menu
アニメ

アニメ『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』春日部ハル役 篠田みなみさん、野ノ原ヒメ役 中島 唯さん、芹沢モモカ役 井澤詩織さんアニメ完成記念座談会・後編

アニメ『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』春日部ハル役 篠田みなみさん、野ノ原ヒメ役 中島 唯さん、芹沢モモカ役 井澤詩織さんアニメ完成記念座談会・後編

人気アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム待望のオリジナルアニメ『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』が2月26日より期間限定で劇場上映!

『Tokyo 7th シスターズ』は2014年にサービススタートしたアプリゲームで、アイドル氷河期を迎えた2034年に次世代アイドル劇場型スタジオ「777」に集う少女たちがアイドルグループ、777☆SISTERSとして成長していくストーリーで、プレイヤーは2代目支配人として彼女たちを育成します。

ゲームの世界にとどまらず、多くの楽曲リリースや演じるキャストによるライブも日本武道館や幕張メッセ公演を成功させるなど、今もなお高い人気を集めているコンテンツです。

そんな『ナナシス』が待望のオリジナルアニメ化され、2月26日より期間限定で劇場公開されます。かつてアイドルシーンを彩ってきた箱スタの閉館を阻止するため、777☆SISTERSのメンバーたちが奮闘する姿が描かれ、森川智之さんと西村知道さんが演じるオリジナルキャラクターも登場するなど見逃せません!

完成を記念して777☆SISTERSのメンバー、春日部ハル役の篠田みなみさん、野ノ原ヒメ役の中島 唯さん、芹沢モモカ役の井澤詩織さんの座談会を前後編に分けてお届けしています。後編となる今回はアニメをご覧になった感想や収録時のエピソード、見どころなど語っていただきました!

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

完全新作アニメのタイトルはメジャーデビュー曲から。素敵な物語で台本を何度も読み直し、オリジナルキャラクター登場に興味津々。

――台本をご覧になった感想をお聞かせください。

春日部ハル役 篠田みなみさん(以下、篠田):『ナナシス』は過去編、未来編など時系列が変わることがあって、アニメの収録が始まるのが、アプリではEPISODE4.0でコニーさんがいなくなってしまったタイミングだったので、「コニーさんは出演するのかな?」と気になっていました。

そして台本をいただいたらコニーさんがいて、ナナスタのみんながいて、すごく安心しました。

 

 
野ノ原ヒメ役 中島 唯さん(以下、中島):ナナスタのメンバーが集まってからのお話で、「これからどうなるのかな?」とワクワクしながら台本を読み進めました。みんなの絆が最初からあったこともわかるし、素敵な物語だなと思って、何度も読み返してしまいました。

芹沢モモカ役 井澤詩織さん(以下、井澤):まず「あっ! オリジナルキャラがいる!?」って思いました(笑)。「『ナナシス』の世界観にどういうキャラクターが入ってくるんだろう?」と収録前から気になっていましたが、台本を開いたら「わっ! 森川(智之)さんがいる!」って、すごく嬉しかったです(笑)。

森川さんが演じられる滑川さんと、八角さん役の西村知道さんは総監督の茂木(伸太郎)さんがすごいラブコールされたとお聞きしました。

――今作のタイトルにも意味があるようですね。

篠田:777☆SISTERSの楽曲の中に「僕らは青空になる」という曲があって。2015年に777☆SISTERSがメジャーデビューした曲ですが、今回収録を終えて、改めてナナスタにとって意味があり、大切なものだということを気付かせてもらえたし、楽曲の魅力もより深まったと思いました。

 

収録時のテンションが対照的だった篠田さんと中島さん。井澤さんは意外な理由から緊張!?

――どんな気持ちで収録に臨まれたのでしょうか? またゲームでの収録との違いを感じたことや収録時に印象に残っているエピソードもございましたらお聞かせください。

篠田:このご時世なので分散での収録で、私はムスビ役の高田憂希ちゃんと一緒に、一番最初に収録させていただきました。ムスビちゃんとの掛け合いのシーンもあるし、ハルちゃんとムスビちゃんはナナスタに入った1人目と2人目なので、そういう空気感を2人で出せたんじゃないかなと。

実際に隣りに立ってアフレコした時も楽しくて。あと気合を入れてアフレコに臨んだら、音響監督の納谷(僚介)さんに、テストの時、「アニメだからといってテンションが上がりすぎと言われて、「あっ、出ちゃった!」と(笑)。「落ち着こう! いつも通り、いつも通り」と言い聞かせながら本番に臨みました。

中島:私はひとりぼっちの収録で……(井澤さんを見て)何で笑うんですか!?

井澤:いや、こんなに人数がいるのにと思って(笑)。

中島:しかも収録は最後で。西村さんと森川さんと3人での収録と聞いた時は「どうしよう?」とドキドキしましたが、結局、1人になって残念でした。納谷さんからは、私はみなみちゃんとは逆に「ちょっとテンション低くない?」と。「そうですか?」、「いつもはもっと元気だよ」と言われて。

 

 
篠田:1人だったから寂しくなっちゃった?

中島:そうかも(笑)。でもみんなの声を聞きながらできたことで、みんながいるような感じで演じられたのでよかったなと思っています。

井澤:私はロナ役の加隈亜衣ちゃんと一緒でした。キャラクターとしては演じ慣れているけど、改めて映像で見てみるとモモカが美少女なんですよ。だからちょっと緊張して(笑)。

中島:何でですか?

井澤:そして完成した映像を見たら、「モモカの声、汚いな」とビックリしました。

篠田:そんなことないですよ!

井澤:正解の声なんですけど(笑)。基本的にはゲーム内では静止画のモモカに声をあてているし、ゲームの収録では映像がない分、自由に演じることができるし、誰かのモノマネとかも自由に声を出していました。

でもあの美少女ぶりを見てしまうとあまり汚してはいけないなと若干ちゅうちょしました(笑)。アドリブも結構入れさせていただいていますが、ヒメとゲームをやっているシーンは別々の収録だったので、対戦ゲームしている時の声を1人で録って。

中島:私は後だったので、その声も聞きながらやれました。

井澤:だからピッタリだったのか!? 完成した映像を見て、うまくかみ合っているなと思いましたが、その理由が今、わかりました(笑)。

 

アニメを見た感想は「背景がきれい」と「みんな、美少女」。ライブシーンの素敵な演出をライブにも!

――映像のお話が出たところで、完成したアニメをご覧になった感想をお聞かせください。

篠田:井澤さんと同じく、「みんな、美少女なんだな」と改めて思いました。

井澤:そうだよね! アニメの中で滑川さんは「普通」とか「地味」とか言っていたけど。

篠田:やっぱり、みんな、アイドルなんだなと。ゲームのカードでもかわいいけど、動くとよりかわいさが増して、「指の先までかわいいじゃん!」って(笑)。背景も近未来の設定なので、すごくきれいで、「いつかこういう世界になったらいいな」という憧れも感じました。

――西暦2034年という設定なので、あと10年ちょっと先の世界ですね。

篠田:そう思うと、遠くない未来で。

中島:みんなが美少女なのは言うまでもなく、あと思ったより小さいなという印象もあって。滑川さんなどの大人と並ぶと子供だなと思ったし、ライブシーンで他のメンバーと並ぶことはあったけど、想像よりヒメって背が低くて。

そういう細かい部分が映像だとわかるので、映像ってすごいなと。あとライブシーンでの演出が、現実のライブでもやってほしいなと思うくらい、すごくて。

井澤:ホログラムが飛ぶやつ、いいよね。以前のライブで、WITCH NUMBER 4の「SAKURA」を歌った時、振り付けに合わせて、映像の花が咲く演出もよかったけど。

『ナナシス』の世界観そのままに、動いているだけでも感動で、特にダンスシーンの振付は、私たちがライブでパフォーマンスしている時とそのまま同じなので、「私、これ踊れるから!」と思わず、自慢したくなって(笑)。

 

 
キャラクターが踊っているのを見て、自分でも踊ってみたいと思うことはあるけど、私たちが踊っているものをアニメでキャラクターたちが踊ってくれているという経験ができるなんて、すごく嬉しかったです。でもキャラクターよりもヘタだなと思われないように、現実でも頑張ろうとも思いました(笑)。

 

『ナナシス』らしい泣けるストーリー。初めての方でも楽しめる内容かつファンの方もほくそ笑む仕掛けも!

――777☆SISTERSのメンバーの特徴がわかる紹介シーンもあるし、かつて反映していた箱スタ(劇場)を救うために頑張る姿や、八角との意外な関係性や滑川の過去などドラマもしっかり描かれているのが素晴らしいですね。

井澤:ご新規さん、ウェルカムです。

中島:『ナナシス』ファンの方に楽しんでいただけるだけではなく、まだ触れたことがない方にも『ナナシス』についてわかってもらえたり、興味を持ってもらえるアニメになっていると思います。

篠田:八角さんと滑川さんも重要な役割を担っているだけでなく、お二人のお芝居で作品自体も引き締まった気がします。

――また劇中にたくさんの楽曲が流れるのもファンにとっては嬉しいでしょうね。

篠田:そうですね。あと初期の頃に出ていたカードのイラストの動きもあったので、「これ、見たことある!」と発見したりする楽しさもあると思います。

井澤:壁に貼ってあるポスターも見たことがあるものが結構あって。アレもうれしいよね。

篠田:見るたびに新しい発見があると思うので、1度と言わず、何度でも見ていただけたら(笑)。

――アイドルものという見方だけではなく、青春ものとしても楽しめて。しかも最後は感動させられて。

篠田:最後まで見たら泣いちゃいますよね。

中島:『ナナシス』自体、1つひとつのEPISODEやストーリーが泣けるんですよね。私たちもいつも泣かされるし。今回のアニメだけではなく、これまでもいろいろな壁にぶつかってきて、そのたびにくじけたり、あきらめたりせずに、みんなで乗り越えていく姿に私たちも勇気づけられてきました。

今、夢を追いかけている方や壁にぶつかっている方にもぜひ見てほしいし、このアニメを見て、「自分も頑張ろう!」と思ってもらえたらいいですね。

井澤:また、泣いてる?

中島:ここでは泣きません!(笑)

 

主題歌「Departures-あしたの歌-」は信念を貫く大切さ、一歩踏み出そうと思える曲。アニメを見る前と見た後にぜひフルで!

――主題歌「Departures-あしたの歌-」はさわやかさの中に力強さがあって、ボーカルやメロディもきれいでエモい曲ですね。

篠田:昨年11月にリリースされた「Across the Rainbow」に収録された前向きな曲です。

「明日をどこへ向けるかは胸の地図次第さ」などの歌詞にもあるように、自分の意志で未来を築いていけるし、もしくじけても明日からまたスタートすればいいというメッセージが込められているんじゃないかなと。

聞くとまた一歩踏み出そうと思える、777☆SISTERSらしい曲だなと思います。

中島:この曲をいただいた時、「中島さんが好きなタイプの曲だよ」と言われましたが、まさにその通りで。

「それでもね 『好き』を選んだ自分を今日も明日も超えたい」という歌詞にも表れているし、自分の信念を貫き通すことの大切さや素晴らしさを教えてくれる曲なので、このアニメにも合っていると思うし、皆さんにもたくさん聞いて、元気をもらってほしいなと思います。

井澤:美しい歌詞で、特に好きなのが1番の「新しい旅立ちを讃える調べ」で、歌詞を見た瞬間、「なんて美しいんだ!」と思いました。

それで茂木さんに気持ちを伝えないとレコーディングに入れないと思って、「すごいですね! 天才ですね!」と。そして「新しい旅立ちを讃える調べ」は「一番苦労したところだったけど、井澤さんがそう言ってくれたのならよかった」とおっしゃって。

茂木さんがめちゃめちゃ考えて、生み出してくださった、美しい言葉がたくさん散りばめられているので、ぜひかみしめてほしいです。

篠田:アニメを見る前に聞くもよし、見た後で聞くもよし。ぜひフルで聞いてみてください。

 

背中を押してくれるストーリーと躍動する彼女たちを大スクリーンで! そして彼女たちの熱い想いを受け取ってください!

――あなたにとって『Tokyo 7th シスターズ』とはどんな作品、存在ですか?

篠田:「光」であり、「宝物」ですね。

中島:「私の人生」です。

井澤:「お手本」です。

――皆さんへメッセージをお願いします。

篠田:遂に『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』の劇場上映が始まります。アニメ化が実現できたのはここまで応援してくださった皆様と、愛情をこめてくださったスタッフの皆様のおかげです。このアニメでは初期から応援してくださったからこそわかる小ネタもたくさん入っているので、ぜひ見つけてください。

『ナナシス』らしい、背中を押してくれるストーリーと素敵な映像を楽しんでください。まだ『ナナシス』に触れたことがない方にも楽しんでいただける作品ですし、疾走感があるストーリーなので何度でも見ていただきたいです。

中島:『ナナシス』ファンの方にとっては待望のアニメ化だと思うので、大きなスクリーンで動く彼女たちを思う存分、楽しんでいただきたいです。

まだ『ナナシス』を知らない方にもどんな作品なのかを知っていただける、いい機会なので、ぜひ一緒に見に来ていただいて、『ナナシス』ファンを増やしてください。また『ナナシス』ファン同士で見て、後で語り合うのも楽しいと思います。

「アイドルものはちょっと」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ただのアイドルもの、美少女ものではなく、触れた人に何かを与えてくれる作品なので、まずは見てみてください。

井澤:かつて栄えたアイドルの劇場を救うために満員にしようと777☆SISTERSが奮闘するお話なので、皆さんの力で私たちを300億のアイドルにしてください。

一同:(笑)。

井澤:それは冗談ですけど(笑)、劇場を満員するということの難しさはわかっていて、私たちもライブやイベントの時にはいつも心配してしまうし、「満員になったらいいな」と願っていて。

今のご時世的に満員の客席を見ることは叶わないと思いますが、その気持ちだけでも届けてほしいので、見終わった後に感想をSNSなどでつぶやいたり、発信していただければ。それを見ることで私たちも勇気をもらえるので。

「あなたに元気をあげたい」、「光になりたい」とか「背中を押してあげたい」というアイドルの気持ちが込められている作品なので、その気持ちを受け取ってください。

 

 

作品情報

 
アニメ『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』は2021年2月26日より期間限定上映スタート!

 
(C)Project_t7s_A

 

CD情報

 
777☆SISTERS「Across the Rainbow」(主題歌「Departures-あしたの歌-」収録)
2020年11月25日発売
初回限定盤 2,000円(税別)
通常盤 1,500円(税別)
発売:ビクターエンタテインメント

 

関連リンク

アニメ『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』公式サイト
『Tokyo 7th シスターズ』ポータルサイト

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

Tokyo 7th シスターズの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング