menu
音楽
沢城千春のバンド、STREET STORYの1stミニアルバム発売記念インタビュー【後編】

それでもあきらめず、歩みを止めずにやってきたことで、今の自分がいます――STREET STORYの1stミニアルバム『Way of life』発売記念インタビュー【後編】│新アルバムは作詞家としての沢城千春さんの成長も感じられる一枚

STREET STORYとは、2015年に沢城さんの『チハ生』というニコニコ生放送がきっかけで生まれたロックバンドです。

沢城さん(ギター&ボーカル)のほか、SEPTALUCK のFinさん(ギター&ボーカル)、メメタァのサンライズ太陽さん(ドラム)、ELLEGAREDENの高田雄一さん(ベース)というそうそうたるメンバーで、チハ生バンドとしてガチンコなバンド活動を展開。2019年にバンド名をSTREET STORYに改名し、2020年に沢城さんとFinさんの2人体制で、太陽さんと高田さんはサポートメンバーとして関わる形に。

そして2020年に配信シングル2枚をリリースした後、2021年3月3日に満を持して1stミニアルバム『Way of life』をリリース! ストレートで熱いロックサウンドに、沢城さんとFinさんのツインボーカル、沢城さんの歌詞が響く7曲を収録しています。

そんな注目のSTREET STORYの沢城さんとFinさんにロングインタビューを前後編の2回に渡ってお送りしています。後編では前回に引き続き、収録曲の紹介と今後の目標など語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

「アオゾラビート」はツアーへ想いをはせ、地方でのライブに向かう気持ちを明るく

――では前回の全曲紹介の続きです。2曲目の「アオゾラビート」もアッパーなロックチューンで、サビの「ヘイヘイヘイ!」のコーラスはライブでオーディエンスも拳を振り上げたくなるはずだと感じました!

Finさん(以下、Fin):2020年にデジタル配信されたシングルのうちの1曲です。作った時はまだアルバムが具体的に見えてない時だったので、新しい引き出しを開こうとまでは思えていなくて。ストストの前向きで、ポジティブで、明るくて、みんなでノレるというイメージで曲を作っていたし、このアルバムの中では、そのニュアンスで作った最後の曲だったと思います。

沢城千春さん(以下、沢城):あとライブで盛り上がれる曲にしたいねと。歌詞は僕が書いたんですけど、曲頭に「Sunday まだ眠る街 Let’s go 駆け抜けあの街へ」とあるようにライブで地方に行く自分の状況や気持ちを込めています。

Fin:最初の仮タイトルが「Sun&Moon」だったよね?

沢城:最初は太陽と月のイメージで書いたんだよね。みんなに会いに行くことで太陽のように照らしてあげられたらいいなと思って書き始めたけど、ずっと太陽だとおもしろくないかなと思って、2番では月の気持ちで書いてみようと。ライブが終わっても「『さよなら』ではない 『ここから』始めるんだ」というイメージです。それで仮タイトルも「Sun&Moon」にしたら、みんなから反対されて(笑)。

Fin:ちょうど全国回りたいねと話をしていた時で。なかなか4人そろって行くことは難しいから、アコースティックライブにして2人で仙台や新潟など10カ所くらい回れたらと。

沢城:だから地方でのライブに想いをはせて作った曲です。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

沢城千春の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング