menu
アニメ
『プリ☆チャン』劇伴担当・加藤達也インタビュー&声優陣が選ぶ激推しの1曲

『キラッとプリ☆チャン』劇伴担当・加藤達也氏が語るBGM制作秘話|声優陣が選ぶシーズン2激推しの1曲にも注目

TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』シリーズの劇伴を担当する加藤達也氏。アニメで流れている楽曲に耳を傾けていても心地良かったが、あらためて『キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション Season.2』のディスク2に収録されている楽曲たちを聴くと、その素晴らしさに感動をする。シーンを思い出しつつ聴くもよし、楽曲自体を楽しむも良しの素晴らしいサウンドトラック。今回は加藤氏に、劇伴についてたっぷりと語ってもらった。

またディスク1には、シーズン2でアイドルたちが歌ったキラッと輝く楽曲も収録されている。今回は、キャストたちに、激推しの1曲を選んでもらったので、そちらもお楽しみに!


 

アニメイトタイムズからのおすすめ

『キラッとプリ☆チャン』の劇伴に生音が多い理由は?

――『キラッとプリ☆チャン』(以下:プリ☆チャン)の劇伴を制作する際、監督、もしくは音響監督から、どのようなリクエストがありましたか?

加藤達也氏(以下、加藤):プリ☆チャンの劇伴においては、キラキラと輝く明るいイメージをメインのコンセプトとして置きつつ、ライバルとの勝負や仲間同士の友情、何かを成し遂げるための努力など、喜怒哀楽をしっかり描いてほしいというオーダーでした。

今回の劇伴のサウンドメイキングとしては、あまり機械的なサウンドには頼らずに、生音をふんだんに使った方向性の音楽を主幹に据えてメニュー全体を構成していきました。


――劇伴制作の過程で、何か印象に残っているエピソードなどはございますか?

加藤:アニメの劇伴と連動させておもちゃやゲーム筐体用のサウンドも作っていったのですが、最初は、キービジュアルのみから受ける印象でたくさん登場するキャラクターのテーマジングルを作る作業がなかなか難しかったです。

また、変身バンク的なメニューのバリエーションがたくさんあったので、その差別化や細分化されたオーダーの楽曲構成に頭をフル回転させて作りました。

――音楽を作っていく際、『キラッとプリ☆チャン』ならではの特徴や心がけたことはありますか?

加藤:やはり印象として音楽の年齢感を上げないように気をつけて、どんなメニューの曲にも可愛らしさを意識して表現することを強く心がけました。怖い曲やシリアス目な曲でも、どこかでそういう可愛らしい部分を感じさせることで、全体としての『プリ☆チャン』らしい統一感をもたせることに気をつけて臨んでいました。

サウンドとしては、スキャットやコーラスなど、声を使った曲が多いこともプリ☆チャンサウンドの特徴のひとつですね。


――アニメの特徴として、ほぼラストに歌とダンスが入ります。劇伴は歌とのバランスも考えているのでしょうか?

加藤:どこでどの劇伴が選曲されるかは音響監督の長崎(行男)さんの判断になるのですが、長崎さんならきっとこの流れならこういう曲を必要とされるんじゃないか、などと予測をしつつ、プリ☆チャンとしてのシナリオの世界観を鑑みて、特に友情のテーマなどの感情的な曲などは、Bパートを想定したメニューなどを意識して、歌モノ楽曲への流れも考えて作りました。

それに加えて、プリ☆チャンでは歌モノ楽曲のサウンドは打ち込みサウンドが主体なものも多く、元気でエッジーなサウンドが際立っているので、劇伴では全体的にあまりそういった方向性には聴こえないように、生楽器を中心とした、暖かでふくよかな音を目指した楽曲が多いのだと思います。

――それで、生音をふんだんに使ったとおっしゃっていたのですね。アルバム『キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション DX』には、そのサントラも収録されていましたが、それに対するファンの反応はどんな物がありましたか?

加藤:やはりアニメをいつも見てくださっている方々からの「待っていました!」「とても楽しみにしていました!」などの声が多かったですね。


 

アルバムに収録のサントラ5曲を加藤氏自らが解説!

――そして現在発売中の『キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション Season.2』にも、サントラが収録されます。サントラだけ聞いていてもきれいなメロディの余韻が残る曲や、おしゃれな曲などいろいろな楽曲がありましたが、今回収録されている楽曲の全体的な特徴とあえていうと、どんなものになりますか?

加藤:今回のサントラに収録されているのは、シーズン2用に新しく制作した楽曲たちです。ジュエルアイドルを目指すというコンセプトを元に様々な方向性のバリエーション豊かな曲が並んでいます。プリ☆チャンの劇伴全体の特徴でもありますが、本当にたくさんの音楽ジャンルやイベントごとの音楽など、その多岐にわたる方向性は、今回のサントラでも十二分に楽しめるのではないかと思います。

それと聴きどころとしては、「ジュエルパクト始動」や「ジュエルチャンス」などの変身バンク的楽曲がとても華やかで気に入っているので是非!

――せっかくなので印象的な楽曲について、解説をお願いしたいのですが…。

加藤:「輝きを目指して」は、シーズン2のメインテーマ的楽曲です。シーズン1のテーマと比べるとより抑揚のついた音楽で、さらに強い躍動感を感じることができるテーマ曲となっています。この曲のメロディが今回収録の劇伴には散りばめられているので、そこを意識して聴いてみていただけるとより楽しめるかと思います。

「キラッと☆スマイル」は、まさにプリ☆チャン!という元気いっぱいの楽曲です。シーズン1メインテーマのモチーフも使いつつ、プリ☆チャンが始まった、、、! という新しい世界の広がりと明るい未来の想像を掻き立てるような楽曲を目指しました。

「プリズムストーン・カフェ」……原宿のプリズムストーン・カフェにも実際に遊びに行ったことがあるのですが(笑)、そこでもかかっていそうな曲をイメージしました。またオーダーとしては、いろいろな説明のセリフが乗りやすいような音楽にしてほしいということで、そのあたりも意識しました。

「挙動不審」もとてもプリ☆チャンらしい曲です。挙動不審で怪しげな曲でもありますが、どこか可愛らしく、急いだり抜き足差し足忍び足になったり焦ったり、いろんな動作や表情が次々出てくるような映像的な楽曲となっています。

「頑張る姿は美しい」。プリ☆チャンの音楽で大切にしていたことのひとつに、感動的な曲は思い切り感動的に! というコンセプトがありました。この曲も弦楽器の美しさがキャラクターたちの感情に完全に乗り切って、見ている人の心を動かせるような楽曲となるように強く意識しました。

――最後に『キラッとプリ☆チャン』ファンへ、メッセージをお願いします。

加藤:大好きな『キラッとプリ☆チャン』をいつも観てくださって、そしてプリ☆チャンの音楽たちを聴いてくださってありがとうございます。僕自身、歴史あるプリティシリーズの作品に音楽で参加出来てとても光栄に思っています。

『キラッとプリ☆チャン』の曲をこれまでにすでに200曲くらい作ってきていますが、この素晴らしい作品がもっともっとさらなる広がりを見せられるように是非これからもたくさんの応援をお願いします!


(C) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH2製作委員会
(C)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング