menu
ゲーム・アプリ
『Fate』シリーズ用語・ネタ解説【連載第11回・ガチャは悪い文明】

【連載第11回・ガチャは悪い文明】『FGO』がもっと楽しくなる!?『Fate』シリーズに関連した様々な用語・ネタを解説!

 

注意:以下のページに一部歴代TYPE-MOON作品の言及アリ

 

ガチャは悪い文明 とは

「ガチャは悪い文明」とは、リヨ先生による公式WEB漫画『もっとマンガで分かる!Fate/Grand Order』第23話(本編はこちら
)における、アルテラの台詞。

幸運にも呼符でアルトリアを引き当て、これまでのガチャ運とのギャップから困惑するアルテラに対し、「面倒な輩を黙らせるための運営からの賄賂」だと吹き込むリヨぐだ子。これを真に受けてしまったアルテラは、激怒しながらこの台詞を口にすることになります。


▲このシーンはアニメ『マンガでわかる!Fate/Grand Order』においても映像化されており、アルテラ役の能登麻美子さんによる「ガチャは悪い文明!」を聴くことができます。

この「悪い文明」という言い回しは、今やアルテラの代名詞にもなっているといっても過言ではありませんが、おそらく初出は『FGO』初の本格的なイベントである「月の女神はお団子の夢を見るか?」。

このイベントでは、アルテラがお団子を「いい文明」、お月見を「悪い文明」と口にするギャグテイストの強いシーンがあり、本編でのシリアスさとのギャップから多くのプレイヤーに衝撃を与えました。

『マンガでわかる!Fate/Grand Order』でこの台詞が飛び出したのも、この時のイメージが影響しているのではないかと思います。

▲第2回で紹介した「ええーほんとにござるかぁ?」も含め、様々なネタが生まれたお月見イベント。今考えるとかなり短めのシナリオではあるのですが、いきなりこのインパクトのあるイベントが最初に実施されていたのも、『FGO』が大ヒットした要因の一つなのかもしれません。

▲第2回で紹介した「ええーほんとにござるかぁ?」も含め、様々なネタが生まれたお月見イベント。今考えるとかなり短めのシナリオではあるのですが、いきなりこのインパクトのあるイベントが最初に実施されていたのも、『FGO』が大ヒットした要因の一つなのかもしれません。

アルテラが文明を破壊する理由については、『FGO』においてはあまり深く語られていないのですが、これは元々アルテラが、PS4/PSvita/ニンテンドーSwitchで発売されたゲーム『Fate/EXTELLA』の第3のヒロインとして設定されていたサーヴァントだったため。

スケジュールの関係で『FGO』が先にリリースされたので、結果的には『FGO』が初登場作品となったのですが、彼女の過去について詳しく知りたい方は、『Fate/EXTELLA』をプレイすることを強くオススメします。

なおこの次の回の『もっとマンガで分かる!Fate/Grand Order』第24話(本編はこちら)では、近未来の『FGO』世界にやってきたアルテラが、ランキングイベント及びランキング報酬として星6サーヴァントを実装する光景を目の当たりにし、『FGO』を「悪い文明」として扱うシーンが存在するのですが、これは最近のソーシャルゲームのみをプレイされている方にはピンときづらいかもしれません。

黎明期の頃のソーシャルゲームといえば、豪華なランキング報酬を用意し、そのランキングに入るためのスタミナ回復やスコアブーストなどの消費アイテムに課金してもらう……という形式が主流でした。

そこから『パズル&ドラゴンズ』や、『チェインクロニクル』といった、ゲーム性を重視したタイトルのヒットにより、ソーシャルゲーム業界全体の風潮が変わってくることになります。(実際、『FGO』も『チェインクロニクル』の影響を大きく受けていることが、奈須きのこ先生の口から明かされています)

▲業界の風習を大きく変えたという意味では、『FGO』もそのタイトルの一つ。ソーシャルゲームとしては異例のテキスト量を誇るシナリオは、まさに当時の常識を破壊する結果となりました。

▲業界の風習を大きく変えたという意味では、『FGO』もそのタイトルの一つ。ソーシャルゲームとしては異例のテキスト量を誇るシナリオは、まさに当時の常識を破壊する結果となりました。

アルテラからは「悪い文明」と呼ばれたガチャですが、これまで『FGO』では、周年を経るごとにガチャが少しずつ優しくなっていっているのは、皆様もご存知のところかと思います。改めて5年間の変化を振り返ってみると……。


1周年:1回の召喚に必要な聖晶石の数が4→3に減少
2周年:聖晶石購入時、オマケとして付与される無償聖晶石の数が約1.5倍に
3周年:連続ログインボーナスで得られる聖晶石の数が20→30個に変更
4周年:聖晶石召喚10回ごとに+1回分のボーナス召喚が可能に。星5サーヴァントのピックアップ確率が0.7→0.8に上昇


初期と現在でどれくらいの差が出るのか、分かりやすく10000円分の石を購入した場合で比較すると、現在なら有償石86個+無償石82個の合計168個なのに対し、サービス開始当初は86個+54個の合計140個という差になります。

さらにこれに10連のボーナス、召喚に必要な石の個数の差も加わるので、実際にガチャを回せる回数には、現在の61回に対して初期は33回と、実に2倍近い差があることに。

初期からのプレイヤーは、当時のガチャが現在と比べてかなりキツかったという印象をもっている方も多いのではないかと思うのですが、この差を見るとそれも納得できると思います。

▲ピックアップ確率の上昇に加え、ログインボーナスやウィークリーやエクストラミッションの報酬もあり、配布される聖晶石の量も格段に増えているので、実質的には2倍以上緩くなっていると言えます。

▲ピックアップ確率の上昇に加え、ログインボーナスやウィークリーやエクストラミッションの報酬もあり、配布される聖晶石の量も格段に増えているので、実質的には2倍以上緩くなっていると言えます。

そんな『FGO』も、2020年7月30日にリリース開始から5周年を迎えることに。今年の5周年記念のキャンペーンについては、8月10日に配信予定の「Fate/Grand Order カルデア放送局 5周年SP ~under the same sky~」にて詳細が判明することになりそうですが、今年はガチャの仕様に変更が加わるのか気になるところ……!

今や『FGO』界隈だけに留まらず、様々なところで使われるようになった名言(?)である「ガチャは悪い文明」。実際にガチャがいい文明なのか悪い文明なのかはさておき、『FGO』のガチャはサービス開始当初と比べると、少しずつでも「いい文明」へと近づいていることは間違いありませんし、より「いい文明」になるための今後の施策にも十分期待が持てると思います。

今後も本連載では、様々な『Fate』シリーズに関連したネタを紹介するのでお楽しみに。

[文/米澤崇史]


『Fate』シリーズ用語・ネタ解説

◆第01回・ランサーが死んだ
◆第02回・ええー? ほんとにござるかぁ?
◆第03回・何度も出てきて恥ずかしくないんですか
◆第04回・おっと心は硝子だぞ
◆第05回・スカディシステム
◆第06回・すまない……(すまないさん)
◆第07回・王の話をするとしよう(マーリン)
◆第08回・いろんなガチャ宗教
◆第09回・他のサーヴァントに遅れを取ることもなかった
◆第10回・サクラファイブ

◆第11回・ガチャは悪い文明
◆第12回・沖田さん大勝利
◆第13回・おい、その先は地獄だぞ
◆第14回・フィーッシュ!!
◆第15回・俺のサーヴァントは最強なんだ!
◆第16回・ドスケベ公
◆第17回:ボクはキミの剣
◆第18回:溶岩水泳部
◆第19回:私は悲しい……(ポロロン)

◆[HF]第三章公開記念番外編・『Fate』シリーズには桜がいっぱい!?

『Fate/Grand Order』概要

タイトル名:Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)
ジャンル:FateRPG(フェイトRPG)
iOS/Android にて好評配信中
企画・開発・運営:DELiGHTWORKS Inc.(ディライトワークス株式会社)
製作:TYPE-MOON / FGO PROJECT
価格:基本無料(ゲーム内課金あり)

Fate/Grand Order 公式サイト
Fate/Grand Order 公式ツイッター(@fgoproject)
ハッシュタグ:#FGO

おすすめタグ
あわせて読みたい

Fate/Grand Orderの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング