menu
アニメ
『SLAM DUNK(スラムダンク)』名言・名台詞・名シーン集

永遠の名作『SLAM DUNK(スラムダンク)』ー明日を生き抜く活力がここに! 名言・名台詞まとめー

映画化決定の情報が解禁されてから、さらに注目を集めている伝説の名作『SLAM DUNK』。映画公式アカウントでは、スタッフの皆さんの日常の風景から映画の情報など更新が続けられており、私も続報を待ち望んでいるところです。

多くのファンに長く愛されている作品である『SLAM DUNK』。バスケットボールを通した、主人公たちの成長や人間ドラマが魅力の1つですが、そのドラマを盛り上げる要素として、名言・名台詞は欠かせないですよね。『SLAM DUNK』のキャラクターたちの言葉で、突き動かされたファンは多いと思います。

今回はメインのキャラクターごとに、名言・名台詞をまとめていきます! あなたの好きな名言を思い出しながら御覧ください。

 

名言集バックナンバーはこちら!

◆『呪術廻戦』名言・名台詞まとめ
◆『約束のネバーランド(約ネバ)』名言・名台詞集
◆『エヴァンゲリオン』名言・名台詞
◆『美少女戦士セーラームーン』名言・名台詞集
◆『ヒロアカ』名言・名台詞まとめ

◆『機動戦士ガンダム』名言・名台詞集
◆『刃牙(バキ)』名言集まとめ
◆『ジョジョの奇妙な冒険』名言集まとめ
◆『鬼滅の刃』名言・名台詞集
◆『SLAM DUNK(スラムダンク)』名言・名台詞まとめ

◆『ONE PIECE(ワンピース)』名言・名台詞集
◆『進撃の巨人』名言・名台詞集
◆『カイジ』名言・名台詞集
◆『ハイキュー!!』名言・名台詞集
◆『ベルサイユのばら(ベルばら)』名言・名台詞集

◆『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』名言・あらすじまとめ
◆『銀魂』名言・名台詞集
◆『NARUTO―ナルト―』名言・名台詞集
◆『キングダム』名言・名台詞集
◆『機動戦士Zガンダム』名言・名台詞集

◆『鋼の錬金術師(ハガレン)』名言・名台詞集
◆『DEATH NOTE』(デスノート)名言・名台詞集

 
◆映画『SLAM DUNK(スラムダンク)』内容を予想してみた!

アニメイトタイムズからのおすすめ

『SLAM DUNK(スラムダンク)』名言・名台詞まとめ一覧

桜木花道の名言

 

「俺に今できることをやるよ!! やってやる!!」

お調子者でいつも明るく、チームのムードメーカー的役割を果たす主人公・桜木が海南高校との試合で「頼りがいのあるリーダー」としての片鱗をみせた時に言った名ゼリフです。

キャプテン赤木が夢にまでみた大舞台。しかし思わぬアクシデントで一時試合を離脱してしまう。赤木不在という大きすぎる穴を埋めるべく、決意を決めた桜木の言葉です。

自らを「ゴール下のキングコング・弟」と呼び仲間を鼓舞し、赤木の心を燃やし会場全てを味方につけるような勢いを湘北にもたらし、読者をも勇気づけたのではないでしょうか。

「オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本のときか? オレは………オレは今なんだよ!!」

夏のインターハイ第二回戦、湘北高校対山王工業での試合、後半切羽詰まった状況で桜木が振り絞ったセリフです。

絶対王者・山王工業と2回戦であたってしまうというまさかの展開で、観客は誰も湘北に注目もしておらず完全なアウェーでスタート。離されては追いつくを繰り返し、やっと湘北が流れを掴んだところで、桜木にアクシデントが。流れを掴んだのは桜木のルーズボールをモノにしたプレイでしたがそのプレイで怪我をしてしまうのです。

そんな中、安西に交代を告げられた桜木のセリフです。誰もが桜木の異変に気づき選手生命に関わる可能性があるのも理解している、それと同時にこの試合で絶対に欠けてはいけない存在だということもわかっている。そしてそれは桜木自身が一番わかっているはずです。そんな状況で出た名台詞に涙が止まりませんでした。

「左手はそえるだけ……」

バスケットボールをプレイしたことがある方なら、誰でも口にしたことがあり、実践したことがあるセリフなのではないでしょうか。

インターハイ目前にして、桜木が新たな武器を身につけるべくジャンプシュート合宿を行った際に繰り返していたセリフでありながら、この作品の最も印象的なシーンの1つでも使われたこのセリフ。

あの瞬間は、本当に時が止まったかのような緊張感でした。初めて読んだときのことが頭から離れません。現実世界も静寂に包まれているのではないか、会場にいるのではないかと錯覚するような感覚を覚えています。

流川楓の名言

 

「ぶちかませっ!!」

いつもはクールで、桜木といがみ合っている流川が、思わず叫んだ名ゼリフです。エースとしてチームを引っ張り続けた結果、スタミナ切れを起こしてしまった流川。

チームメイト、そして桜木に自らの思いを託した瞬間でした。流川は燃えるときもクールなので声を荒げて感情を見せる珍しい場面でもありました。

桜木と流川の関係って作品を通して熱く、尊いですよね。

「何百万本もうってきたシュートだ」

インターハイ緒戦、豊玉高校での流川が発した名ゼリフ。

豊玉のエース、通称エースキラー・南とのマッチアップとなった流川。1年生ながら凄まじいプレイをみせますが、エースキラー南の策略により左眼を怪我してしまいます。

応急処置をし、片目でも懸命にプレイを続ける流川。相手のエースを怪我させてまで勝ちにこだわってきた南は、流川の選手としての姿を見て己と向き合っていきます。

そして片目でシュートを決め、「体が覚えてらっ 何百万本もうってきたシュートだ」

かっこいい。その後両目つぶってフリースローを決めるという、先輩に怒られそうなプレイも飛び出します。天才であり、そして誰よりも真摯にバスケをプレイしている流川を表す名ゼリフです。

「今日……ここでお前を倒して行く」

山王工業のスーパーエース・沢北栄治とのマッチアップの際の名ゼリフ。

短期のアメリカ遠征を経験し、本腰を入れてアメリカでバスケをしに行くという沢北。そんな彼に流川は、「オレもアメリカに行くよ」と切り出し、言い放ちます。

負けず嫌いな流川らしいセリフです。しかも彼は言わなくてもやる不言実行タイプ。そんな流川が口にするこのセリフから、並々ならぬ思いと凄味がひしひしと伝わります。

負けるな流川‼

赤木剛憲の名言

 

「いいからテーピングだ!!」

続いては、湘北の大黒柱・赤木剛憲の名ゼリフです。

あまりにも有名で、ほぼネットミームのような風に捉えられているかもしれませんが、これもかなりの熱いセリフです。

入部してから3年間、この試合を夢に見た赤木の叫びなんです。冷静沈着で頼りになり、チームメイトのために体を張れるキャプテンの人生で唯一のワガママが「良いからテーピングだ!」なんです。夢にまでみた大事な試合でのアクシデント。自身の悔しさや、仲間への申し訳無さ、チャンスを目の前にして立ち止まってしまう焦り。

赤木の様々感情が入り乱れた素晴らしいセリフなのです。

「オレたちゃ別に仲良しじゃねえし お前らには腹が立ってばかりだ だが…(このチームは…最高だ……)」

このセリフも赤木が自分の思いを口にする珍しいシーンから。不器用な赤木がチームメイトに語った言葉です。王者山王との試合中、タイムアウト中の円陣で赤木の思いがポロッと溢れてしまう。

最高のチームメイトを求めて、折れずにひたむきにバスケットを続けてきた赤木が、心から自分の仲間を誇らしく思った、喉から手が出るほど欲しかったものがやっと手に入りみんなが最高のプレイをしていることに感極まった瞬間です。

()になっているセリフは、実際にチームメイトにはかけてない赤木のモノローグ。その後ぼそっと「ありがとよ」と口にします。そしてチームメイトから「自分のためにやってんだ!」、「まだ勝ってもいないのに…」と袋叩きに(笑)。

たしかに仲良しチームではないですが、素晴らしいチームということがわかる名シーンでもあります。

「晴子……お前が見つけてきた変な男は 湘北に必要な男になったぞ……」

これも山王工業との試合から。

試合中、赤木は縦横無尽に動き回る桜木を見て、ふと妹・晴子から聞かされた話を思い出します。

晴子がある1年生をバスケ部にスカウトしたという。興奮した様子で、桜木という男について自分に話し始める。バスケは初心者だが、身長は大きく、絶対にすごい選手になると語っていた。

赤木はその時の晴子の言葉を思い出し、桜木を見ながら思うのです。「晴子……お前が見つけてきた変な男は 湘北に必要な男になったぞ……」と。

たったひとつの回想シーンしか描かれていませんが、読者と赤木の頭の中には走馬灯のように桜木という男の記憶が思い起こされ、感情を強く揺さぶられてしまいます。

兄弟のような2人が、言葉は無くともお互いにリスペクトしあっているのが分かる言葉です。

木暮公延の名言

 

「泣かすなよ…問題児のクセに…」

常に厳しく、大黒柱としてチームを引っ張ってきた赤木。そしてその隣で赤木やチーム全体を支えていたのが湘北高校3年生の木暮です。

このセリフはインターハイ予選での陵南戦後、桜木との会話の中で小暮が軽口をたたきあったシーン。それでいて先輩と後輩のグッと来る掛け合いでもあります。

短時間で1番伸びしろがあるのは桜木です。それを理解した桜木は自身がパワーアップすればするほどチームの戦力も上がるとゴール下のシュートの特訓に励みます。小暮は桜木とともに居残りで練習に付き合う、次の試合で引退が決まるかも知れないから、できることはなんでもするという小暮。桜木は俄然やる気がみなぎります。

試合結果は湘北の勝利。奇しくも勝負をきめた得点は、桜木のアシストから小暮のスリーでした。その後、引退が伸びたな…メガネ君と桜木。その返答がこのセリフです。

「………2年間も 待たせやがって……」

2年前、湘北は神奈川で注目されていました。中学生ですでにスターであった三井が入学ししていたからです。そして同学年に長身の赤木の存在もあり荒削りながらも三井と切磋琢磨し、湘北を代表するデュオになる予定でした。小暮とこの2人は本気で全国制覇を目指した3人でもあったのです。

そんな三井と赤木が、紆余曲折乗り越えて、お互いを信頼しあって戦っている。その姿は、小暮がチームメイトとして何よりも求めていた、2人の姿。2年間も待った2人のプレイをみた小暮の名台詞です。

宮城リョータの名言

 

「そいつを倒してオレがトップになる!!」

湘北の正ガードである宮城リョータの名ゼリフです。

県予選であたった翔陽高校との試合。タイムアウト終了間際に、マネージャーのアヤコが宮城に向かって声をかけます。

翔陽のPGは神奈川県内屈指の強豪プレイヤー、藤真です。基本的な技術、リーダーシップ、ゲームの見方、どれをとってもトップクラスな選手です。そんな相手と戦うリョータにアヤコは「相手は県内トップを争うガードよ‼ 何がいいたいかわかる?」と発破をかける。

それに答えた宮城のセリフです。彼の性格が出ている勢いのあるセリフでもあり、宮城をノセてしまうアヤコ、簡単に調子づく宮城の関係性も表したいいシーンです。

「スピードなら…NO.1ガードはこの宮城リョータ ーーーだぴょん」

山王工業との試合でから。

前評判とは裏腹に、王者山王と序盤から対等に渡り合う湘北。ノリノリで攻撃を仕掛ける湘北陣営の勢いを表したセリフですよね。

語尾の「だぴょん」というのは、山王工業正ガード・深津の語尾です。冷静沈着なキャプテンですが変わった人柄で、気に入った語尾を周期的に変えているとのこと。この試合の際は「~ぴょん」ブームでした。

宮城は当然この深津とマッチアップするわけですが、両者正反対の性格でありプレイスタイルです。そんな宮城が勢いに任せ「この宮城リョータ!」とドリブルで切り込みます、すると深津がすきを突いてスティールを狙いますが、勢いに任せに見えたのはブラフで、すぐさまビハインドパス! 深津を釣り出して、味方にパスを出す作戦で、深津の語尾を皮肉った宮城らしいセリフです。

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」

つづいて、山王との試合からの名言。このセリフはかなり人気と知名度のあるセリフ。身長は小さいがガッツがあって、負けず嫌いな宮城のこのセリフでドリブル練習に精を出した方も多いのではないでしょうか。

試合も終盤に差し掛かった場面で、攻撃の手を緩めない山王。守備でも、かなり苦しめられたフルコートゾーンプレスを再開。湘北メンバーに疲れが見える中、流れを持っていかれるわけにはいかない。

そんな時に、ボールを運ぶ宮城が今までよりも鋭く低いドリブルで、相手ディフェンスを抜き去ります。それが、チビの生きる道!

三井寿の名言

 

「安西先生…!! バスケがしたいです……」

女性などを中心に人気の高いキャラクターである三井寿の名ゼリフ。これに関しては説明不要の有名なセリフですね。

故障が続き練習に参加できない日々は、思春期の男子には辛い。そしてそれが皆から注目を浴びてきた、実力者であればあるほど葛藤や焦燥感に追い詰められてしまうんですね。そしてドロップアウトしてしまった三井。

自分の憤りをかつての仲間や、周囲の環境にぶつけることしかできない三井が、安西先生を見て思いを吐露するという名ゼリフです。

「さっさと続きを始めるぞ‼ オレの気持ちが醒めないうちにな!!」

炎の男・三井寿を象徴するこのセリフ。人一倍バスケットに対する執念が強い彼らしい言葉です。

大きなブランクを抱えて挑む翔陽高校との試合。敵選手に徹底マークされた三井は、ディフェンスをかいくぐるだけでもスタミナを消費してしまい、自分がムダにした時間を痛感します。

そこで三井は思い出します。自分が逆境でこそ燃える男だということを! そこから怒涛の得点を重ねます。焦った相手選手からファウルをとりボーナススローを獲得する三井。息を整える時間が稼げた、と喜ぶチームメイトを尻目にすぐさまフリースローを決めてから、
「さっさと続きを始めるぞ‼ オレの気持ちが醒めないうちにな!!」

と言い放つ! みなさんも体育でまねしましたよね……

「おうオレは三井 諦めの悪い男…」

上記の名言と合わせて、いかに三井が執念深く諦めの悪い泥臭い男かわかりますよね。バスケの才能と、貪欲さをもった選手の1人です。

山王戦は湘北メンバーが経験したことが無いほどの、死闘でした。日本トッププレイヤーとの戦いは、精神面でももちろん肉体的にも疲労が激しい。やはりブランクのある三井はボロボロになってしまいます。ディフェンスは棒立ち同然で、マッチアップしている松本は三井が機能停止状態であることに気づきます。

三井は錯乱状態になりながら、魚住の「赤木、お前は鰈だ」という言葉を聞き、松本に「オレは誰だ」と尋ねる。それは限界寸前で今にも倒れそうな自分への問いかけでもあります。ギリギリの中で、三井は赤木との連携でスペースを作り起死回生の3Pシュートを決める。

そして自分が諦めの悪い男・三井だ、とつぶやきます。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング