映画
6月12日開催の映画『るろうに剣心 最終章』イベント公式レポ到着

6月12日開催の“『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』大ヒット御礼舞台挨拶―ALL FOR THE FUTURE―”より公式レポート到着!

第二部:The Final

そして引き続き、舞台は「The Final」のイベントへ。佐藤が登場し、監督はリモートで参加すると、6月1週目の週末ランキングで2作品同時にランクインし、「The Final」においては7週連続と聞くと、「2作品を一緒の時期に楽しんでいただけるのは嬉しい」と佐藤。監督も「我々もこの作品をどうにかかたちに残したいと想いが強かったので、初の快挙であるワンツーフィニッシュはとても嬉しいです」とコメントした。

そんな大ヒットのお祝いに駆けつけたのは、「The Final」にサプライズ出演している瀬田宗次郎役の神木。花束を持って駆けつけた神木は「おめでとうございます!」と佐藤へプレゼントすると、「観客の皆さんこれから観るんですよね…たぶんすごく熱くなると思います!」と作品への期待を煽り、「健さん、本当にお疲れ様でした」と労いの言葉を送った。そして、「一人の観客としてもとても楽しみました。こんなに大きい作品を一人で背負っている健さんを尊敬しています」と語ると、そんな劇中さながらの神木の登場に、佐藤は「本当に粋なことしますね!」、監督も「100人力です!」と喜んだ。

宗次郎役のキャスティング当時を振り返り、神木は「『るろうに剣心』実写化の情報さえ知らなかった時、事務所に宗次郎が表紙の漫画を持って行って、“僕に似てません”ってアピールしてました。勝手に役作りしてますね!って木刀買って練習してました(笑)」と意外な過去を明かし、「僕自身、宗次郎に一目惚れしていたんです。役が決まった時は本当に幸せでした」と感慨深くコメント。

そして、宗次郎の得意技である“縮地”も練習していたそうで、「健さんに“縮地”を見せた時に、ハハッて鼻で笑われました」と話すと、「勝手に始められても…って困っていたので、その時は誤魔化していました(笑)」と佐藤。神木に「あの時すでに知ってたの!?」と尋ねられると、佐藤は「知ってたのかも…後日、正式にオファーがいって胸を撫で下ろしていた(笑)」と当時の心境を語った。

また、「The Final」にサプライズ出演に至った経緯について、監督は「キャスティング当時、練習しているって噂は轟いていた(笑)」と笑いつつも、「最終章でサプライズを用意したいって思った時、みんなで真っ先に頭に浮かんだのは神木くんだった。僕らにしても渡りに船だった」と明かし、神木は「宗次郎が好きすぎて、あれからもう刀触ることないのかと常々思っていたので嬉しかったです。本当に純粋に宗次郎が大好きなんです」と役柄への熱い想いを語った。

7年ぶりとなった共演シーンについて、「3日間とかの撮影日数だったのですが、改めて声がいいなって思いました。彼が登場するシーンでセリフが入ると空気が変わるんです。素晴らしいなと思いました」と佐藤。神木は「健さんの姿をみると気合いが入るんです。前作でも、本番になると間合いに入れなくなったりする緊張感があって…その姿にこちらも気合いがはいるし、健さんに認めてもらえるような宗次郎を演じようって思えました。でもそれはプレッシャーではなく、楽しみながら演じることができました」と語った。

監督も「2人のコンビネーションは出来上がっていて、息がぴったりだったのもあり、僕自身も楽しみながら撮影していました。撮っている僕自身も胸熱でした!」と明かした。

最後のクライマックスの剣心と仲間が協力するシーンと絡めて、“あの時助けられたなってエピソード”を尋ねられると、神木は「僕は何度も取材やイベントで助けられています。僕はボケるのですが、回収しないので…健さんは行き過ぎないようセーブしてくれるんです」と明かす。

佐藤は「彼はスベっても動じないので、ほっといても大丈夫なんです」と特に意識していないことがわかると、「無自覚の救出ですね。(佐藤の物まねしながら)“何言ってるかわかんない”って言ってくれる。そうゆう時に助けられているんです(笑)」と神木。佐藤は「インタビューとかで彼がフレンドリーにライターさんへ接してくれていると、僕はあまりそうゆうのが得意でないので助けられています」とエピソードを明かした。

そして、「The Beginning」のイベントに登壇したTakaからの質問である“このシリーズを作るにあたって大勢のスタッフとどういったコミュニケーションを取っているのか”という質問を尋ねられると、佐藤は「僕はかなり今回わがままにやらせていただいた。本番で100%パフォーマンスすることが目的なので、自分自身のコンディションを調整するためにテストの際は今日はここでやめますっていう時もありました」、神木は「僕は基本楽しく、追求できる心をお互いに持って、その場の勢いやポジティブさで作り上げられた気がします。こうするともっとよくなる!って言われて、もっと頑張ります!って部活のような感じかもしれません」、監督は「それぞれのチームのキーマンと大切なことを共有していく。俳優部でいうと健くんがキーマン。自分とキーマンの志を共有して揃えていくことです。中心のメンバーとコミュニケーションを密にとっていくことが大事だと思います」とそれぞれ明かした。

最後に、神木は「この映画のキャスト、スタッフにとって大事な作品で、そこに参加できたことは幸せです。皆さんの中でも10年間一緒に過ごした大切な作品になって、宗次郎役で一員として加われて光栄だなって思います。ありがとうございました!」、佐藤は「個人的にも『るろうに剣心』が代表作であることは生涯変わらないと思う。その作品が映画館で観れるこの時期は特別。そんな期間を長く濃く、皆さんと共有して噛みしめながら過ごしていければと思っております」、監督は「2012年の震災の後から始まり、今はコロナ禍で。大スクリーンで映画を観るという大切さをこの作品で改めて確認するタイミングで公開して、ポジティブに考えたいと思っています。我々の作品の魅力がより伝わるのは大きなスクリーンで観てこそなので、ぜひ劇場で感じたスピリットを共有していただきたいです。皆さん応援団だと思っておりますので、引き続き、応援よろしくお願いします!」とそれぞれが感謝の想いを込めて挨拶し、イベントは幕を閉じた。

 

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』作品情報

【The Final ストーリー】
かつては"人斬り抜刀斎"として恐れられた緋村剣心だが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち穏やかな生活を送っていた。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか?何のために?それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。
 
【The Beginning ストーリー】
動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎(ひむらばっとうさい)と恐れられていた。ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴(ゆきしろともえ)に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。その後、幕府の追手から逃れるため巴とともに農村へと身を隠すが、次第に、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまう。彼女には、剣心に近づく別の目的があったのだ。後を追う剣心だったが、そこにはある陰謀と、数々の罠が仕掛けられていた――。<十字傷>に秘められた真実が、今、明らかになる。
 
<The Final>
佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介、土屋太鳳、有村架純、江口洋介

<The Biginning>
佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、北村一輝、江口洋介
 
監督/脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Renegades」
原作:和月伸宏「るろうに剣心?明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)製作:映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画
 
公式サイト
公式ツイッター(@ruroken_movie)
公式Instagram

(C) 和月伸宏/ 集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会
(C)和月伸宏/ 集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング