menu
アニメ
TVアニメ『波よ聞いてくれ』杉山里穂インタビュー

TVアニメ『波よ聞いてくれ』リレーインタビュー第1回|主人公・鼓田ミナレ役を演じる杉山里穂さんもこだわりのアニメ制作に感嘆! ミナレの勢いのあるマシンガントークを生かした“ラジオ”がテーマの作品

MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送中のTVアニメ『波よ聞いてくれ』。

沙村広明氏による同名漫画(講談社『アフタヌーン』連載)が原作で、第1話冒頭から、よくわからない世界に迷い込んでしまったような感覚になった人も多かったのではないだろうか。

スープカレー屋で働く鼓田ミナレが、ラジオのパーソナリティにスカウトされ冠番組を持つことになるという、ラジオ番組をテーマにした作品なのだが、超個性的なキャラクター同士のぶつかり合いも見どころになっている。

本稿では、キャストによるリレーインタビューを敢行!

第1回は主人公・鼓田ミナレ役の杉山里穂さんが、アニメや作品のテーマ・ラジオについて、たっぷりと語ってくれた。

アニメイトタイムズからのおすすめ

喋りまくるミナレを演じるにあたって大事にしていたこととは?

――原作を読んだときに、どんなところに魅力を感じましたか?

鼓田ミナレ役・杉山里穂さん(以下、杉山):ミナレの傍若無人、猪突猛進な予想できない展開に笑わされる、そんな作品だと感じました。

ひと言ひと言のワードセンスが鋭く、ミナレが喋るたび、毎回笑いながら原作を楽しんでいます。

――新千歳空港国際アニメーション映画祭にも参加されていましたが、そのイベントの思い出などはありますか?

杉山:イベントの中で沙村先生が生ドローイングしてくださったのですが、出来上がるのがあまりにも早くとても驚きました。

声優陣は生朗読をしたのですが、やはり『波よ聞いてくれ』はどこのシーンを切り取ってもミナレがずっとマシンガンで喋っていて、さらに長台詞&早口だったので、“これ生でできるか~?”ととても緊張したのですが、無事噛むことなく終えられてホッとしたのも強く覚えています。

また、今回『波よ聞いてくれ』という作品で主人公を務め、そしてこの作品初のイベントを故郷、北海道の地で行えたことをとても嬉しく思いました。

▲杉山里穂さん演じる主人公・鼓田ミナレ

▲杉山里穂さん演じる主人公・鼓田ミナレ

――噛まないキャラクターなので、プレッシャーがすごそうです。ミナレの役をもらったときはどんな気持ちでしたか?

杉山:正直こんなに喋る役はきっとベテランの方がされるのだろうと思っていたので、オーディションが受かったと連絡をいただいたときは信じられませんでした。

ミナレがほぼほぼ喋っている作品だったのでプレッシャーしかなかったのですが、いざ現場に入ってみると、とても楽しく収録に参加することが出来たので嬉しかったです。

――演じるときは、どのようなことを大切にしていましたか?

杉山:ミナレは喋る量が多い、そして勢いがありとにかくパワフルだなと感じました。その原作の勢いは絶対に落としたくないと思ったので、自分の出来る限りのミナレを演じました。

ミナレのワードチョイスや例えは秀逸で、そこに作品のファンの方々はクスッと笑ってしまうと思っていたんです。

でも、「ミナレのセリフでは笑ってほしい。でも『笑ってほしい』と考えて演じてしまうとミナレではなくなってしまう」と思ったので、何ページも続くミナレの長台詞は出来るだけストレートに出せるよう、舞台のように台詞が刷り込まれるくらい台本を読み込んでいきました。

いざ本番で演じるときは、不思議なもので周りの方々に引っ張られて、読み込んでいったものとは違う表現が生まれてきたり、ミナレが私の中で勝手にイキイキ喋ってくれる感覚があって、とても楽しかった記憶があります。

――覚えるくらい読み込んでいたんですね。アフレコであの長台詞をどうしているのか気になっていました。

杉山:ミナレは特にラジオのシーンになると喋りっぱなしで、編集で切れるところがなかったんです。

台詞を噛んだところから編集で繋げる、という現場をこれまで見てきたのですが、『波よ聞いてくれ』の現場はミナレの勢いを殺したくない、繋げたいというところも多かったため、少しでも言いよどむと最初っからという収録をしていました。

それだけに一発で長台詞を決めたときの達成感はとてつもなく、その日のビールはとても美味しかったです!

――彼女はやってることがハチャメチャですが、ミナレを見てすごいなと思うところはどんなところですか?

杉山:「普通それ落ち込むよなぁ!」という重い話や事件も、勢いとミナレ節で乗り越えてしまうところがすごいと思います。

そしてそのミナレ節が面白くて、みんなをクスッと笑わせてしまう、こんな素敵な人いないです。無茶苦茶していますが、ちゃんと理解してくれる仲間がいるところも素敵だなと思います。

私も結構無茶苦茶しちゃうところがあるので、そこらへんは共感できるのですが、あとはミナレのような口のうまさがあればなぁ…(笑)。

気になるキャラクターやキャストとのアフレコを振り返る♪

――瑞穂はルームシェアもしてくれる優しい子ですが、杉山さん的に、瑞穂の好きなところ、さらにそれを演じる石見舞菜香さんの好きなところなども教えてください。

杉山:私、瑞穂がとにかく大好きで!

すごく可愛らしく、時々ズバッと言うところが大好きなんですけど、石見ちゃんにも共通するところがあると感じているんです。

石見ちゃん、喋ってるだけでマイナスイオンが飛んでくるくらい何しても可愛いんですよね…。

私にはない、女の子らしさてんこ盛りみたいなところがめっちゃ好きなんですけど、でもただてんこ盛りなだけではなく、周りを配慮される優しさがあって気配り上手だし、そしてふとした発言が面白いのです。

本当に瑞穂そのままじゃん……と石見ちゃんには感じております。大好きです!

――自分が演じた役以外で気になるキャラクターはいますか?

杉山:茅代まどかと城華マキエが好きです。

まず、まどかさんは初回収録で大原(さやか)さんとお会いして、ラジオのシーンを聞いたときに鳥肌が立ってしまったんです。役に入り込んでるときにそうなることは普段ないのですが、あまりにカッコよすぎて…。

そして、まどかさんがワンカップ片手にしているシーンですね。ぶっちゃけて話しちゃうところとかも正直大好きなので、それ含めカッコいいです。

マキエさんはあの儚く、エキセントリックな雰囲気が大好きなんですけど、中原忠也くんに恋していくマキエさんにはいつもトキメいてしまいますし、それを丁寧に演じていらっしゃる能登(麻美子)さんも大好きで。

どちらのキャラも原作にてミナレと一戦交えるシーンがあるのですが、それでも私は好きなものは好きです!(笑)

――役者の年齢層も幅広いと思いますが、アフレコの雰囲気はどんな感じなのですか?

杉山:すごく和気あいあいと収録していて、すごく仲が良かったのではないかなと思っています!

中原忠也役の矢野(正明)さんが毎回全員分のケーキを作ってきてくれて、休憩時間にみんなで楽しく食べたり、収録はきりっと締まった空気の中進んでいき、終わって余裕があるメンバーみんなで飲みに行く…そんな素敵なメンバーでした。

(C)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング