないですね(笑)。確かにホラーギャグというジャンルで、これまでも作品を描いているけど。妖怪が出てくればホラーなのかといえば、『妖怪ウ●ッチ』はホラーじゃないし。

――個性的な妖怪やキャラたちが登場する中で、タタミちゃんが一番常識人に見えてきました(笑)。

ぽん:的確な言葉で相手を刺しますからね。合コンでも浮かれないし、地に足がついている感じ。

押切:人間性を丸裸にされてしまう感じで、友達にはしたくないタイプ(笑)。僕も普段は押切蓮介として先生と呼ばれることが多いけど、昨年、自動車免許を取りに行った時、本名の自分で戻れた気がして。先生という肩書が通用しないんですよね。

小島:思わず学生時代の感覚に(笑)。

押切:タタミちゃんはそういうことをしてくるキャラで、ちょっとおもしろいかもしれない。

ぽん:眺める分には(笑)。SNSのエピソードはみんな、ドキッとするかも。

――都会の人たちや軽い若者たちへの不満を代弁してくれているような爽快感もあります。

ぽん:一刀両断してくれて気持ちいい部分もありますね。

押切:僕は空気が読めない人で、みんなが心の中で思っていることをつい口に出して言っちゃうんです。それは良くないよと言われるからああいうキャラを作ることに快感を感じてしまうのかもしれない。

ぽん:でも、私を含め、みんなが「あっ、わかる!」とか「そうそう!」と思うということは、先生と一緒なんですよ。ただ言えないことも多いだけで。

押切:皆さんは人も良いし、社会人だけど、僕は自由人なので。何を言っているのか、わからない人の会話にも相づちを打ったりするじゃないですか? 僕はすぐに「何言っているんですか!?」と言っちゃうタイプで。

ぽん:積もり積もったものがこうして作品として消化されるんですね。

小島:見ていても共感できる部分も多いけど、逆にギクっとする部分もあったりして。「これ、自分もやっているんじゃないかな?」と思ったりして。いろいろな気持ちになったり、心が揺さぶられる作品ですね。

押切:嫌な作品にもなりかねない怖さも(笑)。

――収録にも立ち会われたそうですが、キャスト陣の演技を見て、聴いた感想は?

押切:見事だなと思いました。今回のキャストの皆さんは想い入れのある人ばかりで。タタミちゃん役の井澤詩織さんとはひょんな時に知り合って、その後、『ハイスコアガール』の二子玉フェリシア役をやってくれて、そして今回と。

もちろんオーディションで選ばれているので、まったくの偶然ですけど、井澤さんはピッタリだなと思いました。

大家さん役の新井里美さんもハルオのお母さん役だったし、くすぐり坊主役の杉田智和さんもハルオの学校の担任役で、以前、ラジオ番組に呼んでいただいたり。他のキャストさんも仲の良い人ばかりで、本当にうれしいです。

▲(左)大家さん(右)くすぐり坊主

▲(左)大家さん(右)くすぐり坊主

――ゲストキャラを演じるキャストも毎回豪華ですね。

押切:そうなんです。こんなモブキャラですごい人を呼んでもいいのかなと心配になるくらい。『ハイスコアガール』の時もそうですが、豪華声優のムダ使いですよね(笑)。

自分もパイロット版で収録を経験していたので、キャラがどうしゃべるのか、イメージしやすくて。映像を作っておいて良かったなと。

その僕の恥ずかしい演技を皆さんが聴いて、イメージを膨らませてくれて、遥かに素晴らしいものをやってくれたなと思ったし、「プロって違うな」と感心しました。

ぽん:押切先生の演じるタタミちゃんもめちゃめちゃ好きでしたよ。ひと言でぐさっと突き刺す感じが(笑)。

小島:あれはあれで良かったと思います。

押切:回によっては、僕がやったほうがおもしろいんじゃないかと思うところもあったりして(笑)。

――では、いつかは先生がキャストとして出演される日も?

ぽん:楽しみ!

押切:さすがに自分ですべてやったものを商業用でやるわけにはいかないので、ユーチューバーみたいにやるならありかもしれないですね(笑)。

初めて劇伴に挑戦した小島さんの曲にかけた熱い想い

――また小島さんは今回、アニメの劇伴は初挑戦とのことですが、じっくり聴くと妖しい雰囲気の音やおしゃれな音など、音を重ねていたり、こだわりが感じられるのも小島さんらしいなと思いました。

小島:曲単体で聴いてもいいものにしようというところは目指しました。最初に打ち合わせした時にパイロット版の映像を見させていただいたんですけど、押切先生が作られた音楽がのっていて、タタミちゃんとマッチしていて、おしゃれでレベルが高い音楽だったので、参考にしつつ。

お願いしていただいたからには超えるものを作らなきゃいけないと。だから音楽としてクオリティの高いのはもちろん、映像にもちゃんと彩りを加えられるものの両立を目指して、じっくり時間をかけて作ったので聴き応えがあるものになったと思います。

――あと「CATCH YOUR SWEET MIND」が流れるEDの映像も本編とリンクしていて、毎回違うのも斬新だなと。

ぽん:それも毎回見るのが楽しみで。

押切:黒テロップでも良かった場面でも(笑)。でも4分って短いので、ギリギリまでエンタメ性をぶち込んでいかないともったないですから。

ぽん:曲が流れるともう終わりなのかと、あっという間で。

押切:意外とテンポも速いし。収録では声優さんも大変そうでした。早口でしゃべってもらうだけではなく、会話の間隔も空けないようにしているので、瞬発力が必要で。言葉の合間をすべてカットする今のユーチューバーみたいな。

それに僕も含めて慣れているから。実際、パイロット版で、自分でもやってみたけどせわしないですね。

ぽん:でもテンポ感がいいので、せきたてられるのではなく、気軽に見られるんですよね。

小島:尺もちょうどいいから繰り返し見たくなります。

押切:画面の中の情報量も多いから繰り返し見てほしいですね。

(C)「ざしきわらしのタタミちゃん」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング