menu
アニメ

【ネタバレあり】ヤンキー漫画の革命児!『東京卍リベンジャーズ』のあらすじをご紹介! 最新刊までの展開を振り返ろう!

累計発行部数3200万部を突破し、今最も勢いのある作品の一つ『東京卍リベンジャーズ』。実写映画の公開とテレビアニメの放送が重なったこともあり、今までヤンキー漫画に馴染みがなかった層にも作品の人気が広がりました。今回はそんな『東京卍リベンジャーズ』のあらすじをご紹介します。

「アニメをみて原作の続きが読みたくなった!」

「なんとなく話題だから内容をざっくり知りたい」

そんな方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。本稿を入り口にして『東京卍リベンジャーズ』の世界へ足を踏み入れましょう。

※以下の内容はネタバレを含みますのでご注意ください。

 

その他のネタバレ記事

◆『黒執事』ネタバレあらすじストーリー解説
◆『進撃の巨人』最終回までのネタバレあらすじを簡単にまとめて解説
◆『五等分の花嫁』最終回までのネタバレ解説
◆『呪術廻戦』これまでのあらすじをわかりやすくまとめてご紹介!
◆『約束のネバーランド』最終回までのネタバレ・あらすじ紹介
◆『ひぐらしのなく頃に』ネタバレ解説
◆『東京卍リベンジャーズ』ネタバレまとめ
◆『鬼滅の刃』ネタバレまとめ
◆『チェンソーマン』ネタバレまとめ
◆『SLAM DUNK(スラムダンク)』ネタバレ解説(全試合網羅)
◆『地獄楽』ネタバレまとめ
◆『CLANNAD(クラナド)』ネタバレ|第1期~第2期までのあらすじまとめ

アニメイトタイムズからのおすすめ

タイムリープ能力に目覚める武道(コミックス1巻 アニメ1話)

 
物語は主人公の26歳のフリーター、花垣武道(以下タケミチ)が中学生の頃交際していた女性、橘日向(以下ヒナタ)とその弟橘直人(以下ナオト)が暴力団の抗争に巻き込まれ、死亡したことを知るところからスタートします。

その後、タケミチは何者かに背中を押され線路に突き落とされてしまいます。死を覚悟した彼が目を覚ますと、そこに広がっていたのは12年前の世界。死んだはずのヒナタや弟のナオトもその世界では生きていました。タケミチはナオトにだけ自分が12年後の世界から来た存在だということを明かし、ナオト自身とヒナタを守るように伝え、12年前の世界を後にします。

12年後の世界でタケミチを待っていたのはナオト。ナオトが死ぬという未来がタケミチの行動によって変わったのです。しかし全てを変えることが出来たわけではなく、ナオトが未来を知ってもなお、残念ながらヒナタを守ることはできませんでした。

タケミチとナオトが握手をすることによって、12年前の同じ日にタイムスリップすることができることを突き止めたタケミチはヒナタを救うため、再び過去の世界へ旅立つのでした。

マイキーとの出会い(コミックス2巻 アニメ2〜3話)

 
ヒナタを救うため、彼女が死ぬきっかけとなった抗争を起こした暴力団の2TOP、稀咲鉄太(以下稀咲)と暴力団の前身となった東京卍會の総長、佐野万次郎(以下マイキー)を中学時代に出会わせず、ヒナタが死んだ抗争を起こさせないようにするため、タケミチは12年前の世界へ旅立ちます。

そんな彼を待っていたのは暴走族、東京卍會の一員である清水将貴(以下キヨマサ)に喧嘩賭博の賭けの対象としてこき使われる日々でした。そんな状況を変えるため、また同じく喧嘩賭博に巻き込まれていた仲間を守るため、タケミチはキヨマサにタイマン勝負を持ちかけます。一方的にキヨマサにボコボコにされるタケミチ。絶体絶命かと思われた時、東京卍會の副総長龍宮寺堅(以下ドラケン)、そしてタケミチが12年前の世界を訪れた目的でもある総長マイキーが現れ、兄に似ているからという理由でタケミチを救い、その場を後にします。その後マイキーと交流を重ねる中でマイキーがヒナタを殺すような人物でないと判断したタケミチは、12年後の世界に戻りそのことをナオトに伝えます。

未来で情報調べる中で、タケミチは12年前の8月3日、東京卍會の内部抗争によってドラケンが死亡したことを知ります。精神的支柱のドラケンが死んだことがマイキーを変えてしまった要因だと考えたタケミチは、内部抗争を阻止すべく12年前の世界へタイムリープします。

8・3抗争(コミックス2〜4巻 アニメ4〜11話)

 
12年前の世界ではマイキー率いる東京卍會と愛美愛主(メビウス)の抗争が始まろうとしていました。きっかけとなったのは、東京卍會の参番隊隊長、林田春樹(以下パーちん)の友人が愛美愛主に暴行を受けたことで、そのことを聞いたマイキーは8月3日、つまり内部抗争が勃発するはずの日を愛美愛主との決戦の日にすることを決めます。

そんな中、その日を前に愛美愛主の総長長内信高(以下長内)が奇襲を仕掛け、パーちんに襲いかかります。パーちんは長内に敗れますが、マイキーが長内を倒し愛美愛主との抗争は集結したかに思われました。しかし、パーちんは長内への恨みを抑えることができず、長内を刃物で刺してしまいます。

その後パーちんは少年院へ収監されたことをきっかけに!彼を救いたいマイキーと自身で覚悟決めたパーちんの気持ちを尊重しようとするドラケンとで抗争が起きてしまいます。このまま内部抗争に発展するかと思われましたが、タケミチの必死の説得もあり、二人を仲直りさせることに成功しました。

ですが、パーちんの側近であった林良平(以下ペーやん)だけは納得することができず、愛美愛主と手を組み8月3日にドラケン襲撃を決めます。

そんなことは梅雨知らず、ドラケンの命を守ることに成功したと思い込んでいるタケミチは、その8月3日にヒナタとドラケン、そしてドラケンに思いを寄せるエマとともに地元の祭りに出かけることになります。祭りを楽しんでいたタケミチですが、途中キヨマサもドラケン殺害を試みていることを知り、ドラケンを守るため、彼が死亡するはずの駐車場に向かいます。

そこにはペーやんと愛美愛主、そして彼らに攻撃されているドラケンの姿がありました。多数の愛美愛主のメンバーに囲まれたのも束の間、マイキーをはじめとした東京卍會のメンバーがその場所にかけつけ、東京卍會対愛美愛主の抗争が始まってしまいます。乱戦の中ドラケンを守ろうとするタケミチですが、そんな彼の思いも虚しくキヨマサによってドラケンは大きなダメージを与えられてしまいます。

そんな彼をなんとか救うため、タケミチは乱戦の場から逃げようとしますが、その途中でキヨマサに見つかってしまいます。圧倒的な実力差がある上に刃物も使うキヨマサの前にタケミチは完膚なきまでに叩きのめされてしまいます。ですが、仲間の助けも借りながらタケミチはなんとかその場を乗り切ることに成功し、無事ドラケンの命を救います。役目を終えた彼はナオトと握手し現代へと戻るのでした。

血のハロウィン(コミックス4〜8巻 アニメ12〜24話)

 
内部抗争でドラケンが殺害されなかったことで、未来は変わったかに思われましたが、残念ながらタケミチはヒナタをこの未来でも救うことができませんでした。このことからタケミチは人を変えることで未来を変えるのではなく、自分が東京卍會のトップに立つことでヒナタを救出しようと考えます。

その目標を実現するため12年前の世界に戻ると、その日はパーちんが抜け不在となった参番隊隊長の任命式でした。そこに新参番隊隊長として現れたのは、未来の東京卍會でマイキーを変えてしまった原因とされている稀咲。突然の稀咲の登場に動揺したのも束の間、壱番隊隊長の場治圭介(以下場治)が現れ、芭流覇羅(バルハラ)という別のチームに移籍すると宣言。任命式は混乱の中幕を閉じます。

任命式の後、未来に戻ったタケミチはドラケンから芭流覇羅との抗争によって場治が死に、マイキーが芭流覇羅の一員であり、東京卍會創設メンバーの羽宮一虎(以下一虎)を殺したことが現代で稀咲が力を持つ原因となったことを聞き未来を変えるために過去の世界へと再び戻ります。壱番隊副隊長松野千冬(以下千冬)の協力を得ながら場治と接触したものの残念ながら、場治の心を動かすことは叶いませんでした。その後東京卍會の集会の中でマイキーは場治を倒すのではなく取り戻すことを宣言し、芭流覇羅との抗争の日を迎えます。

芭流覇羅との抗争が始まった直後は学年も上の芭流覇羅相手に押され気味だった東京卍會ですが、タケミチの檄によって息を吹き返し、反撃に転じます。そんな中、マイキーは一虎によって一方的に痛めつけられてしまいます。絶対絶命かと思われた彼を救ったのはなんと稀咲。このことにより東京卍會での稀咲の地位が上がることにタケミチが恐怖を覚えたその刹那、ここまで戦闘に参加していなかった場治が稀咲に奇襲を仕掛けます。実は場治の目的はマイキーに取り入ろうする稀咲を東京卍會から排除することでした。

ですが、そんな彼の目論見も芭流覇羅の副総長半間修二(以下半間)に唆された一虎によって阻止されてしまいます。なんと一虎は場治を背後から刃物で刺してしまったのです。

過去に一虎によって実の兄である佐野真一郎を殺害されたマイキー。場治が致命傷を負ったことで、今まで抑えていた彼の攻撃的な部分が溢れ出し、一虎を逆に一方的に攻撃し始めます。

このままでは一虎がマイキーに殺されてしまう、その時でした。なんと瀕死の状態だった場治が自らを刃物でさしたのです。一虎が自らを殺したのではなく、自分自身で自刃したことにしてマイキーに一虎を許してもらおうとしたのです。

その後のタケミチの必死の説得もあり、マイキーは一虎への攻撃をやめ、一虎はケジメとして警察へ連行されます。こうして血のハロウィンと呼ばれるこの抗争は幕をおろしました。

その後に行われた集会では、芭流覇羅が東京卍會の傘下に降ること。そしてタケミチが千冬に指名され、新たな壱番隊隊長となることが発表されました。こうして、東京卍會のトップに立つという目標に一つ近づいたタケミチは一度未来の世界へと戻ることにしました。

聖夜決戦(コミックス8〜14巻)

 
未来に戻ると、なんとタケミチは現代の東京卍會の最高幹部になっており、この未来ではなんと自らの命令でヒナタを殺害していたことがわかりました。己が行った行為に対して絶望するタケミチをナオトが励まし、なんとか立ち直らせることに成功します。タケミチは、未来の世界で東京卍會の実験を握る稀咲と黒龍というチームの出身者を東京卍會から追い出すことを目指し、過去の世界へ戻ります。

戻ってすぐ、タケミチは未来の世界で黒龍出身者として最高幹部として君臨する、東京卍會弍番隊隊長、柴八戒(以下八戒)と出会います。彼と関わる中で彼が黒龍十代目総長柴大寿(以下大寿)の弟であることと彼と姉の柴柚葉(以下柚葉)が大寿から暴行を受けていたことを知り、未来で得た情報と合わせ、彼が大寿を殺したことが未来の世界で黒龍出身者が東京卍會の実験を握る原因になったのではないかと推測します。

タケミチは八戒を止めるため、黒龍との抗争を止めることができないか、各隊の隊長たちとドラケンに相談しますが、弍番隊隊長三ツ矢隆(以下三ツ矢)が大寿と不戦条約を締結したことから、隊長たちとドラケンはタケミチの提案を退けます。そんな中、隊長たちの中でこの提案に賛同したのが、稀咲と半間でした。タケミチは葛藤しながらも、目的を達成するため、一時的に彼らと手を組むことを決めます。

内通者や金銭を使って仕入れた情報をもとに、大寿が一人になる日がクリスマスであることと、その場所が教会であることを突き止め、八戒はその日に大寿の殺害を企てると推理し、この日に八戒を止めるための作戦を結構することを決めます。

ちょうどその頃、タケミチの前に突如ヒナタの父が現れます。彼は不良であるタケミチと自身の娘が交際することで彼女の身にも危害が及ぶと考え、タケミチにヒナタと別れるようにお願いします。タケミチはこれを受け入れ、ヒナタに別れの言葉を告げるのでした。

作戦当日、作戦通り配置につくタケミチ達。タケミチが八戒を説得し、それ以外の三人が大寿を迎え打つという作戦でした。しかし、稀咲と半間は裏切り、八戒とタケミチ対大寿の戦いへと発展してしまいます。途中三ツ矢も駆けつけ共闘しますが、大寿には三人がかりでも通用しません。八戒は諦めそうになりますが、タケミチは諦めず、ボロボロになりながら戦い続けます。そんな彼の姿心を動かされた八戒は、今まで柚葉を庇っていたのではなく彼女から守られていたことを告白します。そんな彼の弱さも認めた上で檄を送るタケミチと三ツ矢。彼らに背中を押され、八戒は再び大寿に立ち向かいます。

そんなとき、彼らにとって最強の助っ人が現れます。マイキーとドラケンです。マイキーは大寿を瞬殺。ドラケンは周囲を包囲していた黒龍100人を一人で全員倒してしまいます。こうして、人知れず始まった東京卍會と黒龍との戦いは、終わりの時を迎えました。

戦いの後、タケミチはマイキーのバイクに乗せられ、ヒナタのところへと連れて行かれます。そこでヒナタに対して素直な愛を口にすることができたタケミチは無事ヒナタと仲直りすることができました。

その後驚くべきことに、集会の中でマイキーは稀咲の悪事を明らかにし、稀咲と半間を東京卍會から追放します。タケミチが考えうるかぎり最高の結末となり、やるべきことを終えた彼は未来の世界へと戻ります。

関東事変(コミックス14〜22巻)

 
やるべきことを全うしたかに見えたタケミチでしたが、今回彼が変えた未来は過去最悪。ヒナタはもちろん、東京卍會の主要メンバーはほぼ全員殺害されており、しかも彼らを殺害した人物はマイキーだったのです。

未来を変えるため再び過去に戻りますがもう手がかりもなく、タケミチは自暴自棄になってしまいます。そんな彼をタケミチのタイムリープの秘密を知った千冬が励まし、無事立ち直ります。

その直後、東京卍會を追放された稀咲は横浜の天竺というチームに移籍。タケミチを初めとした隊長達に襲いかかります。

未来で天竺について調べてみると、天竺の総長黒川イザナ(イザナ)は未来の世界で東京卍會の実権を握っている人物であることがわかります。

この調査の中で稀咲に情報収集をしていることがバレてしまい、ナオトが射殺され事実上最後のタイムループをタケミチは行うことになります。

過去に戻ったタケミチは、マイキーからイザナは自身の兄弟であることと、マイキーの兄真一郎が初代黒龍の総長であり、イザナがその8代目総長であることを明かされます。

マイキーにとっても因縁深い相手である黒龍との抗争が始まろうとする最中、東京卍會最大のピンチが襲います。

抗争前に各隊の隊長たちはことごとく暴行をうけ、戦闘不能状態に。伍番隊隊長武藤泰宏(以下ムーチョ)は東京卍會を裏切り天竺へ。さらにはマイキーの妹であり、ドラケンの恋人だったエマを稀咲に殺害されたことでマイキーとドラケンが戦意喪失状態になってしまいます。東京卍會は主力をほぼ失った状態で抗争に挑むことになります。

イザナを中心としたS62世代の大物を揃えた天竺相手に善戦しますが、イザナの圧倒的な力の前にほぼ全員立っているのがやっとという状態になってしまいます。

ですが、ヒナタからタケミチがタイムリーパーであり、今まで東京卍會のピンチを救ってきたことを伝えられたマイキーとドラケンが復活。最終的にはマイキーに圧倒されたイザナが敗北を認め、抗争は決着します。

その後、逃走する稀咲をタケミチが追い詰め、殴り合いの末、稀咲はトラックにはねられ死亡します。こうしてタケミチと稀咲の長い闘いは終わりを告げました。

しばらくしたのちタケミチからタイムリープの詳細を聞いたマイキーはみんなのことは俺が守るとタケミチに伝え未来の世界に帰るように促します。

高校生編(コミックス22巻〜)

 
未来に戻ったタケミチを待っていたのは間違いなく今まででは最高の未来でした。ヒナタとの結婚が間近に迫り、友人達に囲まれ幸せな生活を送る未来がそこにはありました。しかし、タケミチはマイキーの姿がないことに気がつきます。

彼の行方がわからないままでいると、12年前に埋めたタイムカプセルの中に入れたタケミチの手紙の中に、カセットテープが入っているのをタケミチが発見します。そのテープにはマイキーが一人喋る映像が記録されており、彼は時々「黒い衝動」という凶暴な性格になってしまう感覚を持っているということ。仲間を巻き込みたくないから仲間と距離を置くことがメッセージとして残されていました。

これを見たタケミチはマイキーを救うため、現代でマイキーが首領を務めるとされる梵天という組織と接触をはかり、ついにマイキーとの再開を果たします。

しかし彼は会って早々タケミチを銃で打ち抜き、タケミチは瀕死の重傷を負ってしまいます。その後マイキーは全てを終わらせようと自殺をはかりますが、そんな彼をタケミチは止めます。もっと頼れ。そんな彼の言葉に心を打たれたマイキーはタケミチに助けを求めます。

その時タケミチはマイキーをトリガーにして、過去の世界にタイムスリップ。今度は高校時代にタイムスリップしてしまいました。

マイキーをぶっ飛ばす。

そのミッションを遂行するためタケミチは過去の世界で動き出します。

『東京卍リベンジャーズ』ハマるなら今!

先日アニメもひと段落し、『東京卍リベンジャーズ』の原作に興味を持っている方は今とても多いと思います。

実は、最後に紹介したタケミチが高校生になった世界の物語は『東京卍リベンジャーズ』最終章と銘打たれいます。

つまり最終章をリアルタイムで見ることができるチャンス、さらには来週はどうなるんだろうとドキドキしながら『東京卍リベンジャーズ』を見ることができるチャンスは今しかないのです。

幸い高校生編はまだまだ始まったばかり。今からでも遅いということはありません。

 

その他のネタバレ記事

◆『黒執事』ネタバレあらすじストーリー解説
◆『進撃の巨人』最終回までのネタバレあらすじを簡単にまとめて解説
◆『五等分の花嫁』最終回までのネタバレ解説
◆『呪術廻戦』これまでのあらすじをわかりやすくまとめてご紹介!
◆『約束のネバーランド』最終回までのネタバレ・あらすじ紹介
◆『ひぐらしのなく頃に』ネタバレ解説
◆『東京卍リベンジャーズ』ネタバレまとめ
◆『鬼滅の刃』ネタバレまとめ
◆『チェンソーマン』ネタバレまとめ
◆『SLAM DUNK(スラムダンク)』ネタバレ解説(全試合網羅)
◆『地獄楽』ネタバレまとめ
◆『CLANNAD(クラナド)』ネタバレ|第1期~第2期までのあらすじまとめ

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング