アニメ
ネトフリアニメ『バイオハザード』メイキング映像が解禁

Netflixアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』制作過程や撮影の舞台裏を収めたメイキング映像が解禁!

全世界でシリーズ累計出荷本数1億1千万本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』が、シリーズ初の連続CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』をNetflixで全世界独占配信中!

配信開始されるや否や一気見する人が続出し週末の「デイリー総合TOP10(日本)」で1位を獲得、海外の国や地域でもTOP10の上位を占めるなど世界中で反響を呼んでいる作品です。

歴代『バイオハザード』ファンにはたまらないホラーアクションシーンはもちろん、『バイオハザード 』ビギナーにも楽しめる"真の恐怖"をキーワードに繰り広げられる物語、豪華製作陣によるハイクオリティの映像など、数えきれないほど見どころ満載。

このたび、羽住英一郎監督の演出によって組み立てられたドラマやキャラクターの表情など、極限のリアリティが追求された『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のメイキング映像が解禁となりました。

▲羽住英一郎監督・小林裕幸プロデューサー

▲羽住英一郎監督・小林裕幸プロデューサー

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』メイキング映像解禁

 
解禁された映像では、モーションキャプチャーを駆使した制作現場の様子はもちろん、豪華制作陣によって細かく計算された制作過程とエピソードを余すことなく披露。冒頭は「英語キャスト/モーションアクター」として、レオン役を演じたNick Apostolidesと、同じくクレア役を演じたStephanie Paniselloによって、撮影を振り返るコメントとともに、激しいアクションシーンに挑む姿が収められています。

また、SNS上でも話題となった、ゾンビに襲われている仲間をレオンが間一髪で救助するシーンや、自らの調査のために奔走するクレアの緊迫のシーンの裏側も映し出されており、CGプロデューサーの宮本佳氏は、「人間の動きは色々なノイズがのっていることで自然な動きが表現できるので、モーションキャプチャーを使用することで、"雑味"が出ることは、リアルを追求する上では欠かせない技術ではないか」と、演出のこだわりポイントを語ります。

▲CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)

▲CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)

 
羽住監督も同様に、「物理的なアクションはもちろん、心理的な表現を(モーションキャプチャーを通じて)生身の人間で実施できたことは安心しました。もしモーションキャプチャーが使えなかったら、アプローチを変える必要がありました」と明かしており、本作におけるモーションキャプチャーの大切さが改めて感じられるエピソードを披露しています。

小林プロデューザーは、「レオンとクレアという2人のスターを、どなたにも喜んでもらえるようにつくりあげました。より実写に近い映像をつくることを目指していた中で、今回、羽住監督にお力をいただいたことで、一層実写に近づいた形になりました」と、本作の完成度に自身を覗かせています。

▲撮影監督:ジュン ワタナベ

▲撮影監督:ジュン ワタナベ

 
より実写に近づけるため、撮影方法にも工夫を凝らした本作。撮影監督のジュン ワタナベ氏は、「今回一番こだわったのは、CGなんだけれど、リアリティを出すために実写の撮影と同じようにしましょうと。例えば、一歩右にカメラマンが動くときに、バーチャル的にもカメラマンが右に移動するという動きを真似してアニメーションを作りました。」と語り、CGディレクターの清水智弘氏は、「1ショット毎に羽住監督と事前に話をしながら、綿密に動画を撮りました。レオンはどんなシーンでもレオンに見えなければならないので、窮地に追い込まれた状況でも、リアリティを崩さずに、本来のレオンを見せれるかというのがすごく大変でした。」と、制作時の苦労を語りながらも、勉強になることがたくさんあったと振り返ります。

羽住監督は、「小林さんが何よりファンを大事に考えているからこそ、これだけ長く『バイオハザード』シリーズが続いているし、ファンも離れないんだなと勉強になりました」と、喜びの思いを述べ、小林プロデューサーからは、「羽住監督と本作を描いたことで、また新しいレオンの魅力を引き出していただきました。25年に渡る『バイオハザード』シリーズの歴史の中で、最近登場していない人気のキャラクターもいるので、まだまだ色々な作品を作っていきたいと思います」と、新作の制作についても改めて意欲を覗かせました。

▲CGディレクター:清水智弘

▲CGディレクター:清水智弘

 
Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、Netflixにて全世界独占配信中です。
 

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』作品情報

 
正式タイトル:『BIOHAZARD:Infinite Darkness』
話数:全4話
配信日:Netflixにて2021年7月8日(木)より、全世界独占配信

原作・製作・監修:株式会社カプコン
監督:羽住英一郎
脚本:武藤将吾、羽住英一郎
エグゼクティブプロデューサー:小林裕幸(カプコン)
製作プロデューサー:篠原宏康(トムス・エンタテインメント)
プロデューサー:古屋厚(ROBOT)
CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)
フル3DCGアニメーション制作:Quebico
制作プロデュース:トムス・エンタテインメント
クリエイティブアドバイザー:トニー石塚(Sony Pictures Entertainment)
音楽:菅野祐悟

 

ストーリー

6年前(2000年)、内戦中のペナムスタンへ軍事介入していた米軍の「特殊部隊」のヘリが墜落した。同作戦地域にいた米軍の「マッドドッグス」隊は、司令室の待機命令に背く形で生存者の救助に向かうがすでに「特殊部隊」は壊滅。隊長ジェイソンが率いる「マッドドッグス」隊も命からがら脱出することになる。しかし、ジェイソンらが現場で見たものは、死んだはずの「特殊部隊」が不気味に動き出す様子だった・・・。

現在(2006年)、ホワイトハウスの極秘ファイルに不正アクセス事件が発生する。その捜査のため召集されたレオン・S・ケネディ、ペナムスタンの英雄ジェイソンを含むエージェント4名は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇。SWATと共にそれらを制圧する。その後、極秘ファイルは上海の生物科学研究所に関するものだとわかり、手がかりを求めレオンら3名のエージェントが捜査に向かうことに。最新鋭の潜水艦で上海へ向かう途中、突如として現れた集団で襲ってくるネズミ型B.O.W.の襲撃を受け、窮地に立たされてしまう。

一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のためペナムスタンに在留中、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独自の捜査を進めるクレア。そしてペナムスタン内戦時に実施された、ある恐ろしい実験に辿り着く。思いがけぬ真実、そしてペナムスタンに端を発した事件の真相に近づくレオンとクレア。更に、平和を覆す恐怖の発露が迫っていることが発覚する・・・。

 
Netflix作品ページ:www.netflix.com/biohazard_anime

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
おすすめタグ
あわせて読みたい

バイオハザード:インフィニット ダークネスの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング