menu
映画
映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』監督・大友啓史のコメントが公開

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』大友啓史監督が絶対に『最終章」を描かなればいけなかった理由とは?

日本映画の歴史を変え、エンターテイメントの頂点として君臨し続けるアクション感動超大作 映画『るろうに剣心』シリーズ。

完結編となる映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が2部作連続で公開。「The Final」が4月23日(金)より大ヒット上映中。さらに「The Beginning」が、6月4日(金)より公開中です。

このたび、本作で10年間監督を務めた大友啓史監督が、過去作の撮影が過酷を極めていたこと、そしてやるからには前作以上を目指さなければいけないという思いがある中で、絶対に『最終章」を描かなればいけなかった理由を語ったコメントが公開されました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

絶対に『最終章」を描かなればいけなかった理由とは?

「やはり“十字傷の謎”に迫る剣心の物語は絶対やらなければいけない」、そう語るのは10年間本作で監督を務めた大友啓史。過去作の撮影が過酷を極めていたこと、そしてやるからには前作以上を目指さなければいけないという思いで、なかなか決断できずにいたと明かす大友監督。

しかし、「再び応えられるかどうか自問自答を重ね、前回とは違う風景が見えてくるはずだという確信に至りました」と、“最終章”へと挑むことを決意した。

“最終章”の「The Final」と「The Beginning」で描く「人誅編」と「追憶編」の2つのエピソード。

大友監督は、「剣心は、巴が日記に書き残した彼女の遺志を継いで、新時代の到来のために、心を鬼にしてひたすら剣を振り続けてきました。そして、多くの犠牲の上に築かれた新時代の到来を享受しながらも、自分が殺めてしまった人たちに対する贖罪の念を抱え、未だ心は幕末と明治という時代の境目を彷徨し続けています」と、新時代に生きる”流浪人”の剣心がこれまでのシリーズで抱え続けてきた想いを語る。

そして、今回『The Final』では剣心に姉の巴を斬殺された縁が、剣心に復讐を果たすべく、東京に総攻撃をしかける。そのクライマックスで描かれる剣心と縁の死闘について「最後の剣心との戦いでの圧倒的な縁のパワーは、積もりに積もった怨嗟の念から生じるものです。

その、膨大な怨みの連鎖、憎しみの連鎖を剣心の逆刃刀が立ち斬っていく。過去にとらわれた縁の心を解放していくのは、巴の遺志を心に携え、未来に向けて放たれる剣心の「人を活かす剣」、その一撃に他なりません」と、人斬りをやめ”流浪人”となり神谷道場の仲間たちと出会った剣心が”未来”のために縁の刃を受け止めようとしていた、と語る。

そして、6月4日(金)に公開された『The Beginning』では、『The Final』で明かされた剣心と巴の辿る壮絶な運命が描かれる。『The Final』の縁による剣心への復讐のきっかけとなるもエピソードともなる本作だが、大友監督は『最終章』の二部作を、「この2作は、まるでコインの裏表のような、どちらかが欠けても『るろうに剣心』の真実が伝わり切らない作品」と語る。

また、『The Beginning』で描かれる剣心と巴の物語について「深く掘り下げれば掘り下げるほど、どこまでも深遠な内容をはらんでいるように思います。

孤独な2人の魂に寄り添うような、細心に至る演出が必要とされる繊細なラブストーリーであり、『るろうに剣心』の始まりの物語でもあり、と同時に我々にとっては最後の物語でもありますから、後悔の無いよう納得するまで徹底的にやりたい、そういう気持ちで臨んでいました」と『るろうに剣心』の原点とも言える”追憶編”のエピソードに込めた並々ならぬ想いを明かした。

そして、『The Beginning」の製作に際して、「劇的なこのドラマの行く末を魅力的に描き切るためには、剣心と巴の生活の中に潜んでいる些細な、そして豊かなディテールを何よりも大事に描写していかなければいけません。

それゆえ、2人のシーンに関しては、過剰な演出はできるだけ避けて、シンプルに2人が生活を共にするたことで生まれる感情がナチュラルに浮きあがってくるような、そんな演出を心がけて撮影に挑みました」と今までのシリーズとは全く異なるアプローチで撮影に挑んだことを明かした。

「大スクリーンで観ていただくことで、剣心と巴、2人の眼差しの奥に、そして心の奥底に潜む感情のささやかな起伏に、お客さんも気付いてくれるのではないかと思います」と、瞳の奥の深い感情までに拘りぬいて撮影をしたという。

主演の佐藤健も「パート1の撮影初日からずっと剣心がどう生きてきたのかを想像し、彼の過去を背負いながら常に巴のことを想い続けて芝居をしてきました」と語っていたように、これまでの4作品には、『The Beginning』へのキャスト&スタッフ全員の想いが込められ続けてきた映画『るろうに剣心』シリーズの完結作、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。

剣心と巴、二人が紡ぐラブストーリーと運命の行方。キャスト&スタッフ全員が、「これを描かずには終われない』と覚悟を決めて臨んだシリーズの集大成を、ぜひ大きなスクリーンで見守っていただきたい。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』作品情報

The Final / The Beginning 2部作大ヒット上映中!

 
【The Final ストーリー】
かつては"人斬り抜刀斎"として恐れられた緋村剣心だが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち穏やかな生活を送っていた。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか?何のために?それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。

 
【The Beginning ストーリー】
動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎(ひむらばっとうさい)と恐れられていた。ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴(ゆきしろともえ)に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。その後、幕府の追手から逃れるため巴とともに農村へと身を隠すが、次第に、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまう。彼女には、剣心に近づく別の目的があったのだ。後を追う剣心だったが、そこにはある陰謀と、数々の罠が仕掛けられていた――。<十字傷>に秘められた真実が、今、明らかになる。

 
<The Final>
佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介、土屋太鳳、有村架純、江口洋介

<The Biginning>
佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、北村一輝、江口洋介

 
監督/脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Renegades」
原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)製作:映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画

 
公式サイト
公式ツイッター(@ruroken_movie)
公式Instagram

(C) 和月伸宏/ 集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会
(C)和月伸宏/ 集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

るろうに剣心の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング