映画
『映画プリキュア』ゲスト声優 平田広明&稲垣来泉インタビュー

平田広明さんが稲垣来泉さんを大絶賛「元気いっぱいやってくれたら絶対良い映画になる」――『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』ゲスト声優インタビュー

アフレコ現場でのやりとりを見られていた!?

──来泉さんから見たアフレコ現場はどんな様子でした?

来泉:プリキュアの声優さんたちがすごく楽しそうでした。声もすっごくかわいかったです! あと、平田さんは監督さんに言われたことに対して、最初は「え~そんなことできるわけないじゃ~ん」って言ってました。でも本番になったらすごく難しい感情を声だけで表現されていて、本当にすごいなって。平田さんのリフレインの声、カッコよかったです。

平田:今のところ太字で……。

来泉:あと、監督が平田さんに「ちょっといやらしい感じを出して」って言ってて。

平田:言ってたね、「ねちっこく」って。

来泉:本番が終わったあと「え~だって監督がねちっこくって言ったからじゃ~ん」ってお話をされていました。

平田:全部聞かれていたか(笑)。『ワンピース』で長いことご一緒していたので、お互いの手の内が分かるんでしょうね、きっと。細かいダメ出しはないんですが……「ここの語尾は少し上げたほうがいい」というような具体的なダメ出しではなく、より観念的というか、情緒的というか……。しかも最後は「あとは平田さんにお任せします」って言われて「お任せじゃねえだろ、おい」って。彼のダメ出しは宿題が多いんです。

──でも平田さんのそんなご対応に、現場は和まれているんじゃないですか。

平田:どうだろう? セリフを失敗したときにキャラの声のままで「もう一回お願いします」と言うと、後ろにいる声優さんたちは「そういうセリフかと思いました~」ってウケてくれましたね。スタジオに潤いを与えられて良かった。

場違いなオジサンが居ると若手の声優さんはどうしても緊張してしまうじゃないですか。なので監督との漫才を見てもらって「平田はどうってことねぇな」と思ってもらえたらいいなと。でも来泉ちゃんに全部見られていたとは思ってなかったよ(笑)。「そんなのできないよ~」って言ってたでしょ?

来泉:でも、そう言ってるのに本番では声だけで感情を表現されていて、本当にすごい!って思ってました。

平田:だってそれで本当にできなかったら、ただのポンコツじゃんか~。

一同:(笑)

平田さんから来泉さんへアドバイスは“ない”。作品とキャラクターを愛する気持ちを大切に

──もうすぐそのアフレコに来泉さんも参加されるわけですが、今は楽しみな気持ちでいっぱいですか?

来泉:ハイ! 楽しみです! 

──平田さんから来泉さんにアドバイスされることは──。

平田:ないです!

──即答されましたね(笑)。

平田:見学に来たとき僕の隣に座って一緒にアフレコを見ていたんだけど、台本も、画面も、声優さんのことも一生懸命見ていて。「もう今日一緒に録ってもいいんじゃないの?」っていうくらいエンジン全開状態でした。だって怖くないでしょ?

来泉:怖くないです。

平田:緊張してアガってしまうと自分が思っていたお芝居ができなくて縮こまってしまうんですよ。でも来泉ちゃんはやる気満々だから、早く録ってあげたらいいんじゃないかなぁって思うくらい。来泉ちゃんはプリキュアもミラクルンも大好きだから、その気持ちって絶対お芝居にのるはずなんですよ。

──大好きという気持ちは何事にも大切ですよね。

平田:そうだと思いますよ。僕は電車が好きなんですけど、電車絡みのナレーションだと「平田さん、今日のナレーションいつもよりノッてない?」って言われることがあるんです。自分ではそんなつもりはないんですけど、無意識に出てるのかな。

でも、なによりのパワーは、「私はこの作品が好き、この役が好き」という力。プリキュア声優の皆さんの演技からは、それに加えて「私がプリキュアをやってるんだ」という誇りのようなものを感じました。先輩のお姉さんたちには自信と余裕と貫禄があって、新しい子たちはすごくフレッシュ。今回のメンツのなかで、来泉ちゃんはいちばんフレッシュですから。元気いっぱいやってくれたら絶対良い映画になると思います。

──来泉さんの気持ちがたくさん詰まったミラクルン、今から楽しみです。

来泉:がんばります! 今年の目標が声優さんに挑戦したいだったんです。もう叶ってすっごく嬉しくって! 家でずっと跳ねていました!

──すごい、まだ1月なのに!

平田:そう! まだ1月。このタイミングで今年の目標が叶ったら、あとはのんびり余韻に浸るだけですよ。……って思うんだけど、来泉ちゃんは違うんだよね。ここで夢が叶ったから「全部で10回、声優さんにチャレンジしたい」に目標を軌道修正したんだよね。

来泉:そうなんです。でも実は……あともうふたつ夢があるんです。

平田:何それ、聞いてないよ!

来泉:ひとつ目は、お洋服が好きなので、モデルさんになってファッションショーをやりたくって。

平田:これもすぐ叶っちゃいそうだなぁ。

──今日のドレスもすごくかわいいですよね。

来泉:これは衣装さんがミラクルンを想像しながら作ってくれたんです。

──では、もうひとつの夢も教えてもらっていいですか?

来泉:プリキュアになりたい! そして、もしプリキュアになれるとしたら、駄菓子屋さんのプリキュアになりたい。お菓子を悪い敵にあげて、食べてるときに技を使ってキックするの!

平田:駄菓子を食べて「わ~い!」ってなっているところに技を使うんだ。あとで監督が来るから、そのお話しっかり伝えようね。言ってあげるから。

来泉:やったー! プリキュアの子たちの年齢は13歳、14歳くらいだから、あと3年、4年くらいなんです。プリキュアになれると信じて、その年齢になることを待っています。

(C)2020 映画プリキュアミラクルリープ製作委員会
ヒーリングっど♥プリキュア 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

ヒーリングっど♥プリキュアの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング