menu
ゲーム・アプリ
『ぷよクエ』×『ハイキュー!!』コラボ記念|『ハイキュー!!』ストーリーと名試合4選を紹介

『ぷよクエ』×『ハイキュー!!』のコラボがアツい! 『ハイキュー!!』のストーリーと名試合4選を紹介

人気パズルRPG『ぷよぷよ!!クエスト』(以下、『ぷよクエ』)が、アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』とコラボイベントを実施! 現在、コラボ第2弾が配信されており、兵庫県の強豪校・稲荷崎高校から宮 侑(CV:宮野真守)に引き続き、宮 治(CV:株元英彰)、北 信介(CV:野島健児)、角名 倫太郎(CV:島﨑信長)、尾白 アラン(CV:笠間 淳)が新登場しました。

『ぷよぷよ!!クエスト』×『ハイキュー!!』コラボ第2弾特設サイト

『ハイキュー!!』ファンはもちろん、『ぷよクエ』ファンにも今回のコラボを100%堪能していただくため、本稿ではアニメ『ハイキュー!!』のストーリーを簡単に振り返りつつ、各期の名試合を紹介します。

アニメイトタイムズからのおすすめ

アニメ『ハイキュー!!』各期のストーリーを紹介!

アニメ『ハイキュー!!』は、『ハイキュー!!』(全25話)、『ハイキュー!! セカンドシーズン』(全25話)、『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』(全10話)、『ハイキュー!! TO THE TOP』(現在放送中)の順番で放送されています。

まずは、各期のおおまかなストーリーを振り返りましょう!

『ハイキュー!!』

主人公・日向 翔陽(CV:村瀬 歩)は、烏野高校バレー部の「小さな巨人」と呼ばれる選手に憧れて、中学からバレーボールを始めます。しかし、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」の異名を持つ天才セッター・影山 飛雄(CV:石川界人)がいる北川第一中学校に惨敗してしまいます。

日向は「影山を倒す」という新たな決意を胸に、烏野高校に入学しますが、なんと影山も烏野高校に入学していたのです! 最初は反目し合っていた日向と影山ですが、名コンビとしてチームにいい影響を与えるようになり、練習試合では強豪・青葉城西高校や因縁のライバル校・音駒高校といい勝負ができるほど、チームはぐんぐんと成長していきます。そして新たなチームで初の公式戦「インターハイ予選」に挑みます!

『ハイキュー!! セカンドシーズン』

インターハイが終わり、次の公式戦は「春高」です。宮城県代表になるには、牛島 若利(CV:竹内良太)率いる白鳥沢学園高校を倒さなければなりません。白鳥沢学園は、烏野高校がインターハイで苦戦した青葉城西を下したチーム。インターハイで見せた以上の力を出さなければ全国への切符は手に入らないということです。

烏野高校は、春高に向けて東京遠征に参加。東京の強豪である音駒高校や梟谷学園高校に歯が立たない烏野高校ですが、強いチームが使うワザを盗み、対応し、自分たちの技術を磨き、さらに変化を続けます。

そして迎えた春高一次予選! 東京遠征でハイレベルな選手と毎日試合を重ねたおかげで、強い選手のプレーに体が慣れている日向たちは次々と勝ち上がり、宮城県代表決定戦へ駒を進めます。主将・澤村 大地(CV:日野 聡)が試合中に頭を強打するトラブルがありながらも、メンバー全員が試合の中で進化を遂げました。

『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』

ついに宮城県代表を決める最後の試合。相手はやはり白鳥沢学園となりました。牛島の強さは想像以上で、ブロックもリベロも牛島の強烈なスパイクをなかなか止めることができません。さらに牛島以外の選手も非常に高い身体能力、技術、才能を持っており、大舞台でも臆することなく力をいかんなく発揮します。

しかし、烏野高校も簡単には諦めません! 頭と体を使い、白鳥沢学園に食らいつきます。もうダメかもしれないと思うような場面でも、烏野高校らしい破天荒な攻撃、強気な姿勢、冷静さを欠かないプレーを見せ、白鳥沢学園と対等に戦います。

『ハイキュー!! TO THE TOP』

全国大会への切符を手に入れた烏野高校。宮城県代表決定戦でファインプレーを見せた影山と月島 蛍(CV:内山昂輝)は、全日本ユース強化合宿と宮城県1年生選抜合宿にそれぞれ招集されます。残念ながら招集されなかった日向は、月島のいる1年生選抜合宿に押しかけ、ボール拾いをしながら今まで見落としていたさまざまな技術を発見し、身に付けていきます。

いよいよ全国大会がスタート。「高校ナンバーワンセッター」の呼び声高い宮 侑がいる兵庫県の強豪校・稲荷崎高校は、双子の宮 侑と宮 治のコンビネーション、北 信介の堅実なプレー、強靭な体幹でコースを打ち分けて敵をかく乱する角名 倫太郎、尾白 アランの強烈なスパイクなど、多彩な攻撃で烏野高校を追い詰めます。

『ハイキュー!!』1話「終わりと始まり」

1期は練習試合や公式戦が多く、試合の中で選手たちのさまざまな成長が見られるため、名試合だらけなのですが、その中からあえて選ぶとするならば、日向と影山がお互いを意識するきっかけとなった中学時代の2人の試合です!

入学した中学校のバレー部員が日向のみという状況で、それでも1人で地道に練習を重ねて3年生になり、友だちに頼み込んでメンバーを集め、やっと出場できた中学最初で最後の公式試合。日向には指導者がいなかったため、技術は粗削りなうえ、チームメートは素人同然です。それでも日向はコートに立ってバレーができるという事実がうれしくてたまらないという表情を見せます。

一方の影山は無邪気な日向とは反対に、周囲から一目置かれる技術を持っているにもかかわらず、つねにピリピリしていてチームメートから疎まれながらコートに立っていました。「コート上の王様」というのは、自分勝手なプレーを揶揄してチームメートがつけた異名だったのです。

そんな影山は、試合の中で日向の「勝利への執着」を感じ取り、徐々に日向の存在を意識しはじめます。日向が打ったボールを最後まで追わなかったチームメートを叱責し、トスミスにも瞬時に対応する日向の身体能力の高さに息をのみます。

試合が終了すると、影山は日向に対して、恵まれた身体能力を持ちながらも「お前は3年間 何やってたんだ!?」と思わず問いかけます。2人が感じているさまざまなもどかしさが心にぐっと伝わってくるシーンで、観ているこちらが顔をしかめて胸をおさえたくなってしまいます。

しかし、この試合があったからこそ、今後の2人のやりとりが感動的であり、“ライバルがチームメート”という距離が、奇想天外な攻撃や能力を引き出すきっかけにもなるのです。

『ハイキュー!! セカンドシーズン』20話「払拭」~24話「極限スイッチ」

2期の見どころは、なんといっても全国大会への切符を賭けた青葉城西との試合です。青葉城西の及川 徹(CV:浪川大輔)はセッターとして高い評価を得ています。また、影山にとっては中学時代の先輩であり、一番恐れている選手でもあるため、初めて青葉城西と公式試合をしたときは、影山が及川のプレーを意識して、いつもどおりのプレーができなかったという経験があります。

しかも及川は、セットアップ以外にも強烈なサーブという武器があり、試合の流れを簡単に変えられる力を持っているのです。また、攻撃に特化した京谷賢太郎(CV:武内駿輔)が新たに加わっており、青葉城西は前回以上にパワーアップしています。

しかし、烏野高校も負けていません。及川に読まれがちな影山のセットアップを支える存在として、冷静な副主将・菅原 孝支(CV:入野自由)が新たな戦術で青葉城西を翻弄。チームの士気を高めます。それに加えて、前回の青葉城西戦でピンチサーバーとして入ったものの痛恨のサーブミスをしてしまった山口 忠(CV:斉藤壮馬)がリベンジ! 相手から5点をもぎとり、反撃の狼煙を上げます。

両者なかなか得点を引き離せず、一進一退のハラハラした攻防が続きます。そして最後の最後、及川が「お前の最強の武器で来い 飛雄!!!」と言い放ち、セッター対決を制したのは……! 最初から最後まで固く握った手をゆるめることができない、ゆるぎない名試合です。

『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』

牛島率いる白鳥沢学園との試合だけにフォーカスしたアニメ3期は、名試合ではなく名シーンを紹介いたします! 誰もが認める強敵・牛島の強烈なスパイクに、何度も絶望しそうになる試合ですが、止めたのは月島でした。

これまで「たかが部活」と、なかなか本気を見せなかった月島。目を引く最強のおとりである日向が後衛に下がって、月島が前衛に来るローテーションでは、ともすれば月島は弱点だと感じることさえあったかもしれません。

しかし月島は東京遠征を機に大きく成長! 白鳥沢学園との試合で月島の冷静な思考力が開眼したのです。これまでの経験やチームメートの力の相乗効果で、月島は牛島のスパイクを止めるキーパーソンとなりました。

『ハイキュー!! TO THE TOP』13話「2日目」~現在放送中!

『ぷよクエ』コラボ第2弾のメインでもある稲荷崎高校は、インターハイで2位の実績があり、今回の優勝候補です。また、稲荷崎高校の応援団や吹奏楽による徹底した応援体制は、今までに感じたことのないプレッシャーを相手選手に与えます。「さすが強豪……!」と感じずにはいられません。

そして特筆すべきなのが、高校バレー界最強ツインズ“宮兄弟”です。関西弁でのやりとりによるコミカルさが目立ちますが、「高校ナンバーワンセッター」と言われる宮 侑のセットアップは予測できない迫力ある攻撃ばかり。それについていける実力を持ったチームメートにも舌を巻きます。

そんな稲荷崎高校に最初の攻撃を与えたのが、日向・影山コンビによるブロード(移動攻撃)です! これにより観ているほうは「この2人ならいける!」という気になります。しかし、そう思った矢先、宮兄弟による恐ろしい攻撃が待ち受けていました。それは、日向・影山コンビの唯一無二かと思われていた「変人速攻」をコピーした攻撃! しかもその後、“本家”である日向・影山コンビの変人速攻はシャットアウトされてしまいます。稲荷崎高校、なんという実力! 

この攻防がこれからどう展開していくのか、続きはぜひ現在放送中のアニメでご確認ください! 『ハイキュー!!』のコラボキャラクターたちの背景を知れば、『ぷよクエ』がもっと楽しいものになるはずです。

『ぷよぷよ!!クエスト』×『ハイキュー!!』コラボ第2弾特設サイト

[文・春夏冬つかさ]

TVアニメ『ハイキュー!!』とは

TVアニメ「ハイキュー!!」(原作:古舘春一(集英社ジャンプコミックス刊))は、身長は低いが高い身体能力を持ち、「小さな巨人」に憧れを抱く日向翔陽、「コート上の王様」の異名をもつ天才プレイヤー・影山飛雄ら宮城県立烏野高校排球部が全国大会を目指す姿を描く高校バレーボールを題材にした作品。

2020年10月2日(金)より待望の新シリーズ「ハイキュー!! TO THE TOP」第2クールがMBS、TBS、BS-TBS”アニメイズム”枠にて放送中。

ぷよぷよ!!クエストとは

『ぷよぷよ!!クエスト』は、「ぷよぷよ」の基本ルールはそのままに、従来の「ぷよぷよ」とは異なるスマートフォン向けに最適化された簡単な操作性と、誰でも味わえる「連鎖の爽快感」が楽しめるゲームとなっています。

2013年4月24日にサービスを開始したiOS版『ぷよぷよ!!クエスト』は、App Store無料総合ランキングで1位を獲得し、10日間で100万ダウンロードを達成(2013年5月3日時点)しました。

現在では、合計2,100万ダウンロードを超え(2020年5月現在)、多くの方に楽しんでいただいています。

タイトル概要

名称:ぷよぷよ!!クエスト

対応OS:iOS 9.0 以降/Android4.1以上
App Store
Google Play
配信開始日:2013年4月24日
価格:基本無料(アイテム課金あり)
ジャンル: パズルRPG
メーカー:セガゲームス

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

『ぷよぷよ!!クエスト』公式サイト
『ぷよぷよ!!クエスト』公式ツイッター(@puyoquest)
『ぷよぷよ!!クエスト』公式Instagram
ぷよぷよポータルサイト
「ぷよぷよ」公式ツイッター(@puyopuyo20th/)
「ぷよぷよ」公式Facebook
「ぷよぷよ」公式ブログ

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング